2人の女性から1人を選ぶ方法

2人の女性のことが同時に気になっていませんか?。その2人の一方と現在付き合っている、2人から好意を寄せられているといった詳しい事情の違いに関係なく、その2人はあなたの決断を待っています。2人の女性から1人を選ぶ必要がある時は、まず恋愛関係において自分が何を求めているのか、そして2人それぞれと一緒に過ごす時の雰囲気、2人に対する自分の純粋な感情についてよく考えましょう。どのような結果になろうとも、真剣にこの決断を下し、2人とも失ってしまう前に1人を選びましょう。

パート 1 の 3:
2人を比べる

  1. 1
    自分が何を求めているのか考える 真剣な付き合いをする相手、あるいは、より気楽に付き合うことのできる相手を求めているのか考えてみましょう。求めているのは体だけの関係、彼女、あるいは人生の伴侶ですか?つまり、自分の現状と、2人の恋人候補の向こうにある自分の長期的な目標について考える必要があります。情熱に流されてしまうことは簡単です。一歩下がった位置から状況を見つめ直し、自分の要求や願望について検討しましょう。
    • 例えば、今はキャリア形成の重要な時期だとしましょう。あるいは2人のうちの1人と一緒に過ごすことで得られる安心感、逆に気軽さを必要としていることもあります。心の声に耳を傾けましょう。
  2. 2
    2人それぞれとの関係を分析する 2人の相違点を挙げてみましょう。2人の性格なども考慮しながら、2人それぞれといる時に自分がどのような気持ちになるのかを思い出してみましょう。決自分が何を選択しているのかしっかりと把握したうえで決断をすることが大切です。[1]
    • 例えば、2人のうち、どちらがより会話が上手かという点を考えてみましょう。あるいは、どちらといる時の方が楽しいか、新しいことに挑戦しようという気持ちにさせるかといった要素も考慮しましょう。そうすると、一緒にいてより楽しいと思える1人にしぼることができるかもしれません。
    • どちらをより信頼しているかという点も重要です。例えば、一方の女性は楽しい人だけれど、真剣な関係を築いていけるようには思えないということもあります。安定的な交際とドキドキとした感情のどちらを優先すべきなのかを明確にしましょう。
    • どちらの方がより話しやすいですか?どのような人間関係においてもコミュニケーションが円滑にとれるかどうかという点は重要です。率直に話すことができる女性を選んだ方が賢明かもしれません。
  3. 3
    相手が自己意識に与える影響を考える 例えば、一方の女性といると自分がが強く有能で素晴らしい人間だと思えることができ、もう一方の女性といると、けなされて自分が分からなくなるといった違いがあるかもしれません。同様に、一方の女性といると幸せで心配事がなくなり、もう一方の女性といる時はストレスが溜まるという傾向が現れているかもしれません。2人の女性それぞれと過ごす際に生じる自分の性格の変化に注意を向けましょう。そして、どちらの自分を優先すべきかを考えましょう。[2]
  4. 4
    自分に正直になる 2人のどちらに対しても自信をもって「イエス」と言えない場合、どちらとも付き合うべきではないのかもしれません。もちろん無理に交際する必要はありません。ただし、選ぶことができない理由を理解していることが大切です。[3]
  5. 5
    他の選択肢を探す 2人とも真剣な交際を求めていない、あるいは1人はあなたに関心すら抱いていないという場合もあるかもしれません。つまり、状況は思っていたよりもシンプルであったり、奇妙なものである場合もあるということです。2人と同時に付き合えば良いということではありません。2人の女性と(個別に)話し、相手が求めていることを把握しましょう。
    • 既成概念に囚われる必要はありません。さまざまな付き合い方があります。肝心なのは、全員が同じ考えであること、そして誰の気持ちも傷つけていないということです。
    広告

パート 2 の 3:
決断を下す

  1. 1
    長所と短所を一覧にする 2人の女性それぞれのの長所を思いつく限り書き出して一覧表を作りましょう。その中から2人に共通する要素は消します。それぞれの女性の特徴的な長所を見直し比較して、どちらの方がより好きなのかを考えましょう。個性的な長所がより多い方の女性を選ぶと良いでしょう。同時に短所についても検討しましょう。短所が少ない方の女性を選ぶことが賢明である場合もあります。
    • 長所の例として、一緒にいると楽しい、円滑な会話、愛情深い、聞き上手、信用できる、聡明、美しい、自分の友達ともすぐに仲良くなる、近所に住んでいる、旅行好き、自分を笑顔にしてくれる、などが挙げられます。
    • 短所の例として、短気、価値観が合わない、あまり乗り気ではない、自分の好みではない、遠方に住んでいる、肉体的な魅力が感じられない、一緒にいるとストレスがたまる、などが挙げられます。
  2. 2
    心の声に耳を傾ける 一覧表は単なる道具に過ぎません。一覧表の長所や短所の数だけで決断を下さないようにしましょう。その代わりに、これらをもとに自分の気持ちをより良く理解しましょう。書き出した一覧表上では優れた人物のように思える女性でも、情熱的になれない相手かもしれません。あるいは、一覧を作って比較した結果、嫌な予感がした場合は、その直感が正しいということもあります。長所と短所を書き出すことができたら、2人の女性に対しどれほどの気持ちがあるのか現実的に検討しましょう。心の中の情熱を指標にしましょう。[4]
  3. 3
    必要な時間はかけつつも長引かせない 自分の決断に自信を持つことは大切です。ただし、2人の女性を宙ぶらりんの状態で延々と待たせていると、どちらも失ってしまう恐れがあります。できる限り早く決断をし、はっきりとさせましょう。1人を選ぶことが出来て(あるいはどちらでもないということが分かり)、選ばなかった女性とも和解することができれば、状況ははるかにシンプルなものになるでしょう。
    • 決断するまでに必要な時間は状況によって変わります。2人と毎日顔を合わせているのであれば、迅速に心を決めなければなりません。2人の女性と同時に鉢合わせてしまったらどうしますか?
    • 2人の女性も感情を持った人間であるという点を忘れないようにしましょう。複数の選択肢を持っていたいというあなたの目的のために2人を振り回すのは公平ではありません。ただし、2人とも動機が同じで状況を完全に理解しているという例外もあります。そうでない限りは、自分が相手の立場だったら、と考えながら行動しましょう。
  4. 4
    1人を選ぶ 2人の女性のどちらも同等に素晴らしい場合、誤った決断をしたのではないかという不安が常につきまとうようかもしれません。それでも、2人のうちいずれかと今後も一緒に過ごしたいと思っているのであれば、心を決めなければならない時はやってきます。正直になることが最も辛いということもありますが、乗り越える価値があったと感じられるような素晴らしい結果が待っているでしょう。決断を下し、相手に伝え、人生をより単純なものにしましょう。失った時の後悔が大きいのは2人の女性のうちどちらなのか考えてみましょう。
    • 友達や家族に相談しても良いでしょう。自分で決められない場合は、2人の女性と面識のある第三者の意見が参考になることもあります。[5]
    広告

パート 3 の 3:
相手に伝える

  1. 1
    率直に伝える つまり正直かつ明確に2人の女性に自分の気持ちを伝えなければならないということです。あいまいな伝え方をすると、選ばなかったほうが平和だったのではないかと思えるほど、酷くもめる原因となります。全てをはっきりとさせましょう。2人のうちの1人と真剣に付き合いたいのであれば、もう1人との可能性を完全に断つ必要があります。
    • 事前に自分の気持ちを紙に書いておくと良いかもしれません。あるいは、友達を相手に気持ちを伝える練習をしてみましょう。何を言うべきか分からない時は準備をすると役立ちます。
  2. 2
    選ばなかった女性のことは完全に振る 完全に関係を断つのであれば、その意思を伝えることが大切です。理論上では心が決まっていても、行動に移さない限り現実にはなりません。これは、2人の女性がお互いを知っている場合は特に重要です。選ばなかった女性との関係を断つという行為で選んだ女性に対する自分の気持ち(真剣さあるいは本気度)に重みが加わります。
    • 選んだ女性に万が一断られた時に備えて「保険」を残しておこうと考えるかもしれません。つまり、当初選ばなかった女性には先に自分の決定を伝えないという作戦です。ただ、「第二希望」の女性と心から幸せになることができるのか良く考えてみましょう。このような選択をするよりも、2人以外の女性と真剣な交際を持ったほうが幸せでしょう。
    • 1人を振るということは、2人に対する自分の気持ちに直面するということを意味しています。その瞬間、選ばなった女性が実は自分に相応しい女性だったと悟るかもしれません。あるいは、振った相手と一晩を共にすることで心に折り合いを付けようとするかもしれません。この方法であれば、どのような事情であれ、選んだ女性との約束は破らずに済みます。
  3. 3
    選んだ女性に気持ちを伝える 全てが整ったら選んだ相手との交際に気持ちを集中させることができます。シンプルかつ正直に、純粋な気持ちで接しましょう。自分が相手から何を求めているのか、彼女だけが自分にその要素を与えてくれる人だということ、そして真剣に交際したいということを伝えましょう。
    • 急ぐ必要はありません。1人を選ぶためにしばらく苦心していたのですから、慣れるまで時間がかかることもあります。真剣交際に突然飛び込むことができるとは限りません。自然に関係が発展するのを待っても良いでしょう。
  4. 4
    決断に自信を持つ 一度心を決めたのであれば、ぶれないようにしましょう。自分で約束を破ってしまえば、2人双方の信頼を失い、噂も広まります。2人の女性の間を行き来したりしないよう注意しましょう。そのような行動をとってしまうと2人を同時に失い、振出しに戻ってしまいます。決心を翻すのは、それが正しいという確信が持てる場合にのみにしましょう。行動は言葉以上に雄弁だという格言もあります。慎重になりましょう。
    広告

ポイント

  • 2人とも選ぶということはできません。関係がもつれます。
  • この記事で紹介した手順に納得できない場合は、自分との共通点がより多い女性を選びましょう。
  • すでに決断をしていて、誤った選択をしてしまったと悟っている時は、間違いを正しましょう。ある程度の時間と努力を要しますが、結果的に良かったと思えるでしょう。
  • 女性には皆、個性があります。恋愛のテクニックにひっかかる人もいれば、そうでない人もいます。
  • 就寝時、横になりながらそれぞれの女性のことを考え笑顔を思い浮かべてみましょう。眠りに落ちる前に考えていた方の女性を選びましょう。笑顔が思い出せない場合は、もう一度試してみましょう。
  • 慎重に検討し、焦って決断をしないよう注意しましょう。
  • 一緒にいて、より居心地よく感じられる女性を選びましょう。
  • 一度心を決めたら、それを貫くようにしましょう。一方の女性を選べば、仮にそれが誤った決断だったとしても、もう一方の女性と改めて交際することは恐らくできないでしょう。時間をかけて真剣に考えましょう。
  • 決めようとしてストレスを抱え込まないようにしましょう。悩んでいる様子が相手に伝わってしまいます。
  • 自分と性格がより似ている女性を選びましょう。

広告

注意事項

  • 個性を探そうとして観察していることが悟られないよう注意しましょう。観察されていると分かったら、良いところを見せようとするでしょう。「本来の」要素を見極めることが肝心です。
  • 待っていても状況が自動的に解決することはありません。このような対処方法では2人の女性を同時に失うでしょう。
  • 別の女性に強い感情を抱きながら誰かと付き合うのは難しいものです。既存の交際が上手くいかなくなるかもしれません、
  • 浮気は禁物です。二股をかけて2人の女性両方と付き合おうとすると、相手を傷つけるだけでなく、あなたの評判が下がります。
  • 2人と同時に付き合うことができる可能性は低いでしょう。このような不誠実な行動をとると2人を同時に失うかもしれません。失うのは1人で良かったはずの場面で、無意味に2人を失ってしまわないようにしましょう。
  • 「君なしでは生きていけない」という気持ちを伝える場合は、笑われてしまわないよう真剣に伝えましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む86人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ:
このページは 200 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告