縮れ毛やくせ毛の人がイメージチェンジをしたいと思った時、髪をストレートにしてはどうだろうと考えたことがあるかもしれません。しかし、縮毛矯正用の製品の中には硫黄などの刺激の強い化学物質が含まれるものもあり、髪の健康を損なう恐れや、度重なる使用で髪がさらに縮れる恐れがあります。幸いなことに、くせ毛をまっすぐにするために使える、自然で安全な方法があります。牛乳とハチミツのスプレー、ひまし油と大豆油を混ぜた特製オイル、セロリの葉の抽出液などを使い、いくつかの方法を組み合わせて行えば効果を期待できるのです。ただ、これらの熱を使わない自然な方法を行う場合、髪のくせを和らげることはできますが、ストレートの状態を保ちたいのであれば毎日続ける必要があります。

方法 1 の 4:
牛乳とハチミツのスプレーを使う

  1. 1
    牛乳120mlと水120mlを混ぜる 髪にかけやすいように、空のスプレーボトルに材料を入れます。牛乳の代わりにアーモンドミルクやココナッツミルクを使うことも可能です。スプレーボトルをよく振って材料をよく混ぜましょう。[1]
    • この方法では、ゆるいくせ毛を伸ばすことはできますが、縮れ毛をまっすぐにすることはできません。[2]
    • 牛乳にはビタミンEが含まれ、髪をしなやかにまっすぐ伸ばす効果が期待できます。
  2. 2
    ハチミツを大さじ1杯加える 牛乳と水を混ぜた液にハチミツを加え、もう一度スプレーボトルをよく振って混ぜ合わせます。ハチミツは髪に自然なツヤを与えます。[3]
    • ココナッツオイルやアーモンドオイルを1滴たらすと、縮れを和らげる効果が期待できます。
  3. 3
    髪にスプレーする 髪の根元から毛先までの全体に、まんべんなく液を吹きかけて濡らします。指先で頭皮にもなじませましょう。
  4. 4
    髪をまっすぐとかす 髪の根元から全体にかけてクシでとかし、牛乳とハチミツで作った液を浸透させましょう。ゆるいくせ毛の場合は、髪がまっすぐになっていく様子が分かるはずです。ただ、縮れ毛やくせの強い毛質の場合は、このスプレーで髪を健康的に見せることはできても、縮れ自体を伸ばすことはできない可能性があります。[4]
  5. 5
    そのまま30分間浸透させる 液に含まれるビタミンなどの栄養素が髪をやわらかくまっすぐにします。シャワーキャップで頭全体を覆うか、タオルを肩にかけて、液が髪から垂れないようにしましょう。[5]
  6. 6
    冷水で液を洗い流す 髪をしっかり洗い流し、吸収されずに余った牛乳やハチミツが髪の表面に残らないようにしましょう。髪に液が残ると、乾いたときに不快なにおいが発生してしまいます。[6]
  7. 7
    髪をクシでとかして乾かす 濡れている状態の髪を、目の粗いクシでとかします。もつれや縮れをほぐしながらとかしましょう。その後、そのまま自然乾燥させるか、ドライヤーを使って乾かして仕上げます。
    広告

方法 2 の 4:
ひまし油と大豆油で髪をストレートにする

  1. 1
    ひまし油と大豆油をボウルの中で混ぜる ひまし油を大さじ2杯(29.5ml)と、大豆油を大さじ1(14.7ml)量り、よく混ぜ合わせます。ひまし油には縮れを和らげる効果、大豆油には髪をまっすぐにする効果が期待できます。[7]
    • 100%無添加のひまし油を原材料とした、髪をストレートにするためのヘアケアクリームを製造しているメーカーもあります。これらのヘアケア製品はオンラインや美容室、百貨店のヘアケア用品を置いているフロアなどで手に入ります。
  2. 2
    オイルを少し温める オイルを鍋にいれて火にかけるか、電子レンジで5~10秒間温めましょう。オイルが温まると、べた付きが減って扱いやすくなります。[8]
  3. 3
    オイルを髪や頭皮になじませる 温めたオイルを手のひらに少量取ります。髪全体に指を通し、頭皮も含め全体にまんべんなくオイルを塗りましょう。髪が均一にまっすぐなるよう、毛束それぞれになじませます。[9]
    • 髪全体に浸透するよう十分な量のオイルを塗りましょう。ただ、塗り過ぎて髪をオイル漬けにしてしまうと、べたついて見えてしまいます。
  4. 4
    濡らしたタオルで髪を覆い30分間置いておく タオルを温水で濡らします。頭全体を温かく濡らしたタオルで包むことによって、髪の毛包にオイルが浸透しやすくなります。[10]
  5. 5
    オイルを洗い流す 髪にオイルを30分間浸透させたら、頭を包んでいたタオルを外します。オイルを付ける前よりも髪がまっすぐになっている様子が分かるはずです。冷水ですすぎ、髪からオイルをできる限り取り除きましょう。[11]
  6. 6
    髪をクシでとかして自然乾燥させる 目の粗いクシを使ってもつれや縮れをほぐします。髪は始めよりもまっすぐになっているはずです。[12]
    • 髪を乾かす際はタオルを使わないようにしましょう。髪が縮れてくせが出てしまう恐れがあります。
    広告

方法 3 の 4:
セロリの葉の抽出液を使う

  1. 1
    セロリの葉を10~12枚刻む スーパーでセロリを購入して茎から葉を切り取ります。フードプロセッサーを使い、葉をペースト状になるまで刻みます。[13]
    • セロリに含まれる栄養素には、髪をまっすぐにする効果があり、髪の健康を改善させることもできます。
  2. 2
    セロリの葉の抽出液と水60mlをスプレーボトルに加える セロリの抽出液をスプレーボトルに入れ、水を加えてよく振りましょう。混ざって出来上がったスプレーを使えば、髪をまっすぐにすることができます。[14]
  3. 3
    セロリの抽出液スプレーを一晩置く そうすることで、セロリの抽出液と水が混ざって、とろみが出ます。スプレーにある程度とろみが出たら使うことができます。
  4. 4
    スプレーを髪に吹きかける 髪全体になじませます。頭全体がスプレーで濡れるまで吹きかけましょう。[15]
  5. 5
    目の粗いクシで髪をとかす もつれや縮れをほどきながら髪をとかしましょう。髪がまっすぐになるまでとかし続けます。
  6. 6
    スプレーを30分間髪になじませる 髪から水滴がたれて濡れないように、肩にタオルをかけましょう。時間を置くことでスプレーに含まれる栄養素が髪に浸透していきます。[16]
  7. 7
    冷水でスプレーを洗い流す 冷水を髪にかけながら、手でスプレーを洗い流しましょう。髪の間に指を通して動かし、髪に付いている液を全てすすぎ流します。[17]
  8. 8
    髪を自然乾燥させる 髪を乾かす際にタオルは使わないようにします。髪が縮れてしまい、まっすぐにすることができません。その代わりに、自然乾燥させましょう。髪がくせでうねらないように、乾かしながらクシでとかしてもいいでしょう。[18]
    広告

方法 4 の 4:
髪を乾かしながらストレートにする

  1. 1
    髪を乾かしながらまっすぐになるようとかす シャワーを浴び終えたら、5分ごとに目の粗いクシで髪をとかします。何もせずに自然乾燥させた場合に比べ、まっすぐになるはずです。[19]
    • 髪を早く乾かしたい場合は、扇風機の前に座りましょう。
  2. 2
    タオルで頭を包む 濡れている髪を、後ろに向けてとかし、ヘアピンで固定します。その後、タオルで髪を包みます。こうすることで縮れを和らげることができます。髪をまっすぐにしながら寝たい場合は特に役立ちます。[20]
  3. 3
    太めのカーラーで髪を巻く 髪が長めの場合は、カーラーで巻くことでまっすぐにすることもできます。美容室などで一番太めのカーラーを購入して、シャワーの後に髪を巻き付けます。カーラーを取り外せば、髪がまっすぐになっているはずです。[21]
    広告

必要なもの

牛乳とハチミツのスプレー

  • 牛乳
  • ハチミツ
  • スプレーボトル
  • クシ

ひまし油と大豆油のストレートヘアオイル

  • ひまし油
  • 大豆油
  • タオル
  • クシ

セロリの抽出液スプレー

  • セロリの葉10~12枚
  • フードプロセッサー
  • ナイフ
  • タオル
  • クシ

髪を乾かしながらストレートにする

  • クシ
  • ヘアピン
  • タオル
  • 太めのカーラー

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

シェラックネイルを落とす

How to

爪を白くする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 111 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告