角を作るときに難しいことのひとつは、それを直角にすることです。部屋を作るときには、完璧な直角ではなくてもできる限り90°に近くなるようにしたいものです。そうしないとタイルやカーペットなどが、片側から反対側へと著しくおかしくなってしまうでしょう。この3:4:5の法則を使うと計画通りに部品を組み立てられるため、規模の小さいDYIプロジェクトなどにも役立ちます。

方法 1 の 1:
3:4:5の法則を使う

  1. 1
    3:4:5の法則を理解しましょう。これは、三角形の三辺が3、4、5センチメートル(または別の単位)のとき、短い2辺の間の角が90°になるというものです。角にこの三角形を見出すことができれば、その角が直角であるとわかります。これは幾何学のピタゴラスの定理、A2 + B2 = C2が直角三角形になることに基づいています。Cが最も長い辺(斜辺)で、AとBは短い2辺(底辺と高さ)となります。
    • 3:4:5は小さい整数なので計測にとても便利です。計算してみると次のようになります。32 + 42 = 9 + 16 = 25 = 52.
  2. 2
    角の一辺の上で3の長さを測ります。メートルでもフィートでも、好きな単位を使いましょう。3の終わりに印を付けます。
    • それぞれの数字は同じ数で何倍かにしても使えます。メートル法であれば30、40、50センチメートルを使ってみましょう。より大きな部屋であれば6、8、10または9、12、15メートルまたはフィートが使えるでしょう。[1]
  3. 3
    反対側に4の長さを測ります。先ほどと同じ単位を使って、最初の辺と90°になるように2つめの辺を測ります。4の長さとして印を付けます。[2]
  4. 4
    2つの印の間の距離を測ります。距離が5であれば、その角は直角だということです。[3]
    • 距離が5よりも短い場合は90°よりも狭いということになります。2辺を離しましょう。
    • 距離が5よりも長い場合は90°よりも広いということになります。2辺を近づけましょう。目安としてさしがねを使ってもよいでしょう。
    • 1つの角を直角にすることができたら、他の3つの角も直角であることを確認しましょう。
    広告

ポイント

  • 工具のさしがねは測定するものに対して小さすぎて正確に測るのが難しいことがあるので、この方法を使った方が正確にできる場合があります。
  • 単位が大きければ大きいほど、正確な直角を作ることができます。[4]
広告

必要なもの

  • メジャーテープ
  • 鉛筆

関連記事

アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
コオロギを駆除するコオロギを駆除する
寝ている間の虫刺されを防ぐ寝ている間の虫刺されを防ぐ
台所のアリを駆除する台所のアリを駆除する
プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
ツタを取り除くツタを取り除く
池の藻を除去する池の藻を除去する
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
木に防水加工をする木に防水加工をする
ヒューズをチェックするヒューズをチェックする
ノミトラップを作るノミトラップを作る
革製品の臭いを取り除く革製品の臭いを取り除く
広告

このwikiHow記事について

Mark Spelman
共著者 ::
建設業者
この記事の共著者 : Mark Spelman. マーク・スペルマンはテキサス州オースティンに住む総合建築業者です。内装、プロジェクト管理、プロジェクト見積もりを専門とし、1987年より30年以上建築の仕事に携わっています。
このページは 199 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告