PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

鶏の雄雌を鑑別できると成育に最適な環境を整えることができますが、ひよこの性別を見分けるには様々な特徴を調べる必要があり、簡単ではありません。ひよこが孵化したら羽を調べ、明らかな色の違いがあるか確認しましょう。生後数週間経ったら、大きさや気性を確認して見分けます。半数より多くのひよこを正確に見分けられれば、成功したと考えられるでしょう。

方法 1 の 3:
孵化したばかりのひよこの性別を見分ける

  1. 1
    翼の羽を確認します。孵化したばかりのひよこの体は羽毛に覆われていますが、翼の縁には軽い羽が生えています。羽を確認するには、片手でひよこをしっかりつかみましょう。反対の手でひよこの翼を広げ、羽が見えるように体からある程度離します。ひよこの雄は翼の羽の長さがほぼ均一ですが、雌の羽には2種類の長さがあります。
    • 羽の長さによる羽毛鑑別は孵化後1、2日に行うことができ、通常はほぼ正確な結果が得られます。それ以上経つと翼の羽が急速に発育し、見分けられなくなるでしょう。[1]
  2. 2
    羽毛の色を確認します。孵化後6週間を過ぎるまで、ひよこの体はうぶ毛のようにふわふわした短い羽で覆われています。一般的に雄のひよこは頭部の色が淡く、雌のひよこは頭部が濃い茶色になっている場合もあります。雌のひよこの羽毛に縞模様や斑点がある場合、通常は茶色や黒色です。反対に、雄のひよこの羽毛に模様がある場合は、通常白色や黄色です。[2]
    • たとえば、ロードアイランドレッド種やニューハンプシャー種のひよこの雄には、ほぼ金色に近い色の羽毛が生えています。
    • 同様に、レッドスター種は伴性遺伝を利用して交配されているので、ひよこの雄と雌では羽毛の色が異なります。孵化したばかりの雄の羽毛はバターのような黄色で、雌の羽毛は赤みがかった黄色です。[3]
    • 場合によっては、孵化後1日経ったひよこの羽毛の色を見て性別を推定できるでしょう。
    • 一部の種は、性別によって羽毛の特徴が異なります。たとえば、横斑プリマスロック種の雄のひよこは、頭部に黄色い斑点があります。
  3. 3
    大きさを確認します。孵化後3~4週間経つと、体の大きさで性別を鑑別できるようになるでしょう。一般的に、雄のひよこは頭と体が大きく、雌のひよこはやや小柄に見えます。[4]
  4. 4
    肛門鑑別法を行います。事前の注意事項として、これは通常専門家が行う手法です。自分で行う場合は、必ずひよこを丁寧に扱いましょう。ひよこを手で持ち、腹部を軽く押して糞を排出させます。そのうえで、空になった肛門を調べましょう。突起があれば雄の可能性が高く、突起がなければ雌でしょう。
    • 鶏の種によっては、雄にも雌にも肛門に小さいビーズのような複数の突起が見られます。その場合、雄は中央の突起が丸くて大きく、雌は中央の突起が平らです。[5]
  5. 5
    孵化後6週間経つまで待ちましょう。急いで性別を見分ける必要がなければ、孵化後6週間経つまで待つと正確に鑑別できる確率がかなり上がります。発育が進むため、歩き方などの肉体的な違いを確認しやすくなるでしょう。驚愕反応などの行動上の変化もより明確になり、一貫性があります。[6]
    • また、数か月待てば雄は「コケコッコー」と鳴き始めるでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
中雛、大雛、成鶏の性別を見分ける

  1. 1
    孵化後6週間経ったら鶏冠(トサカ)の成長具合を確認します。鶏冠は肉質の突起で、顔の皮膚が伸びたものです。孵化後6週間経つと雄の鶏冠は完成し、頭上に突き出ているのがはっきり見えるでしょう。また、鶏冠の色は赤に変わります。反対に、雌の顔の皮膚は黄色いままで、頭上に突き出ることもありません。
  2. 2
    孵化後8~10週間経ったら、鞍羽(背の部分の羽)を確認します。雛を手でしっかり持ち、背中と尾の境目を見ましょう。ここに鞍羽が生えています。雄の鞍羽はギザギザで尖っていますが、雌の鞍羽は丸みを帯びていて柔らかい印象です。
  3. 3
    気性を確認します。雛が集団で過ごしている様子を観察し、支配的な雛と服従的な雛を見分けましょう。雄の雛は堂々としており、仲間をいじめる可能性が高くなります。雌の雛は大きい音に反応しやすく、怯えて動かなくなるでしょう。[7]
    • 闘争・逃走反応を確認する別の方法として、手を叩きながら近付いてみましょう。雄は警告音を発しますが、雌は通常沈黙します。
  4. 4
    成鶏の肉垂を確認します。肉垂とは、嘴の下にゆるく垂れ下がった皮膚です。鶏が成長するにつれ、肉垂は大きくなるでしょう。雄の肉垂は色が鮮やかになり、通常は赤みがかった色になりますが、雌の肉垂は黄色や白色、灰色のまま変わりません。[8]
  5. 5
    成鶏の性別を見分ける場合は、産卵するか確認します。産卵する場合は雌の成鶏であることがはっきりします。鶏の産卵は、通常孵化後12~30週ごろに始まります。雄鶏は産卵しませんが、この頃になると大きな声で鳴き始めるかもしれません。[9]
    広告

方法 3 の 3:
別の方法で性別を見分ける

  1. 1
    商業目的で性別を見分ける場合は、レーザー分光法を用いましょう。これは、孵卵器で温め始めて3日経った卵にレーザーを照射する新しい技術で、卵に含まれるDNA量からひよこの性別を確認します。[10]
  2. 2
    伴性遺伝を利用した交配で産まれたひよこを入手しましょう。このようなひよこは孵化後の羽毛の色が性別によって異なるため、羽毛の色を見ればかなり高い確率でほぼ瞬時に性別を鑑別できるでしょう。たとえばレッドスターは伴性遺伝を利用した交配種で、雄の羽毛は鮮やかな黄色ですが、雌の羽毛は赤みがかった黄色です。[11]
  3. 3
    専門家に依頼します。地元の養鶏農家や畜産資材を扱う業者などに、初生雛鑑別師(ひよこ鑑定士)を紹介してもらいましょう。一般的に初生雛鑑別師はひよこの性別を見分ける経験が豊富で、各地に赴いて鑑別を行っています。通常は、一定数のひよこを鑑別してもらうのに定額の料金を支払う必要がありますが、性別が正確にわかるでしょう。[12]
  4. 4
    卵の形で判断するのはやめましょう。卵の先が尖っていると雄、丸みを帯びていると雌という迷信があります。卵の形を見れば性別がわかるという迷信ですが、時間が経つにつれて信ぴょう性が低くなり、精度は憶測とほぼ変わりません。[13]
  5. 5
    精度が50%を超えた方法を選びます。直感だけでひよこの性別を見分けても、半々の確率で当たるでしょう。そのため、雄雌を見分ける方法が成功したと言えるのは、精度が50%を超えた場合に限ります。性別を見分けるのに用いた方法と推測した性別、実際の結果を記録して、最も精度が高い方法を選びましょう。[14]
    広告

ポイント

  • ひよこの性別を見分けるのに100%正確な方法はないので、最適な方法を根気強く探しましょう。
広告

注意事項

  • 雄のひよこを飼育する予定がない場合は、性別を見分ける前に雄のひよこをどうするのかを慎重に考えましょう。
広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
猫が妊娠しているか調べる猫が妊娠しているか調べる
ベタの性別を見分けるベタの性別を見分ける
野良猫を捕まえる野良猫を捕まえる
犬と猫を仲良く同居させる犬と猫を仲良く同居させる
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
マイクロチップを使って行方不明のペットを探すマイクロチップを使って行方不明のペットを探す
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
水槽のアンモニア濃度を下げる水槽のアンモニア濃度を下げる
猫の性別を見分ける猫の性別を見分ける
モルモットを楽しませるモルモットを楽しませる
モルモットの妊娠を見分けるモルモットの妊娠を見分ける
猫を飼えるよう両親を説得する猫を飼えるよう両親を説得する
薬品を使わずにノミを退治する薬品を使わずにノミを退治する
広告

このwikiHow記事について

Deanne Pawlisch, CVT, MA
共著者 ::
認定動物看護師
この記事の共著者 : Deanne Pawlisch, CVT, MA. ディアン・パウリッシュは、認定動物看護師としてイリノイ州で動物病院を対象にした企業研修や、ハーパー大学にてNAVTA認定獣医助手の育成を行っています。2011年よりテキサス州サン・アントニオの動物福祉団体「Veterinary Emergency and Critical Care Foundation」の認定会員として活動しています。ロヨラ大学にて人類学学士号を、北イリノイ大学にて人類学修士号を取得。 この記事は51,817回アクセスされました。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 51,817 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告