肌にきびや赤み、シミがないと、自信がつき生活の質も向上するでしょう。滑らかな感触の肌を手に入れるためには、継続的な努力と時間を要するものですが、すぐに肌を正しい方向に導くための方法があります。

ステップ

  1. 1
    肌質を把握する 自分の肌質を把握しましょう。肌質は、脂性肌、乾燥肌、普通肌、混合肌に分けられます。肌質の判断方法は、まず、洗顔後の肌を自然乾燥させ、何も塗らずに1時間過ごします。その後、Tゾーンと呼ばれる、額から鼻先の部分にティッシュを当てて調べましょう。
    • 普通肌の場合、皮脂やかさつきがなく、柔らかく滑らかな感触です。この肌質の人は、幸運と言えるでしょう。
    • 脂性肌の場合、ティッシュに皮脂がつきます。この肌質の人は、毛穴が大きく、多少の脂浮きが見られることが多いでしょう。
    • 乾燥肌の場合、肌が突っ張った感触があるか、かさついた角質が見られるでしょう。この肌質の人は、毛穴が小さいのが特徴で、保湿が美肌の鍵を握ります。
    • 混合肌は、最も一般的な肌質です。上記3つの肌質を持ち合わせ、通常、Tゾーンが脂性肌で、その他の部分が普通肌から乾燥肌のことが多いでしょう。
  2. 2
    肌質に合った洗顔料、トナー、保湿剤、角質除去剤を使う (年齢が若い場合は、角質除去剤は必要ありません。)自分にとって完璧な商品を見つけるまで、2~3つほどのスキンケアブランドから商品を試す必要があるでしょう。化粧品やスキンケア専門店のカウンターで相談すると、異なる質感の商品を試すことができます。更に、1~2日間、自宅でも試せるように、商品サンプルを受け取ることができるかもしれません。
    • ノンコメドジェニック処方の洗顔料、トナー、保湿剤を使いましょう。ノンコメドジェニックとは、毛穴を詰まらせないという意味で、ニキビ予防にもつながります。
    • 重度のニキビや湿疹などの肌トラブルがある場合、皮膚科にかかりましょう。症状に合った治療を受けることができます。皮膚科でもらう薬は、処方によって効能が高められた薬であることが多いでしょう。
  3. 3
    SPF15以上を含む日焼け止めを毎日塗る 香料やオイルを含まない、顔用の日焼け止めを選びましょう。日焼け止めには、肌にダメージを与えたり皮膚がんにつながったりするUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)から肌を守る効果があります。
    • 最近の保湿剤には、日焼け止め効果が含まれているものが多くあります。様々な保湿剤を試し、日焼け止め効果と保湿効果が備わっているかを確認しましょう。
  4. 4
    2日に1度、洗顔料を使って洗顔する 洗顔料は、1週間に1度使用しただけでは効果を実感できません。また、角質除去剤を使って、死んだ角質層を浮かして取り除くのも大切です。肌に摩擦を与えすぎないよう、角質除去剤の使用は2~3日に1度に抑えましょう。
    • 洗顔をする際は、洗顔タオルやヘチマスポンジなど、肌に摩擦を与える素材のものの使用を控えましょう。洗顔は手で行うのが最適で、上記のようなものの使用で起こる肌の炎症を抑えることもできます。
    • 洗顔は、朝晩1度ずつ行いましょう。特に、脂性肌の人やニキビがある場合は、この洗顔の習慣が大切です。
    • 洗顔後は、肌を保湿しましょう。洗顔料は、肌に必要な皮脂も吸い取ります。透明感のある美しい肌とは、きちんと保湿された肌のことを指します。
  5. 5
    メイクを落とす 就寝前に、必ずメイクを落としましょう。メイクの中には、洗顔するだけで落ちるものもありますが、メイクアップリムーバーが必要なものもあるので注意しましょう。
    • メイク落としを怠ってはいけません。メイクを落とさずに寝てしまう、または洗顔するのを忘れてしまいがちな人は、クレンジングシートをベッドの近くに置いておきましょう。しかし、これは時間を節約するための方法で、最適な方法とは言えません。できれば、クレンジングシートを使用した後、顔に残ったメイクを落とすため、洗顔しましょう。
  6. 6
    適切な食事を摂る 良いメニューとは、栄養バランスの取れたメニューです。食生ピラミッドを思い出しながら、果物と野菜を摂取しましょう。栄養学では、毎日3皿分の果物と5皿分の野菜の摂取が推奨されています。カフェインや砂糖が含まれた食品、脂肪分の多い食品、赤身肉の摂取は避けましょう。
  7. 7
    水分をたくさん摂る 毎日8杯分の水分を摂りましょう。砂糖が入ったソフトドリンク、カフェイン、コーヒーは避け、できれば水を飲みましょう。緑茶やハーブティーには、からだの細胞を損傷から守る、抗酸化物質が豊富に含まれます。
  8. 8
    運動する 運動すると、新陳代謝を上げることができます。犬と散歩したりヨガのレッスンに参加したりするだけで、違いが生まれるでしょう。健康な肌は、健康な体の一部です。
    • 運動には、ストレスを軽減する効果もあります。ストレスとニキビの関係性を示した研究[1] もあるので、常にストレス過多の場合は、好きな運動をして素早くストレスを解消しましょう。
  9. 9
    睡眠をとる 毎晩8時間は眠るようにしましょう。10代の若者は、それ以上の睡眠をとっても良いでしょう。きちんと体を休めると、日常生活をこなすためのエネルギーが沸くだけではなく、気分も良くなります。目の下に大きなクマがあっては、滑らかな肌とは言えません。
    • 毎晩8時間の睡眠をとると、すぐに良い結果が現れるでしょう。
    広告

ポイント

  • 軽めのBBクリーム、パウダーファンデーション、ミネラルファンデーションなど、吹き出物の原因にならない化粧品を使いましょう。
  • ニキビには、ニームオイルやティーツリーオイルを希釈して使いましょう。抗菌効果があり、敏感肌に適しています。
  • ニキビを治すには、AHAやBHAなどの、ケミカルピーリング剤を使用しましょう。
  • 夜は、洗顔料、トナー、保湿剤を使用し、朝はシンプルに水で洗顔し、保湿剤を塗りましょう。
  • ウォータープルーフタイプのマスカラは、落ちにくく、まつ毛を傷めるので、使用を避けましょう。
  • 禁煙しましょう。喫煙は、シワや年齢によるシミの進行を早めます。
  • 洗顔料は、汚れや皮脂の除去のみを目的に作られているので、メイクを落とすためには、洗顔料とは別にメイク落としを使いましょう。
  • オリーブオイルは、メイク落としの立派な代用品になるだけではなく、肌に良い効果をもたらします。特定の化学物質に敏感な場合には、オリーブオイルをメイク落としとして使うことを検討してみましょう。オリーブオイルは、毛穴に吸収されるので、吹き出物の原因になることはありません。
  • 手に付いた皮脂が毛穴を詰まらせるので、手で顔を触るのは避けましょう。
  • ストレスでニキビが悪化することがあります。雑用を委託したり、同僚と共同でプロジェクトを進めたりするなど、抱え込みすぎないようにしましょう。また、穏和なコミュニケーションを図ったり、好ましくない人を避けたりするなど、 健全な人間関係を構築しましょう。更に、起こりそうもないことや、自分にはどうしようもないことについて、考えすぎるもの良くありません。瞑想(1日5~15分行うことから始めてみましょう)や、ヨガ、太極拳、気功などのゆっくりとした動きを取り入れた運動を習ってみましょう。
  • 乾燥肌の場合は、クリームタイプの洗顔料を使いましょう。
  • コールドクリームを使いましょう。石鹸は、肌に必要な皮脂まで取り除き、ニキビ治療用の商品は、ニキビを悪化させることがあります。天然成分で作られたコールドクリームを使うか、手作りしてみましょう。ニキビやシミの軽減には、肌の保湿が鍵を握ります。

広告

注意事項

  • 10代の若者も、肌質に合った成分の製品を使いましょう。必要であれば、化粧品売り場のカウンターで相談しても良いでしょう。
  • メイクと同様、毎日使用する日焼け止めも、就寝前に落とし、その後保湿をすることが大切です。
  • 肌トーンとは関係なく、日焼け止めの使用は必須です。皮膚がんの原因にもなる有害な紫外線は、肌の色に関係なく誰にでも影響を与えます。
  • 顔専用に作られた日焼け止めを使いましょう。仕上がりが美しく、吹き出物の原因にもなりにくいでしょう。特に、高めのSPFが入った日焼け止めを使う際は、顔用のものを選びましょう。
  • 使用する製品の成分は、常に確認しましょう。肌に良いことが科学的に証明されている活性成分を含む製品を選びましょう。
広告

必要なもの

  • 洗顔料
  • トナー
  • 保湿剤
  • 帽子を被らない場合、または屋外で長時間過ごす場合、最低でもSPF15以上の日焼け止め効果のある商品
  • タルク、香料、オイル不使用の、良質な化粧品
  • クレンジングシートと良質な保湿剤

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む105人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,136回アクセスされました。
このページは 6,136 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告