鶏肉をさく方法

3 パート:鶏肉をさく前の下準備方法鶏肉をさく方法シュレッドチキン(さいた鶏肉)の活用方法

「さいた」鶏肉は非常に万能です。タコスの具、バーベキューソースのマリネ、タキートスの中身として巻くなど様々な料理に活用できる鶏肉(家禽)界のカメレオンです。また、作るのもとても簡単です。これからご紹介する簡単な手順に従い、カメレオンのように瞬時に姿を変えるこの食品を使いこなして下さい。

パート 1
鶏肉をさく前の下準備方法

  1. 1
    丸鶏かカット済みの鶏肉を購入します。丸ごと購入する方が胸肉などの白身とモモ肉などの赤身の両部位を均等に活用できます。もちろん丸鶏ではなくカット済みの鶏肉のみを購入してもかまいませんが、白身だけ、逆に赤身だけなど均等にならない可能性があります。購入後は食品用ラップや包装を鶏肉から取りはずしましょう。
    • 時間がないときは地元のスーパーなどで事前に調理されたロティサリーチキンの丸焼きを購入して下さい。すぐに鶏肉をさく作業に入ることができ、時間の節約になります。注:ほとんどのロティサリーチキンの丸焼きには味がついています。
  2. 2
    冷水で鶏肉を洗います。(バクテリアを広げるだけなので洗わなくてもよい、という意見もあります)[1]鶏肉の水分を拭き取ったら、味付けに入ります。温水や熱湯で洗うと、生の鶏肉についているバクテリアが繁殖しやすくなります。必ず冷水で洗いましょう。鶏肉を軽くたたくようにして水気を拭き取り、塩コショウでお好みの味つけしましょう。 [1]
    • 生の丸鶏の中には、使わない部位を一つにまとめた袋が入っています。丸鶏を調理する時には必ずこの袋を取り出しましょう。
  3. 3
    鶏肉を調理します。鶏肉の調理方法は何通りもあります。未調理の状態で鶏肉をさくのは難しいので、必ず調理をした後でさきましょう。
    • 鶏肉を茹でる方法: 鶏肉を大きな鍋に入れ、鶏肉が完全に浸るまで水かチキンストックを注ぎます。チキンストックを使うと、鶏肉がより塩気のある風味に仕上がります。塩コショウを加えて味つけをします。鍋のふたをして沸騰させたら、温度を中低温まで下げ、約1時間、もしくは鶏肉に完全に火が通るまで茹でます。ピンク色の部分がなくなり、鶏肉を簡単に骨からはがせるようになったら、調理完了のサインです。鶏胸肉を茹でる場合は、フォークで簡単にさけるようになれば調理完了です。
    • フライパンで鶏肉を茹でる方法: (鶏胸肉の調理に最適な方法です)直径約30センチのフライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、中火で熱します。鶏肉の上部を下にして、5分間もしくは焼き色がつくまでまで調理します。水かチキンストックを3/4カップ加えた後、鶏肉を裏返します。蓋をして中火で7−10分もしくは鶏肉に完全に火が通るまで調理します。水分が予定より早く蒸発したら、さらに1/4カップ追加します。[2]
    • 電気鍋を活用しましょう。鶏肉を丸ごと調理する時、また食べるまでに7時間程度の時間がある場合に最適な方法です。鶏肉を電気鍋に入れ、塩、コショウ、パプリカなどお好みの味付けをします。水分は何も加える必要はありません。電気鍋の温度を低温に設定し、蓋をして7時間調理します。[3]

パート 2
鶏肉をさく方法

  1. 1
    水もしくはブイヨンから鶏肉を取り出し、浅い皿に入れて冷まします。鍋やフライパンから取り出してすぐの鶏肉は素手で触ることができないほど熱くなっています。
  2. 2
    肉を骨から引きはがします。引きはがす方法はいくつかありますが、どの方法で行う場合も、皮やその他の部位も骨からはがします。
    • 手を使う方法 指で骨をつまんで肉を骨から引っぱりだします。手で引っ張ると簡単に肉を塊で骨からひきはがせますし、大きな塊を引きはがすことができます。
    • フォークを使う方法  一本のフォークで鶏肉が動かないように固定します。もう一本のフォークで鶏肉を引っかくようにさきます。フォークを使うと一つ一つが細かい肉になります。[4]
    • ミキサーを使う方法 これは鶏胸肉のみに使える方法です。手や手首を痛めずに鶏肉を短時間でさくには、ミキサーを使うのが一番良い方法です。ボウルの中に鶏肉を入れ、ミキサーを低速に設定して混ぜます。高速で行う必要はありません。電動泡立て器でも同じようにさくことができます。この方法を使うと、1分から1分半で鶏胸肉をさくことが可能です。[5]
  3. 3
    さいた鶏肉をボウルに入れ、お好みの調理方法にご活用下さい。「活用方法」セクションで、様々な調理方法をご覧頂けます。
  4. 4
    密封容器もしくは密封バッグにさいた鶏肉を入れて保存しましょう。冷蔵庫で3日間の保存が可能です。3日以内に使う予定がない場合は冷凍保存します。ご使用の際に解凍してください。
  5. 5
    出来上がりました。

パート 3
シュレッドチキン(さいた鶏肉)の活用方法

  1. 1
    自家製タキートスを作りましょう。タキートスは万能なおいしい料理です。食事やおやつとして、またポットラックの一品として大活躍する料理です。
  2. 2
    シュレッドチキンをチキンサラダに変身させましょう。セロリをみじん切りにし、トーストを焼いたらおいしいチキンサンドイッチの出来上がりです。
  3. 3
    シュレドチキンを使って友達が驚くタコスを作ることができます。屋台で販売されているタコスとは違いますが、間違いなく皆に褒められる味に仕上がります。
  4. 4
    自家製チキンヌードルスープでお腹と心を温めましょう。自家製チキンヌードルスープは心と身体を癒す料理と呼んで間違いありません。
  5. 5
    バーベキューチキンクロワッサンに使いましょう。これは、バーベキュー、パーティー、その他のお祝い事の席で前菜として登場する、鶏肉が入ったふわふわの前菜パンです。

ポイント

  • 多めにシュレッドチキンを作って冷凍すれば、数ヶ月の保存が可能です。

注意事項

  • 生の鶏肉は注意して取り扱いましょう。生の鶏肉が包装されていたものはすべてゴミ箱に捨て、生の鶏肉が触れた場所はすべて洗浄して下さい。サルモネラ菌は生の鶏肉が触れた場所に発生します。

必要なもの

  • 鶏肉
  • 蓋付き鍋
  • 穴じゃくし
  • 浅い皿
  • ボウル
  • 塩コショウ
  • フォーク2本
  • オリーブオイル
  • チキンストック

記事の情報

カテゴリ: 料理・イベント

他言語版:

English: Shred Chicken, Español: desmenuzar pollo, Deutsch: Hühnchen zupfen, Italiano: Sminuzzare il Pollo, Português: Desfiar Frango, Nederlands: Kipreepjes maken, Français: émietter un poulet, Русский: измельчить курицу, 中文: 做碎鸡肉, Čeština: Jak připravit vařené kuřecí maso, Bahasa Indonesia: Menyuwir Ayam, العربية: تقطيع الدجاج إلى نسائل

このページは 4,293 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?