PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

家出はどうしようもなく差し迫った状況で取る、最後の手段であるべきです。家出をすることで、問題から逃げるどころか、悪化してしまう場合が多々あります。それでも家出という決断する時には、食に困ったり、自分を危険に晒さないようにしっかりと持ち物の準備をしましょう。また、賢い立ち回り方や、1人で路上生活をする方法も学ばなければならないでしょう。家出中は、寝泊まりできる場所を見つけるのは困難です。例えば、路上で生活する方法や路上で日々どのようなことが起きているのか調べてみましょう。家出を決意する前に、できることはやりきったけれど、それでも立ち行かず疲れ切ってしまった、という心境に至るまで試せることは試しましょう。家出が唯一の方法だとしても、勢いで家出してはいけません。あなたの身の安全がいつでも最優先事項です。この記事を読み進めながら、心に浮かぶ様々な思いや選択肢を心に留め置きましょう。家出を検討している、またはすでに家出中で困り事がある人は、この記事を読み進めましょう。

方法 1 の 3:
状況を精査する

  1. 1
    家出に相当するよっぽどな理由があることを確認しましょう。反抗、冒険心、または親に思い知らせてやろうという目的で家出をしてはいけません。[1] 路上暮らしは決して楽ではなく、寒くてもお腹が減っても毛布もご飯も出てきません。虐待やネグレクトに遭っているのなら、家出を試みる前に、児童相談所か警察に相談するのが一番安全です。
    • 家庭問題を抱えている10代の少年少女には、家出の方が里親の元に行くよりはマシだと考えている人もいます。[2] しかし、今までの経験がどうであれ、ほとんどの里親達は、自分の里子の健康と幸せを願って里子の支援をしています。
  2. 2
    誤った認識にしがみつくのはやめましょう。家出は辛いものです。慣れ親しんだ地域や、自分のことを知り、応援してくれる人の元から離れ、自分の身の回りのことを全て自分で行い、全責任を持たなければなりません。[3] 大人だって日々の暮らしに奮闘しているのですから、家出の方が楽だなんてことは決してありません。[4]
    • 家出しか方法がないと思っているかもしれませんが、それは間違いです。[5] 家出以外にも問題を解決する方法はたくさんあります。家出は最後の手段であるべきです。
    • 10代で食費や宿代を払うだけのお金を稼ぐことは簡単ではありません。実際、3人に1人の少年少女が、売春などの性的な需要と引き換えに食べ物や宿をまかなっているのが現状です。[6] この方法に手を出すと、性病や性的虐待または性被害のリスクに自分を晒すことになります。
  3. 3
    家出の理由を吟味し、家出をする価値があるのか精査しましょう。家出したいという強い気持ちを正当化するだけの理由があると自分では思っているかもしれません。しかし、人が何かを「強く」思っているときは物事を正しく考えることはできないものです。[7] なぜ家出がしたいのかじっくり真剣に考え、問題に対してできるだけ多角的な見方をしてみましょう。 軽率な決断をしないようにしましょう。
    • 以下の理由で家出をしてはいけません。
      • 飲酒問題
      • ドラックの使用
      • 挫折感
  4. 4
    匿名で相談をしてみましょう。困難な状況にある10代の若者のための電話相談ホットラインでは、ひとつひとつの相談を聞き、具体的なアドバイスをするための体制が整っています。誰かに話をすることで、家出よりも安全で、一人では思いつかないような解決策が見つかるかもしれません。[8]
    • チャイルドライン(0120-99-7777)または最寄りの児童相談所に相談してみましょう。北米の場合、The National Runaway Safeline(1-800-786-2929)にて毎日24時間相談を受け付けています。ウェブサイトはhttp://www.1800runaway.orgです。
    • 困難な状況に直面し、どんなに孤独感を感じることがあっても、あなたの安全と健康を深く心配している人がいることを忘れないようにしましょう。
  5. 5
    問題の本質に目を向けましょう。家出をすることで問題に向き合わなくて済むようにはなりますが、家出をしても問題が解決するわけでも、自分が受けた仕打ちから気持ちが楽になるわけではありません。[9] それどころか、あなたが家出をすることで、問題が自分以外の誰かに転嫁されてしまうかもしれません。
    広告

方法 2 の 3:
家出の準備をする

  1. 1
    前もって計画しましょう。しっかりとした前準備もなく家出をすると、自分を危険な目に晒してしまいます。時間をかけてしっかりと計画を練りましょう。行き先、移動手段、仕事、寝床など、全て考えておくべき事柄です。以下に挙げるものを含めて、必要な物を前もって揃えておきましょう。
    • 現金
    • コインランドリー用の小銭
    • 医療品
    • 保温着
    • 寝袋
    • 靴下
    • 着替え2枚
    • 下着とブラジャー2枚
    • 歯ブラシと歯磨き粉
    • 生理用品
    • ヘアブラシ
    • 水筒
    • 缶詰やグラノラバーなどの保存が効く食料
    • 防犯スプレー
    • デオドラント製品[10]
  2. 2
    荷物は少なめにしましょう。荷物が重いと、素早く動くべき時に動きにくくなってしまいます。10代の家出少年少女に比べて他のホームレス達は体格もよく、力も強いので、逃げるべき時にすぐに逃げられるようにしておかなければなりません。必要最低限の物だけ鞄に詰めましょう。できるだけ多くの現金を持っていきましょう。クレジットカードやデビットカードは使用すると足がつくので気をつけましょう。 目的地に合わせて荷物の準備をしましょう。寒冷地へ向かう場合は、防寒が一番重要になるでしょう。
    • 砂漠などの乾燥地帯は、日が沈むとかなり寒くなります。薄手で保温力があるブランケットがあると重宝するでしょう。[11]
  3. 3
    安全な場所に行きましょう。森、公園、自然保護地区などは避けましょう。足を怪我しても医療機関から遠く、その場から身動きが取れない状況になるなど、良い選択肢ではありません。田舎を目指すのなら、国道などの幹線道路沿いに移動し、もしもの時に助けを呼べるようにしておきましょう。都会や郊外を目指すのならば、目的地にシェルターを探しておきましょう。安全な場所を見つけられないときは、人通りの多い場所で日中に休むようにしましょう。昼間に公園やビーチでブランケットを敷いて眠りましょう。ただ昼寝をしているように見え、疑われにくくなります。
    • バスや電車などの公共交通機関を使うと、他の方法よりも金額も安く時間も早く目的的に到着できます。
    • 自転車も便利ですが、重さや安全面で役に立つよりも面倒な事が多くなるでしょう。
    • 橋の下は様々な事から身を守ることができ、コンクリートが熱を吸収するため夜の寒さを凌ぐこともできるでしょう。しかし、橋の下は他のホームレスにも人気な場所なので、橋の下で寝る場合は他にも人がいると思っておいた方がよいでしょう。
    • ホームレス用のシェルターに寝泊まりする場合は、いろいろと質問をされることを想定し答えを用意しておきましょう。
    • 友人や親戚の家も選択肢として検討すべきですが、それぞれの家にはそれぞれのルールがあります。他人の家のルールは常に尊重しましょう。
  4. 4
    いざという時に相談できる場所を探しておきましょう。家出をした後に一番大事なことは、心の拠り所になる場所を探しておくことです。家出の原因がトラウマである場合、健康で幸せな生活を送るためにも、まずはトラウマが原因で起きた心の問題に対処しなければならないでしょう。[12] [13] 家出をする前に、家出先となる地域の社会復帰支援センター、薬物依存リハビリテーションセンター、カウンセリングセンターなど困った時には相談できる機関を見つけておきましょう。
    • 辛さをやり過ごすために飲酒や薬物乱用をしてしまうと、体にも心にも後々大きな傷を残すことになりかねません。あなたを飲酒や薬物乱用に追いやってしまったのは辛い現実ですから、自分を責める必要はありません。しかし、アルコールや薬物の依存症や中毒に対処し、解決しないと本当の意味での自立や健康を得ることはできません。[14]
  5. 5
    匿名での通報を検討しましょう。家には二度と帰らないと心に決めているかもしれませんが、あなたが受けた同じ虐待やネグレクトといった被害を、他の誰かも受けている可能性があります。特に兄弟姉妹がいる場合は、警察または管轄の児童相談所に、公衆電話や友達の電話から匿名で通報することを検討してみましょう。
    • 各地の児童相談所の電話番号はインターネットで簡単に検索することができます。
    • 児童相談書虐待対応ダイヤルは189です。アメリカの児童電話相談番号は1 (800) 422-4453です。
  6. 6
    仕事について考えておきましょう。10代だと、たとえファーストフード店でも、働くにあたって、親の同意書や住民票などの身分証明書といった必要な情報の提出を求められます。そのうち食料もお金も尽きます。必要な物を購入するためにも自分で稼がなければならなくなります。現金払い可能な仕事を探し、雇用主にはお小遣いを稼ぎたい旨を伝えてみましょう。現金払いが可能な仕事の例は以下の通りです。
    • 箱詰めなどの軽作業
    • レストランの皿洗い
    • レストランやイベントの配膳業
    • 引越し屋
    • 造園関係[15]
    広告

方法 3 の 3:
自宅から離れて暮らす

  1. 1
    家を抜け出しましょう。家出は誰にも見られず、すぐに気づかれない時に決行しましょう。例えば、学校に欠席することを伝えて、学校に行く振りをして家出をしたり、夜みなが寝静まった頃に家を抜け出すとよいでしょう。家を出てから数時間あるので、距離を稼ぐことができます。休憩を取る前にできるだけ遠くに移動しましょう。簡単に探されないようにするには、住んでいる町を出て、いずれは住んでいる県(北米の場合は州)を出るようにしましょう。[16]
    • 電車やバスを利用すると安価で遠くまで行けます。ツバのあるキャップ帽子やフードを被って顔を隠し、監視カメラに映らないようにしましょう。
    • 個人を特定されないように、地毛と違う色に髪を染め、髪を切るとよいでしょう。ボサボサで周りに良い印象を与えない髪型や色にならないように注意しましょう。
    • ほとんど着ていない洋服を持っていきましょう。リサイクルショップや古着屋で安い洋服を買って、洋服で個人を特定されないようにしましょう。
  2. 2
    常に食べ物の確保に気を配りましょう。食べ物の確保は最優先事項です。水はどこでも汲めますが「この水は飲料水には適していません」という張り紙がないか注意しましょう。文字通り飲み水ではありません。食べ物を提供されたり、見つけたりしたら全てもらいましょう(賞味期限が大丈夫か確認しましょう)。お腹がすいていなくても、悪くなる前に食べましょう。
    • その一方で、信頼できない人や場所で提供された食べ物には絶対手を出してはいけません。人や場所が怪しいなと思ったり、食べ物から臭いがしたり見た目が悪いときは、一旦食べ物をもらい、その人がいなくなってから捨てましょう。食べ物をくれた人の目の前で捨てたり断ったりすると、不快に思う人もいるかもしれないのでやめましょう。直感を信じましょう。なんか変だなと思うときは、直感が当たっていることが多いものです。例えば、ほうれん草をもらったけれど、見ただけで嫌な感じがするような場合は食べてはいけません。信頼できる人や名の知れた場所からだとしても、疑わしい気持ちがするならば、頂いた物でも食べてはいけません。毒や薬の入った食べ物や飲み物を渡す人もいます。いつどんな状況だとしても、人から勧められた飲み物を飲んではいけません。飲み物に薬や毒が盛られている事も考えられます。 水飲み場の水だけを飲むようにしましょう。
  3. 3
    身なりを清潔に保ちましょう。仕事を探す際にはもちろんのこと、警察にホームレスとして保護されないためにも身なりを清潔に保ちましょう。裏道や公園の隅など泥棒や性犯罪者がたむろしてそうな危険な場所には近づかないようにしましょう。清潔であると同時に、性犯罪のターゲットにならないように色気のない格好をするようにしましょう。
    • パーティーに行くような洋服ではなく、学校や教会のイベントに行くような格好をしましょう。ポケットがたくさんあると必要なものを入れておけるので便利です。
  4. 4
    売春、酒、薬物に走ってはいけません。たとえ誰かに持ちかけられても、セックスの代わりにお金をもらうといった売春行為をしてはいけません。このような行為をすると、心も体も傷つき、乱暴にされたり物を取られたりすることもあるし、行為が終わってもお金を払わないという人もいます。こういった人達はあなたがどうしようもなくなるまで待って、あなたがしたくない事をさせようとしてきます。 手元にある現金は、生きていくのに必要な物を買うためであって、限られたお金を酒、薬物、たばこに使ってはいけません。
    • 酒や薬物を使用している他の家出中の青年やホームレスが、あなたにも酒や薬物の使用を勧めてくるかもしれませんが、必ず断りましょう。酒に酔ったり、薬物でハイになっていると自分の身を守ることができません。
  5. 5
    身だしなみを整えられる場所を作りましょう。快適とは言えませんが、個室のトイレは身だしなみを整えるのに適した場所です。なぜトイレで顔を洗うのかなどと質問された時の答えを用意しておきましょう。例えば「おばあちゃんの家にいくためにママと旅をしている途中で、ちょっとさっぱりしたくて立ち寄ったの」などと言えば不審がられず警察を呼ばれることもないでしょう。女性であれば除毛クリームなどを使って外見の手入れをするとよいでしょう。トイレで身だしなみを整えていることを不審がられないように注意しましょう。
  6. 6
    安全を確保しましょう。防犯ベル、防犯スプレー、防犯にも緊急時にも使用できる多機能ナイフなど、身を守るための道具はたくさんあります。防犯グッズは目につかず、すぐに手に取れる場所に隠し持っておきましょう。日本では防犯スプレーなどの護身用品の所持は認められていますが、携帯する場合は、正当な理由がないと軽犯罪法違反と見なされることがあるので注意が必要です。現金は靴下やブラジャーなどすぐにバレる場所ではなく、下着の中に隠しておきましょう。[17] [18]
    • 「昨日の夜、金持ってるのを見たぞ」などと言われたら、たとえ残っていても「もう全部使っちゃった」と言いましょう。
    • すぐに目につく鞄や財布の中に小銭を入れておきましょう。万が一、スリや強盗にあっても被害が少なくて済みます。[19]
    • 食料を買うお金がなくなって、物乞いをする際には気をつけましょう。物乞いをすると人の注意を引き、他のホームレスを不快にさせてしまう場合があります。また、日本は物乞いという行為自体が違法です。
    • スーパーマーケットの試食コーナーは人の注意を引かずに食べ物を得られる良い場所です。誰かに聞かれたら、親を待っているのだと答えましょう。
  7. 7
    「万引き」をしてはいけません。万引きは犯罪であり、モラルに欠けるというだけではなく、警察も含めて人目を引きます。万引きをすると、自宅に帰らされるだけでは済まず、事がもっと重大になってしまう可能性があります。
  8. 8
    想定される質問に対する答えを用意しておきましょう。学校がある時間帯に外をうろうろしたり、公共トイレで歯磨きをすると、周りから不思議に思われて、質問されることがあるでしょう。そういった質問に思いつきで返答してはいけません。初めから作り話を用意しておき、その筋書きに合わせて返答すれば、話に矛盾が出て不審がられるのを防げます。あらかじめ、作り話に対してされるであろう質問を想定して、本当っぽい答えを用意しておきましょう。
  9. 9
    携帯電話を使用しないようにしましょう。携帯電話を使用すると居場所を追跡されてしまいますが、緊急時には命を守る道具ともなるでしょう。携帯電話の電源を切っておくか、SIMカードを差し替えると追跡されずに済みます。[20]
    広告

困った時の相談先

ポイント

  • 同じ場所に長い間留まらないようにしましょう。不審者だと思われたり、何をしてる人なのだろうと不思議がられないようにしましょう。
  • できるかぎり目立たず、人に印象を与えないように心がけましょう。人目を引くような行動をしてはいけません。よくいる人に見えるように心がけましょう。身だしなみを整え、清潔感を保ち、服装にも気をつけましょう。
  • 警察に嘘をついたり、警察から逃げてはいけません。こういった行動をすると、何か違法なことをしているという印象や疑念を与えてしまいます。万が一警察に捕まってしまった時には、正直に話しましょう。嘘をついたり、戦ったり、逃げたりするともっとやっかいな事になります。
  • 家出は「最後の手段」にしましょう。 家出は、あなたの心と体を永久的に苦しめるネガティブな体験となる可能性があります。馴染みのある町内やあなたを守ってくれる友達、家族から離れた場所で、傷つけられたり、最悪の場合殺される可能性もあります。虐待被害に遭っているのなら警察に通報しましょう。
  • 嘘をつくときは、手をいじったり、口ごもったり、ためらったりしてはいけません。 嘘をついているそぶりがあると、話を信じてもらえなくなります。
  • 護身用の武器や、ポケットナイフなどの武器になり得る道具よりも、防犯スプレーを携帯するようにしましょう。武器の携帯は違法です。また防犯スプレーなどの護身用品の所持は認められていますが、携帯は軽犯罪法違反とみなされることがあるので注意が必要です。
  • どんなに困っていても、見知らぬ人から食べ物や飲み物を受け取ってはいけません。
  • 友達に連絡を取ってはいけません。居場所がバレてしまい、家に連れ戻されてしまう可能性が高くなります。
  • 走れる靴を履きましょう。ヒールのある靴やビーチサンダルで家出をしないようにしましょう。
  • 家族宛てに家出をする旨をメモに残しておきましょう。事件に巻き込まれたのではなく、自分の意思で家出をしているのだと安心させることができるでしょう。
広告

注意事項

  • 常に清潔で適切な洋服を着ましょう。丈夫で暖かいコート、丈夫な靴(ブーツやスニーカー)と、夏服も持っていきましょう。
  • 起こり得ることを想定しましょう。家出をしたことにより、逮捕、強盗、レイプ、誘拐、殺害のリスクに自分の身を晒す事になります。家出をしたことを一生後悔することになるかもしれません。
  • 虐待以外の理由で家出(虐待の場合は警察に通報しましょう)をするのであれば、誘拐されたり事件に巻き込まれた訳ではないと親に知らせるためにも、家出をするとメモに残しておきましょう。内容はシンプルに、家出するとだけ書き残しておきましょう。
  • 夜を越せる安全な場所を探しましょう。夜にぶらぶらと歩き回ると、犯罪に巻き込まれる可能性があるので危険です。
  • シェルターに身を寄せざるを得ないときは、身元がわかると親に連絡されると思っておきましょう。居住区以外のシェルターを使えば、身元が割れる可能性が減るでしょう。
  • 自惚れすぎないようにしましょう。自惚れたり、自信過剰な様が周りに伝わるとターゲットにされやすく、見つかりやすくもなります。
  • 武器や武器らしく見えるものを携帯してはいけません。武器の代わりに防犯スプレーを携帯しましょう。武器の所持は違法なので武器を所持していると警察に通報されることもあります。また、防犯スプレーなどの護身用品の所持は認められていますが、携帯は軽犯罪法違反と見なされることがあるので注意が必要です。警察に密輸業者、殺人犯などの犯罪者と間違えられないようにしましょう。
広告

必要なもの

  • 現金
  • コインランドリー用の小銭
  • 医療品
  • コート
  • 寝袋
  • 靴下
  • 着替え(x2)
  • 下着とブラジャー(x4)
  • 歯ブラシと歯磨き粉
  • 生理用品
  • ヘアブラシ
  • 水筒
  • 保存の効く食べ物
  • 防犯スプレー
  • デオドラント用品
  • ライターやマッチ(必要であれば)
  • 懐中電灯(予備の電池も)
  • リンス入りシャンプー(必要であれば)
  • 体を洗うタオル (必要であれば)
  • 旅行用枕(必要であれば)
  • カミソリや除毛クリーム(必要であれば)
  • ノートと筆記用具(必要であれば)
  • 信頼できる人たちの連絡先
  • 疑われた時に見せるための保護者からの一筆を記してあるメモ

関連記事

アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
夢精を止める夢精を止める
ずる休みをするずる休みをする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
背を高くする背を高くする
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
宿題がしたくなる宿題がしたくなる
学校を楽しむ学校を楽しむ
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む108人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,039回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン
このページは 1,039 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告