鶏肉を茹でる方法

この記事には:調理時間水から茹でるチキンブイヨンを使って茹でるリンゴジュースを使って茹でるワインを加えたスープで茹でる出典

鶏肉は美味しく、多彩な料理に使えます。一番簡単な調理法は茹でることです。wikiHowが鶏肉のさまざまな茹で方を紹介します。

材料

4~6人分

鶏肉の種類

  • 骨皮なし胸肉 450g
  • 骨付き胸肉 900g
  • ささみ 450g
  • 骨付き腿肉 900g
  • 手羽元 900g
  • 鶏一羽 1800g

水から茹でる

  • 水 4リットル
  • 塩 大さじ1

チキンブイヨンで茹でる

  • チキンブイヨン 4リットル
  • タマネギ 2、3個
  • 人参 2、3本
  • セロリの茎 1,2本

リンゴジュースで茹でる

  • リンゴジュース、またはアップルサイダー 2リットル
  • 水 2リットル
  • タマネギ 200~250g
  • 人参 1、2本
  • ニンニク(みじん切り) 小さじ2杯
  • タイム(刻む) 小さじ1杯
  • リンゴ 1個

ワインを加えて茹でる

  • 辛口白ワイン 1リットル
  • チキンブイヨン 1リットル
  • 水2リットル
  • パールオニオン(小粒の玉ねぎ) 1 1/2カップ
  • 塩 小さじ1/2
  • 黒胡椒 小さじ1/4
  • ニンニク(みじん切り) 大さじ1
  • 生パセリ(刻む) 大さじ1
  • 生オレガノ(刻む) 大さじ1 
  • 生タイム(刻む) 大さじ1

パート 1
調理時間

  1. 1
    骨皮なし鶏胸肉は15~20分茹でる[1] 厚みのある胸肉は約20分、薄くて平らな小ぶりの胸肉は15分程度茹でます。
  2. 2
    骨付き胸肉は30分茹でる 皮と骨で厚みが増し、火が通りにくくなるので、調理時間は基本的に倍になります。
  3. 3
    ささみは10分以内で調理する ささみはとても薄いので10分以下で火が通ります。5cm程度にスライスした骨なし胸肉も同じぐらいの時間で調理できます。
  4. 4
    骨付き腿肉は40分茹でる 骨が付いているので余計に時間がかかります。また、ダークミートと呼ばれる腿肉は、胸肉よりも火が通るのに時間がかかります。
  5. 5
    手羽元は30~40分茹でる 手羽元は腿に比べて肉の量が少ないので、腿肉の調理ほど時間をかける必要はありません。
  6. 6
    まるごと一羽は約1時間かけて茹でる[2] 標準的な1800g程度の鶏一羽を茹でるには、まる1時間かかります。重さが450g増えるごとに10~20分、調理時間を増やしましょう。

パート 2
水から茹でる

  1. 1
    スープ鍋に鶏肉を入れる 鍋の大きさは肉の大きさにより、鍋を占める肉の割合を目安にします。基本的には、鍋の1/4~1/3程度に肉が収まる大きさの鍋を使用しましょう。
    • 容量8リットルの寸胴鍋が一般的で、通常はまるごと一羽でも十分に収まります。1800g以上の大きな鶏を調理する場合は、もっと大きな鍋が必要です。 
    • 骨なし胸肉を8リットル鍋で調理することもできますが、小さな鍋を使うとお湯が早く沸きます。
  2. 2
    水を満たす 鶏肉が完全にかぶるまで水を鍋に注ぎます。
    • お湯ではなく冷たい水を使います。 
  3. 3
    塩を加える 小さじ1から大さじ1の塩を入れます。骨なし胸肉やささみには少な目にし、丸ごとを茹でる場合は大目にします。
    • 塩はあくまでもお好みで加えましょう。塩なしでも茹でることはできますが、寝ぼけた味になり、美味しくできあがりません。 
  4. 4
    火が通るまで調理する 鍋に蓋をして中火で茹でます。鶏肉の種類に応じた調理時間に沿って調理しましょう。

パート 3
チキンブイヨンを使って茹でる

  1. 1
    鍋の半分までチキンブイヨンを満たす 鍋の半分まで、たっぷりとブイヨンを入れましょう。
  2. 2
    野菜を切る 野菜を刻むと野菜の味がスープによく溶け込みます。
  3. 3
    野菜をスープに加える 切った野菜をスープの鍋に入れます。野菜がスープに新たな風味を加えます。
    • 厳密にいうと野菜はなくてもかまいせん。鶏肉はスープだけで茹でることができます。
  4. 4
    鶏肉をスープに加える 鶏肉をスープの鍋に入れます。鶏肉が完全にかぶるように、必要であれば、ブイヨンや水を加えます。
  5. 5
    必要な時間をかけて鶏肉を調理する 強火でスープを煮立たせたら蓋をして中火、またはやや弱火に落とし、ことこととゆっくり肉に火を通します。
    • 「調理時間」のセクションで紹介した時間に沿って調理します。
    • 火が通ったらトングや菜箸で鶏肉を取り出します。
    • お好みで、茹で汁を濾してスープストックとして取っておくと、先々で料理に使えます。冷蔵庫で3日、冷凍すると2ヶ月ほど保存できます。 
    • 鶏肉を茹でるのに使用した野菜は、完全に煮崩れてしまうので処分しましょう。野菜の本来の目的は、付け合わせにすることではなく、鶏肉に風味を加えるためです。

パート 4
リンゴジュースを使って茹でる

  1. 1
    鶏肉を鍋に入れ、かぶる量の液体を加える 鍋に鶏肉を入れ、肉が完全にかぶるまで水とリンゴジュースを加えます。
    • リンゴの風味を強くするには、2リットルのリンゴジュースを先に入れてから、肉が完全にかぶるまで水を足します。
    • リンゴの風味を控えめにするには、水とリンゴジュースを同じ割合で鍋に同時に注ぎます。
    • リンゴジュースの代わりにアップルサイダーも使えます。リンゴジュースで作る柔らかな口当たりではなく、アップルサイダーのやや癖のある味を好む人もいます。
    • 鶏肉と水とリンゴジュースを合わせて、鍋の1/2から3/4に収まるようにしましょう。
  2. 2
    野菜とハーブを刻む この調理法では、野菜のこくがリンゴジュースの天然の甘味をバランスよく引きだします。
  3. 3
    野菜を加える タマネギ、人参、ニンニク、タイムをリンゴジュースのスープに散らします。
  4. 4
    鶏肉にほぼ火が通るまで調理する 強火で茹で汁を煮立たせます。軽く沸騰状態が保つ程度に火を弱めたら蓋をして、「調理時間」のセクションで案内している時間に沿って火を通します。
  5. 5
    リンゴの準備をする 鶏肉に火が通る10分ほど前に、リンゴの準備を始めます。リンゴの皮を剥いて芯を取り、角切りにします。
    • 調理終了ぎりぎりにリンゴをスープに加えると、リンゴの風味が強くなります。
  6. 6
    最後の5分程の時点でリンゴを加える 調理が済んだらざるにあけ、鶏肉だけを取り出して盛りつけます。
    • 野菜やリンゴなどの他の材料は、調理中に肉に味を浸み込ませるためのものです。調理後はくたくたに煮崩れてしまうので美味しくありません。 

パート 5
ワインを加えたスープで茹でる

  1. 1
    鍋の半分までスープを満たす 辛口の白ワインとチキンブイヨンを最初に加えます。それから、鍋の半分になるまで水を足します。
  2. 2
    タマネギや調味料を加える 鍋にパールオニオンを入れ、ニンニク、パセリ、オレガノ、タイム、塩、胡椒も加えます。 
  3. 3
    数分煮立たせる 強めの中火でスープを沸騰させます。2~5分煮立たせてから、軽く沸騰状態を保つ程度に火を弱めます。
    • こうすることで、タマネギやハーブの風味がスープに溶け込み、ワインの苦みが飛びます。 
  4. 4
    鶏肉を慎重にスープに加える トングで鶏肉をスープに加えます。沸騰するまで火を強めてから、再び、火加減を絞ります。
  5. 5
    火が通るまで調理する 鍋に蓋をして、軽く沸騰が続く状態を保ちながら「調理時間」に沿って茹でます。
  6. 6
    できあがり 

ポイント

  • 茹でた鶏肉はすぐに食べられますが、食品専用の密閉容器で保存もできます。冷蔵で3日以内、冷凍で2ヶ月以内に食べきりましょう。
  • 茹でた鶏肉はそのままでも、ほぐしても保存できます。

注意事項

  • 胸肉や腿肉などは内部の温度が75度に達する必要があります。まるごとの場合は80度以上に達する必要があります。肉用温度計で温度を確かめましょう。
  • 冷凍の肉を茹でてはいけません。ここで紹介した調理法を利用する場合は、調理前に完全に肉を解凍しましょう。

必要なもの

  • 蓋つきの8リットルスープ鍋(寸胴鍋)
  • 料理用ナイフ
  • トング
  • ざる

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 調理法 | 肉・加工肉・デリ

他言語版:

English: Boil Chicken, Español: hervir pollo, Português: Fazer Frango Cozido, Italiano: Bollire il Pollo, Deutsch: Hühnchen zubereiten, Русский: варить курицу, 中文: 做白斩鸡, Français: bouillir un poulet, Bahasa Indonesia: Merebus Ayam, Nederlands: Kip koken, Čeština: Jak uvařit kuře, العربية: سلق الدجاج, Tiếng Việt: Nấu thịt gà, 한국어: 닭 삶는 방법, ไทย: ต้มไก่, हिन्दी: चिकिन को उबालें

このページは 2,486 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?