(男性向け)陰毛を剃る方法

陰毛を剃りたくても、陰部に鋭い刃物を近づけることに恐怖を覚える人もいるかもしれません。しかし、準備を行い、時間をかけて練習を積めば、陰毛の手入れはそう難しいものではありません。最初は、長く伸びた毛を風呂場で剃るのが良いかもしれません(以下を参照)。ただし、今後も継続的に剃るのであれば、ベッドに仰向けになって行うのが最も簡単です。これには2枚刃のカミソリが大変効果を発揮します。この方法で2、3日おきに手入れをすると良いでしょう。

ステップ

  1. 1
    毛をカットする 安全カミソリを購入し、恥骨周辺部の毛を0.5cm弱までカットしましょう。長い毛はカミソリに引っかかりやすいため、最初にある程度カットしておくと後の作業が楽になります。また、ハサミよりも安全カミソリの方が使いやすく、毛を短く刈り込めます。ヘアクリッパー(バリカン)を使うのであれば、刃に付けるガードは必ず最短のものか2番目に短いものを使用しましょう。普通のカミソリとほぼ同じ長さまで刈ることができます。
    • ロータリー式電気カミソリは、陰嚢部分には使わないようにしましょう。陰嚢の皮は非常に薄く、たるんでいるため、カミソリの内部に簡単に巻き込まれる可能性があります。そうなると激痛を伴います。陰嚢部分の処理にはハサミを用いましょう。
    • 男性用電気カミソリを使用する場合は、陰茎の裏側と陰嚢の中心部を避けて剃りましょう。この部分に傷を負うと大変な痛みを生じます。
    • 長い毛を最初に風呂場で処理しておけば、その後はベッドに仰向けになって簡単にカットできます。剃る場合も同様です。
  2. 2
    化学的脱毛剤は使用しない 脱毛剤は、毛を「溶かす」製品です。陰嚢周辺は非常にデリケートな部分であるため、ビキニライン用の脱毛剤を好まない男性も多くいます。それでも試したいという人は、実際に使用する前に肘の内側でパッチテストを行いましょう。その後、性器部分にも少量を塗布してさらに様子を見ます。その際は亀頭部にクリームが付着しないように気を付けましょう(包茎手術を受けていない人は、亀頭全体を包皮で包み込むと良いでしょう)。
  3. 3
    体勢を整える 最低でも1時間(または必要と思われる時間)は自由に使える場所で作業しましょう。陰毛の処理は急いで行うべきではありません。深夜に行うことも検討しましょう。
    • ごく浅く湯を張った浴槽内に座って剃るのも良いでしょう。シェービングを行うには、シャワーよりも、湯を溜めることのできる浴槽の方が便利です。座ると体が非常に安定し、陰部に手が届きやすくなります。また、手元にお湯があれば刃をすすぐのも簡単です。浴槽を使用できない場合も、安定した姿勢で楽に作業できるように座位で(できれば床に座って)行うのが良いでしょう。
    • 便座の端に座って作業する場合は、ゴミ箱を用意して、陰部がその真上に位置するように腰かけると後の掃除が非常に楽になります。電気カミソリは便器に落とす危険性があるため、トイレ以外の場所で使用しましょう。
    • 立った状態で作業をしたい場合は、シャワーを使いましょう。泡が流れ落ちてしまわないように、水が直接かからない場所に立ちます。また、刃はこまめにすすぎましょう。シャワーを浴び始めてすぐにシェービングを行うと、切り傷ができても自然にふさがるため、衣服を汚すこともありません。
  4. 4
    泡立てる 高品質かつ敏感肌用のシェービングクリームを塗ります。メントールや香りの強いクリームは刺激が強いため、使用しないようにしましょう。クリームにより肌がまんべんなく保湿されて、皮膚への負担を軽減できます。さらに、シェービングブラシを併用すると毛包が広がって柔らかくなります。水だけを使用した場合に比べると一層効果的です。
    • 肌が乾燥した状態で使用すべき電気カミソリもあります。説明書を読み、濡れた肌に使用できるかどうかを確認しましょう。
  5. 5
    シェービングを開始する 新品の安全カミソリを使用して各エリアを短く、極めて軽いストロークで剃っていきます。陰毛を剃る際のキーポイントは、必ず皮膚を引っ張りながら作業をすることです。たるんだ肌にカミソリを当てると、皮膚が刃と一緒に動いて肌の表面に凹凸ができるため、怪我をする恐れがあります。カミソリは1回剃るごとに水にくぐらせてすすぎます。先のカットで取り残した長い毛は抜いてしまうのも良いでしょう。
    • カミソリはできるだけ押し付けないようにしましょう。圧をかけずに剃れば、肌を切ることはありません。
    • 以下に紹介するのは、毛の流れに逆らって剃る(滑らかな仕上がりになります)場合のポイントです。しかし、初回のシェービング時に毛の流れに沿ってカミソリを滑らせると、大部分の毛は短くなります。その後は毛並みに逆らって剃るのも楽になりますが、中にはわざわざ逆剃りまでする必要はないと考える人もいます。これは特に、内生毛(埋没毛)やカミソリ負けを生じる可能性が高いためです。
  6. 6
    陰茎の上部を剃る 陰茎を下方向に引っ張り、陰茎の上部からへそに向かって剃ります。
  7. 7
    陰茎の側面を剃る 陰茎を横に倒して持ち、陰茎と陰嚢の側面を体の中央に向かって剃ります。
  8. 8
    陰茎と陰嚢の間を剃る 陰茎を上に向けて持ち、陰茎から陰嚢の下部に向かって注意深く剃ります。陰茎が勃起した状態で行うと皮膚のたるみが無くなり、作業しやすいでしょう。
  9. 9
    皮膚を伸ばす 陰嚢のシェービングは皮膚を伸ばした状態で行う方が楽です。前中央部から側面にかけて、細心の注意を払いながら剃りましょう。陰嚢が上に上がった状態、つまり体に密着した状態で行うのが最善です。陰茎と陰嚢の間の皮膚は特に作業しづらい部分かもしれません。
    • 陰嚢を氷でこすって固くするというのも一つの手です。こうすると陰茎から陰嚢にかけての皮膚のたるみがなくなります。
  10. 10
    洗う シェービングを行った箇所をすすぎ、低刺激の石鹸で洗います。シェービングに使用した場所も掃除しましょう。剃った陰毛が辺りに散らばっていると他人が迷惑をこうむるだけでなく、自身も恥ずかしい思いをすることになります。
  11. 11
    軽く叩いて乾かす 優しく叩いて水気を取りましょう。タオルでこすると皮膚を傷めます。
  12. 12
    炎症を最小限に抑える 初回または2回目のシェービングでは、新しい毛が生えてくる際にほぼ例外なく炎症を引き起こすでしょう。チクチクしたり肌が赤くなったりする可能性もありますが、これはだいたい1週間程度で治まります。また、シェービングを頻繁に行えば、こうした症状はなくなります。
    • 内股部分など、皮膚が擦れる部分にはベビーパウダーをはたいて摩擦を軽減しましょう。
    • 炎症を緩和するには殺菌クリームを使いましょう。
  13. 13
    不快感を緩和する 女性のようにシェービングの翌日か2日後に角質除去を行ってみましょう。これにより毛幹が元の状態に戻るため、内生毛の発生を抑止でき、新たに毛が生える際のチクチクとした感触が劇的に軽減します。さらに、香料不使用のローションや軟膏を使い、肌の保湿もしっかりと行います。女性用ローションに特有の香りがなく、保湿に優れた男性専用のローションを探してみましょう。
    • ベビーオイルを使うのも良いでしょう。シェービング直後にベビーオイルを塗ると、痒みや炎症を大きく軽減できるという人もいます。
    • 剃毛部分に泡を立てて軽石を当てると、剃って鋭くなった毛先が柔らかくなり、毛が生え戻る際の皮膚の痒みを防止できます。

ポイント

  • 同じカミソリ刃を次回も使う場合は、きちんと乾かすようにしましょう。濡れたまま放置すると、腐食やバクテリアの増殖を招きます。しっかりと水気を取っておけば、切れ味の良い清潔な刃を長期にわたって維持できます。次回シェービングを行う際には、刃を少量のアルコールで消毒し、水ですすいでから使用するのも良いでしょう。
  • シェービングの前後に剃毛部分をホットタオルで保湿するのは大変効果的です。最初は不快感を覚える可能性もありますが、その感覚にもすぐに慣れます。
  • 最初の数回は皮膚を傷付けることもあるかもしれません。しかし、心配は無用です。患部の清潔さえ保てば、肌の不快感は次第になくなり、抵抗力も付いてきます。
  • カミソリは横方向にスライドさせないようにしましょう。怪我をする恐れがあります。
  • 部分的にシェービングを行う男性もいます。その場合は、陰茎と陰嚢の毛を剃りましょう。そこからへそと尻にかけて生えている毛をトリミングします。内腿の上部を剃るのも良いでしょう。その後はそのままカミソリを滑らせて、陰部の両脇の毛をへその高さまでトリミングしましょう。
  • 毛を剃る際には必ずシェービングクリームを使用しましょう。手元にシェービングクリームがない場合は石鹸やコンディショナーでも代用できます。
  • 毛をカットする際は、ハンディ掃除機等があると便利です。マットやカーペットは事前に移動させるか、タイル貼りの床の上で作業しましょう。次に、希望する部位の毛をカットします。そして最後に、カットした毛を掃除機で一気に吸い込みましょう。
  • シェービングを終えた後は、肌が乾燥するのを待ってからデオドラント剤を塗布します。カミソリ負けを防止するのにとても有効です。切り傷がある場合は、デオドラント剤が傷に入らないように注意しましょう。また、アルミニウムに肌が敏感な人はデオドラント剤の使用を避けるか、アルミニウム不使用のものを選ぶと良いでしょう。

注意事項

  • 切り傷に塩を塗ると痛いのと同様に、シェービング直後に陰嚢に汗をかくと痛みを生じます。それほどひどい痛みではありませんが、覚悟はしておきましょう。
  • エクササイズ前のシェービングは避けましょう。汗だけでなく、ランニング等の動作によって起きた摩擦がシェービング部位の炎症を引き起こします。
  • 痒みには、無香料の(無い場合は香料入りの)痒み止めクリームを使いましょう。信じられないほど効果があります。
  • 肌を傷付けたときは、傷が完治するまでは陰茎を使用する全ての性的活動を控えるようにしましょう。自身または相手が性病を抱えている場合に、高い確率で感染します。加えて、あらゆるバクテリアやウイルス(性病に関係するもの以外も含め)が傷口から侵入する恐れがあります。コンドームを使用しても傷口が炎症を起こす可能性が高く、傷の瘢痕化を招きかねません。
  • シェービング直後の性交渉は避けましょう。
  • 酔った状態では決してシェービングを行ってはいけません。翌朝、傷だらけの体を目の当たりにして、二日酔いより後悔することになるでしょう。
  • 毛がない方がパートナーが喜ぶだろうとの「思い込み」で剃るのはやめましょう。毛のない陰部を好まない人もおり、最悪の場合にはそれが原因で嫌われる可能性もあります。
  • シェービング後、痛みを伴う隆起物が肌にできている場合には注意しましょう。これは恐らくは内生毛です。その場合は心配には及びませんが、感染症を防止し、性病の可能性を排除するためにも医師の診察を受けましょう。
  • 毛が生え戻ってくるときには大変な痒みを伴います。選択肢としては、再度シェービングを行う、ただ我慢する、必要に応じて少量のコルチゾンクリームを炎症部分に塗布するなどの対策があります。数回シェービングを行えば肌が次第に慣れて、通常は痒みも緩和してゆきます。
  • カミソリの刃には十分に気を付けましょう。
  • 電気カミソリを使えば、カミソリ負けを起こしにくいでしょう。

記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Shave Your Genitals (Male), Español: rasurar los genitales masculinos, Português: Depilar seus Genitais (Homens), Italiano: Radersi i Genitali (per Uomini), Русский: брить гениталии (для мужчин), 中文: 刮阴毛(男士版), Français: se raser les parties génitales (chez les hommes), Nederlands: Je geslachtsdelen scheren, Deutsch: Die Genitalien rasieren, Čeština: Jak si oholit genitálie (pro muže), Bahasa Indonesia: Mencukur Bulu Kemaluan (untuk Pria), 한국어: 성기를 면도하는 법 (남성), العربية: حلاقة أعضائك التناسلية (للرجال), Tiếng Việt: Cạo lông bộ phận sinh dục (Nam)

このページは 1,355 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?