鶏肉料理を温め直す方法

この記事には:電子レンジで温め直すコンロで温め直すオーブンで温め直す調理済みの丸ごとローストチキンを温め直す8 出典

鶏肉は安くておいしい料理を作れる食材ですが、調理や温め直す際にパサついてしまうことがあります。鶏肉料理が残り、それを温め直して食べる時は、揚げるなど「再び料理する」のではなく、できたてのようなジューシーさと柔らかさを保ちながら安全に温め直す方法を試してみましょう。

  • 合計時間(電子レンジ):2~4分

1
電子レンジで温め直す

  1. 1
    鶏を小さく切り分ける 鶏肉(特に胸肉)は加熱時間が長すぎるとパサつきやすくなります。鶏肉を一口大に切り分けると温め直す時間が短くなり、パサつきを防ぐことができます。[1]
  2. 2
    鶏肉を電子レンジ用の皿にのせる [2]鶏肉は重ならないよう並べます。均一に温まるように少し隙間を空けて並べます
    • プラスチック容器を使って電子レンジで調理してはいけません。プラスチック容器を使った電子レンジ調理とがんのリスクにまつわる話の多くは、科学的な根拠はありませんが、問題は、溶けたプラスチックが食べ物に付着するということです。
    • 一般的な皿、紙皿、ガラス皿ならば問題ないでしょう。[3]
  3. 3
    湿らせたペーパータオルで鶏肉を覆う 湿らせたペーパータオルを使うと、鶏肉のパサつきを防ぐことができます。古いタイプのラップは、その成分が溶けて鶏肉に付着する可能性があるため使用を避けます。電子レンジ内でアルミ箔を使うと火花の発生、発火、電子レンジの故障の恐れがあるため使ってはいけません。
    • 必要に応じて、電子レンジ用のプラスチック製のふたを購入するとよいでしょう。
    • 鶏肉のパサつきを防ぐため、皿に大さじ1杯(15 mL)のブイヨン(鶏肉のだし汁)または水を加えます。
  4. 4
    鶏肉を電子レンジに1分半~5分ほどかけて温め直します。途中で一度裏返します。鶏肉の量はどのくらいですか?鶏肉の量がとても少ない場合は(1人分)、通常の出力数(500~600ワット)で2分半~3分ほど電子レンジにかけます。鶏肉の量が多い場合は、電子レンジで4~5分ほど温めます。
    • 調理時間の半分が経過したら、両面を均一に温めるため、やけどに注意しながら鶏肉を裏返します。
    • 鶏肉を指でさわるか、少しかじるなどして鶏肉が十分に温まったかどうかを確認します。適切な温度に達するまで、さらに30秒づつ加熱します。
  5. 5
    電子レンジから皿を取り出し、鶏肉を休ませる 電子レンジで温めた容器はとても熱くなっているため、ミトンや鍋つかみを使って安全に電子レンジから取り出します。鶏肉を覆ったキッチンペーパーを取り外し、2分ほど置いてから切り分けたり、盛り付けたりします。
  6. 6
    鶏肉を覆ったキッチンペーパーやふたを取り外す ふたを取り外す時に鶏肉から熱い蒸気がたくさん出てくることがあるため、注意しましょう。やけどしないよう、顔と指を離してふたを取り外しましょう。

2
コンロで温め直す

  1. 1
    フライパンを弱火~中火で温める 特に皮付きの鶏肉を温め直す時は、フライパンが熱くなると皮がくっつきやすくなるため、鶏肉の温め直しにはテフロン加工のフライパンが向いています。
    • フライパンから5㎝ほど上に手をかざすと、放射熱でフライパンが温まったかどうかを確認することができます。
    • 鶏肉のパサつきの原因になるめ、フライパンは生の鶏肉を焼く時ほど熱くする必要はありません。
  2. 2
    フライパンに大さじ1杯(15mL)の油またはバターをひく フライパンに油をひくと鶏肉のパサつきを防ぐことができます。[4]お好みで、油やバターの代わりに水またはブイヨンを使うこともできます。
  3. 3
    フライパンで鶏肉を温め直す フライパンに冷めた鶏肉を置き、鶏肉の状態をよく見ます。焦げないよう、鶏肉の表面がフライパンにくっつく前にこまめに鶏肉を動かしながら温めます。鶏肉を時々裏返しながら必ず両面から温めます。
  4. 4
    鶏肉を休ませてから提供する 鶏肉に肉汁が行き渡るよう1~2分ほど置いてから食べましょう!

3
オーブンで温め直す

  1. 1
    冷凍の鶏肉料理は解凍する 冷凍の鶏肉料理は室温に戻しておく必要はありませんが、ガチガチに凍っていないかどうか確認しましょう。温め直す前に鶏肉を冷蔵庫に入れ、6~8時間ほど置き、ゆっくり温度を上げます。[5]
    • 冷凍の鶏肉料理をすぐに温め直したい時は、ジップロックなどの防水袋に入れ、流水に当てて解凍します。
    • 電子レンジの「解凍モード」を使ってもよいでしょう。
  2. 2
    鶏肉を小さく切り分ける こうすると鶏肉を温める時にパサつきを防ぐことができます。
  3. 3
    オーブン用の皿または鍋に入れてふたをする クッキーシートがあるとよいでしょう。皿の底に記載してある最大耐熱温度を確認し、オーブンで使用できるかどうかを確認しましょう。
    • 切り分けた鶏肉を等間隔に並べます。
    • 肉汁が残っていれば、鶏肉に回しかけます。少量の水またはブイヨンを使うこともできます。
    • パサつきを防ぐため、皿または天板に並べた鶏肉をアルミ箔で覆います。
  4. 4
    オーブンを220~250℃に予熱する オーブンによって予熱にかかる時間が異なるため、オーブンに鶏肉を入れる前に適温に温めておきましょう。
  5. 5
    鶏肉を75℃で温め直す オーブンの予熱が終わったら、オーブンに鶏肉を入れます。切り分けた鶏肉を温め直す場合は、数分で十分に温まります。鶏むね肉など大きい鶏肉の場合は、もう少し長くかかります。
    • 中心温度計で鶏肉の中心の温度を測定し、中までしっかり温めます。[6]
  6. 6
    鶏肉を取り出し、提供する やけどしないようオーブン用のミトンを使って鶏肉を取り出します。また、取り出した皿の熱から作業台を保護するため、鍋つかみや鉄製の鍋敷きを使いましょう。
    • 鶏肉のサイズが大きい場合は、2~3分置いてから切り分けましょう。こうすると肉汁が再び鶏肉全体に行き渡るため、鶏肉がパサついたり固くなったりしません。

4
調理済みの丸ごとローストチキンを温め直す

  1. 1
    オーブンを180℃に予熱する オーブンによって予熱にかかる時間が異なるため、オーブンに鶏肉を入れる前に適温に温めておきましょう。
  2. 2
    予め温めておいたオーブン皿に鶏肉を置きアルミ箔で覆う ローストチキンはすでに調理されているため、鶏肉の中心部分までしっかり加熱する必要はありません。また肉汁が流れ出すこともありません。調理済みローストチキンが入るオーブン皿を選びましょう。
    • 鶏肉がオーブン皿にくっつかないように、皿に油かバターを塗るか食用オイルスプレーを噴霧します。
    • オーブン皿にローストチキンを丸ごと置きます。次に、アルミ箔で覆います。
  3. 3
    鶏肉を75℃で温め直す 鶏肉を皿にのせ、十分に予熱したオーブンに入れます。皿を置いた所がオーブンの熱が均等に当たる場所かどうかを確認しましょう。鶏肉の大きさに応じて加熱時間が異なります。しっかり温めるには25分ほどかかります。[7]
    • 特に鶏肉の量が少ない場合は、2~3分早めに温度を確認しましょう。
    • 特に鶏肉の身の部分は加熱しすぎると固くパサついてしまうため注意しましょう。
  4. 4
    5分ほど休ませてから提供する 手や作業台を保護するため、鉄製の鍋敷きを使い、オーブン用のミトンを使ってオーブンから鶏肉を取り出します。鶏肉を5分ほど室温で休ませてから切り分けます。こうすると肉汁が再び鶏肉全体に行き渡るため、しっとりとした鶏肉を楽しむことができます。

ポイント

  • 電子レンジは、丸ごとの鶏肉など特に「厚みのある」食べ物を温める際は、外側から温まる傾向があります。鶏肉は必ず切り分けてから電子レンジで温め直しましょう。
  • 電子レンジは早く温められますが、オーブンでは均一に温められます。

注意事項

  • 電子レンジ耐用性のラップであっても、電子レンジにかけた時にラップに接した部分に有害物が付着することがあるという説は注目に値します。プラスチック容器を使用した電子レンジの加熱についても同じことが言えます。インターネットでラップやプラスチック容器の代わりなるものについて調べてみましょう。
  • 完全に調理されたものでも、サルモネラ菌などの有害菌が存在していることがあります。鶏肉を漬けていたマリネ液などは必ず捨て、他の調理に使ってはいけません。
  • 手を石けんと水でよく洗ってから、調理済みの鶏肉(またはその他の食品)を扱いましょう。風邪をひいている時、アレルギーのある場合、咳や鼻水の症状のある時は、食品を扱うのは避けましょう。鼻腔や肌には、食中毒の主な原因菌であるブドウ球菌が常在しています。[8]この菌は食物に付着し、増殖します。
  • 食物の中よりも表面の方に菌が存在する可能性はずっと高くなります。冷蔵する際は、菌による表面の汚染を防ぐため、必ずラップやふたをして保存しましょう。ふたをする際は食品を冷ましてらかにしましょう。食品を温かいまま、または熱いまま密閉すると菌が増殖することがあります。
  • アルミ箔を覆った鶏肉を電子レンジにかけてはいけません!

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 肉・加工肉・デリ

他言語版:

English: Reheat Chicken, Español: recalentar pollo, Italiano: Riscaldare il Pollo, Português: Esquentar Frango, Русский: разогреть курицу, Deutsch: Hühnchen aufwärmen, Français: réchauffer du poulet, Čeština: Jak znovu ohřát kuře, Nederlands: Kip opwarmen, Bahasa Indonesia: Memanaskan Daging Ayam, العربية: تسخين الدجاج, Tiếng Việt: Hâm nóng thịt gà, ไทย: อุ่นเนื้อไก่, 한국어: 닭고기를 데우는 방법, 中文: 加热鸡肉, हिन्दी: चिकन को फिर से गर्म (reheat) करें

このページは 955 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?