鶏肉を焼く方法

この記事には:丸鶏を焼く方法鶏胸肉を焼く方法鶏手羽肉を焼く方法5 出典

焼いた鶏肉は思わず自分の指までなめてしまうほどおいしい料理ですが、調理方法は至って簡単です。ご家族はこの焼いた鶏肉料理を毎日食べたいと言うかもしれません。これからご紹介する方法で、丸鶏、鶏胸肉、また手羽先を簡単に調理することができます。

1
丸鶏を焼く方法

  1. 1
    オーブンの電源を入れ、温度を200°Cに設定します。コンベクションオーブンをお使いの方は190°Cに予熱します。
  2. 2
    冷たい流水で鶏肉を水洗いします。必ず鶏のお腹の中まで綺麗に水洗いしてください。 袋に入った臓物が購入した丸鶏のお腹の中に入っている場合は、その袋をここで取り出します。温水ではなく、必ず冷たい流水で水洗いしてください。温水での洗浄はバクテリアを繁殖させます。
  3. 3
    丸鶏を天板の上に置いたら、ペーパータオルで水気を取り除きます。この段階でできる限り水気を拭き取って下さい。水気が少ない方がおいしく焼き上がります。水気があると、焼くというよりも「蒸す」調理になってしまいます。[1]
  4. 4
    丸鶏の中に玉ねぎを半分入れましょう(お好みで)。くし切りにしたレモン、リンゴ、ハーブ類なども、丸鶏のお腹の中に入れて風味をつけるのに最適な食材です。丸鶏のお腹の中に塩胡椒をふりかけるのもお薦めです。その後、鶏の足を一つにまとめ、調理用の糸を使ってしばります。
  5. 5
    ハーブやスパイスを使い、丸鶏の外側の味付けを行ないます。オリーブオイル、小量のベーコンの脂、バターなどを丸鶏の外側に揉み込む場合はここで行います。丸鶏に塩胡椒するのをお忘れなく。調味料類が丸鶏全体に均等に行きわたっているかご確認ください。
  6. 6
    天板にのせた丸鶏をオーブンに入れます。オーブン内の温度が200°Cに達しているかご確認ください。鶏肉1ー 1、5kgにつき50−60分調理します。[2]
    • もう1つの方法として、丸鶏を天板ごとアルミホイルで包む方法があります。アルミホイルで包んだ丸鶏を60分焼いたあと、アルミホイルをはずして20−30分、もしくは鶏肉からでてくる肉汁の色が透明になるまで焼きます。外側がよりカリッと仕上がる調理方法です。
  7. 7
    焼き上がったら丸鶏をオーブンから取り出します。切り分ける前に15分程度このまま置いておきましょう。使用済みの調理用糸は捨てます。
  8. 8
    丸鶏を天板から取り出した後に天板に残った焼き汁は、チキンスープやグレイビーソースにご利用いただけます。
  9. 9
    Finished.

2
鶏胸肉を焼く方法

  1. 1
    オーブンの電源を入れ て176°Cに予熱してください。[3]
  2. 2
    鶏胸肉を洗いましょう。必ず冷水をご使用ください。温水はバクテリアの繁殖を促します。ペーパータオルで鶏胸肉についている水気を綺麗に拭き取ります。水気をしっかり拭き取ると、鶏の皮がパリッと焼き上がります。
  3. 3
    鶏胸肉の味付けを行ないましょう。オリーブオイル、ハーブ、スパイスなどと一緒に調味料を揉みこむこともできます。味付けはお好みの方法で行なってください。またここで塩胡椒をふりかけるのもお薦めの下準備方法です。鶏肉を均等に味つけするには、油と調味料を密閉可能な大きなビニール袋に入れ、その袋に鶏胸肉を入れます。鶏胸肉を袋に入れたら密封し、調味料が鶏肉に均等に行き渡るまで袋を振りましょう。
    • 鶏肉を漬け汁に漬ける「マリネ」もお薦めの方法です。お好みの漬け汁に鶏肉を漬けたら、そのまま約4時間ほど漬けます。一晩漬け汁に漬けるのが最も味がしみる方法です。
  4. 4
    鶏胸肉を天板に並べます。鶏胸肉はそれぞれ重ならないように平らに並べましょう。(例えば、単層のように並べてください)
  5. 5
    鶏胸肉をオーブンで約35−40分焼きます。鶏肉から出る肉汁が透明になったら出来上がりです。肉用温度計をご使用の場合は、仕上がり時の鶏胸肉の中の温度は71°Cです。[4]
  6. 6
    鶏胸肉をオーブンから取り出します。鶏胸肉に完全に火が通っているか不安な時は、鶏胸肉を少し切って中を確認しましょう。ピンク色の部分が残っている時は必要に応じて鶏肉をオーブンに戻しましょう。調理が完了して鶏肉をオーブンから取り出したら、取り分ける前に5分程度冷まします。

3
鶏手羽肉を焼く方法

  1. 1
    オーブンの電源を入れ、230°Cまで温めましょう。
  2. 2
    冷水で鶏手羽肉を洗いましょう。ペーパータオルで鶏手羽肉をたたくように押さえ、皮の部分の水分をできる限り取り除きます。こうすることで皮の部分がカリッと黄金色に焼き上がります。P
  3. 3
    鶏手羽肉の味付けをします。お好みの調味料と油をお使いください。塩胡椒もお忘れなく。
    • より身体に良い健康的な味付けには、オリーブオイルを軽めに揉みこんだあと、塩胡椒、そしてタイムを軽くふりかけます。
    • 鶏手羽肉をよりカリッと焼き上げるには、小麦粉1/2カップに塩胡椒、ガーリックパウダー、そしてお好みのハーブを加え(調味料はお好みで)て混ぜます。鶏手羽肉にバターもしくはオリーブオイルを揉みこんだら、先ほど作った粉の上で転がすように粉をつけます。[5]
  4. 4
    鶏手羽肉を天板もしくはクッキングシートの上に並べましょう。鶏手羽肉がそれぞれ重ならないようにご注意ください。オーブンの予熱が完了し準備ができたら、鶏手羽肉をオーブンに入れます。
  5. 5
    鶏手羽肉を約35−40分オーブンで焼きます。肉汁が透明になったら出来上がりです。肉用温度計をご使用の場合は、鶏手羽肉の最も厚い部分に肉用温度計をさし、温度計が71°Cに達したら出来上がりです。

ポイント

  • 「鶏肉を焼く」のと「鶏肉をローストする」というのは同じことです。もっと違った調理方法をお試しになりたい方は、検索する際に「焼いた鶏肉」と「ローストチキン」の両方を検索ワードとしてお試しください。
  • 鶏の白肉と呼ばれる胸肉などの部位はダークミートと呼ばれる他の部位よりも短時間で火が通ります。
  • 上記の方法よりも多め、または少なめの量を調理する場合は、調理時間を調整してください。

注意事項

  • 生の鶏肉が触れたすべての調理器具、台所の表面、ご自身の手を、必ず石けんと熱いお湯を使って洗いましょう。生の鶏肉はサルモネラ菌を保持している恐れがあります。

必要なもの

  • 胡椒
  • スパイス、ハーブ類、マリネ用漬け汁、油(必要に応じて)
  • 小麦粉(手羽先を調理する際必要に応じて)
  • 調理用たこ糸
  • ロースト用天板
  • ペーパータオル
  • 肉用温度計

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む11人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Bake a Chicken, Español: cocer un pollo, Italiano: Cuocere il Pollo al Forno, Português: Assar um Frango, Deutsch: Ein Brathähnchen zubereiten, Français: faire rôtir un poulet au four, 中文: 烤鸡, Русский: запечь курицу, Bahasa Indonesia: Memanggang Seekor Ayam, ไทย: อบไก่, हिन्दी: चिकन को बेक करें, Tiếng Việt: Chế biến món Gà nướng, العربية: طبخ الدجاج في الفرن, 한국어: 닭고기 굽는 방법, Čeština: Jak upéct kuře, Nederlands: Kip braden in de oven

このページは 3,298 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?