もしかしたらあなたは週末に大きな社交イベント、又は数日後に大事な仕事のミーティングがあるのかもしれません。もしくは単に惨めな気分で早く風邪を治したいのかもしれません。風邪を引くと体がだるくなり、衰弱し、怒りっぽくなります。風邪は一般的な病気で、特に冬には大勢の人たちが風邪を引きます。残念なことに、大抵の場合、風邪は自然に治すしかありません。風邪は大体7日から10日で治ります。しかし2日で症状を緩和し、体調を改善する手段はたくさんあります。風邪を予防する措置も取ることができます。

方法 1 の 3:
効果的な民間療法を試す

  1. 1
    水分補給をする 医師は、風邪の症状を和らげるために水分をしっかり取るようにと提案します。鼻詰まりの最初の兆候が見られた時点で水をたっぷり飲みましょう。喉の痛みを予防するためにも、いつもより多目の量を摂取しましょう。[1]
    • 風邪を引いている時には緑茶が特に有用です。緑茶には感染症を防ぐ抗酸化物質が豊富に含まれています。
    • 水分は多く取れば取るほど効果的です。脱水状態になってしまったら、風邪は悪化する一方です。
  2. 2
    体を休める 風邪をひくと疲れ果てたように感じるのが風邪の最大の難点の一つです。頑張り過ぎないようにしましょう。風邪を早く治すには、しっかりと体を休めて、エネルギーを風邪の治癒に充てるのが最善策です。普段より早めに寝ましょう。[2]
    • 通常、一晩で7時間から8時間の睡眠を取りましょう。体調が優れない時は、1時間から2時間多目に寝ましょう。体を休めることで治りやすくなります。
  3. 3
    風邪に効く食品を摂取する お母さんの言っていたことは本当でした。チキンスープは実際に風邪の症状を和らげ、体調の改善を促進します。科学者はまだ調査中ですが、幾つかの研究によると、チキンスープは粘液のまん延を防ぎ、その結果として、上気道に現れる風邪の症状を緩和します。報告によると、手作りでも市販の物でも効果は同じだそうです。[3]
    • 他の食品も風邪の症状を和らげるのに有効だと証明されています。例えばヨーグルトには、感染症と闘う善玉菌が含まれています。[4]
    • にんにくは免疫力を高める多くの作用を持ちます。チキンスープに入れてさらに効果を高めましょう。
    • 生姜を食べましょう。生姜は胃の不調を緩和します。これもチキンスープに入れられる優れた食材です。
  4. 4
    薬草療法を試す エキナセアは昔から免疫系の働きの強化や、病気の治療に使われてきました。最近の報告によると、エキナセアを摂取することで風邪が早く治ることが示されています。しかし、エキナセアや他の薬草は副作用を引き起こす恐れがあります。他に服用している薬やサプリメントとは相性が悪いかもしれないので、エキナセアのサプリメントを摂取する前に医師に相談しましょう。[5]
    • エルダーベリーのサプリメントは風邪の症状を和らげます。このサプリメントは液体、又は錠剤で手に入り、鼻詰まりに効きます。
    • スリッパリーエルムは咽喉炎の不快感を和らげます。多くの漢方医や医師が、この薬草を妊娠中に摂取しないように警告しています。
  5. 5
    運動をする 体調が許すのであれば、適度な運動をしてみましょう。お昼前に外に短い散歩に出るのはとても有益です。軽い運動は鼻腔を広げ、一時的に風邪の症状を軽減してくれます。[6]
    • 鼻詰まりで呼吸が苦しい場合には、激しい有酸素運動は避けましょう。無理をせずに軽い、又は適度な運動をしましょう。
    • 運動は自然に気分を高める方法なので、軽く体を動かせば少し気分が良くなるでしょう。
    • .熱、咳、腹痛、疲労感、又は体に痛みがある場合は運動を避けましょう。[7]
  6. 6
    蒸気を使う 熱いシャワーを浴びてみましょう。これは筋肉の緊張をほぐすだけでなく、鼻詰まりも和らげます。シャワーを浴びている時に、片方ずつ優しく鼻をかんでみましょう。蒸気で呼吸が楽になることに気づくでしょう。[8]
    • シャワーを浴びる時間が無くても蒸気を活用できます。洗面台で熱いお湯を出し、その上にかがんで頭からタオルをかぶります。蒸気を有効利用するために深く呼吸しましょう。
    • 蒸気療法に薬草を加えてみましょう。お風呂にユーカリ油を数滴入れてみましょう。ユーカリには咳を緩和する効果があるという報告がいくつかあります。[9]
    • ペパーミントも有用です。鼻詰まりを和らげる効果があるメンソールが主な活性成分です。ペパーミントオイルをお風呂に入れることで、蒸気をより有効に活用することができます。[10]
    広告

方法 2 の 3:
薬物療法

  1. 1
    薬剤師に相談する 一番よく効く市販の風邪薬を探すのはストレスが溜まります。あまりにも種類が多すぎて、特に頭がボーっとしている時には、自分に一番合う薬を探すのは困難です。薬剤師に安全で効果的な薬を勧めてもらいましょう。[11]
    • 薬剤師に明確に症状を説明しましょう。とてもだるく感じるのか、眠りにつけないのかをしっかりと伝えましょう。アレルギーや敏感症があるのであれば、それも伝えましょう。
  2. 2
    症状を選んで治す 市販薬は飲み過ぎたくありません。眠気に襲われ、他の健康問題を引き起こす可能性があります。しかし風邪を治す時は、一種類の薬であれば安全に飲むことができます。一番ひどい症状に効く薬を選びましょう。[12]
    • 風邪で咳が止まらずに眠れない場合は、デキストロメトルファンが含まれている市販薬を探しましょう。
  3. 3
    鎮痛剤を飲む 風邪はさまざまなうずきや痛み、そして時には熱を伴います。筋肉や関節が痛んで苦痛を増加させているかもしれません。これらの症状を和らげるために市販の鎮痛剤を飲んでみましょう。[13]
    • アスピリンとイブプロフェンは風邪の治療に効果的です。製品に記載された用量を必ず守りましょう。
    • 子供のアスピリン服用はライ症候群との関連性が指摘されているため、十分に注意しましょう。2歳以下の子供にはアスピリンを絶対に与えてはいけません。水疱瘡やインフルエンザから回復したばかりの子供にもアスピリンを飲ませてはいけません。子供にアスピリンを与える前に医師に相談しましょう。[14]
  4. 4
    医師に連絡するタイミングを知る 普通の風邪を引いている場合には、医師に出来ることはほぼありません。抗生物質は普通の風邪には効かないと実証されています。風邪だと分かっている時には、わざわざ医師に診てもらう必要はありません。[15]
    • 症状が持続する、又は深刻な場合は医師に連絡しましょう。特に明らかに呼吸が苦しい時は医師の診察を受けましょう。
    広告

方法 3 の 3:
今後の風邪を予防する

  1. 1
    健康的な習慣を身に付ける 今後、度重なる風邪に屈しないで済む方法が幾つかあります。健康的な生活を送るための基本的なガイドラインに従ってみましょう。常に睡眠をしっかり取ることなどがその例です。[16]
    • 果物と野菜を多く摂取する健康的な食事は免疫力を高め、病原菌を撃退します。
    • 瞑想をしてみましょう。毎日瞑想する人の方が一年間で病気にかかる回数が少ないという研究結果があります。ストレスは免疫力に不当な負担をかけ、瞑想はそのストレスを軽減するからでしょう。
    • 頻繁に運動をしましょう。1週間のうちに5日間運動する人は、風邪などの呼吸器疾患を患うことが少ない傾向にあります。
  2. 2
    手を洗う 風邪やインフルエンザの病原菌は蔓延しやすく、大抵の場所に潜むことが出来ます。これらの病原菌はドアの取っ手や電話などの日用品を触ることによって感染します。特に風邪やインフルエンザが流行っている時期には、1日に数回手を洗いましょう。[17]
    • 石鹸とお湯で少なくとも20秒は手を洗いましょう。必ず清潔なタオルで手を乾かしましょう。
  3. 3
    身の回りの物を消毒する 日中接触する物の表面を拭くことで、病原菌に身をさらす確率を減少できます。作業スペースは特に注意しましょう。職場の同僚は最も一般的な病原菌の源の一つです。これを防ぐには一日の初めと終わりに抗菌布巾でパソコン、電話と筆記用具をしっかりと拭きましょう。[18]
    • 家庭でも同じやり方を実施できます。洗面所の蛇口など、家族がよく触る物の表面をしっかりと拭いてみましょう。
    広告

ポイント

  • 特定の療法が自分に合っているかが分からない場合は、医師に相談しましょう。
  • 自分に合った物が見つかるまで、いくつか違う方法を試してみましょう。

広告

注意事項

  • 気分が悪すぎて職場や学校で正常に仕事や勉強が出来ない場合は、家で休みましょう。体調が非常に悪い時に仕事をするのは体にとても負担がかかります。病気を悪化させて周りの人にうつしてしまうかもしれません。休まなければいけない日は、休みましょう!
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

食欲を増やす

How to

抜けにくいタンポンを取り出す

How to

消化を早める

How to

1週間で5kg痩せる

How to

10日で体重を減らす

How to

自分で抜糸する

How to

一晩で体重を落とす

How to

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす

How to

目の腫れを治す

How to

早く結膜炎を治す
広告

このwikiHow記事について

David Nazarian, MD
共著者
米国内科医学会指導医
この記事の共著者 David Nazarian, MD. 認定内科医のデイビット・ナザリアン医師はカリフォルニア州ビバリーヒルズにて先進総合健康管理と高級専門医療を提供するクリニック「My Concierge MD 」を経営。人間ドックやビタミン点滴療法、ホルモン補充療法、減量、多血小板血漿注入療法を専門に行っています。医療従事者として16年以上の経験があり米国内科医学会の指導医を務めています。カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて心理学と生物学の学士号を、サックラー医学大学にて医学博士号を取得。南カリフォルニア大学付属ハンティントンメモリアル病院にて臨床研修を修了しました。 この記事は1,621回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 1,621 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告