PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰にでも肌を美しく見せたい時があるでしょう。結婚式や学校のダンスパーティーなどのイベントが近付いている時に、突然ニキビができたりニキビがなかなか治らなかったりすると困ってしまいます。本来、美しい肌を保つためには日頃から注意を怠らず、体系的なスキンケアを一貫して行う必要がありますが、幸いにも急いで肌の状態を改善する方法は多くあります。

方法 1 の 2:
市販のスキンケア製品を使う

  1. 1
    市販のスキンケア製品を購入しましょう。手っ取り早く最も効率的に肌を整えるには、市販のスキンケア製品を使うのが一番です。最高級のスキンケア製品に頼りたくなるかもしれませんが、高価だからといって安価な市販品より大幅に優れているわけではありません。1週間で肌を綺麗にするために、次の製品を購入しましょう。
    • 品質の良い洗顔料
    • 化学物質配合の角質ケア製品
    • 肌タイプに応じて、収れん作用がある拭き取り化粧水かアルコールフリーの拭き取り化粧水
  2. 2
    洗顔料で顔を洗いましょう。[1] 質の良い洗顔料を使うと、肌に侵入したバクテリアを効果的に取り除くことができます。1週間しかないので、高価な洗顔料を求めて皮膚科に行きたくなるかもしれませんが、ドラッグストアなどで販売されている洗顔料でも十分汚れが落ちるでしょう。少量の洗顔料を手に取り、1分間顔をこすります。小さな円を描くようにこすり、洗顔料をまんべんなく広げましょう。顔を洗い終わったら温水ですすぎます。
    • 洗顔料がなければ抗菌石鹸でも良いでしょう。
  3. 3
    角質を取り除きます。洗顔料は肌に入り込んだバクテリアを取り除くのに効果的ですが、角質ケア製品には死んだ皮膚細胞を取り除いて肌を滑らかにする効果があります。洗顔すると死んだ皮膚細胞が剥がれやすくなるので、角質ケアは洗顔料で顔を洗った後で行いましょう。
    • フェイススクラブやヘチマなどで顔をこすって角質を取り除く方法は、毎日の入浴時に適した効果的な方法です。顔の毛穴が開いてから、スクラブやヘチマで肌をこすりましょう。角質を取り除くと肌が滑らかになるのがはっきりわかり、効果を実感できます。
    • 化学物質配合の角質ケア製品にはアルファヒドロキシ酸とベータヒドロキシ酸が含まれており、ヘチマよりも肌の奥深くに作用するので一般的に皮膚科医に好まれています。[2] 角質ケア製品を顔に付け、小さな円を描くように数分間優しくこするだけで角質を取り除くことができます。化学物質配合といっても、実際は砂糖などの天然成分で作られている角質ケア製品も多くあります。こすって角質を落とすタイプの製品や家にあるものを使って角質ケアを行う方法に比べ、化学物質配合の角質ケア製品を使うと効果が早く表れるかもしれません。ただし、敏感肌を刺激する可能性があり、その他の方法よりお金がかかるというマイナスの面もあります。それでも化学物質配合の角質ケア製品は、1回使うだけで肌の輝きが明らかに増し、少なくともわずかな違いを感じられるでしょう。そのため、綺麗な肌を早く手に入れたいのであれば、化学物質配合の角質ケア製品を使うと良いかもしれません。
  4. 4
    拭き取り化粧水を使います。[3] 肌の汚れをさらに落とし、毛穴が目立たなくなるように拭き取り化粧水を使いましょう。質の良い拭き取り化粧水は、肌の自然なpHバランスを取り戻すのに役立ちます。洗顔と角質ケアの後で拭き取り化粧水を使いましょう。拭き取り化粧水を綿棒に含ませ、顔に軽く付けても良いでしょう。角質ケア製品と同様に拭き取り化粧水にも種類があります。以下を参考に適した物を選びましょう。
    • 脂性肌の場合は、収れん作用のある拭き取り化粧水を使うと余分な脂を取り除いて肌を清潔に保てるでしょう。収れん作用のある拭き取り化粧水にはアルコールとサリチル酸が含まれていることが多く、ドラッグストアなどで販売されています。
    • 反対に、乾燥肌の場合はアルコールフリーの拭き取り化粧水を使いましょう。脂分が不足している肌に収れん作用のある拭き取り化粧水を使うと、肌がさらに乾燥する可能性があります。自分に適した拭き取り化粧水の種類がわからなければ、皮膚科医に相談しましょう。
  5. 5
    このスキンケアの手順を毎日2回繰り返し、1週間続けましょう。1週間で肌を綺麗に整えたければ、洗顔と角質ケア、拭き取り化粧水で肌を整えるという手順を毎日朝と夜寝る前に1回ずつ行います。こうするとスキンケアの回数が2倍になるだけでなく、夜寝ている間に肌の再生が妨げられる心配がありません。
    • 顔の潤いと清潔さを1日中保ちましょう。手で顔を触らないことも重要です。手で顔を触ると脂やバクテリアが顔に付き、ニキビやシミができる可能性があります。
    • 暑い日には、SPF15以上の日焼け止めを必ず塗りましょう。
    専門家情報
    Joanna Kula

    Joanna Kula

    エステティシャン
    ジョアンナ・クーラはフィラデルフィアにある「Rescue Spa」のエステティシャンです。自然素材を利用して肌の状態を回復させるトランスフォーム・トリートメントを専門とし、スキンケア業界での経験は8年を超えます。
    Joanna Kula
    Joanna Kula
    エステティシャン

    肌を綺麗に整えるために、エステの予約を取っても良いでしょう。肌は人それぞれなので、どんな肌にも効く万能な美肌法はありません。たった1週間で肌を綺麗にする必要があれば、エステの予約を取って専門家の施術を受けるのも1つの手段です。

    広告

方法 2 の 2:
家にある物でスキンケアを行う

  1. 1
    毎朝ぬるま湯で顔を洗いましょう。熱い湯で洗うと肌に必要な天然の皮脂が落ちてしまうので、必ずぬるま湯を使います。予算が限られている場合は、市販のスキンケア製品を購入する前に家にある物を使って簡単にできるスキンケアを試しても良いでしょう。肌を綺麗にするには、洗顔が非常に有効です。ぬるま湯を使うと毛穴が開くので、肌に侵入したバクテリアや汚れを洗い流せるでしょう。軽く濡らしたタオルを使うと効果的です。水ではなく湯を使いますが、顔にかけられないほど熱くする必要はありません。
  2. 2
    砂糖でフェイススクラブを作り、角質を取り除きましょう。砂糖のスクラブを手作りするために必要な材料はおそらく家にあるでしょう。[4] 水大さじ2杯に砂糖大さじ2杯を加えて混ぜます。よく混ざったら、さらに砂糖大さじ1杯を加えて混ぜ、余分な水を捨てましょう。顔に水をかけて濡らし、砂糖のスクラブを両頬にこすり付けます。円を描くようにして、左右の頬を1分ずつこすりましょう。
  3. 3
    レモン果汁で拭き取り化粧水を作りましょう。家にある物で品質の良い拭き取り化粧水の代替品を作るには、レモン果汁を使います。顔を洗った後、レモン果汁を10滴ほど手に取りましょう。[5] レモン果汁を顔に塗り、数秒後に洗い流します。こうすると、洗顔で落ちなかった細かい汚れを取り除くことができます。レモン果汁が目に入ると炎症を起こして痛みが生じる可能性があるので、注意しながら顔に塗りましょう。レモン果汁を使いたくなければ、代わりにリンゴ酢を使っても良いでしょう。
  4. 4
    スキンケアの最後に、氷で顔を撫でましょう。これがスキンケアの最後の手順です。氷を使うと毛穴が閉まり、汚れやバクテリアが侵入する心配がないので肌を清潔に保てるでしょう。この手順は、エアロックの扉を閉じるようなものです。毛穴を開いて汚れを落としたので、汚れやバクテリアが肌に入らないように最後に毛穴を閉じましょう。
    • 氷がなければ冷たい水を顔全体にかけてもかまいませんが、氷を使うほどの効果はありません。
  5. 5
    上記の手順を1日2回繰り返し、1週間続けましょう。上記のスキンケアの手順を1日2回行うと、毎朝1回行うよりも肌を綺麗にする効果が2倍になります。寝る前のスキンケアは朝のスキンケアと同じくらい重要です。
  6. 6
    長期的には、スキンケアを定期的に行いましょう。この方法でスキンケアを1週間続けると、たとえ肌が完璧に綺麗にならなくても、透明度に明らかな違いが見られるはずです。1週間続けて肌が綺麗になったらスキンケアの手順を何回も繰り返す必要はありませんが、ニキビができやすい場合は、週に1度はスキンケアを行って肌のメンテナンスをしましょう。肌を綺麗に保つために、このスキンケアの方法をずっと続けてもかまいません。
    広告

ポイント

  • 十分な睡眠を取りましょう。健康に関する一般的なアドバスのように聞こえるかもしれませんが、体のすべての機能を正常に働かせるためには適切な睡眠が欠かせません。肌は眠っている間に再生するので、毎晩長時間ぐっすり眠ることは健康で綺麗な肌のために最も重要です。
  • 皮脂が溜まらないように、枕カバーを1日おきに交換しましょう。
  • 乾燥肌の場合は、1日2回のスキンケアの後ノンコメドジェニック(毛穴が詰まらない)オイルを塗りましょう。塗りすぎると顔が脂っぽく見えるので、顔全体にごく薄く塗ります。脂性肌の場合でも、皮脂の過剰な分泌を防ぐために保湿は欠かせません。
  • 水をたくさん飲みましょう。水を飲むと体の毒素がすべて洗い流され、肌が綺麗になるでしょう。
  • 毛穴を詰まらせる化粧品もあるので、メイクは控えめにしましょう。毛穴が詰まらないように、夜寝る前に必ずメイクを落とします。
広告

注意事項

  • ニキビがある場合は、刺激しないように気を付けましょう。ニキビを潰すとすっきりするかもしれませんが、ニキビの跡が永久に残る恐れがあります。保湿のような遅効性の方法のほうがずっと安全です。
  • ファンデーションのように肌を覆う化粧品を使うのはやめましょう。ファンデーションを塗るとバクテリアが閉じ込められてニキビができるかもしれません。そもそも、肌が綺麗になればファンデーションを塗る必要はなくなるでしょう。
  • 何度も聞いたことがあるかもしれませんが重要なことなので繰り返します。ニキビを潰すのは絶対にやめましょう。長期的に傷が残る可能性があり、ニキビをなくすという短期的な目的のために危険を冒す価値はありません。
  • 化学物質を含む洗顔料やフェイススクラブを使う前後にハーブ製品を使ってはいけません。肌の火傷やかゆみを引き起こす恐れがあります。
  • 顔を洗いすぎないように気を付けましょう。1日に3回以上洗顔すると失われた脂分を補うために皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まって肌が汚くなってしまいます。[6]
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

Joanna Kula
共著者 ::
エステティシャン
この記事の共著者 : Joanna Kula. ジョアンナ・クーラはフィラデルフィアにある「Rescue Spa」のエステティシャンです。自然素材を利用して肌の状態を回復させるトランスフォーム・トリートメントを専門とし、スキンケア業界での経験は8年を超えます。 この記事は30,217回アクセスされました。
このページは 30,217 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告