鳥が窓に飛び込んでくるのを防ぐ方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

コマドリやカワラヒワ等の小鳥は縄張り意識が強く、ガラス窓に向かって真っすぐに飛んでくることがあります。これは、窓に映った自分の姿を他の鳥の勘違いして追い払おうとするからです。窓への飛び込みは特に繁殖期によく見られますが、一年を通して起こります。家庭や職場の窓への鳥の飛び込みは、ちょっとした安全対策をすると減らすことができます。また、鳥類学者による試験と認証がなされた高い効果が期待できる市販の製品を使用しても良いでしょう。

方法 1 の 4:
窓に改良を加える

  1. 1
    窓の外側の面にテープを貼る 風や雨に強い白いテープを用意し、窓に縦方向に10cm間隔で貼ります。ガラスがここにあるという事を鳥に示し、飛び込みを防ぎます。[1]
    • 黒色のテープを使用しても構いません。黒を使用する時は、テープ間のスペースは2.5cm開けましょう。
    • 鳥が窓にぶつかるのを防ぐ専用のテープは、ペットショップで購入できます。[2]
  2. 2
    窓ガラスの外側の面に鳥の形のデカールを貼る 鳥の形をしたデカールもしくはステッカーを貼ると、手軽に鳥の飛び込みを防ぐことができます。デカールは手のひらの距離程度の間隔で、それぞれを近づけて貼りましょう。1、2枚のデカールを貼っても効果は期待できないため、窓いっぱいに貼りましょう。[3]

    鳥の形をしたデカールは、ペットショップ等で購入可能です。鷹やコマドリのシルエット等の様々な形のデカールがありますが、人には見えなくて鳥には見える紫外可視近赤外分光法を活用した色のデカールを探しましょう。

  3. 3
    窓の外側の面にせっけんの泡をつけるか窓にペイントする 窓をせっけんの泡で覆って、鳥に見えるようにしても良いでしょう。この方法では、週に数回せっけんの泡を塗りなおす必要があります。[4]
    • また、ガラス用塗料やテンペラ塗料を窓に塗っても良いでしょう。ガラス用塗料で面白い絵やはっきりとした明るい模様を作って楽しみましょう。窓全体にペイントし、鳥が飛び込んでくるような透明の箇所がないようにしましょう。
  4. 4
    窓の外側の面にフィルムを貼る 中から外を見ると透明で、外から中を見るとぼかしの入ったように見えるウィンドウフィルムを用意し、窓の外側の面全体に貼ります。ウィンドウフィルムのほとんどは光を部屋に取り込みながら、外にいる鳥には不透明で反射して見えます。[5]
    • ストライプ柄やブロック柄等の模様の入ったフィルムを使用すると、鳥の窓への飛び込み防止に役立つでしょう。また、模様の入ったフィルムは窓のアクセントとなると同時に鳥の安全防護対策としても機能します。
  5. 5
    窓に防鳥ネットを張る 鳥の窓への飛び込みを防止する防鳥ネットが市販されています。暗い色の網で、窓から吊り下げるタイプの防鳥ネットを探してみましょう。窓の大きさに合わせてネットを特注しても良いでしょう。[6]
    • 防鳥ネットを購入して、窓から5cm離して吊り下げましょう。耐久性が高く、軽量なポリプロピレン製が良いでしょう。
  6. 6
    雨戸やサンシェードを設置する 窓に雨戸が付いていないなら、設置を検討してみましょう。日中外出時は雨戸を閉めて鳥の飛び込みを防ぎましょう。また、雨戸を閉めると暖房器具をつけなくても家が温かく保たれ、エネルギー節約に役立ちます。[7]
    • サンシェードや日よけを設置しても効果的でしょう。太陽光の反射を防ぎ、窓に影を作るため、鳥が窓の存在に気付きやすく飛び込みを防ぐことができます。
  7. 7
    窓ガラスを模様の入ったUVガラスに交換する 永久的な解決策として、窓ガラスを模様の入ったUVガラスに変えるという方法があります。外から見ても人の目には見えませんが、鳥には見える十字模様がガラスに入っています。鳥対策としては、最も費用がかかる方法ですが、一度交換すると効果は永久的です。[8]
    • 模様の入ったUVガラスはオンラインショップや専門の家具店等で購入できます。
    • 窓を取り付ける予定がある場合は、窓を少し傾けて入れると良いでしょう。窓を少し下側に傾けて設置できるか建築業者に尋ねてみましょう。こうすると、窓に空や木ではなく地面が反射し、眺めを妨害することなく鳥の飛び込みを防ぐことができます。[9]
    広告

方法 2 の 4:
家に改良を加える

  1. 1
    室内植物を窓際から離す 窓のそばに室内植物がたくさんある場合は、窓から数メートル離しましょう。窓越しに植物を発見し、隠れ場所として認識する可能性があります。植物の上で羽を休めようとして、窓に飛び込んでくるのです。[10]
  2. 2
    できるだけカーテンやブラインドを閉めておく 日中できるだけカーテンやブラインドを閉めておくと鳥の窓への飛び込みを防ぐことができます。カーテンやブラインドが閉まっていると、窓の存在に気付きやすくなります。[11]
    • 縦型ブラインドは、日中半分閉めるか完全に閉めた状態にしましょう。
  3. 3
    部屋を使用しないときは明りを消す 夜間使用していない部屋の明かりは消して、家を暗くしましょう。こうすると、鳥が家の明りに集まったり、窓に飛び込んでくるのを防ぐことができます。[12]
    広告

方法 3 の 4:
バードフィーダー等を使用する

  1. 1
    窓から0.9m以内にバードフィーダーやバードバスを設置する 直観に反しているように見えますが、窓の傍にバードフィーダーやバードバスを置くと、鳥にとって安全です。窓から遠ざけすぎると、鳥が窓に飛び込む時にさらに加速するため、衝突時の危険度が増します。[13]
    • 致命的な衝突をできるだけ抑えるために、ガラスに直接設置できるフィーダーを選ぶと良いでしょう。
    • また、バードフィーダーやバードバスを窓から0.9m以上離すと、窓があるという印象が薄れ、鳥が窓の存在に気付かず飛び込んでくることもなくなるでしょう。
  2. 2
    窓の前に風鈴を吊るす 風鈴を用意して窓の外の上部に設置します。キラキラと光り、風が当たると音が鳴るものを選びましょう。[14]
    • CDやキラキラと反射するプラスチックの帯を窓の外に吊るして風鈴の代わりにしても良いでしょう。古いアルミ製のパイ皿を窓の外に吊るしても鳥よけ効果があります。
  3. 3
    窓の前に枝を吊るす より自然に近い状態に見えるように、窓の前に枝を吊るしても良いでしょう。糸で枝を縛り、窓の前に数センチおきに並べてぶら下げましょう。窓の外を眺めることもでき、鳥の飛び込み防止にもなります。[15]
    広告

方法 4 の 4:
鳥類学者認証の市販の設備を設置する

  1. 1
    シンプルで簡単に取り付けられるアコピアン社のバードセーバーズ(Acopian BirdSavers)を使用する 日本で販売はされていませんが、アメリカにはバードセーバーズというシンプルなパラコード(パラシュートのラインとして使用するために開発されたひも)でできたカーテン状の防鳥グッズが販売されています。窓の前面に吊るすタイプで、等間隔に並んだ垂直なひもでできています。簡単に設置でき、窓に鳥が衝突するのを防ぐ効果があります。[16] バードセーバーズを窓の大きさに合わせて注文し、添付の指示に従い取り付けます。
    • アコピアン社のバードセーバーズは非常に効果的な鳥よけで、広範囲に亘る試験に基づいた、アメリカ合衆国鳥類保護協会(American Bird Conservancy)の推奨商品です。
    • 下記はバードセーバーズの注文サイト(英語)です。 https://www.birdsavers.com/
  2. 2
    DIY が好きならバードセーバーズを自作する 自分でバードセーバーズを作りたいなら、暗い色のパラコードとビニール製のJチャンネルで簡単に作成できます。窓枠の幅を測り、幅に合わせてJチャンネルを正確に切ります。そして、窓を覆うようにしてコードを縦に吊るすために、Jチャンネルに穴を10cm間隔で開けます。コードを穴に通し、希望の長さにして上部で結びます。[17]
    • ねじや粘着シートを使って、Jチャンネルを窓の上部に取り付けましょう。
    • Jチャンネルの代わりにポリ塩化ビニル製のパイプや木の繰形を使用しても良いでしょう。
    • 上の水平部分にパラコードを使用しても良いでしょう。[18]
  3. 3
    目立たないバードクラッシュプリベンターズ(Bird Crash Preventers)を使用する 日本で販売されていませんが、バードクラッシュプリベンターズは試験済みのアメリカ合衆国鳥類保護協会認定の鳥よけです。[19] シンプルなナイロンの格子で、鳥にはよく見えますが人には見えにくい構造です。窓のサイズに合ったバードクラッシュプリベンターズを購入し、付属のねじとブラケットで取り付けます。
  4. 4
    取り付けが簡単な フェザーフレンドリー社(Feather Friendly)の水玉柄窓用デカールシートを使用する こちらも日本で販売されていませんが、アメリカ合衆国鳥類保護協会に認定された、窓用の白の水玉格子柄のデカールです。[20]自分で貼り付けるか、業者に頼んで貼り付けてもらいましょう。
  5. 5
    見栄えの良いソリックス社バードセーフティフィルム(Solyx Bird-Safety Film)を使用する ソリックス社バードセーフティフィルムは接着フィルムで、シンプルな縦線や横線の入ったものから、装飾的な格子模様まで様々な模様、さらには彩り豊かなものや自然からヒントを得たデザイン等が揃っています。フィルムを注文して自分で貼り付けるか、業者に頼んで貼ってもらいます。[21]
    • ソリックス社バードセーフティフィルムは試験済みのアメリカ合衆国鳥類保護協会認定の鳥よけです。
    • 下記はソリックス社バードセーフティフィルムの購入サイト(英語)です。https://www.decorativefilm.com/specialty-bird-safety
    広告

ポイント

  • サンキャッチャーを吊るしたり、ステンドクラスを施すと、鳥の飛び込みが減るでしょう。必ず鳥を引き留めるというわけではありませんが、効果はあるはずです。絵のデザインが大きければ大きいほど効果があります。

広告

注意事項

  • 窓の傍に鷹の像を置いて鳥を追い払ってはいけません。鳥は本物の鷹ではないとすぐに見破り、飛び込み防止には役に立ちません。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:
このページは 416 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告