鶏胸肉を茹でて、食生活に健康的なたんぱく質を取り入れましょう。水で茹でるか、水に調味料を加え風味をつけて茹でます。十分加熱して内部のピンク色がなくなるように、鶏肉全体にしっかり火を通すのがポイントです。茹でた鶏肉を細かく切るか裂いて、もしくはそのままいただきます。

材料

  • 鶏胸肉
  • 野菜だしや鶏ガラスープ(任意)
  • みじん切り玉ねぎ、にんじん、セロリ(任意)
  • ハーブ類(任意)
  • 塩コショウ

パート 1 の 3:
鍋に鶏肉を入れる

  1. 1
    調理前に鶏胸肉を水洗いするのはやめましょう。調理前に鶏肉を洗うように教わったかもしれませんが、そうすると有害な雑菌がキッチンに広がる恐れがあります。鶏肉から飛び散った水滴で、シンク、キッチンカウンター、腕、衣類に雑菌が広がってしまいます。食中毒の危険を防ぐため、鶏肉を洗うのは避けましょう。[1]
    • 鶏肉にはサルモネラ菌などの有害な細菌が付着しています。このような細菌は、ほんの少量でも病気の原因になるので注意が必要です。
  2. 2
    鶏肉を二等分や四等分または角切りすると、早く火が通ります。そのまま茹でてもかまいませんが、切ると茹で時間を大幅に短縮できます。よく切れる包丁で鶏胸肉を小さく切りましょう。料理にもよりますが、好みの大きさに切ってから茹でましょう。[2]
    • 茹でた鶏肉を裂く場合は、あまり小さく切りすぎると裂きにくいかもしれません。サラダやサンドイッチに使う場合は、あらかじめ小さく切ってから茹でたほうが効率的です。
    • 他の食品を汚染する危険を抑えるために、肉専用のまな板を使いましょう。サルモネラ菌のような細菌は、洗った後でもまな板に残ることがあります。そのまな板で野菜を切るとサルモネラ菌に汚染される危険があります。

    ご存じですか? 鶏肉をそのまま茹でると30分かかりますが、小さく切ってから茹でれば10分ほどで火が通ります。

  3. 3
    中くらいか大きな鍋に鶏肉を入れます。まず鍋に鶏肉を並べ、その後水やだし汁を加えましょう。なべ底に鶏肉を重ならないように並べます。[3]
    • 鍋に鶏肉を全部入れようとすると重なってしまう場合は、大きな鍋に替えましょう。重ねると中まで火が通りにくくなります。
  4. 4
    鶏肉を覆うくらいの水やだし汁を入れます。飛び散らないように気を付けながら、水やだし汁をゆっくり注ぎます。鶏肉を完全に覆う量の水を入れましょう。[4]
    • 茹でている間に水の量が減ったら、必要に応じて水を足しましょう。
    • 水が飛び散るとサルモネラ菌が広がる危険があるので気を付けましょう。
    • 水ではなく野菜のだし汁や鶏ガラスープで茹でることもできます。
  5. 5
    好みに応じて、スパイス、ハーブ、みじん切りの野菜を加えて味付けします。調味料を加えなくてもかまいませんが、加えたほうが鶏肉の風味が増します。少なくとも、水の中に塩コショウをふっておきましょう。できれば、イタリアンシーズニング、ジャークシーズニング、ローズマリーなどの乾燥ハーブを加えるとおいしく茹で上がります。また、玉ねぎ、にんじん、セロリをみじん切りして鍋に加えると、鶏肉の風味がさらに増します。[5]
    • 鶏肉を茹でた後、残ったゆで汁を保存して別の料理に使いましょう。風味豊かなだし汁としても重宝します。
    • 野菜が水からはみ出ている場合は、鶏肉と野菜すべてを完全に覆うように水を足しましょう。
  6. 6
    鍋にふたをします。鍋をしっかり覆うことができるふたを使いましょう。蒸気を閉じ込めると、効率的に火が通ります。[6]
    • 鍋のふたを外す際は、やけどをしないようにタオルや鍋つかみを使いましょう。さらに、蒸気でやけどを負う危険があるので、鍋の上に顔をもっていかないように注意します。
    広告

パート 2 の 3:
鶏肉を茹でる

  1. 1
    鍋を強めの中火にかけ水やだし汁を沸騰させます。鍋をコンロにおいて中火で加熱します。鍋が加熱するまで、およそ数分間様子を見ます。沸騰すると水の表面に気泡が発生し、ふたに水蒸気が付きます。[7]
    • 蒸発が進むので、水やだし汁を長時間沸騰させたままにするのはやめましょう。沸騰し始めたらすぐに火を調節できるように、鍋のそばで見守ります。
  2. 2
    火を弱くしてコトコト煮ます。火力を下げて鶏肉を茹で続けます。弱火にして数分間様子を見ましょう。水やだし汁が沸騰直前の状態を保つ火力で茹でます。[8]
    • コトコト煮ている間でも、鍋のそばを離れてはいけません。気が付かないうちに沸騰し始めたり、水分が蒸発してしまったりすることがあります。
  3. 3
    10分経ったら肉温度計で鶏肉の内部温度を確認します。ふたを外し、鍋の側面から鶏肉を1枚引き出します。鶏肉に肉温度計を刺して温度を測りましょう。内部温度が少なくとも74 ℃に達していない場合は、肉を戻し鍋にふたをしてさらに茹でます。[9]
    • 肉温度計がなければ、鶏肉を半分に切って中がピンク色か確認しましょう。肉温度計ほど正確ではありませんが、火の通り具合を確認できます。
    • この時点で、大きな鶏肉は中まで火が通っていないでしょう。四等分した場合や小さく切った場合は、火が通っているかもしれません。

    ポイント: 鶏肉を茹ですぎると硬く噛みにくくなってしまうので、まだ中まで火が通っていないだろうと思っても確認しておきましょう。

  4. 4
    内部温度が74℃に達するまで茹でます。10分経っても中まで火が通っていない場合は茹で続けます。5~10分ごとに茹で具合を確認しましょう。茹で上がるまでの時間は、鶏肉の大きさによって左右されます。[10]
    • 皮と骨のついた鶏胸肉の調理時間は約30分です。
    • 皮と骨がついていない鶏胸肉の調理時間は約20~25分です。2等分した場合は15~20分です。
    • 皮と骨のついていない鶏胸肉を5㎝角に切った場合は、調理時間が10分ほどです。

    ポイント: 鶏肉の中まで火が通ると、中心部分はピンク色ではなくなります。

  5. 5
    鍋を火からおろします。コンロのスイッチを切り、やけどしないようにタオルや鍋つかみで鍋の柄を握りましょう。コンロの冷めた部分や鍋敷きの上に鍋を移します。[11]
    • やけどの危険があるので、鍋の取り扱いには気を付けましょう。
    広告

パート 3 の 3:
鶏肉を裂く、または盛り付ける

  1. 1
    水切りします。はねないように注意しながら、ざるの中に鍋の水やだし汁をあけます。こうすると、水に風味を付けるために使用した野菜と鶏肉がざるの中に残るので、取り出しやすくなります。清潔なキッチンカウンターの上にざるを置き、ゆで汁は捨てるかとっておきます。[12]
    • ゆで汁を別の料理に使うためにとっておく場合は、清潔なボウルに入れましょう。その後冷凍庫や冷蔵庫で保存します。
    • 水に野菜を加えて茹でた場合は、その野菜を捨てるか生ごみ処理機に入れます。

    別の方法: フォーク、穴あきスプーン、トングで鶏肉を取り出せます。

  2. 2
    鶏胸肉を皿に移します。フォークを使って鶏肉をざるから皿に移しましょう。鶏肉は非常に熱いので、触れないように注意します。[13]
    • 好みに応じて、鶏肉を空いた鍋に戻してもかまいません。たとえば、鶏肉を裂いてソースにからめる場合は、鍋の中で裂くことができます。 こうすると、鶏肉を茹でた鍋でソースを温めることができます。
  3. 3
    鶏肉を10分冷ましてから使います。鶏肉に触れるのは冷めてからにしましょう。タイマーをセットして、鶏肉を冷まします。その後、裂いたり盛り付けたりします。[14]
    • 鶏肉に触れなければ、冷ます前に鶏肉にソースをかけてもかまいません。ただし、鶏肉に火が通りすぎると硬くなってしまうので、鶏肉を10分間冷ましてからソースを温めましょう。
  4. 4
    鶏肉を小さく切って、もしくはそのまま盛り付けます。鶏肉が冷めたら、好みの形で盛り付けます。細く切ったりそのまま盛り付けたりしましょう。[15]
    • 鶏肉をスパイスやソースで味付けします。たとえば、バーベキューソースを上からかけたり、マンゴーサルサに混ぜたりしましょう。

    ポイント: 茹でた鶏肉をサラダ、炒め物、ファヒータに加えましょう。

  5. 5
    茹でた鶏肉をタコスやサンドイッチに使う場合は、フォーク2本を使って裂きます。両手にフォークを持ち、フォークを左右に離すように動かして鶏肉を裂きます。これを繰り返して、好みの状態になるまで裂き続けます。好みのレシピに裂いた鶏肉を使いましょう。[16]
    • 鶏肉をフォークで裂く代わりに包丁で切ってもかまいません。
    広告

ポイント

  • 冷凍の鶏肉は、冷蔵庫で9時間ほど解凍してから茹でましょう。もしくは、電子レンジの解凍機能を利用します。[17]
  • 水だけで茹でた鶏肉はかなり淡泊な味です。できれば、野菜を加えて茹でるかだし汁で茹でましょう。さらに、茹で上がった鶏肉に様々なソースやスパイスを使って味を調えます。

広告

注意事項

  • サルモネラ菌の拡散を防ぐため、鶏肉を扱う前後に手を洗いましょう。生の鶏肉に触れた包丁、皿、フォーク、キッチンカウンターを洗うか消毒します。
  • 茹でた鶏肉は、冷蔵庫で最長2日間安全に保存できます。その間に食べられない場合は、冷凍保存しましょう。[18]
広告

必要なもの

  • だし汁(任意)
  • まな板
  • 鶏胸肉
  • スパイス(任意)
  • 野菜のみじん切り(任意)

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

オートミールを作る

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ご飯を温め直す

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

フロスティングを作る

How to

シチューにとろみをつける

How to

圧力鍋を使う

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

自家製ワインを造る

How to

チョコレートを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は32,004回アクセスされました。
このページは 32,004 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告