PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

爪は、月に3.5ミリというゆっくりしたペースで成長します。[1] 長くて魅力的な爪に早くしたいと思っている人は、その成長の遅さにイライラするかもしれません。爪の成長を早めるためにできることは残念ながらほとんどありませんが、傷をつけずに強くて健康な爪を保ち続ければ、1週間で最大限の長さまで伸ばすことができるでしょう。

方法 1
方法 1 の 2:
爪の健康を向上させる

  1. 1
    カルシウム豊富な食事を摂る カルシウムが爪を強くするという証拠は多くはありませんが、カルシウム不足の人やそれが原因で何らかの症状がある人は、カルシウムを摂ることで爪の成長が改善する場合があります。[2] 実際に爪を丈夫にする効果があるか否かに関わらず、カルシウム豊富な食事を摂ることは健康全般において必須です。
    • カルシウムを豊富に含む食べ物には、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト等)、骨の丸ごと入った魚の缶詰(イワシや鮭等)、カルシウム強化された大豆製品、ブロッコリー、ケール、小松菜等の青野菜が含まれます。[3]
  2. 2
    タンパク質豊富な食事を取り入れる 爪は、ケラチンというタンパク質の1種からできています。食事から十分なタンパク質を摂ることで、爪の健康を促進することができるでしょう。[4] タンパク質は爪だけでなく、髪、骨、筋肉、皮膚等、体のほぼ全細胞の健康にとって重要です。以下のような食べ物に豊富に含まれています。[5]
    • 魚、鶏肉など低脂肪の肉や魚
    • 牛乳、チーズ、ヨーグルト等の乳製品
    • 豆類、サヤエンドウ、ナッツ、種子
  3. 3
    ビオチンのサプリメントを摂って爪を丈夫にする ビオチン(ビタミンB-7としても知られています)によって実際に爪の伸びが早まるかどうか明確ではありませんが、脆く割れやすい爪を強くする可能性があります。[6] ビオチンのサプリメントが有益かどうか、かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。
    • ビオチンはサプリメントとして摂ることもできますが、牛肉のレバーやその他の内臓肉、卵黄、鮭、醸造酵母、アボカド、サツマイモ、ナッツ、種子など、様々な食べ物からも摂取できます。[8]

    注意事項:ビオチンやその他のサプリメントを摂取し始める前に、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。ビオチンのサプリメントは特定の薬との飲み合わせが悪いこともあるので、現在摂取している薬があれば医師に伝えましょう。[7]

  4. 4
    医師に相談してビタミン欠乏症の検査を受ける 特定のビタミンが不足すると、爪が弱く割れやすくなったり、いびつな形になったりすることがあります。丈夫な爪が育たず心配な場合は、医師の診察を受け、ビタミン欠乏症の検査を受けられるか尋ねてみましょう。ビタミン欠乏症と診断された場合は、サプリメントを摂ることで、爪の成長を促し、強く長くすることができるかもしれません。[9]
    • 例えば、鉄不足になると爪が脆くなったりいびつな形になったりすることがあります。鉄欠乏性貧血と診断された場合は、鉄のサプリメントを摂ることで、爪が丈夫になるだけでなく、他にも体に良い効果が多く得られます。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
爪の損傷を防ぐ

  1. 1
    爪を噛む習慣をやめる 当たり前のようですが、とても重要なことです。爪を噛むと、当然ながら爪を長く強く保つことはできません。爪を噛む癖のある人は、その習慣を止められるように以下の方法に取り組みながら、爪を伸ばし続けられるようにしてみましょう。[10]
    • 爪に苦い味のするマニキュアを塗る 薬局やネット通販で爪を噛まないようになるマニキュアを買いましょう。
    • 趣味やアクティビティで気を逸らせましょう。例えば、爪を噛みたくなったら、ストレスボールを手に持って遊んだり、無糖ガムを噛むなどしてみます。
    • 爪噛みの一般的な要因となることをできるだけ避けましょう。例えば、退屈やストレスを感じると爪を噛みたくなる場合は、リラックスすることや楽しいことを2、3分行うようにしてみましょう。
  2. 2
    爪が弱くならないように乾燥した状態を保つ 爪は、濡れると柔らかく弱くなります。濡れて割れやすくならないように、できるだけ乾燥した状態を保ちながら伸ばしていきましょう。[11]
    • 例えば、シャワーや水泳の後は、必ず爪をすぐに拭いて乾かします。
    • 皿を洗ったりキッチンカウンターを磨くなど、洗いものや掃除で手が濡れる場合はゴム手袋をはめましょう。
  3. 3
    爪の甘皮を保湿する 爪を長い間濡れた状態にしないことは重要ですが、乾燥しすぎても脆く割れやすくなります。手と爪の甘皮を日ごろから保湿して、爪周りの皮膚の水分を保つようにしましょう。
    • ワセリンやアクアフォー(ネット通販で購入できます)などの石油由来の保湿剤は、手を保湿するのにかなり効果的です。
    • アプリコットオイル、ココアバター、スイートアーモンドオイル等、植物由来のオイルでも、繊細な甘皮を保護、保湿することができます。
    • マニキュアの除光液など刺激性が強く乾燥を助長する製品を使用した後や、冬の時期は、爪の周りを保湿することが特に重要です。
  4. 4
    爪を自然な形に整える 爪に適切にやすりをかけることで、どこかに引っかけたり、割れたり、割けたりすることを防げます。やすりを使って爪の形を少し丸くするか、スクエアオフ(角を丸く削った四角型)にすると良いでしょう。[12]
    • 爪の角がギザギザにならないように、やすりを一方向へ流れるように動かして削りましょう。まず、爪の片側から真ん中へ向けて削り、次に、真ん中から反対側に向けて削ります。[13]
    • ガラスやクリスタル製の爪やすりの方が、金属製やエメリーボード(紙製)よりも爪に優しいと言えます。[14]
  5. 5
    マニキュアをつけすぎない 補強用トップコートを含めどんな種類の製品でも、あまり多様に使いすぎると爪が乾燥したり割れやすくなります。[15] さらに、ネイルサロンにあまり頻繁に通うのも、爪を弱くする菌やバクテリアへの感染リスクを高める要因となり得ます。[16] 爪を伸ばしている間は、少しでも何もつけない状態にして通気性を良くすることが重要です。
    • 除光液は特に爪の乾燥を助長します。どうしても使用しなければならない場合は、アセトンフリーで保湿効果のあるものを選びましょう。

    注意事項:自宅でもネイルサロンでも、マニキュアをつける際は、甘皮を切ったり、下へ押しやったりしないようにしましょう。甘皮には、爪を保護し強く維持する役割があります。[17]

  6. 6
    爪に悪影響を及ぼしかねない病気に対処する 糖尿病や乾癬などの特定の病気にかかると、爪が損傷したり弱くなることがあります。こうした病気と診断された人は、医師からの助言をよく聞いて、症状を抑えられるように適切に対処しましょう。基礎疾患に対処すれば、爪の損傷を事前に防止することができるでしょう。[18]
    • 処方された薬をきちんと服用し、医師の指示に従って定期的に医療機関に通いましょう。
    • 糖尿病など、血液循環を悪くする病気を抱えている場合は、手を優しくマッサージしてもらうと血行が良くなり、爪の健康が改善されることがあります。
    広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
お団子ヘアを楽しむ(男性)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告

このwikiHow記事について

Mia Rubie
共著者 ::
ネイルアーティスト
この記事の共著者 : Mia Rubie. ミア・ルビーはカリフォルニア州サンフランシスコにて ネイルサロン「Sparkle San Francisco」を経営しています。ネイリストと経営管理者として8年以上の経験があり、限界に挑んだネイルデザインの施術と芸術的な色彩感覚を持つネイルアーティストとして知られています。 Sephora、Target、そしてVogueと契約しており、その業績はSan Francisco ChronicleとStyleCasterに取り上げられました。サンフランシスコ州立大学にて起業学と中小企業経営学の学士号を取得。Instagramに@superflynailsのアカウント名で作品を投稿しています。 この記事は7,074回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 7,074 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告