PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

3つ折りパンフレットは、1枚の紙に多くの情報をまとめたい時にとても便利です。3つ折りのパンフレットを作るのは物凄く簡単で、一度折り方を覚えてしまえば、Z折りなど別の折り方にも応用できます。

方法 1 の 3:
パンフレットを折る

  1. 1
    220mm×280mmの紙を用意する パンフレットを印刷する場合は、まずパソコンでデザインして印刷しましょう。デザインの仕方はここから確認できます。手書きで文章や絵を加えたい人は、紙を用意して先へ読み進みましょう。
    • カードストック等の厚紙だと見栄えが良くなりますが、画用紙やプリント用紙など他の紙を使用しても構いません。
  2. 2
    紙を平らな場所に横向きに置く 短い方の辺が左右にきているか、長い方の辺が自分の方を向いているか確認しましょう。既にパンフレットの中身を書いてある場合は、内側にしたい方の面を表に向けます。
  3. 3
    鉛筆と定規を使用して紙を3等分する 定規を上の辺に合わせ、紙の端に2つ印を付けます。1つ目の印を辺の1/3部分に、2つ目の印を2/3部分に付けましょう。[1]
    • 目分量で測っても構いませんが、正確に測りたい人は28cmの1/3を電卓で計算しましょう。[2]
    • 2つ目の印を数㎜右寄りにすると、右側の面が少しだけ細くなり、折りやすくなります。[3]
  4. 4
    印をもとにして紙の右側を中央に向けて折る 鉛筆で付けた印をもとに、ゆっくりと紙の右側を1/3折り曲げます。重なった部分の上下の辺が揃っているか確認し、爪でなぞって折り目をしっかりとつけましょう。[4]
    • 正確に1/3、2/3地点に印を付けた場合は、紙の端が1つ目の印にぴったり合うはずです。
    • 2つ目の印を少し右側に付けた場合には、紙の端は1つ目の印に完全には届きません。
  5. 5
    同じ工程を左側にも繰り返す 印をもとに、左側を紙の中央を過ぎたあたりまで折ります。紙の端が右側の折り目と揃うようにしましょう。折り目をつけたら、爪を使いしっかり跡を付けましょう。
  6. 6
    折り目をもう1度しっかりと付けて平らにしたら、鉛筆の印を消す 爪を使って上から下まで左右の折り目にしっかりと跡を付けます。パンフレットを広げ、鉛筆で付けた印を消しましょう。
  7. 7
    好きなようにパンフレットを完成させる 左側の表面を表紙にする人が多くいますが、右側を表紙にしても問題ありません。パンフレットを閉じる際は、表紙にしたい面が一番上にくるように、その面を最後に折りましょう。
    広告

方法 2 の 3:
パンフレットのデザインをデジタル制作する

  1. 1
    横向きの3段組みの文書を新しく作成する  文書編集ソフトで新しい文書を開きます。紙の向きを横に設定し、3段組みを設定しましょう。余白を含む1つの段が1つの面になります。[5]
    • 紙のサイズが220mm×280mmに設定されているか確認しましょう。
    • 使用している文書編集ソフトによって仕様も変わります。ソフトのヘルプ機能やマニュアルを参照しましょう。
    • また、使用しているソフトに3つ折りパンフレットのテンプレートが入っているか探してみましょう。
  2. 2
    左右の面どちらをパンフレットの内側にするか選ぶ 3つ折りパンフレットは、左、中央、右の3つの面で構成され、左右の面は折り重なります。左右どちらの面を内側にするかは好みで選びましょう。
    • 左側を先に折れば左側が、右側を先に折れば右側が内側の面になります。
  3. 3
    内側になる面を他の面よりも細くする 紙は折るとかさばります。1つの面を細くしておかないと、折っても平らになりません。左右片方の面の幅を92mmに、他の2つの面は94mmに設定しましょう。[6]
    • ソフトによっては設定で段の幅を変更できます。設定機能が見当たらない人はページ上部にあるルーラーのマーカーを動かしましょう。
  4. 4
    パンフレットの裏面用に2つ目のページを加える パンフレットは、表3面、裏3面、全部で6面で構成されます。6面全てに何か載せても構いませんし、裏の中央、面5を空白にしても問題ありません。[7]
    • 面1、2、3 は表に、面4、5、6は裏に印刷されます。
    • 新しいページの加え方はソフトによって変わります。一般的には、最後の段の一番下までいくと改ページができるようになっています。
  5. 5
    段の間隔を2倍にする 一見問題ないように見える6.4mmの間隔でも、パンフレットを折りたたむと片面3.2mmに縮んでしまいます。それでは狭すぎると感じるかもしれません。作りたい余白の幅を決めたら、その数値を倍にし、それに合わせて段の間隔の設定を調整しましょう。[8]
    • 使用している文書編集ソフトによって余白の調節方法は変わります。多くの場合、ツールバーに「段組み」というボタンが表示されています。使用ソフトの使い方マニュアルを参照しましょう。
  6. 6
    好きなように文章と画像をパンフレットに加える パンフレットが折られた時にどう見えるかを考えましょう。面1、2、3はパンフレットの内側となり、開かないと見えない部分です。面5は裏の真ん中、面4と6は折られて重なる部分です。一番上にもってくる面が表紙になります。[9]
    • 面4または面6を表紙にすることができます。
  7. 7
    パンフレットを印刷する まずは表面を印刷し、同じ紙の裏に裏面を印刷します。前面給紙のプリンターであれば、紙を裏返して白紙面が上を向くようにセットします。背面給紙の場合は、印刷した表面を上にしてそのまま給紙トレイにセットしましょう。
    • パンフレットを複数枚印刷する場合は、原本をコピーすると印刷時間が短縮できます。両面コピーの設定になっているか確認しましょう。
    • 冊子印刷が設定できるプリンターであれば、ぜひ利用しましょう。
  8. 8
    パンフレットの形に紙を折る 面1、2、3を表にして紙を置きます。幅の小さい面を初めに折り、その上に外側の面を折り重ねます。外側の面の端と内側に折った面の折り目が揃っていることを確かめましょう。爪を使って折り目をしっかりと、きれいに付けます。
    • 詳しくは、1つ前に紹介した手順を参考にしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
他の種類の3つ折りパンフレットを作る

  1. 1
    紙の両端を折り重ねて基本の3つ折りパンフレットを作る 紙は横向きにし、左右の部分が完全に重なり合うように中央に向かって折ります。紙の端と折り目が揃っているか確認したら、折り目を付けます。爪を使って折り目をしっかりと付けましょう。
  2. 2
    3つ折りパンフレットをZ折りパンフレットに変形させる まず基本の3つ折りパンフレットを作りますが、このとき3つの面は全て同じ幅にします。次に左右どちらかの面を、前ではなく後ろに折りましょう。パンフレットを上から見てみると、Zの形であることがわかります。[10]
  3. 3
    両端を中央に折って観音折りパンフレットを作る 紙を横向きにし、まず中央を見つけます。そして両端を中央に向かって折りましょう。左右に2つの面、そして真ん中に大きな面が1つできたら完成です。[11]
    広告

ポイント

  • 1枚だけ印刷し、残りはコピーをするとインクが節約できます。
  • 厚めの紙は普通のプリント用紙に比べて見栄えも強度も高くなります。事務用品店などでプリント用紙の近くを探してみましょう。
  • 完成品を作る前に、試し印刷や折る練習をしましょう。
  • 印刷の質には妥協せず、できる限りいいものを使いましょう。より質を高めたい人は、印刷所に頼むこともできます。
広告

必要なもの

パンフレットを折る

  • 220mm×280mmの紙
  • 定規
  • 鉛筆
  • 電卓(必要に応じて)

パンフレットのデザインをデジタル制作する

  • 220mm×280mmの紙
  • パソコン
  • 文書編集ソフト
  • プリンター
  • 電卓(必要に応じて)

他の種類の3つ折りパンフレットを作る

  • 220mm×280mmの紙

関連記事

自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船ガムを膨らませる
プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船を膨らませる
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
プラスチックに塗装する
タッチペンを手作りする
革を染める
息を長く止める息を長く止める
六角形を描く六角形を描く
数独の問題を解く数独の問題を解く
貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す
プラスチックを溶かすプラスチックを溶かす
アルミ風船を膨らませる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 趣味・DIY
記事のサマリーX

パンフレットを3つ折りにするには、まず、パンフレットの表紙となる面が左の裏側に来るように、紙を横向きに置きます。次に、定規を使って紙を3等分し、鉛筆で紙の上部にそれぞれ印をつけます。紙の右端を左側の印まで持っていき、折り目をつけます。次に、紙の左端を右端に揃えて、折り目をつけます。最後に、紙の上部につけた鉛筆の印を消しましょう。 デジタルチラシの作り方やZ折りパンフレット、観音折りパンフレットを折る方法については、記事を読み進めましょう!

このページは 304 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告