黒カビを除去する方法

共同執筆者 Ilya Ornatov

この記事には:安全な予防策を取るカビが生えた範囲を洗浄する黒カビを防ぐ15 出典

黒カビは屋内に生息する真菌類です。全てのカビ類と同様に、黒カビは湿った環境を好むため、地階、浴室、トイレ、その他水漏れがある場所等の湿った所で成長します。黒カビの中には喘息の発作や呼吸器系疾患等のアレルギー反応を引き起こすものもあるため、家の中で黒カビを見つけたら除去することが重要です。黒カビを除去するには、洗浄剤をカビに浸透させて表面と同時にカビの根も死滅させ、再びカビが生えないような処置をすることが重要です。

パート 1
安全な予防策を取る

  1. 1
    黒カビを識別する 通常黒カビは頻繁に水に濡れる場所、水漏れがあるもしくは水害があった場所等の湿ったところに発生します。黒カビは地階、物置、浴室や洗濯室でよく見られます。黒カビの特徴には下記のようなものが挙げられます。[1]
    • 黒色
    • 環状に生えている
    • 点が集まってまだら模様を構成している
    • 濡れた面上ではヌルっとしている
    • 乾いた面上ではすすのような外観をしている
  2. 2
    黒カビの範囲を密封する カビ胞子が浮遊して広がるのを防ぐために、部屋を密封状態にしましょう。ビニールシートでドアや家の他の場所へと繋がる通気口を覆いましょう。塗装用テープや設営用テープを使用してシートを接着させ、部屋を密封しましょう。[2]
    • 返し通気口と暖房・空調の吹き出し口はシートで覆い、排気口は閉じずにそのままにしておきましょう。
    • 密封することで胞子が一つのエリアから家の他の場所へと広がるのを防ぎます。
    • 密封しても、家の他の場所でカビが繁殖するのを必ずしも阻止できるわけではありません。カビ胞子は常に空気中に存在し、湿気がある場所ならどこでも繁殖します。
  3. 3
    窓を開ける カビ自体とカビ除去剤は目、肌そして肺を刺激するため、できるだけ多く新鮮な空気を取り入れましょう。カビ除去の作業をする場所の窓を出来るだけ開けましょう。[3]
    • 寒い冬は1つ以上の窓を開けて新鮮な空気を取り込みましょう。
  4. 4
    換気扇を回す 部屋と家からカビ胞子を出すには、作業をしている部屋の換気扇をつけましょう。開けた窓の前に扇風機を置いて外に向けても良いでしょう。こうするとカビ胞子を部屋から外へと押し出すことができます。
    • 部屋にカビ胞子をまき散らしてしまわないように、扇風機を窓の前に置くことができず、風邪を外に向けることができないときは扇風機の使用は避けましょう。
  5. 5
    保護具を着用する カビを吸い込むと呼吸器系の疾患を引き起こす可能性があり、またカビ洗浄剤は腐食性で人体にも良くありません。そうじ中は下記のような保護具を着用しましょう。[4]
    • 安全眼鏡
    • 通気性のない手袋
    • マスクもしくは保護マスク
  6. 6
    洗浄剤を混ぜない カビ退治用の洗浄剤を選び、必ず一つの洗浄剤だけを使用しましょう。異なる洗浄剤を混ぜると予想もしない化学反応が起きる可能性があり、大変危険です。[5]
    • アンモニアとブリーチを混ぜたり、それぞれを他の洗剤と混ぜてはいけません。
  7. 7
    カビが生えた吸収性素材を交換する 吸収性素材からカビを取り除くことは至難の業です。カビの生えた素材を傷つけたり、さらなる被害を与えずにカビを除去することはほとんど不可能で、プロの清掃業者のほとんどは、カビの生えたものを処分して交換することを推奨しています。
    • 交換する必要がある吸収素材には、乾式壁、天井のタイル、家具、カーペット等が挙げられます。[6]

パート 2
カビが生えた範囲を洗浄する

  1. 1
    せっけん水で擦り洗いする バケツにぬるま湯を張り、食器用洗剤を大さじ2杯入れてサッと混ぜせっけん水を作ります。毛の硬いブラシをせっけん水に浸けて、カビの生えた素材の表面を擦って洗いましょう。[7]定期的にブラシをせっけん水に浸け、カビの範囲がせっけん水にで飽和状態になるまで擦り、水で流しましょう。
    • 事前にカビを擦って落とすと表面が破壊され、カビの根に洗浄剤を浸透させて撃退することができます。
  2. 2
    洗浄剤を作る カビを撃退する洗浄剤や製品はたくさんあります。一番効果的なのは市販の殺生物剤や殺菌洗浄剤で、カビ除去に特化しています。効果が証明されている他の洗浄剤には以下のようなものがあります。[8]
    • 同量のアンモニアと水を混ぜる
    • ブリーチ1カップと水3.8リットルを混ぜる
    • 純蒸留酢
    • ティーツリーオイ小さじ1杯と水1カップを混ぜる
    • 重曹と水を同量ボウルに入れてペースト状にする
    • 過酸化水素と水を1:2の割合で混ぜる
    • 3.8リットルの水に400gのホウ砂を溶かす
    • 酢半カップとぬるま湯4カップを混ぜたものに100gのホウ砂を溶かす
    Ilya Ornatov

    Ilya Ornatov

    NW Maids設立者
    イリア・オルナトフはワシントン州シアトル市にあるクリーニングサービス会社、「NW Maids」の設立者、そして社長です。イリアは明確な料金体制と事前見積もり、便利なオンライン予約システム、そして隅々まで行き届いたクリーニングサービスを提供することに重点を置き、2014年にこのNW Maidsを設立しました。
    Ilya Ornatov
    Ilya Ornatov
    NW Maids設立者

    専門家が推奨する、強い薬剤を使用せずにカビを除去する方法: 「酢2カップと水1カップを混ぜ、その中に30分間 カビが生えたものを浸けますきれいに拭き取って完了です。」

  3. 3
    洗浄剤を塗布してしみ込ませる 液体洗浄剤の場合、事前に擦り洗いしたカビにたっぷりとスプレーします。ペースト洗浄剤は、ナイフ、ブラシ、古い歯ブラシ等でカビの範囲に塗りましょう。
    • 洗浄剤を15分程度放置します。こうすることで、洗浄剤がカビに浸透し、根まで死滅させて再びカビが繁殖するのを防ぎます。[9]
  4. 4
    多孔質材を擦り洗いする 洗浄剤をしみ込ませたら、毛の硬いブラシで表面を擦り洗いしましょう。カビを除去し、洗浄剤の効果をさらに高めることができます。
    • 摩擦のないスポンジたわしを使用して擦っても良いでしょう。
  5. 5
    洗い流して乾かす カビや洗浄剤が残らないように、きれいな水で洗い流します。カビと洗浄剤が落ちたら、タオルやスクイージーで拭き取りましょう。余分な水分を取ることで、カビの再発を防ぎます。[10]
    • カビは湿った面の上に24時間以内で繁殖し始めるため、洗浄後に乾燥させることは重要です。
  6. 6
    プロに連絡すべきケースを知る カビは除去が難しいことで有名で、乾式壁や多孔質の素材等の特定の素材や手の届きにくい所にあるカビの場合はなおさらです。下記のような場合は、プロの助けを借りた方が良いでしょう。[11]
    • 自分で対処しても効果がない
    • カビが3平方メートルより広い範囲にわたっている
    • カビが暖房、冷房、空調システム内に繁殖している疑いがある
    • カビに対して健康上の不安がある
    • 上下水道の汚染によりカビが発生している

パート 3
黒カビを防ぐ

  1. 1
    湿気の元を排除する 湿気がある場所にはカビの繁殖の可能性が付きまといます。カビを撃退した後は、そもそもカビが生える原因となる湿気の元を除去することが不可欠です。[12] カビが生えていた場所にもよりますが、下記のような湿気の問題が挙げられます。
    • 水漏れ
    • 水害
    • 水の流出
    • 炊事場や浴室、トイレからの湿気
    • 家の基礎の防湿層の不備
  2. 2
    湿度を下げる カビは湿度50%以上の湿った環境で繁殖します。カビを防ぐには、湿度計を設置して湿度に気を配りましょう。湿度が高くなってきたら、下記のような方法で湿度を下げましょう。[13]
    • 除湿器を使用する
    • 空調を使用する
    • 窓を開ける
    • 換気をする
    • 料理をするときは窓を開けるか換気扇を回す
  3. 3
    入浴後は浴室を乾燥させる シャワーやバスタブは、常に濡れているため、よくカビが生えます。これを防ぐために、浴室をスクイージー等で拭き、入浴後は壁を拭くように家族全員にそして来客にも徹底してもらいましょう。
    • 浴室を使用するときは窓を開けるか、換気扇を回しましょう。
  4. 4
    水漏れを直ちに修理する 水漏れは家庭で起こる湿気問題の大きな原因で、湿気が多いとカビが繁殖します。水漏れが起こっていても、カビを予防することはできますが、水漏れは直ちに修理し周辺を乾燥させることが第一です。下記のような水漏れに気を付けましょう。[14]
    • パイプ破裂
    • パイプの水漏れ
    • 屋根の雨漏り
    • 地階や基礎の雨漏り
  5. 5
    水害後は直ちにそうじをする 洪水が原因でカビが発生することはよくあります。水が一気に侵入し、直後に全部を片付けてそうじすることは不可能な場合もあるからです。洪水後には、下記の作業を出来るだけ早く行いましょう。[15]
    • 余分な水を全て取り除く
    • 乾湿両用掃除機で水分を取る
    • 損傷を受けたカーペット、床、乾式壁を交換する
    • 防カビ洗浄剤を使用する

注意事項

  • カビが原因で健康を害している疑いがある場合は、医療機関を受診し、カビ除去のプロに連絡しましょう。

記事の情報

この記事はIlya Ornatovが共著しています。 イリア・オルナトフはワシントン州シアトル市にあるクリーニングサービス会社、「NW Maids」の設立者、そして社長です。イリアは明確な料金体制と事前見積もり、便利なオンライン予約システム、そして隅々まで行き届いたクリーニングサービスを提供することに重点を置き、2014年にこのNW Maidsを設立しました。

カテゴリ: 掃除

他言語版:

English: Kill Black Mold, Español: eliminar el moho negro, Italiano: Eliminare la Muffa Nera, Português: Matar Mofo Preto, Deutsch: Schwarzen Schimmel bekämpfen, Русский: уничтожить черную плесень, Français: éliminer la moisissure noire, 中文: 消灭黑霉, Nederlands: Zwarte schimmel doden, हिन्दी: ब्लैक मोल्ड (Black Mold) को हटायें, العربية: القضاء على العفن الأسود, Tiếng Việt: Tiêu diệt nấm mốc đen, ไทย: กำจัดราดำ, 한국어: 검은 곰팡이 없애는 방법

このページは 86 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?