PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

年齢によって肌の状態は変わっていきます。20代の肌には10代の頃とは別の悩みがあるかもしれません。また、「お肌の曲がり角」と言われるように、20代後半頃に肌の転換期を感じる女性が増えるようです。20代女性によくある悩みは、大人ニキビ、毛穴の開きや黒ずみ、乾燥の3つです[1] 。毎日の洗顔と保湿をきちんと行ったうえで、それぞれの悩みに対処しましょう。

パート 1
パート 1 の 4:
きちんと洗顔・保湿する

  1. 1
    メイクを落とす 必ずその日のうちにメイクを落としましょう。帰宅後すぐにクレンジングするのはよい習慣ですが、入浴時に再び洗顔すると洗いすぎになって乾燥の原因になりかねないため、注意しましょう[2]
    • 洗顔は1日2回までにしましょう。洗顔回数が多すぎると、必要な油分が失われて肌荒れの原因になることがあります。また、冷たい水では汚れをきれいに落とせず、熱すぎるお湯では肌が乾燥して肌荒れの原因になることがあるため、必ずぬるま湯で洗いましょう。
  2. 2
    泡で洗う 洗顔料をよく泡立て、フワフワの泡を作りましょう。洗顔ネットを使用すると簡単です。まず、おでこと鼻(Tゾーン)に泡を乗せて泡で洗い、次におでこの生え際とこめかみまで洗いましょう。次に頬とあごを洗い、最後にデリケートな目の周りを洗いましょう。
    • フワフワの泡を垂直に押さえるようにして洗います。左右に強くこすらないようにしましょう。
    • なるべく短時間で洗い、泡を肌に乗せたら30~40秒で洗い流します[3]
  3. 3
    洗い流す ぬるま湯でよくすすぎましょう。このときも顔をゴシゴシこするのではなく、手のひらにすくったお湯を顔にかけるようにします。
    • すすぎは1分を目安に丁寧に行いましょう[4]
    • 生え際やこめかみ、目頭に洗顔料が残っていると、肌荒れの原因になることがあります[5]
  4. 4
    保湿する 洗顔後の水気をタオルで拭き取ったら、化粧水をたっぷりつけましょう。次に、乳液やクリームを肌質に合わせて使いましょう。必要に応じて美容液を加えてもよいでしょう。
    • 洗顔後すぐ保湿しましょう。時間がたつと肌が乾燥して、肌トラブルの原因になる場合があります[6]
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
大人ニキビをケアする

  1. 1
    大人ニキビの特徴を知る 10代から20代前半にできる「思春期ニキビ」と20代以降の「大人ニキビ」は特徴が異なります。思春期ニキビが過剰な皮脂分泌が主な原因である一方、大人ニキビは乾燥、生理周期、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが原因になることが多いと言われています[7] 。また、思春期ニキビがおでこを含む顔全体に発生するのに対し、大人ニキビは頬や口の周り、あごによくできます。
    • できてしまったニキビは適切に処置しましょう。炎症を起こしたり痛みが生じたりした場合は皮膚科を受診しましょう。
  2. 2
    洗顔と保湿を行う 皮脂を落とすため洗顔しすぎると顔の必要な油分や水分が失われ、ニキビを悪化させることがあります。上記のステップの洗顔を行い、ニキビ肌用保湿剤で潤いを与えましょう[8]
    • 「ノンコメドジェニックテスト済み」表記のある低刺激性の保湿剤を使いましょう。
    • ニキビを触ったり潰したりしてはいけません。ニキビのできている部分はメイクを避けましょう。
  3. 3
    食事で大人ニキビを防ぐ 食事内容を見直しましょう。乾燥対策にはセラミドを含むこんにゃく、ブロッコリー、小麦胚芽を、肌のターンオーバーを整え、化膿や炎症を防ぐにはビタミンAを含むうなぎ、にんじん、かぼちゃを、皮脂分泌の調節にはビタミンB2、ビタミンB6を含むレバー(豚・牛)やローヤルゼリーを、ストレスによるバリア機能の低下を防ぐためにはビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCを積極的に摂取し、糖質・脂質の摂取を控えめにするとよいと言われています[9]
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
毛穴の開き・黒ずみをケアする

  1. 1
    毛穴の開き・黒ずみの原因を知る 毛穴の開きの主な原因は皮脂の過剰分泌ですが、これは思春期から増え始め、20代前半がピークと言われています。気温の上昇や食生活の偏り、肌の乾燥も過剰な皮脂分泌を引き起こすことがあります[10] 。そして、広がった毛穴に汚れや皮脂がたまって酸化したものが黒ずみとして現れます。
  2. 2
    毛穴の黒ずみを除去する メイクは必ずその日のうちに落とし、泡で洗顔します。さらに気になる場合は市販の毛穴ケア製品やパック、または洗顔料やパックを自作して使用してみてもよいでしょう。
  3. 3
    毛穴の開きを防ぐ 基本の洗顔・保湿を行いながら、収れん化粧水で肌を引き締めましょう。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
乾燥をケアする

  1. 1
    肌の乾燥の原因を知る 肌の乾燥とはバリア機能が低下している状態です。季節の変わり目や湿度が低いときばかりでなく、年齢的な要因や食生活の偏りもバリア機能の乱れにつながります。
    • 一般的に「お肌の曲がり角」と言われる20代後半には肌の潤いや弾力を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生産量が減少します[11]
  2. 2
    保湿する 基本の洗顔後、すぐ保湿をしましょう。また、肌を乾燥させないために生活環境や食事を改善しましょう
    • 保湿対策のパックを週1~2回のペースで継続して行うとよいでしょう[12]
  3. 3
    乾燥対策を取る 乾燥した季節には、室内の乾燥対策を取りましょう。自宅に加湿器があれば結構ですが、なければコップに水を入れて置いておいたり、室内に洗濯物を干したりしても効果があります[13] 。また、職場や外出先が乾燥している場合は、ミスト化粧水を携行するとよいでしょう。ミスト化粧水は化粧品売り場やドラッグストアなどで購入できます。
    広告

ポイント

  • 20代のうちから美白ケアを行い、紫外線防止を心がけて、将来のシミを予防しましょう。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 240 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告