鶏肉の炒めものを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

鶏肉を使った炒め物は、健康的で美味しく、しかも手軽に調理できます。また、様々な味付けができるので、1人分作る時でも、家族全員分を用意する必要がある時でも、幅広く応用することができます。この記事では、鶏肉の炒め物の簡単なレシピを、基本的な炒め物の作り方と共に紹介します。

材料

  • 鶏むね肉 骨なし・皮なし 460g(千切り)[1]
  • ピーナッツオイル 大さじ1
  • にんにく 2~3かけ(砕く)
  • ショウガ 大さじ1(砕く)
  • 玉ねぎ中 1個(角切り)
  • 人参 200g(薄切り)
  • 赤パプリカ 1個(みじん切り・細切り)
  • スナップエンドウ 480ml
  • ヤングコーン 1缶(430g)(水を切っておく)
  • ブロッコリー 200g
  • コーンスターチ 小さじ2
  • チキンブイヨン 240ml
  • 醤油 60ml

方法 1 の 2:
簡単な鶏肉の炒め物

  1. 1
    油を火にかける ピーナッツオイルを中華鍋また大き目のフライパンで中火にかけます。 油の表面がかすかに沸々としてきたら、十分に温まったという証拠です。[2]
  2. 2
    にんにくとショウガを入れる 砕いたにんにくとショウガを中華鍋に入れ、1分間炒めます。
  3. 3
    鶏肉を炒める 鶏肉をそれぞれ重ならないように中華鍋に入れ、きつね色になるまで炒めます。焼いている間はあまり鶏肉を動かしすぎず、途中に一度ひっくり返して、均等に両面がきつね色になるようにしましょう。
    • 表面がきつね色、中心が白くなったら、火が通った証拠です。[3]
    • 鶏肉に火が通ったら、キッチンペーパーをのせたお皿に移します。
  4. 4
    野菜を炒める 適宜、ピーナッツオイル 小さじ1/2を加えます。角切りにした玉ねぎ、薄切りにした人参、細切りのパプリカを中華鍋に入れて、2分間炒めます。その後、スナップエンドウ、ヤングコーン、ブロッコリーを入れます。[4]
    • 野菜が柔らかくなるまで、木製スプーンでかき回して具材を炒め続けます。
  5. 5
    タレを作る 小さなボウルに、コーンスターチ、醤油、チキンブイヨンを入れて混ぜます。コーンスターチのダマが残らないように、しっかりと混ぜましょう。
    • お好みで、日本酒や清酒、またはアジア系のソースなどを小さじ1加えてもよいでしょう。
  6. 6
    鶏肉を中華鍋に戻す 鶏肉を中華鍋に戻し、タレを加えます。野菜、鶏肉を混ぜ、具材にまんべんなくタレが絡むように炒めます。中火に弱め、タレに少しとろみがつくまで炒め続けます。
  7. 7
    ご飯または麺を用意する ご飯や麺など、炒め物と一緒に出す食材を準備します。ご飯や麺が準備できたらお好みで、具材と一緒に炒めるか、または上に炒め物をのせましょう。
  8. 8
    炒め物に彩りを添える お好みで炒め物にトッピングを加えて飾り付けましょう。粗く刻んだナッツ(カシューナッツなど)、刻んだワケギ、生もやし、刻んだハーブなどがよく合います。
    広告

方法 2 の 2:
炒め物の基本的な作り方

  1. 1
    鶏肉の下準備をする 4人分を作る場合、骨なし・皮なしの鶏むね肉またはもも肉約460gを用意しましょう。通常、炒め物を作る場合、肉はさっと炒め、野菜にはよく火を通すようにしますが、お好みで加減を調節してもかまいません。
    • 刃の鋭い包丁で鶏肉の脂を取り除き、薄さ5mm程の一口サイズに切ります。
    • 炒める前にタレに漬けて味付けをしておきます。砕いたニンニク 大さじ1、コーンスターチ 小さじ1 1/2、醤油 小さじ2、清酒または辛口のシェリー酒 大さじ2、塩 小さじ3/4を混ぜ合わせます。鶏肉に漬けダレを注ぎ、混ぜ合わせます。炒める前に、最低5分間、最長でも1時間ほど冷蔵庫で寝かせます。
  2. 2
    一緒に炒める具材を決める 底が平らな炭素鋼の中華鍋が炒め物にもっとも適しています。底が平らなフライパンで代用できますが、中華鍋のように、鍋の端を使って調理することができません。また、量を多めに炒める場合、鍋から具材が飛び出てしまうかもしれません。
    • フッ素樹脂加工がされていない中華鍋は買わないようにしましょう。フッ素樹脂加工がされていない中華鍋は、高温に熱して使用する想定で塗装されていません。そのため、高温で炒めるのには向かず、非常に危険です。しかし、炒め物は全て高温で調理されるため、フッ素樹脂加工がされていない中華鍋の使用は避ける必要があります。
    • 魚用フライ返し、または薄く柔軟なフライ返しを使って炒めます。
  3. 3
    野菜を選ぶ 野菜は大概どんな組み合わせでも炒め物にできるので、自分の好みに合わせて調節しやすい具材といえます。2~3種類の野菜のみで炒めた方が良いという人もいます。シンプルにすることで、見た目がごちゃごちゃし過ぎないようにするだけでなく、下準備の手間も省くことができます。一方、適当になんでも入れて作るという人もいます。とにかく自分の好きなものを片っ端から入れてもよいですし、台所のあり合わせでもよいでしょう。
    • 野菜の下準備をする際は、できるだけ大きさが揃うように切ると、火の通り具合がまばらになるのを防げます。
    • 大きさを揃えた場合でも、他より火が速く通る野菜もあります。刻んだ野菜を全てボウルに入れ、火の通りやすさごとに分けます。火の通りやすい野菜を分けておけば、時間のかかる野菜をまとめて鍋に入れるのが簡単になります。それぞれの野菜に火を通すのにかかる時間が分からない場合は、以下を参考にしてみましょう。
      • マッシュルームは5~10分ほど必要です。ただし、大きさや種類によって異なります。
      • キャベツ、ほうれん草、その他青野菜は、4~6分ほどかかります。
      • アスパラ、ブロッコリー、人参、インゲン豆などの野菜は、3~5分ほどかかります。
      • パプリカやピーマン、豆類、ズッキーニ、カボチャなどは、2~3分のみでよいでしょう。
      • もやしは最も火が通りやすく、1分足らずで十分です。
  4. 4
    タレを選ぶ 違う種類のタレを使うことで、鶏肉の炒め物にバリエーションを加えることができます。辛味、甘味、塩気、ナッツの風味など、炒め物には様々な味の系統のタレを合わせられるので、体に良いけれど面白味のないものから、風味豊かで一風変わった味付けへと進化させることができます。炒め物のタレはスーパーで買ってもよいですし、自分で作ってもよいでしょう。以下を参考にしてみましょう。
    • レモンソース:
      • レモン汁 60ml
      • レモンの絞り汁 小さじ1
      • チキンブイヨン 60ml
      • 醤油 大さじ1
      • 砂糖 大さじ2
    • スイートサワー ソース:
      • チキンブイヨン 60ml
      • 醤油 大さじ2
      • リンゴ酢 大さじ2
      • 黒砂糖 大さじ1
      • 赤唐辛子フレーク 小さじ1/2
    • サテーソース:
      • 粒入りピーナッツバター 丸いスプーン 大さじ4
      • たまり醤油 大さじ3
      • 蜂蜜 大さじ3
      • 根ショウガ 2.5cm(皮を剥き、みじん切りにしておく)
      • にんにく 1かけ(刻んでおく)
      • 赤唐辛子フレーク 小さじ1(刻んでおく)
      • オレンジ 1/2個(絞っておく)
  5. 5
    合わせるもの決める 鶏肉と野菜の炒め物は、腹もちをよくするために、炭水化物類と合わせて出されるのが一般的です。炭水化物類は、一緒に炒めてもよいですし、横に添えてもよいでしょう。炒め物と合わせて食べる炭水化物類は多くあります。
    • 玄米がおそらく最も健康的です。
    • バスマティ米、タイ米などの白米
    • 中華麺や米麺などの麺類
    • カペッリーニなどのパスタ類
    • 何も入れないという選択でもよいでしょう。炒め物は単品でも十分美味しいものです。炭水化物の摂取を制限している場合には、良い選択肢だといえます。
  6. 6
    付け合わせを選ぶ 炒め物の仕上げに、付け合わせを選びましょう。付け合わせによって、彩り、風味、食感などを加えることができるだけでなく、料理の見栄えもよくなります。
    • 炒ったカシューナッツまたはゴマ、刻んだワケギまたは唐辛子、生もやしまたは刻んだ香草類(パクチー、パセリ、バジル)などは付け合わせとして良く合います。
  7. 7
    完成です。
    広告

ポイント

  • 菜食メニューに切り替える場合は、鶏肉の代わりに豆腐を使います。
  • 七面鳥やラム肉など、違うお肉も試してみましょう。

広告

注意事項

  • 食物アレルギーのある人にふるまう場合には注意しましょう。醤油や照り焼きソースには小麦(グルテン)が含まれている他、刻んだナッツやサテーソースは、ナッツアレルギーの反応を引き起こしてしまいます。
  • 熱湯を取り扱う際には注意しましょう。
広告

必要なもの

  • 計量カップ
  • 中華鍋または大き目のフライパン
  • まな板
  • 包丁
  • 水切り器
  • じゃがいも皮むき器
  • スプーン
  • 盛り皿

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 肉・加工肉・デリ
このページは 132 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告