鼻水を止める方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 15 出典

この記事には:自然な民間療法で手当てする薬で鼻水を止める鼻水の原因を治療する

鼻水が垂れるとイライラしたり気が散って、対処するのも面倒くさいものです。季節の変わり目やアレルギーによって鼻水が出ることもありますが、風邪、インフルエンザ、急性副鼻腔炎をはじめとした病気の症状である可能性があります。まず、簡単にできる民間療法や市販薬で対処しつつ、その他の症状を検討して鼻水の原因を探りましょう。症状が長引いたり悪化する場合は医師の診察を受けます。休息、水分補給に加え適切な方法で手当てすると、鼻がすっきりして元のように存分に呼吸できるでしょう。

1
自然な民間療法で手当てする

  1. 1
    副鼻腔の痛みや詰まりを軽い指圧で手当てします。鼻の周りを指圧すると、鼻水による鼻詰まりや頭痛を緩和できます。[1]

    鼻の両端をそれぞれ10回ずつ押します。 力を入れずに軽く押しましょう。両目の上の部分も同じ要領で押します。 1日に2~3回行って、鼻腔の症状を和らげます。

  2. 2
    やさしく鼻をかんだり、すすったり、飲み込んで鼻水を排出します。鼻腔から鼻水を排出すると鼻水が垂れなくなるので、必要に応じてティッシュペーパーで鼻をやさしくかみましょう。鼻水が多く垂れる場合は、ティッシュペーパーを半分に切り、それぞれを小さく丸めて左右の鼻孔に詰めます。呼吸は普段通りに、または口呼吸をします。[2]

    できれば、保湿ティッシュを使用して鼻をかみましょう。 鼻の下のデリケートな皮膚が乾燥するのを防げます。肌がヒリヒリしたら、保湿ローションを少し塗りましょう。

    のどの奥に鼻水が流れ落ちることもあり、これはティッシュで鼻をかんでも取り除くことができません。飲み込んで、鼻水が垂れたり詰まった感覚を取り除きます。

  3. 3
    家庭でできる蒸気を使った方法があります。温かいお風呂やシャワーで部屋に蒸気を満たして、鼻腔の圧迫を和らげ鼻水を止めます。頭からタオルをかぶり、熱湯を入れた鍋やボウルに顔を近づけて蒸気を浴びる方法もあります。また、実際にシャワーを浴びなくても、熱いシャワーを出した浴室で蒸気を浴びることもできます。1日に2~4回行いましょう。[3]
    • 気化式加湿器やスチーム式加湿器を使用すると同じ効果があります。
    • ユーカリオイル、樟脳オイル、ペパーミントオイルを足すとより効果的です。熱湯のボウルに数滴入れたり、シャワーを出す前に周囲に振りかけて使います。
  4. 4
    お湯で濡らしたタオルを顔にあて、鼻腔の圧迫感を和らげます。タオルをお湯に浸すか、お湯を流した蛇口の下で濡らします。絞って少し湿った状態のタオルで、2~3分顔を覆います。[4]
    • タオルを水で濡らして、電子レンジに30~45秒かけて温める方法もあります。
  5. 5
    鼻詰まりを和らげるために横になる際は、頭を高くします。鼻水のようなうっとうしい症状に対処するのに、体を休めることは大切です。体を横たえて休む際は、枕を2つ使って頭を高くすると鼻水を自然に排出できます。[5]
    • 頭を高くすると呼吸も楽になります。
  6. 6
    水や温かい飲み物で鼻水の排出を促します。水分を補給すると粘液の排出を促し、鼻水を止めることができます。1時間ごとにグラス1杯の水を飲んだり、ハーブティーやスープなど温かい飲み物を摂って症状を和らげましょう。[6]
  7. 7
    生理食塩水のスプレーを作って、鼻水を取り除きます。お湯240 ml に塩3 g と重曹ひとつまみを混ぜます。注射器、小さめのスプレーボトル、ネティポットなどを使って、鼻腔内に生理食塩水を注ぎます。1日に3~4回行いましょう。[7]
    • 生理食塩水を過剰に使用すると、逆に鼻水の症状が悪化する恐れがあります。

2
薬で鼻水を止める

  1. 1
    点鼻スプレーや鼻洗浄スプレーで鼻水を止めます。生理食塩水スプレーや鼻洗浄スプレーはドラッグストアなどで取り扱っており、鼻水を排出する効果があります。効き目が穏やかな、鼻水・鼻詰まり用のスプレーを選びましょう。1日に3~4回、添付の使用上の注意に従って使います。[8]
    • 点鼻薬を5日以上使用するのは控えましょう。鼻詰まりが再発する恐れがあります。
  2. 2
    鼻腔拡張テープを貼って呼吸を楽にします。ドラッグストアなどで市販されている、風邪や鼻詰まり用の鼻腔拡張テープを使うと、鼻詰まりが緩和し鼻がすっきりします。添付の使用上の注意に従って、テープを鼻梁に貼ります。用量・用法を守って使いましょう。[9]
    • 通常鼻腔拡張テープは就寝時に使いますが、症状がひどい場合は日中に使用しても構いません。
  3. 3
    鼻粘膜充血除去薬を服用して、鼻水を止めます。ドラッグストアで取り扱う鼻粘膜充血除去薬(一般的に錠剤です)は、血管を収縮し鼻水を排出する効果があります。鼻水や鼻詰まりの解消に効果的な薬です。使用上の注意をよく読んで、服用の頻度を確認しましょう。[10]
    • 鼻粘膜充血除去薬を服用するのは2~3日に限ります。それ以上服用を続けると、鼻詰まりが再発し重篤な症状になる恐れがあります。
  4. 4
    アレルギーを疑ったら、抗ヒスタミン剤を服用します。鼻水の原因がアレルギーではないかと感じたら、ドラッグストアで扱う抗ヒスタミン剤を服用して、症状を和らげましょう。用量・用法を守って服用し、使用上の注意を読み、副作用について確認しましょう。抗ヒスタミン剤の中には眠けをおこす薬もあります。[11]
    • 一般的な抗ヒスタミン剤にはレスタミンコーワ、ジルテック、アレグラなどがあります。

3
鼻水の原因を治療する

  1. 1
    頭痛や腫れを伴う圧迫感などの症状があれば、副鼻腔炎を治療します。副鼻腔炎が原因で鼻水が出ることもあります。副鼻腔炎が原因の鼻水は濃く、黄色や緑色です。ほかに、鼻詰まり、後鼻漏、痛み、腫れや目、頬、鼻、額の周りの圧迫感などの症状があります。副鼻腔炎の治療法は次のとおりです。[12]
    • 家庭で蒸気を使って手当てしたり、顔を温めます。
    • 生理食塩水の点鼻スプレーやステロイドの点鼻スプレーを使用して、腫れを緩和します。
    • 市販の鼻粘膜充血除去薬を2~3日服用します。
    • アスピリン、アセトアミノフェン(タイレノールA )、イブプロフェン(イブ)などの市販の鎮痛剤を服用します。
    • 1週間経っても回復しなければ医師の診察を受けましょう。
  2. 2
    アレルギーがあれば、鼻に刺激物が入らないように気を付けましょう。鼻水はアレルギーによくある症状で、花粉、ペットの鱗屑、チリダニ、食物などの刺激により起こります。特定の物質の近くにいると鼻水が出るような場合は、できるだけその物質を避けるか、アレルギーの薬を服用して症状を緩和します。[13]
    • アレルギーのその他の症状は、くしゃみ、顔周辺のかゆみ、目の充血や腫れなどです。
    • 寝具やぬいぐるみを熱湯で洗い、こまめに掃除をしてアレルゲンとの接触を減らしたり、生理食塩水の点鼻スプレーを使用すると、アレルギーによる鼻水を止めることができます。
  3. 3
    鼻水のほかに風邪の症状があれば、風邪薬を服用します。風邪は鼻水の原因で最も多いものの一つです。症状は、のどの痛み、咳、くしゃみ、体の痛みなどで、比較的簡単に気づきます。風邪を手当てする方法は次のとおりです。[14]
    • アセトアミノフェン(タイレノールA )などの鎮痛剤を服用します。
    • 鼻粘膜充血除去スプレーや点鼻薬を使用します(最長5日まで)。
    • 咳止めシロップで、のどの痛みや咳を緩和します。
  4. 4
    インフルエンザのような症状があれば、医師の診察を受けましょう。インフルエンザの初期症状は鼻水を含め風邪と似ていますが、急激に発症する点が異なります。その他の症状は38.0°C を超える発熱、筋肉の痛み、悪寒、発汗、頭痛、鼻詰まりです。インフルエンザを疑ったら、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。また、咳やくしゃみをする際は鼻や口を覆い、人ごみを避け、手洗いを励行して感染を広げないように注意します。症状を緩和する方法は次のとおりです。[15]
    • 休息し水分を多く補給します。
    • 医師から処方されたら、抗ウイルス剤を服用します。
    • アセトアミノフェン(タイレノールA )、イブプロフェン(イブ)などの鎮痛剤を服用して、痛みを緩和します。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Get Rid of a Runny Nose, Italiano: Liberarsi del Naso che Cola, Español: eliminar el goteo nasal, Français: se débarrasser d’un nez qui coule, Deutsch: Eine laufende Nase behandeln, Português: se Livrar de Corrimento Nasal, Русский: избавиться от насморка, 中文: 不流鼻涕, Nederlands: Van een loopneus afkomen, Čeština: Jak se zbavit rýmy, ไทย: รักษาอาการน้ำมูกไหล, العربية: التخلص من الرشح, हिन्दी: बहती नाक रोकें, Tiếng Việt: Khắc phục chứng Chảy nước mũi, Bahasa Indonesia: Menyembuhkan ''Rhinorrhea'', Türkçe: Burun Akıntısından Nasıl Kurtulunur

このページは 9,031 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?