1週間で色つやの良い肌にする方法

共同執筆者 Laura Martin

色つやの良い透き通った肌は自信を与えてくれますが、自然にそうなるわけではありません。顔のクレンジングや保湿といった厳しい管理をした上で、輝く肌を手に入れることができます。また、適切なスキンケアというのは洗顔だけはなく、もっとたくさんのケアの事を指します。色つやの良い肌を手に入れて、それを保つには、日々の習慣が大きく関わってきます。そういった習慣をチェックすることで、輝く肌を長期間保つことができます。

パート 1 の 4:
スキンタイプを見極める

  1. 1
    基本的なスキンタイプを知る スキンタイプには乾燥肌、オイリー肌、コンビネーション、普通肌、敏感肌の5種類があり、スキンケアを始める前に自分がどれに当てはまるかを知ることは重要です。それぞれのスキンタイプでケアが異るため、自分の肌のケアの仕方を学ぶことで、より輝くきれいな肌を手に入れることができます。
  2. 2
    洗顔する スキンタイプ判定のテストをするために、余計な汚れ、メイク、皮脂等を刺激の少ない洗顔料で洗う事はとても重要です。洗顔後は、肌に刺激を与えないようにタオルで軽くたたいて水分をふき取りましょう。擦ってはいけません。
  3. 3
    ティッシュや紙ナプキンをTゾーンに当てる 洗顔・ドライ後約30分待ったら、Tゾーンのテストを行いましょう。ティッシュまたは紙ナプキンを優しくTゾーンに押し当てます。全範囲がティッシュに当たるようにしましょう。
    • Tゾーンにはおでこと鼻のラインが含まれます。Tの字の上部の線が眉毛の上の範囲で、縦の線が鼻のラインです。
  4. 4
    ティッシュをチェックする ティッシュを顔から外して、ティッシュについた汚れや油脂からスキンタイプを判断します。下記の点を見てみましょう。
    • 乾燥肌:肌が突っ張る感じがあり、洗顔後パサパサの古い角質が見られ、毛穴は小さいのが特徴です。このタイプの肌には、保湿が重要になります。
    • オイリー肌:顔がテカってティッシュに脂が付いていて、毛穴は大きく開いています。このスキンタイプで輝く肌を手に入れるには、皮脂の生成を抑える、油分の少ない製品を使用する必要があります。脂のテカリで輝く肌は美しくありません。
    • コンビネーション:Tゾーンの脂がティッシュに付着しますが、頬やその他の範囲は普通か乾燥しています。こういった肌はとてもよくあるスキンタイプで手入れをするのは簡単です。
    • 普通肌:ティッシュには皮脂が少し付いており、肌に角質片はありません。この状態は顔の肌が健康で皮脂量も多すぎず、また少なすぎず、適切に生成されていることを意味します。毎日顔のスキンケアを続けて、この正常な状態を保ちましょう。
    • 敏感肌:必ずしもティッシュに付いているもので見分けられるわけではありませんが、ティッシュを外した後の顔の状態で判断できます。顔が赤みがかっていたり、炎症を起こしていたりしませんか?フェイシャルケア製品を使用した後、顔が焼けるような感覚を覚えることが頻繁にありますか?そうだとしたら、敏感肌の可能性が高いため、洗顔の際は、肌に合わない製品を使用しないように細心の注意を払う必要があります。
    広告

パート 2 の 4:
洗顔・化粧水・保湿の習慣化

  1. 1
    洗顔・化粧水・保湿の重要性を学び習慣づける これを日課にすることで、肌をきれいに保ち、潤いを与えることができるため、とても大切です。朝に行うと、さっぱりときれいな顔で一日の始まりに弾みが付きます。夜にもこれを繰り返しましょう。[1]
    • 敏感肌や乾燥肌の人は、洗顔しすぎるとより乾燥したり、刺激になったりするため、1日に1回に留めましょう。乾燥肌の場合、洗顔・化粧水・保湿を朝行って、夜はメイクを落として寝る前に保湿をしましょう。
    • 角質除去も重要です。フェイススクラブや酵素スクラブ剤を使用して、普通肌とオイリー肌の人は週に2、3回、乾燥肌と敏感肌の人は週に1、2回角質除去をしましょう。
  2. 2
    洗顔する 優しくて刺激の少ない洗顔料を購入して毎日洗顔しましょう。まずはぬるま湯で顔を洗って汚れを浮かせてから、洗顔料を使用して皮脂を落として顔を洗いましょう。指先に洗顔料を乗せて優しく、顔の中心から円を描くように、顔と首を擦り洗いします。そして、ぬるま湯でゆすぎ洗いをしたらタオルで叩いて水分を取りましょう。[2]
    • 必ず自分のスキンタイプに合った洗顔料を使用しましょう。洗顔料を購入する際は、パッケージを見てみましょう。大抵の場合どのスキンタイプに適した製品であるかの情報があるはずです。肌への刺激が少ない、天然の洗顔料を使用しても良いでしょう。
    • クリーム洗顔料を使用すると肌がより潤うため、洗顔後のさっぱり感が増します。乾燥肌の人には良いかもしれません。オイリー肌やメイク落としにはジェルタイプを使用しても良いでしょう。
    • 普段朝に洗顔する場合であっても、寝る前は必ずメイクを落としましょう。メイクを落とさずに寝ると、朝になると肌がより脂っぽくなり、毛穴が塞がってしまいます。メイク落としやふき取りタイプのクレンジングで、目や顔のメイクを素早く落としましょう。
  3. 3
    化粧水をつける コットンに化粧水を適量注ぐか、化粧水の中にコットンを浸けて、Tゾーンと気になるエリアに塗りましょう。化粧水がオイリー肌のトラブルを解決する手助けになるでしょう。[3]
    • 拭き取り化粧水を使用する場合、肌が乾燥する恐れがあるため、乾燥肌や敏感肌の人は少量を肌に試してみて反応を見てみましょう。刺激の強い化粧水もあります。ボトルのラベルを読んだり、調べてみたりして乾燥肌や敏感肌に最適な化粧水を選びましょう。
  4. 4
    肌を保湿する 洗顔を終えたら、保湿剤を塗って肌に潤いを与え健康的な肌にしましょう。保湿剤には様々なタイプがあるため、自分の肌に合ったものを見つけることが重要です。オイリー肌にも保湿剤は必要です。オイリー肌用の脂分が少ないものを購入しましょう。紫外線防止効果のある保湿剤を使用して日中の日焼けを防ぐのも良いでしょう。
    専門家情報

    つやのある肌を手に入れるには、保湿剤で肌に潤いを与え、さらに保湿下地と色付き保湿クリームを使いましょう。

    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師
  5. 5
    目元用クリームを使用する 目の下の皮膚は非常に薄いため、乾燥しがちです。豆粒大の目元用クリームを目の下の眼窩骨辺りにのせて軽く叩き、クリームを肌になじませましょう。クリームは目の下のクマ、しわ、目の腫れにも効果があります。[4]
    広告

パート 3 の 4:
生活習慣をモニタリングする

  1. 1
    生活の中のストレス要因を考える 精神的にまいっていたり、過労気味、または何かにストレスを感じているということはありませんか?ストレスでニキビが増えることがあるため、ストレスの原因を探って解消するか、健康への影響が出ないような対策を立てましょう。
    • 体はストレスを感じると肌の皮脂生成増加の引き金になるコルチゾールをはじめとする、ストレスホルモンが分泌されて、結果、ニキビが増える事態になります。 [5]
    • 睡眠を十分取るとストレスレベルを下げることができます。睡眠時間を1時間削ると、精神的なストレスは14%増加します。一晩に4時間睡眠時間を削ると、50%以上も増加する計算になります。睡眠不足によるストレスからくるニキビの増加を防ぐため、7時間を目標に睡眠をとるようにしましょう。 [6]
  2. 2
    不健康な食べ物を避ける 食生活はきれいな肌を保つために必要な最も重要な要素です。脂肪分を摂り過ぎたり、脂っぽい食事やジャンクフードを食べると、肌はその食べ物に反応して吹き出物ができます。食べたものに注意して、吹き出物との関係を探ってみましょう。
    • 高GI食品(精糖が多く含まれる食品)は吹き出物の原因になります。栄養表示を読んで、こういった糖分が多く含まれる食品は避けましょう。[7]
  3. 3
    食生活に抗酸化物質やビタミン、その他栄養豊富なものを取り入れる 肌に悪影響を与える食品は多々ありますが、肌にメリットをもたらし、水分量と健康を保つために必要な、きちんとした栄養を与える食品も多々あります。食品を選ぶときには、下記のような点に注目してみましょう。[8]
    • セレン:しわ、乾燥、病気をもたらす遊離基(フリーラジカル)の増加から肌を守るミネラルの一種で、ブラジリアンナッツ、エビ、子羊、マグロ、サーモン、全粒粉パスタ、ターキー、火を通した牛肉も含まれています。
    • 抗酸化物質:遊離基が体に侵入するのを防ぎます。ベリー類、トマト、ほうれん草、ビーツ、スカッシュ、サツマイモ等、色のある果物や野菜にはどれも抗酸化物質が含まれています。
    • 補酵素Q10:加齢と共に体内で減少する重要な抗酸化物質で、サーモン、マグロ、鶏肉、レバー、全粒穀物に含まれます。しわを防止するためにスキンケア製品に使用されることもあります。
    • ビタミンA:乾燥、かさかさ肌を防ぎ、ニンジン、メロン、オレンジ、葉物野菜、玉子、低脂肪乳製品に含まれています。しわや褐斑病治療に使用される、レチノイドというビタミンAが含まれるニキビケア製品(処方薬)もあります。
    • ビタミンC:日焼けと日焼けによるダメージを防止し、柑橘類、赤ピーマン、パパイヤ、キウイ、ブロッコリー、芽キャベツに含まれています。
    • ビタミンE:日焼けによるダメージから肌を守り、炎症を防ぐ効果のある抗酸化物質の一種で、ナッツ類、種子類、植物油、オリーブ、ほうれん草、アスパラガス、葉物野菜に含まれています。
    • 健康的な脂:脂には体に良いものもあります。オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は肌の自然な脂のバリアを形成し、乾燥やシミを防いで、滑らかで若々しい肌に見せてくれます。オリーブオイル、キャノーラ油、アマニオイル、クルミ、またサーモン、イワシ、サバ等の冷水魚に含まれています。
    • 緑茶:炎症を抑え、DNAのダメージを遅らせ、さらに日焼けによるダメージも防ぐことから、肌の「魔法の液」と考えられています。
  4. 4
    水をたくさん飲む 水は様々な理由から、健康のために欠かせません。日中に十分水分を取ると、みずみずしく輝く肌になります。1日グラス8杯の水を飲むと、体や肌の毒素を排出する効果があります。[9]
    • 他の臓器と同様に、肌も細胞でできており、水なしでは適切に機能しません。肌は飲んだ水が一番最後に届く臓器です。肌に潤いをあたえるために、水を十分飲みましょう。[10]
  5. 5
    頻繁に運動する 定期的に運動するとストレスレベルが下がるだけではなく、血行が良くなり肌細胞により多くの酸素が運ばれ、また老廃物も運び去られます。汗は吹き出物の原因になるため、運動後は適切に処理して清潔に保ちましょう。[11]
  6. 6
    日焼け止めを使用する 肌にダメージを与える最も大きな原因は太陽光への露出と言っても過言ではありません。日焼けで「自然な輝き」を得られると考える人もいるかもしれませんが、日焼け対策なしで太陽光に肌を露出すると、皮膚がんのリスクが高まり、日焼けによるシミができたり、日焼けの炎症でニキビが悪化することがあります。 [12]
    • 屋外に出るときは必ず日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めにも様々なスキンタイプ用のものがあり、オイリー肌にはアボベンゾン、オキシベンゾン、メトキシ桂皮酸、オクトクリレン、酸化亜鉛等の成分が入った軽い日焼け止めを選びましょう。ラベルを見て、「毛穴を詰まらせない」というキーワードのものを探しても良いでしょう。[13]
  7. 7
    顔に触れないようにする 少し馬鹿げているように見えるかもしれませんが、ニキビは手の脂が原因で発生することがあります。手が触れる場所を、1日を通して注意してみましょう。手のひらで顎を支えたり頬杖を付いたりしていませんか?よくニキビ跡をいじったり、顔にかかる髪の毛を払ったりしていませんか?こういったことは全て顔の脂の一因となり、やり過ぎるとニキビを増やすことになってしまいます。
    • 携帯電話もまた、使用すると細菌や脂が顔に付いて、悪影響を及ぼします。携帯電話の熱で細菌が増殖し、それを顔に当てて電話をするということは、大量の細菌と接触しているという事です。1日に1回はウェットティッシュや手の除菌ローションを使用して携帯電話をきれいにしましょう。[14]
    広告

パート 4 の 4:
メイクする

  1. 1
    スキントーンを安定させる 肌には色むらがあったり、シミがあったりするため、肌トーンを落ち着かせて赤みを抑えることが、健康的で色つやの良い肌を手に入れる大切なステップになります。色付きの乳液を肌に均一に伸ばします。肌の色に合ったものを選び(例:アイボリーの肌にブロンズの乳液を使用しないようにしましょう)、厚塗りはしないようにしましょう。透明感のある下地クリームを選びましょう。[15]
    • 肌のトーンが2つの色の間くらいの場合、少し明るい方を選びましょう。
  2. 2
    コンシーラーを塗る 肌の色より少し明るめのコンシーラーを使用すると、シミや赤み、目の周りのクマをカバーすることができます。カバーしたい範囲に少量のせて指で軽く塗りましょう。目の下に塗って明るくしたり、むくみや目の周りのクマ、赤みや色むらがある箇所に塗ってカバーしましょう。
    • 必ず適量を使用しましょう。コンシーラーを使用しすぎて、よく馴染ませていないと、欠点を目立たせることになります。一方で、少なすぎるとカバーしたい範囲をうまくカバーできません。
  3. 3
    ブロンザーを塗る 肌の色よりワントーンからツートーン暗い色を選んで、カブキブラシを使いブロンザーを顔、首、胸にはたきましょう。ブラシをブロンザーの中に入れたら、軽く叩いて余分な粉を落としてから、円を描くように塗りましょう。 [16]
    • カブキブラシはほとんどのドラッグストアのコスメコーナーで購入可能です。短い毛がぎっしりと付いている、先がドーム型のブラシで、広い範囲を均一に塗ることがでできます。[17]
  4. 4
    色味を足す 頬に色つやを出すために、薄いピンクや桃色のチークを選んで頬骨辺りにのせましょう。鏡を見ながら笑顔を作り、頬に塗ってブラシでこめかみに向かって伸ばしましょう。頬が少し色づく程度で十分です。チークにより、顔が平面に見えるのを防ぎます。
  5. 5
    クリームハイライターを使用する このステップは任意ですが、顔の輪郭を際立たせて、真珠のような輝きを作ることができます。ハイライターを頬骨、鼻の頭、上唇の真ん中の窪み(キューピッド・ボウ)、眉のアーチ沿いにのせて、指先で馴染ませて自然に見せましょう。[18]
  6. 6
    仕上がりを褒める メイクが終わったら、鏡で顔を見て自然な輝きを称賛しましょう。このメイクスタイルは、メイクをしていないような、とても自然な仕上がりになるはずです。メイクをしているとはっきり分かる場合は、少し軽めにする必要があるかもしれません。
    広告

ポイント

  • 変化は一晩では起きません。辛抱強くお手入れの習慣を続けましょう。一定のルーティンを継続することが重要です。よい習慣を作り上げるには時間と一貫性が不可欠です。1週間さぼると、元の状態に戻すのが大変になります。
  • 他の製品が合わない場合は、洗顔にシンプルな固形せっけんを使用する方がいい場合もあります。
  • シーツを定期的に洗って、枕カバーに皮脂が蓄積しないようにしましょう。
  • ニキビの状態が悪い場合、皮膚科を受診してみましょう。ニキビ専用の処方薬や指示を出してくれるでしょう。

広告

注意事項

  • 吹き出物をむしり取るのは止めましょう。傷ができる上、手で触れることにより余計な脂が顔に付着します。
  • 洗顔料を使用しているのに吹き出物ができる場合、その洗顔料に強い化学物質が入っていて顔に炎症を引き起こしていることがあります。他の製品に切り替えて、洗顔は1日に1回にしてみましょう。
広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
このページは 370 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告