鶏肉に味をつける方法

この記事には:グリルチキンの味付けオーブン焼き、直火焼き、ロースト用の味付けフライパン焼き用の味付け7 出典

鶏肉に味をつける方法には、マリネ液やブライニング液(ブライニング:砂糖やスパイスを加えた塩水に漬けて調理する方法)に漬け込む方法がありますが、この記事では、シンプルな味付け方法、ブレンドした調味料を揉み込む方法、ブライニング液やマリネ液に漬け込む方法など様々な鶏肉の味付け方法を紹介します。

1
グリルチキンの味付け

  1. 1
    スパイスのきいたバーベキューチキンを作る 小さめのボウルにブラウンシュガー大さじ2杯 、オールスパイスパウダー大さじ1杯、ジンジャーパウダー大さじ1杯、塩小さじ1杯、塩小さじ1杯、クミンパウダー小さじ1杯、赤とうがらしパウダー小さじ1杯、黒コショウ(パウダー)小さじ1杯を入れて混ぜ合わせます。混ぜ合わせた調味料を鶏肉に揉み込んでからグリルで焼きます。
    • 混ぜ合わせた調味料は密閉容器に入れて保存すれば最長6カ月持ちます。
  2. 2
    甘酸っぱいモロッコチキンを作る 小さめのボウルにハンガリー産スイートパプリカパウダー小さじ1杯、クミンパウダー小さじ½杯、シナモンパウダー小さじ½杯を入れて混ぜ合わせます。塩、ジンジャーパウダー、赤とうがらしパウダー、黒コショウ(直前に挽く)小さじ¼杯ずつ加えます。混ぜ合わせた調味料を鶏肉に揉み込んでからグリルで焼きます。[1]
  3. 3
    レモンとハーブのマリネ液を作る 小さめのボウルにオリーブオイル60mL、ニンニクのみじん切り3片分、生のローズマリー(刻む)大さじ2杯、生のタイム(刻む)大さじ2杯、レモン果汁1個分、塩コショウ少々を入れて混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。マリネ液と鶏肉をジッパー付きビニール袋に入れます。冷蔵庫で2~8時間漬け込んだ後、強めの中火のグリルで焼きます。[2]
    • 紹介したレシピは鶏肉約900gに対する分量です。
    • ローズマリーが苦手な人は、代わりにバジルまたはオレガノを使うこともできます。
  4. 4
    オレンジレモンのマリネ液を作る 小さめのボウルにオレンジ果汁120mL、レモン果汁120mL、セージ(刻む)¼小さじ杯、ショウガのみじん切り約1.5cm分、しょうゆ大さじ1杯、ニンニクのみじん切り3片分、ホットソース小さじ¼杯を入れて混ぜ合わせます。マリネ液と鶏肉をジッパー付きビニール袋に入れます。冷蔵庫で数時間~一晩漬け込みます。グリルで焼くか、直火で焼いて完全に火を通します。
  5. 5
    甘い蜂蜜レモンのマリネ液を作る 小さめのカップにレモン果汁1個分、蜂蜜大さじ1杯、オリーブオイル大さじ1杯、塩コショウ少々を入れて混ぜ合わせます。マリネ液と鶏肉をジッパー付きビニール袋に入れます。冷蔵庫で15~60分漬け込んでからグリルで焼きます。
  6. 6
    ハーブのマリネ液を作る 小さめのカップに酢大さじ1杯、乾燥ハーブ大さじ2~3杯、ガーリックパウダーまたはオニオンパウダー大さじ1~2杯、エクストラクトバージンオリーブオイル60mL、マスタード大さじ1~2杯 を入れて混ぜ合わせます。マリネ液と鶏むね肉をジッパー付きビニール袋に入れます。ジッパーを閉じて冷蔵庫で数時間鶏肉を漬け込みます。漬け込んだ後、グリルまたはオーブンで焼きます。[3]
    • 酢は、リンゴ酢、バルサミコ酢、赤ワインビネガーなどを使うこともできます。
    • 乾燥ハーブは、ローリエ、オレガノ、ローズマリー、タイムなどを細かくして使います。
    • マリネ液に浸した鶏肉は2週間まで冷凍庫で保存できます。
  7. 7
    照り焼きのマリネ液を作る 小さめのボウルにしょうゆ240mL、水240mL、上白糖180mL、ウースターソース60mL、酢大さじ3杯、サラダ油大さじ3杯、ガーリックパウダー小さじ2杯、ショウガのすりおろし小さじ1杯を入れて混ぜ合わせます。砂糖が溶けたら、マリネ液と鶏肉をジッパー付きビニール袋に入れます。冷蔵庫で数時間~一晩漬け込みます。漬け込んだ後、グリルまたはオーブンで焼きます。
  8. 8
    バーベキューソースを最も良いタイミングで加える バーベキューソースは鶏肉との相性がとても良いものですが、どのタイミングで味付けるかによって美味しさに大きな違いが出ます。バーベキューソースを加えるタイミングが早すぎると、バーベキューソースの味や香りが強くなりすぎてしまいます。また、加えるタイミングが遅いと、十分な味や香りがつけられません。バーベキューソースは下記の手順で加えます。
    • オーブンやグリルで鶏肉を焼く時は、バーベキューソースは一番最後の仕上げに塗ります。
    • スロークッカーやクロックポットを使う場合は、半分くらい火が通った時点でバーベキューソースを加えます。
    • バーベキューソースにハニーマスタードを少し加えると味のアクセントになります。
    • 鶏肉をグリルで焼く場合、バーベキューソースをマリネ液として使ってもよいでしょう。

2
オーブン焼き、直火焼き、ロースト用の味付け

  1. 1
    生のハーブを鶏肉に揉み込む 小さめのボウルにちぎって細かくした生のタイム大さじ1杯、セージ大さじ1杯、ローズマリー大さじ1杯、黒コショウ小さじ1杯 塩小さじ1杯、細かく切った唐とうがらし小さじ½杯、ニンニクのみじん切り2片分を入れて混ぜ合わせます。鶏肉全体に揉み込み、オーブンまたはグリルで焼きます。
    • 紹介したレシピは鶏肉約1.4kgに対する分量です。ハーブ調味料が余った場合は、小瓶に入れて冷蔵庫で保存します。1週間以内に使いましょう。
  2. 2
    蜂蜜、レモン、セージを使ったブライニング液を作る 大きめの鍋に蜂蜜120mL、塩140g 、水950mL、ニンニクの薄切り2片分、オリーブオイル60mLを入れます。鶏肉の皮をとり、セージの葉6枚と薄いくし形に切ったレモン6枚分を鶏肉にはさみ込みます。ブライニング液の入った鍋に鶏肉を入れ、冷蔵庫で数時間漬け込みます。漬け込んだ後、オリーブオイルを鶏肉に塗ってローストします。[4]
    • 皮なしの鶏むね肉の場合は2時間漬け込みます。
    • 骨付きの鶏肉の場合は、4時間漬け込みます。
    • 丸鶏の場合は、4時間~一晩漬け込みます。
  3. 3
    塩と砂糖のブライニング液を作る 大きめの鍋に水3.8リットル, コーシャーソルト140g、ブラウンシュガー135gを入れます。鶏肉を調味液に最長2時間漬け込んだ後、液を洗い流してからお好みの方法で調理します。[5]
    • コーシャーソルトがない場合は、普通の塩70gで代用します。
  4. 4
    バターミルクのブライニング液で漬け込み鶏肉をさらに柔らかくする 大きめの鍋にバターミルク950 mL、コーシャーソルト小さじ4杯、黒コショウ(直前に挽く)小さじ1杯を入れます。鶏肉を入れて蓋をして冷蔵庫で4時間漬け込みます。バターミルクを流して水気を切ってから調理します。紹介したレシピは丸鶏に対する分量です。[6]
    • 漬け込んだ後、レモンの薄切り2枚、ニンニクのすりおろし4片分、生のディル(刻む) 480mLと一緒にオーブンで焼きます。
  5. 5
    ブライニング液に漬け込んで焼くことで、鶏肉に適度に味をつけてしっとりと仕上げる ぬるま湯3.8リットル、塩210g、砂糖 150g、しょうゆ180 mL 、オリーブオイル60mLを鍋に入れて混ぜ合わせ、中火にかけます。全体をかき混ぜて塩と砂糖を溶かしたら、常温になるまで冷まします。鶏肉をブライニング液に入れて冷蔵庫で2~4時間漬け込みます。液を洗い流してから水気を切り、オーブンで焼きます。[7]

3
フライパン焼き用の味付け

  1. 1
    フライパンで鶏肉を焼く際の調味料を作る カップまたはボウルにチリパウダーひとつまみ、塩、コショウ、カイエンペッパー、シーズンドソルト、ガーリックパウダーをそれぞれ少量づつ入れます。鶏肉全体に混ぜ合わせた調味料を揉み込み、フライパンで焼きます。
  2. 2
    みじん切りのニンニクで風味付けしてフライパンで焼く ニンニクで風味付けする時に追加でレモンを絞り入れます。
    • ニンニクが青く変色しても心配ありません。これは酵素が反応して起こる正常な現象です。
    • みじん切りにした生のニンニクが強すぎると感じる場合は、ガーリックパウダーやガーリックソルトを使うとよいでしょう。
  3. 3
    オリーブオイルとスパイスを使う オリーブオイルを鶏肉に塗り、カイエンペッパー、ガーリック、レモンペッパー、コショウ、ローズマリー、塩、タイムなどのお好みの調味料を振りかけます。この方法はグリルまたはオーブンで焼く時にも使うことがです。
  4. 4
    シンプルに塩とコショウで味を付ける 塩とコショウだけを鶏肉に振りかけて味をつけ、お好みの方法で調理します。普通のコショウの代わりにレモンペッパーを使って風味をつけてもよいでしょう。レモンペッパーは食料品店で買うか、レモン果汁を鶏肉に絞り、塩コショウすれば買わなくても済みます。この方法はグリルまたはオーブンで焼く時にも使うことがです。
  5. 5
    唐辛子フレークを加えて少しピリッとした味付けにする 鶏肉全体に塩コショウ少々、レモン果汁、唐辛子フレークを少量振りかけます。この方法はグリルまたはオーブンで焼く時にも使うことがです。

ポイント

  • 乾燥ハーブは生のハーブよりも香りが強くなります。生のハーブを使うレシピで乾燥ハーブを使う場合は、使用量はその半量を使用します。
  • 皮付きの鶏肉に調味料を揉み込む時は、必ず皮の下に調味料を揉み込みましょう。こうすると中まで味がしっかり染み込みます。

注意事項

  • 鶏肉は完全に火を通して食べましょう。中心がピンク色の場合、さらに5分加熱してからもう1度中まで火が通ったかどうかを確認します。
  • 調理する前に塩で味付けすると鶏肉がパサつきやすくなるという人もいます。しっとりとした鶏肉が好みの場合は、塩は最後に加えましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 肉・加工肉・デリ

他言語版:

English: Season Chicken, Italiano: Condire il Pollo, Español: sazonar pollo, Português: Temperar Frango, Deutsch: Hähnchen würzen, Français: assaisonner du poulet, Русский: замариновать курицу, 中文: 给鸡肉调味, Bahasa Indonesia: Membumbui Daging Ayam, Nederlands: Kip kruiden, العربية: تحضير تتبيلة الدجاج, 한국어: 닭을 양념하는 방법, हिन्दी: चिकन को सीज़न (season) करें, Tiếng Việt: Ướp gia vị thịt gà, ไทย: ปรุงรสเนื้อไก่

このページは 34 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?