(初心者向け)バイクの運転方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:適切な安全保護具を揃える運転を学ぶバイクを運転する8 出典

バイクの運転を学ぶのは楽しいことです。適切な運転方法を学ぶ最良の方法は、安全で管理された方法で練習することです。必ず最初に安全について学習し、乗車目的に応じて適切な安全保護具を準備するようにしましょう。初心者は安全講習に参加して、安全で適切な運転方法や技術を習うとよいでしょう。

パート 1
適切な安全保護具を揃える

  1. 1
    ヘルメットを入手する バイク用ヘルメットは、バイクの運転に最も重要な保護具です。ヘルメットは、バイクが転倒した際に頭部を怪我から守ってくれます。ヘルメットがしっかりと機能するには、視界を確保しながらも、頭部にぴったり合うものでなければなりません。最適なヘルメットは、人それぞれ異なります。[1]
    • ヘルメットで期待通りに頭部を保護するには、定められた安全規格に適合するバイク用のヘルメットを入手しましょう。頭部を保護するには、最も高価なヘルメットである必要はありません。DOT(アメリカ合衆国運輸省)やECE(欧州経済委員会)規格に適合しているバイク用ヘルメットは事故時に頭部を保護するように設計されています。これら2つの規格のヘルメットは、公道を走行するために必要な安全基準について厳格に試験されています。追加的な安全機能は保護能力と快適性を向上させます。スネルブランドのヘルメットは、(非営利のスネル記念財団によって制定された[2])さらに厳しい安全基準を満たしているため、ハイスピードやでこぼこの路面でパフォーマンスをするライダーなども含めて、一部のライダーに愛用されています。
    • 適切なサイズのヘルメットを探すには、バイク用品専門店で専門家にフィッティングを見てもらいましょう。別の手段として、柔らかいメジャーテープで眉から約15mm上の部分の周囲を自分で測定します。頭のサイズの測定値を購入したいメーカーのサイズ表と比較します。メーカーごとにサイズが異なるため、検討しているメーカーごとにサイズ表を確認しましょう。
    • 自分に合うヘルメットを探すには、ヘルメットを試着してみることです。ヘルメット開口部の上縁が眉のすぐ上に来て、頭部とヘルメットの間に指1本がぎりぎり入るくらいのきつさが適切なフィッティングです。ヘルメットは、頭部を適切に保護するためにぴったりとフィットする必要があります。頭の形状によって、フィットするヘルメットは異なります。サイズが合っていても、装着感が悪いと感じたら、他のヘルメットを検討しましょう。最も保護範囲を広くしたい場合は、フルフェイスまたはモジュラーヘルメットを確認しましょう。
  2. 2
    ジャケットを入手する ライディングジャケットは、事故時に内臓を含む胴体部を保護します。ライディングジャケットはレザーもしくはケブラーなどの化学繊維でできています。衝撃吸収性のあるジャケットを探しましょう。ジャケットにCEマークがついている場合は、ヨーロッパで販売するための認証基準を満たしています。
    • 最適なジャケットは、胴体にぴったりとフィットしつつ、腕を自由に動かすことができるものです。ジャケットを着用して運転する際の気象条件を考慮し、重量と機能が自分のニーズを満たすものを選びましょう。例えば、春夏向けバイクジャケットは、体の周りの空気の流れを調整できるようにジッパーと通気口が多くついています。
    • レザージャケットを選ぶ場合は、バイク専用のジャケットであることを確かめましょう。通常のレザージャケットは体を保護するように作られていません。
    • ジャケットは、事故時に保護してくれるだけでなく、太陽、風、雨、寒さなどの気象条件からも保護してくれます。快適性を保つことで、集中力を維持しながらバイクの運転をより楽しむことができます。
  3. 3
    ライディングブーツとグローブ、その他の保護具を入手する ブーツもグローブも、走行中の安全性と快適性を高めます。ブーツは足および足首を保護します。グローブは手を保護します。ライディングパンツは臀部と脚部を保護します。
    • 両足は走行中に酷使される場合があるため保護しましょう。足首を覆い、ソール部分に滑り止め加工がされていて、つま先部分に金属が入っているのが適切なライディングブーツです。ブーツのつま先とヒールの部分をつかんで捻じってみて、選択したブーツが事故時にどのような状態になるのかを確かめましょう。捻じれにくいブーツほど事故時に足をしっかりと保護してくれます。
    • グローブの目的は、指の保温だけでなく、昆虫や飛んでくる破片による怪我を防止することです。手や指が最も動かしやすいグローブを選びましょう。また、手首に固定用のストラップがついているものを選びましょう。このストラップは、事故時にグローブが手から外れないように作られています。ケブラーグローブは、頑丈で衝撃吸収性があり、指を動かしやすいように作られています。
    • ライディングパンツは見落とされがちです。ジーンズは、機能性よりもファッション性を重視して作られているため、事故時に引きちぎれることが多々あります。ライディングジャケットと同じ素材でできたパンツを選択するとよいでしょう。ライディングパンツは、事故の破壊的な衝撃を受け止めるように設計されています。

パート 2
運転を学ぶ

  1. 1
    バイクの安全運転講習に参加する 安全運転講習では、正しい乗り方と安全について習うことができます。安全運転講習への参加は全てのバイク初心者に推奨されます。アメリカの一部の州では、講習参加が免許取得のための唯一の要件になっています。このように、国や地域によっては、講習参加が免許取得の要件である場合があります。
    • バイクに乗ったことが全くない、またはほとんどない初心者は、初心者講習に参加するとよいでしょう。居住地で参加できる講習があるかどうかを確認するには、地元の警察署の担当部署に確認しましょう。警察が提供する初心者講習は、居住地でいつでも受講可能であるとは限りません。しかし、一般的に警察以外が提供する運転講習があります。
    • 運転講習では、バイクを持っていなければ、使用するバイクを貸してくれる場合があります。また、講習では、基本的な操作方法と安全についても教えてくれます。
    • 多くの講習は講義と実技の両方で構成されています。
  2. 2
    操作方法を学ぶ 運転を始める前に、バイクの基本的な操作方法を学びましょう。実際の走行中には、素早い判断が必要になります。バイクの操作に慣れていなければ、危険な場合があります。
    • 通常、ハンドクラッチレバーは左ハンドルバーにあり、ギアをシフトするときに後輪から動力を切り離すために使用します。
    • 通常、シフトベダルは左足のそばにあり、クラッチレバーを握っているときに、ギアを段階的に上げ下げするために使用します。
    • スロットルは右ハンドルバーにあり、加速に使用します。ハンドブレーキは右ハンドルバーについているレバーで、前輪にブレーキをかけるのに使用します。
    • 右足のそばにあるレバーは、後輪にブレーキをかけるのに使用します。
    • 原則として、バイクの左側はギアを制御し、右側は加速とブレーキを制御します。
  3. 3
    バイクに跨る バイクに正しく乗車するには、まず、車体の左側に向かって立ちます。左ハンドルバーをつかみ、右脚を上げて座席を跨ぎます。両足を地面にしっかりとつけます。
    • バイクがどのように動作するかを知るのに最もよい方法は、バイクに跨り、エンジンをかける前に操作方法を確認することです。
    • バイクに跨った際の感覚をつかみましょう。ハンドルバー、クラッチレバー、ブレーキレバーを握ります。これらが快適に握れることを確認しましょう。ハンドルバーを握るときは、腕を肘でわずかに曲げるようにします。スイッチは指の届く範囲になければなりません。
    • 簡単に地面に足をつけられることを確認しましょう。乗っているバイクの重量を感じましょう。さらに、フットペグから足を持ち上げたりスライドさせたりすることなく、シフトベダルを操作できる必要があります。 [3]
  4. 4
    クラッチの感覚をつかむ練習をする クラッチはギアを変えるために使います。クラッチを握ると、変速機からエンジンが切り離されます。この操作をすると、バイクがニュートラルになり、ギアを変えられるようになります。[4]
    • クラッチは、「オン/オフ」スイッチではなく、調光スイッチのようなものだと思って操作しましょう。バイクを失速させないようにするには、クラッチをゆっくりとスムーズに握ったり、戻したりしなければなりません。
    • バイクのエンジンをかけるときはクラッチレバーを握り、左足でシフトベダルを押し下げてギアを1速に入れます。シフトペダルは何度か押し下げる必要があるかもしれません。ペダルを押しても抵抗を感じなくなったり、ギアが動いている兆候を感じなかったりすると、ギアが1速に入っていると分かります。
    • ほとんどのバイクでは、ギアは1速(低速)から5速(高速)までの構成です。一般的にこの構成は、「1速、ニュートラル、2速、3速・・・」という順番になっています。ギアを変えると、対応する数字がインジケーターに点灯します。
    • 走行中は、まず左手でクラッチを握って後輪から動力を切り離して、ギアを変えます。クラッチを握りながら、スロットルを戻します。スロットルを戻すことで、再び動力を後輪と接続した際に、バイクがガタガタと振動することを防止できます。そのまま左足でギアを変えます。変速をスムーズに保つために、右手でスロットルを少し開けます。最後にクラッチを戻して、動力を後輪と接続します。
  5. 5
    エンジンを始動する クラッチを握り、キルスイッチの場所を把握します。通常、キルスイッチは右ハンドルバーにある赤いスイッチです。このスイッチを「オン」の位置に切り換えます。最近のほとんどのバイクは、エンジンをかけるのにキックスターターを使う必要はありません。しかし、古いバイクに乗る場合は、キックスターターを使う必要があるかもしれません。キックスターターレバーは、あるとすれば車体右側のフットペグの後ろにあるかもしれません。 [5]
    • キーを「ON(イグニッション)」の位置に回し、ライトと計器が点灯して動作していることを確認します。
    • バイクのギアをニュートラルにします。ギアを1速に下げてから1段上げると、ギアを簡単にニュートラルに入れることができます。インジケーターに「N」が点灯していることを確認しましょう。
    • 右の親指で「Start」(スタート)ボタンを押します。通常このボタンは、キルスイッチの下にあります。多くの場合、スタートボタンは中央に稲妻のマークが入っている回転矢印で表示されています。
    • エンジンがかかったら、約45秒間ウォーミングアップして、エンジンが正常に動作するようにします。
    • 両足を地面につけてクラッチレバーを握ります。続いて、かかとを地面から離します。クラッチの感覚をつかめるまでこれを繰り返しましょう。
  6. 6
    バイクに跨った状態で歩く 両足を前方に出して地面につけた状態にします。バイクが勝手に前進するところまで、クラッチを戻します。
    • クラッチのみを操作して、バイクに乗りながら前方に歩きます。両足を使ってバランスを保ちましょう。
    • 地面から足を離したときにバイクを直立した状態に保てるようになるまで、これを繰り返します。乗車時のバランス感覚をしっかりと身につける必要があります。

パート 3
バイクを運転する

  1. 1
    バイクを発進させる エンジンがかかって暖まったら、発進できます。バイクを発進させるには、ギアを1速に入れ、スロットルを開けながらクラッチレバーを戻します。[6]
    • キックスタンドが出てないことを確認しましょう。
    • バイクが前進するところまで、ゆっくりとクラッチレバーを戻します。
    • クラッチレバーを戻す際にバイクがガタガタと振動するのを防ぐために、スロットルを多少開ける必要があるかもしれません。
    • バイクが動き出したら、わずかに加速して両足をフットペグに乗せます。
    • 真っすぐに走行してみましょう。クラッチを戻しながらスロットルをゆっくりと開けて少し速度を上げ、真っすぐと走行します。停止する準備ができたら、クラッチレバーを握り、前後のブレーキを同時にゆっくりとかけます。停止時に左足を地面につけて、車体を安定させます。停止したら、右足を地面につけます。
  2. 2
    ギア操作の練習をする 真っすぐに発進できるようになったら、ギア操作の感覚をつかみます。「半クラッチ」の感覚をつかみましょう。半クラッチは、クラッチがつながり始めて抵抗力が発生する状態です。この状態になると、エンジンの動力が後輪に伝達されるようになります。バイクの変速は段階的に行います。つまり、シフトアップまたはシフトダウンにかかわらず、1段階ずつ順番にギアを変える必要があります。ギアが変わったときの音と感覚が分かるようになるには、ある程度の練習が必要です。ギアシフト時にエンジンの回転数は上昇を開始します。[7]
    • バイクが動いている状態で、ギアを1速まで下げます。シフトペダルをそれ以上下げることができなくなったとき、ギアが1速に入っていると分かります。1速に入ると、カチッと小さく音がするはずです。
    • バイクが前進し始めるまで、ゆっくりとクラッチを戻します。前進する速度を上げたい場合は、クラッチを戻しながらスロットルをわずかに開けます。
    • ギアを2速に変えるには、クラッチを握ってスロットルを戻し、シフトペダルをしっかりと上げてニュートラルを通過します。インジケーターでニュートラルが点灯していないことを確認しましょう。クラッチを戻して、再度スロットルを開けます。ギアを上げるには、この手順を繰り返します。
    • 2速以降はニュートラルを通らないため、左足でシフトペダルをそれほど強く上げる必要はありません。
    • ギアを下げるには、スロットルを戻してわずかにブレーキをかけます。クラッチを握り、シフトペダル下げます。それから、クラッチを戻します。
    • シフトダウンのこつをつかめば、ギアが2速の状態で停止することができます。停止したら、ギアを1速に下げます。
  3. 3
    曲がる練習をする 自転車同様に、バイクは時速15kmを超えたら、逆ハンドルで曲がります。曲がりたい方向にハンドグリップを押し下げます。顔を上げて曲がる方向を確認します。
    • 曲がる箇所に差し掛かったら、必ず減速しましょう。曲がっている最中は、ブレーキをかけてはいけません。減速が必要な場合は、曲がる前にアクセルを戻してブレーキをかけます。
    • 顔を上げて曲がる方向を確認しましょう。曲がりたい方向にハンドルバーを押し込みます。カーブを曲がりながら、スロットルをゆっくりと開けて勢いを保ちます。
    • 減速しながら、カーブの出口に顔を向けて確認します。バイクは視線に追従します。カーブの出口の一点に視点を定め、そこから目を離さないようにします。曲がっているときに、地面に視線を落とさないようにしましょう。自分が走っているカーブを見たくても見ないというのは変に思えるかもしれませんが、視線を落とすことは危険であり、安全に曲がりきれなくなる原因となります。
    • 曲がりたい方向に体重をかけます。左折する場合は、ハンドルバーの右側から体を遠ざけるようにします。これにより、車体が左に傾きます。車体に合わせて体も傾け、スロットルをゆっくりと回して速度をわずかに上げます。カーブの出口に差し掛かったら、スロットルを固定するか、少し開きながら体を起こします。ハンドルをグイっと動かさずに、車体を起こしましょう。
  4. 4
    減速と停止の練習をする ここまで、バイクの発進、ギア操作、カーブの運転の練習について説明しました。最後に、減速して停止する方法を練習する必要があります。右ハンドルバーにあるレバーでフロントブレーキを、右足のブレーキでリアブレーキを操作します。原則として、フロントブレーキを使って減速を開始します。続いて、リアブレーキも使ってさらに減速して停止します。 [8]
    • 完全に停止するときは、まずフロントブレーキをかけてある程度減速してから、リアブレーキをかけるようにしましょう。
    • 減速しながら、必ずギアを下げるようにしましょう。必ずしもギアを1速にまで下げる必要はありません。ギアを2速まで下げて停止してから、ギアを1速に下げることもできます。
    • ブレーキをかけてギアを下げる際には、クラッチを握りましょう。
    • フロントブレーキとリアブレーキの両方を使い、減速して停止しましょう。必ずスロットルを戻しましょう。フロントブレーキレバーを握るには手を前方に伸ばす必要があるため、スロットルを戻すのは簡単です。
    • 徐々にブレーキを強くかけていきます。ただし、バイクが急停止する可能性があるため、完全にブレーキをかけないようにしましょう。
    • 停車したら、フロントブレーキをかけたまま、両足をしっかりと地面につけます。左足から着地して右足を降ろしましょう。

ポイント

  • バイクの乗り方を知っている友人を探しましょう。友人は、操作方法や運転方法を教えてくれるでしょう。
  • ヘルメット、グローブ、ゴーグル、ブーツなどの足首を覆う靴などの安全保護具を必ず着用しましょう。「常に全ての保護具を着用する」ということを忘れないようにしましょう。
  • 自分のバイクに慣れましょう。操作すべきレバーやボタンの場所をしっかりと把握し、それらを見なくても問題なく操作できるようにしましょう。ギアを変えるたびに道路から目をそらすわけにはいかないため、これはとても重要なことです。
  • 地元で開催されるバイクの安全講習を探しましょう。日本各地で、安全講習に無料または有料で参加できます。外国でも無料で提供されているかもしれません。さもなければ、有料で提供されています。講習ではバイクを楽しむための適切で安全な方法を学ぶことができます。アメリカの場合は、講習を修了すると保険の割引を受けることができます。
  • 練習できる広い場所を探しましょう。例えば、全員帰宅した後の学校の駐車場は練習に適しています。
  • バイクに乗り始めたばかりのときは、交通量のある慌ただしい場所で練習しないようにしましょう。カラーコーンを道路に置き、カラーコーンのところで止まる練習をしましょう。
  • 交通量があるところでは、ゆっくりと運転しましょう。

注意事項

  • アルコールや薬などの影響がある状態で、バイクを運転してはいけません。
  • 安全保護具を装着せずにバイクを運転してはいけません。
  • ほとんどのライダーは、遅かれ早かれ事故に遭います。バイクの運転は危険であり、深刻な怪我につながる場合があります。常に正しい操作と安全運転を心掛けましょう。

必要なもの

  • バイク用ヘルメット
  • ライディンググローブ
  • ゴーグルなどの目の保護具
  • 足首まで覆う頑丈な靴
  • バイク(できれば小さなもの)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

他言語版:

English: Ride a Motorcycle (Beginners), Italiano: Guidare la Motocicletta (per Principianti), Português: Pilotar uma Moto (Iniciantes), Русский: ездить на мотоцикле (для новичков), Español: manejar una motocicleta (para principiantes), Deutsch: Motorradfahren für Anfänger, Bahasa Indonesia: Mengendarai Sepeda Motor Kopling (untuk Pemula), Français: conduire une moto (pour les débutants), Tiếng Việt: Lái mô tô côn tay (dành cho người mới bắt đầu), Nederlands: Motorrijden (beginner), العربية: قيادة الدراجات النارية للمبتدئين, Türkçe: Motosiklet Nasıl Kullanılır (Yeni Başlayanlar), हिन्दी: मोटरसाइकल चलाएं (नौसिखिये), 한국어: 오토바이를 타는 최고의 방법(초심자용)

このページは 110 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?