2台のルーターを接続する方法

2 方法:2つのルーターをイーサネットで接続する無線ルーターをブリッジ接続する

このガイドでは、2台のルーターを一緒に接続する方法をご紹介します。2台のルーターを接続することで、Wi-Fiやイーサネットを通して多くのパソコンやデバイスを接続でき、ワイヤレスネットワークの範囲を拡張できます。

1
2つのルーターをイーサネットで接続する

  1. 1
    メインのルーターを決める モデムに接続されるルーターになります。一般的に、新しくて機能が豊富なルーターをメインのルーターにするとよいでしょう。全く同じルーターが2つある場合は、どちらを選んでも構いません。
  2. 2
    補助ルーターを決める もともとのネットワークを拡張するルーターになります。たいていは、古い方のルーターを選ぶでしょう。LANとWANを接続するネットワークを構築する場合は、このルーターが副次的なネットワークをコントロールします(詳細は下記を参照)。
  3. 3
    両方のルーターをパソコンの近くに配置する 設定処理中、簡単に操作できるように、ルーターはパソコンの近くに置いておきましょう。ルーターは後ほど、きちんとした場所に設置できます。
  4. 4
    LANとLANの接続か、LANとWANの接続かを決める LAN(ローカルエリアネットワーク)とLANを接続する場合、ネットワークの規模を拡大し、接続可能なデバイスの台数を増やすことができます。ネットワーク上のデバイスは、他のデバイスとファイルやリソースを共有できます。LANとWAN(ワイドエリアネットワーク、広域ネットワーク)を接続する場合、メインのネットワーク(WAN)の中に、補助的なネットワーク(LAN)を構築します。これにより、小さい方のネットワークに接続しているデバイスに制限を設けることが可能になります。デメリットは、メインのネットワークとのファイルやリソースの共有ができないことです。
    • LANとWAN接続の設定では、補助的なネットワークだけDNSを変更することができ、アクセス可能なウェブサイトに影響を与えます。また、補助的なネットワークを設けることで、ハッカーによる接続デバイスへのアクセスが更に難しくなります。お子様のインターネットアクセスを監視し、コントロールしたい保護者には最適の方法です。
  5. 5
    メインのルーターをモデムに接続し、イーサネットでパソコンをルーターに接続する 普通にネットワークを設定する時と同じようにルーターの設定を行います。このルーターがインターネットへの接続を処理するため、1台のルーターを使用している時と同じように設定を行います。
    • ほとんどのルーターには、次のアドレスを入力することでアクセスできます。192.168.1.1192.168.2.1192.168.0.1
    • ルーターのIPアドレスとサブネットマスクをメモしておきましょう。IPアドレスは、ルーターの設定ページへアクセスする際に使用するものと同じものです。一般的なサブネットマスクは、255.255.255.0 です。
    • LANとWANのネットワークを構築している場合、メインのルーターのDHCPサービス(ネットワーク内のデバイスにIPアドレスを割り当てる機能)が、192.168.1.2 から 192.168.1.50 の間のアドレスを割り当てるように設定します。LANとLANのネットワークを構築している場合、DHCPの設定はデフォルトのままにしておきます。
    • 設定が完了したら、パソコンをルーターから切断します。
  6. 6
    補助ルーターにパソコンを接続する 設定ページを開いて、IPアドレスを変更します。LANとLANのネットワークを構築している場合、最後の1桁の数字を1増やす以外は、メインのルーターと一致させます(例えば、 192.168.1.1192.168.1.2 になります)。LANとWANのネットワークを構築している場合、最後から2桁目の数字を1増やす以外は、メインのルーターと一致させます(例えば、 192.168.1.1192.168.2.1 になります)。サブネットマスクは、メインのルーターと同じになるようにしましょう。
    • LANとWANのネットワークを構築している場合、補助ルーターのWAN IPアドレスを 192.168.1.51 に変更しましょう。
    • UPnP(ユニバーサル・プラグアンドプレイ)のオプションがルーターに付いている場合、補助ルーターではUPnPを無効化しましょう。
  7. 7
    補助ルーターのDHCPサーバーを設定する LANとLANのネットワークを構築している場合、補助ルーターのDHCPサービスは止めておかなくてはなりません。LANとWANのネットワークを構築している場合、補助ルーターのDHCPサーバーは、192.168.2.2 から 192.168.2.50 の間のアドレスを割り当てるようになっている必要があります。[1]
  8. 8
    無線のチャンネルを変更する どちらのルーターも無線の場合、無線のチャンネルを手動で設定して、信号がお互いに干渉しないようにします。メインのルーターのチャンネルには1CHから6CHを、補助ルーターのチャンネルには11CHを割り当てます。
  9. 9
    ルーターを設置する すべての設定が終わり、ルーターを必要な場所に配置できるようになりました。2台のルーター間は、イーサネットケーブルで接続する必要があることを頭に入れておきましょう。他の部屋に届く必要がある場合は、イーサネットケーブルを壁に通すことができます。便宜上、メインのルータはモデムの近くに配置するとよいでしょう。
  10. 10
    2台のルーターを接続する イーサネットケーブルの一方の端をメインのルーターのLANポートに差し込みます。
    • LANとLANのネットワークを構築している場合は、もう片方の端を補助ルーターのLANポートへ差し込みます。
    • LANとWANのネットワークを構築している場合は、もう片方の端を補助ルーターのWANポートへ差し込みます。

2
無線ルーターをブリッジ接続する

  1. 1
    使用する機器に互換性があるかを確認する 2つのルーターを無線でブリッジ接続するためには、補助ルーターに、「ブリッジモード」もしくは「リピーターモード」が付いている必要があります。これは、市販されているルーターに付いている一般的な機能ではありません。お使いのルーターにブリッジモードが付いていない場合は、ファームウェアをDD-WRTに入れ替えて対応できるかもしれません。DD-WRTは、ブリッジモードを有効にできる、オープンソースの組み込みシステム用ファームウェアです。[2]
    • ルーターにブリッジモードが搭載されているかどうかは、ルーターの説明書を見るとわかります。また、ルーターの型番をオンラインで調べることもできるでしょう。
    • すべてのルーターがDD-WRTに対応しているわけではありません。DD-WRTのウェブサイトをチェックして、互換性のあるルーターのリストを確認しましょう。
  2. 2
    両方のルーターをパソコンの近くに配置する 設定処理中、ルーターとともに、モデムもすぐ手の届くところに置いておくと、設定が容易になります。設定が完了したあとで、ルーターはきちんとした場所に設置できます。
  3. 3
    メインのルーターを設定する メインのルーターをモデムに接続して、イーサネットでパソコンに接続します。無線ネットワークに対して通常行うような設定をします。ルーターのIPアドレス、DHCPの範囲、そしてサブネットマスクを書き留めておきましょう。
    • メインのルーターは、強力なアンテナを持ったルーターでなければいけません。強力なアンテナがあると、補助ルーターを離れた場所に設置できます。
    • 無線ネットワークの設定が終わったら、ルーターを切断しましょう。
  4. 4
    補助ルーターの設定ページを開く 補助ルーターをイーサネットケーブルでパソコンに接続し、設定ページを開きましょう。モデムに接続する必要はありません。ログインしたら、「インターネット」もしくは「無線(ワイヤレス)」設定ページを探しましょう。
  5. 5
    ブリッジモードを有効にする 無線の設定ページ上にある「接続モード」、「無線モード」または「接続タイプ」メニューで、「ブリッジモード」もしくは「リピーターモード」を選択しましょう。DD-WRTを使用している場合は、「リピーターブリッジ」を選択しましょう。[3] 前述のオプションを選択するメニューがない場合、お使いのルーターはおそらくブリッジ接続に対応していません。
  6. 6
    補助ルーターのIPアドレスを指定する メインのルーターで設定した範囲内のIPアドレスを入力します。例えば、メインのルータのIPアドレスが192.168.1.1である場合、192.168.1.50、もしくはメインのルータのDHCP範囲内のIPアドレスを入力しましょう。
    • サブネットマスクは、メインのルーターと全く同じ値にしましょう。
  7. 7
    独自のSSIDを入力する 独自のSSIDを設定することで、ネットワーク上のどちらのルーターに接続しているかを把握できます。例えば、メインのルーターのSSIDを「Den(書斎)」、「補助ルーターのSSIDを「LivingRoom(居間)」としてもよいでしょう。
    • セキュリティのタイプ(WEP、WPA、WPA2)とパスワードは同じものを設定するようにしましょう。
  8. 8
    補助ルーターを配置する 補助ルーターの設定が完了したら、電波を中継したい場所に配置できます。良い接続状態を保つためには、メインのルーターの電波強度が最低でも50%程度の場所に配置しなければなりません。

記事の情報

カテゴリ: インターネット | ネットワーク

他言語版:

English: Connect Two Routers, Español: conectar dos routers, Português: Conectar Dois Roteadores, Italiano: Collegare Due Router, Deutsch: Zwei Router mit einander verbinden, Русский: соединить два роутера, Français: connecter deux routeurs ensemble, 中文: 连接两个路由器, Bahasa Indonesia: Menghubungkan Dua Router, Nederlands: Twee routers met elkaar verbinden, العربية: توصيل جهازيّ راوتر, हिन्दी: किन्हीं दो राउटर्स (Routers) को जोड़ें, Čeština: Jak propojit dva routery, Tiếng Việt: Kết nối hai bộ định tuyến, 한국어: 공유기 두 대 연결하는 법, ไทย: เชื่อมต่อเราเตอร์ 2 เครื่อง

このページは 1,204 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?