PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

黒いジーンズはどんな服にも合いますが、何度も洗濯したり着たりした後も新しい見た目を保つのは困難です。デニムを染めるのに使われる藍染は、他の生地や肌に色移りし、時間が経つにつれて薄くなります。ジーンズの色落ちを元に戻すことはできませんが、色落ちを防いだり、必要に応じて生地を染め直したりすることはできます。正しい方法に従えば、色落ちしたデニムを簡単に復活させ、濃い色を保ち、古臭くない、流行に沿った服装でいられます。

パート 1 の 2:
色落ちした黒いジーンズを染め直す

  1. 1
    ジーンズを染め直す時間を見つけます。数時間空いている日を選ぶのが一番です。ジーンズを浸し、乾かし、片付ける時間が必要です。
    • まずジーンズを洗います。汚い生地は染料をうまく吸いません。[1]
  2. 2
    暗い色の染料を選びます。手芸用品店や小売店ではいくつかの種類が売られていて、液体の物も粉の物もあります。メーカーの説明書に従いましょう。お湯を沸かす必要がある場合もあります。また、バケツ、桶、流しを使う代わりに洗濯機でジーンズを染められる場合もあります。
    • 液体の染料はより濃縮してあり、既に水に溶けているので使う量が少なくて済みます。
    • 粉の染料を使う場合、まずお湯で溶かす必要があります。
    • 正しい量の染料を使いましょう。メーカーの説明書に従い、適切な量を水に加えましょう。
  3. 3
    道具を集めます。ジーンズ、染料、かき混ぜたり持ち上げたりするための金属のお玉またはトング、ゴム手袋、ビニールのテーブルクロスまたは新聞紙、キッチンペーパーまたはスポンジ、そしてジーンズを最後に洗うための流しまたは桶が必要です。また、染料の説明書に書かれたその他の物も手元に用意しましょう。
    • 作業する場所に新聞紙またはビニールのテーブルクロスを用意し、染料が床や他の物に付かないようにします。
    • 陶器やガラス繊維の流しや桶では、ジーンズを染めたり道具を洗ったりしないようにしましょう。シミになる可能性があります。
  4. 4
    指示された時間に従ってジーンズを浸します。長く浸けるほど、色は濃くなります。[2]
    • メーカーの指示に従って、時々水をかき混ぜるようにしましょう。ジーンズをかき混ぜることで、部分的に色が濃くなるのを防げます。
    • 染料固定剤を試します。ジーンズを染め終わったら、洗い流す前に固定剤を使うと色が落ちにくくなります。[3] ただの白酢でも効果がありますが、専用の固定剤も売られています。
  5. 5
    洗い流します。水が透明になるまで、冷たい流水でジーンズを洗い流します。洗い流したら余分な水分はしっかり絞り出しましょう。[4]
  6. 6
    新しく染め直したジーンズを洗って乾かします。弱い洗剤と冷水を使い、洗っている間、他の服を洗濯機に入れないようにしましょう。
    • 乾燥機を使う場合、一番低い温度または冷温で乾かし、新しい染料の色を明るく保ちます。
  7. 7
    片づけます。染料液は全て排水溝に流し、ジーンズを染めるのに使った全ての道具を綺麗な冷たい水でよく洗います。
    広告

パート 2 の 2:
黒いジーンズの色落ちを防ぐ

  1. 1
    染料を固定させます。新しい黒いジーンズを穿く前に、予め液に浸して染料の色を固定させることができます。ジーンズを裏返しにして、お酢1カップと塩大匙1を加えた冷たい水に浸けます。[5]
    • お酢と塩がジーンズの染料の封止剤の役割を果たします。[6]
  2. 2
    穿く前に洗います。新しいジーンズを洗濯機に入れて冷水で何回か洗い、こすれ落ちて他の生地に付いたり、色落ちの原因になったりする余分な染料を落とします。[7]
    • 生地を保護するスプレーや、染料固定剤を使います。スコッチガードなど、生地を保護するスプレーや、染料固定剤を使うと、初期の色落ちを防げます。[8]
  3. 3
    ジーンズ単独または他の暗い色の服と一緒に洗いましょう。優しく洗う設定にし、冷水を使います。[9]
    • 洗う前にジーンズを裏返しにします。裏返しにしても洗浄性は変わらず、洗濯機による摩耗を減らすことができます。[10]
    • 暗い色および黒い生地専用の高品質の液体洗剤を購入しましょう。そのような種類の洗剤は、色落ちの原因となる水中の塩素の効果を無くします。[11]
  4. 4
    その他の洗浄方法を試します。ジーンズを洗濯機で洗う頻度はなるべく少なくしましょう。ジーンズを綺麗に保つ方法は他にもいくつかあります。
    • ジーンズの手洗いは、洗濯機の優しく洗う設定よりもさらに良い方法です。流しに洗剤を数滴加え、水を溜めてジーンズを約1時間浸します。
    • ウォッカと水をスプレーボトルに半々で入れて、ジーンズに振りかけます。それを乾かし、一晩冷凍庫に入れて細菌を殺します。[12] 白酢と水を同じ比率で混ぜて使うこともできます。[13]
    • ジーンズを蒸すと、臭いやシワを取り除くことができます。[14]
    • ドライクリーニングも方法の一つです。シミや汚れを示してプロに落としてもらいましょう。[15]
  5. 5
    干すか、乾燥機の一番低い温度で乾かします。熱は色落ちを促します。そのため、冷温または一番低い温度設定で乾燥機を使うか、物干し台に干して乾かします。
    • ジーンズを外で乾かしたい場合、乾燥した日陰を選び、日光が当たり過ぎないようにしましょう。紫外線は生地を傷め、色落ちを促します。[16]
    • 乾燥機に長時間入れっぱなしにしないようにします。ジーンズがまだ少し湿っている段階で取り出し、生地が傷つかないようにしましょう。[17]
    広告

関連記事

絞り染めTシャツを作る
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
噛んだファスナーを直す
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
ジーンズについた血液のシミを落とす
防犯タグを外す防犯タグを外す
皮膚に付いた食品着色料を落とす
ジーンズの股にあいた穴を補修する
縮んだ服を伸ばす
ジーンズのウエストを詰めるジーンズのウエストを詰める
革に付いた油染みを落とす
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
広告

このwikiHow記事について

Kamel Almani
共著者 ::
洗濯・クリーニング業者
この記事の共著者 : Kamel Almani. 洗濯・クリーニング業者のキャメル・アルマーニは、ヨルダンの首都アンマンを拠点に、無害でエコな洗濯・ドライクリーニングサービスを展開する「WashyWash」の共同経営者です。同店では、ドイツの環境保護マーク、ブルーエンジェル認証を取得し、皮膚科医検査済みの洗剤を使用。エコクリーンとデジタル技術を併用し、環境に優しく、便利で高品質なクリーニングを提供しています。アンマン応用化学大学にてデザイン学の学習号を取得。 この記事は3,493回アクセスされました。
カテゴリ: 衣服
このページは 3,493 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告