シミやニキビ、テカリがない美しい素肌のためには、毎日のスキンケアが重要です。特に10代はこのような肌トラブルが起きやすい時期なので、正しいスキンケアの習慣を身につけることが大切です。しかし、効果的なスキンケアを実行するのは難しくないので、心配はいりません。肌タイプに合う製品を選び、スキンケアの正しい方法を覚えて毎日行えば、輝く素肌になるでしょう。

方法 1 の 2:
毎日のスキンケア

  1. 1
    朝起きたら顔を洗いましょう寝ている間に溜まった汗や皮脂を取り除きます。顔を洗うと頭がすっきりして目が覚め、顔のべたつきや脂っぽさもなくなります。顔を洗うときは、必ず顔用の洗顔料を使いましょう。顔用ではない石鹸で顔を洗う女子も多くいますが、それは間違いです。手や体を洗う普通の石鹸は毛穴を刺激するので、ニキビや吹き出物ができる可能性があります。顔を洗うときは顔用の洗顔料を使用するか、水とタオルだけを使いましょう。これだけで汚れや皮脂、角質が落ちて、十分きれいになります。[1]
    • 肌の表面から皮脂などを落とすことに必死になる必要はありません。ニキビができるのは、毛穴の中で脂が過剰に分泌されて毛穴自体が詰まるからで、毛穴の表面が詰まるからではありません。
    • 夏でも冬でも、忘れずに日焼け止めを塗りましょう。冬でも日光にあたると肌に影響が出るので、日焼け止めは必須です。若いうちから日焼け止めを塗る習慣をつけると、年齢を重ねても肌を美しく保てるでしょう。[2]
  2. 2
    朝食後に歯を磨いたらリップクリームを塗りましょう。特に唇が荒れている場合は重要です。唇が荒れていなくても、リップクリームを塗ると唇が潤い、キスしたくなる滑らかな唇になるでしょう。
  3. 3
    ハンドクリームを少し塗りましょう。手が乾燥している場合は、朝ハンドクリームを少し塗りましょう。塗りすぎると手が油っぽくなって滑るので、つけすぎないように注意します。
  4. 4
    顔のテカリがひどいときに皮脂を拭き取るために、あぶらとり紙を購入しましょう。あぶらとり紙はドラッグストアなどで販売されています。[3] 皮脂が多くなければ、学校にいる間はあまり心配する必要はありません。日中は顔を洗わないようにしましょう。(詳しくは後で説明します)
  5. 5
    夜は、クレンジング洗顔料で顔を洗いましょう。夜は時間に余裕もあり、肌を整えるためにできることがたくさんあるので、スキンケアに絶好のタイミングです。クレンジング洗顔料は汚れや皮脂など毛穴を詰まらせるものを取り除くのに効果的で、ほとんどの場合、クレンジング効果だけでなく角質を取り除く効果もあります。[4]
  6. 6
    クレンジングの後は保湿しましょう。10代にとって、正しく保湿すると肌が美しくなりますが、間違った方法で行うと大量のニキビができる可能性があります。[5] 顔用の保湿剤を購入する際は次の点に注意しましょう。
    • 必ず「顔用」の保湿剤を選びましょう。
    • 「さらっとした」保湿剤を選びましょう。さらっとした保湿剤とは、油分が多くないということです。肌のテカリや毛穴の詰まりを防ぐために、これは非常に重要なポイントです。
  7. 7
    リップクリームを塗りましょう。
  8. 8
    保湿剤を塗りましょう。ムダ毛の処理で脚が乾燥している場合は、ローションなどで保湿します。脚に塗る保湿剤はどんなものでもかまいません。手が乾燥している場合も、寝る前に同じように保湿しましょう。夜は、ハンドクリームを塗るのに最適なタイミングです。寝ている時間は長いので、その間にハンドクリームが肌に浸み込むでしょう。
  9. 9
    美しい肌のために、上の1から8を毎日繰り返しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
特別なスキンケア

  1. 1
    週に1度は肌の角質を取り除きましょう。角質除去は、毎日行う必要はありません。過剰な角質除去を長期間続けると、肌が荒れてガサガサになってしまいます。1、2週間に1度の頻度で角質を取り除き、肌の柔らかさを取り戻しましょう。自家製、または市販の角質ケア製品を使います。肌を濡らして角質ケア製品を指先につけ、肌をマッサージしましょう。60秒間肌をマッサージして、ぬるま湯ですすぎます。[6]
    • 角質除去剤を手作りするには、砂糖と蜂蜜を混ぜて使いましょう。
    • 敏感肌の場合は、蜂蜜や牛乳を混ぜたオートミールを肌につけてこすりましょう。
  2. 2
    2~4週間に1度はパックを使いましょう。使用する製品によって異なりますが、パックには、肌の毒素を取り除く、毛穴の詰まりを解消する、角質や汚れを取り除くなどの様々な作用があります。使いすぎると肌が乾燥するので、2~4週間に1度が最適です。パックを使うには顔を濡らして指先にパックを取り、顔全体に塗り広げましょう。肌にまんべんなく広げ、パックが乾くまで(べたつかなくなるまで)20~30分待ちます。その後、ぬるま湯で濡らしたタオルを使ってパックを拭き取りましょう。
    • パックは、ニキビケアにも使えます。ニキビに塗り、1晩おいて乾燥させましょう。翌朝顔を洗ってパックを落とします。こうすると、ニキビの赤みや痛みが大幅に軽減するでしょう。
    • 一般的に、泥パックが最も人気ですが、他にも様々なパックがあります。
  3. 3
    黒ずみを取り除くために、毛穴パックシートを使いましょう。毛穴パックシートは片面が粘着性のコットンシートで、粘着面を肌に押し付けて使います。これを剥がすと、黒ずんだ角栓も一緒に取れます。一般的に、毛穴パックシートを使用する必要があるのは、肌に黒ずみがあるときだけです。通常は顔(鼻とあご)に使いますが、黒ずんだ角栓がある部分なら体のどこにでも使えます。製品の使用方法に従って使用し、使用後は顔を洗って保湿しましょう。
    広告

ポイント

  • 果物と野菜をたくさん食べましょう。美しい肌のためには、健康的な食生活が大切です。
  • 水をたくさん飲みましょう。1日グラス8杯の水を飲むことが推奨されているので、できるだけ多く飲むようにします。水を飲むと肌が潤い、若々しく見えるでしょう。
  • 1日に何度も顔を洗ってすべての皮脂を取り除くとニキビが減ると考えている女子が多くいますが、実際にはそうではありません。顔を洗いすぎると肌が乾燥し、失われた皮脂を補うためにより多くの皮脂が分泌されます。[7]
  • 美しい肌のためには、洗顔料、角質ケア製品、化粧水、保湿剤、日焼け止めを使いましょう。皮膚科医が行った研究では、これらの製品でスキンケアを行っている女性の肌は美しいことが証明されています。
  • 汚い手で顔を触るのはやめましょう。
  • 化学物質が多く含まれた化粧品を使うのはやめましょう。
  • 石鹸ではなく洗顔料を使いましょう。洗顔料は顔を洗うために作られていますが、石鹸はそうではありません。洗顔料のほうが肌にやさしく、穏やかに作用します。
  • ニキビにはニキビ治療薬クリームを塗り、ワセリンで保湿しましょう。
  • ニキビを潰したり押し出したりするのはやめましょう。不衛生なのでニキビが悪化し、跡が残る可能性もあります。[8]
  • 運動するときにメイクをするのはやめましょう。
広告

注意事項

  • 雑誌などで見かける肌は実際の肌とは異なることに注意しましょう。肌にシミやニキビ、皮脂、乾燥などが見られるのはごく自然なことで、問題ありません。雑誌などの写真の肌は、明らかにデジタル加工されています。肌は人それぞれなので、自分に合うスキンケア方法を見つけましょう。美しい肌の秘訣は、肌を健康に保つために健康な体を作ることです。肌は、体の健康状態を反映します。
  • スキンケアの方法は肌タイプ(脂性肌や乾燥肌など)によって異なるので、ここで紹介した方法がすべての人に効果があるとは限りません。紹介した方法は基本的な目安に過ぎないので、自分の肌に合わせてアレンジしましょう。自分の肌に合うスキンケアの方法を知るために、皮膚科医に相談しても良いでしょう。
  • 日光にあたると肌が乾燥して皮脂がなくなるので、日焼け止めを塗らないほうがニキビが減ると言う人もいますが、真実ではありません。実際、日光にあたるのは、1日3回以上顔を洗うのと同じように肌に影響します。日光にあたると確かに肌は乾燥して皮脂がなくなりますが、失われた油分を補うためにより多くの皮脂が分泌されます。また、日焼け止めを塗らないと皮膚がんになる可能性が(時には大幅に)増す可能性があります。そのため、いくつかのニキビのためだけに危険を冒す必要はありません。顔用にさらっとした日焼け止めを用意して、夏には必ず塗りましょう。
  • 顔に使用する製品にアレルギーがないことを確認しましょう。敏感肌の場合は、使用前に顔の一部に少量つけて反応を確認しましょう。発疹や炎症が起こらないことを確認してから使います。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
生理を早める生理を早める
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
髪に付いたガムを取る
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
そばかすを消すそばかすを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
タトゥーシールをはがす
革に付いた油染みを落とす
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 125 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告