5年計画を立てる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:分野を選ぶ目標リストを作成するリストに取り組む7 出典

人生の目標を達成するには、注意深く練った細かな計画がないと困難です。あまりにも先の将来のことを考えるのは、大変だし面倒だと思うかもしれませんが、長期的な目標を一連の細かなステップに分ける方法を身に付ければ、大きな目標も管理しやすくなります。5年計画として相応しい分野の目標を適切に選び、計画案を作成したら、目標リストに取り組み始めましょう。

パート 1
分野を選ぶ

  1. 1
    自分をどう変化させたいのか考える 5年計画の対象となるテーマは実に様々で、その人の性格や人生に何を求めているのかによって異なります。何が自分の人生を楽にするのか、何が自分をもっと幸せにするのかを考えましょう。[1]
    • 5年後の自分を思い浮かべましょう。どこに住んで、何をしているでしょうか?
    • 既に十分幸せで自分の人生に満足しており、今の生活を続けていくことを今後の5年計画にしたいという人もいるでしょう。その場合は、満足な今の生活を続けていくために必要となるものについて掘り下げて考えてみましょう。

    ポイント: できる限り自分に正直になって考えることが必要です。何が自分に期待されているかではなく、何が本当に自分を幸せにするかについて考えましょう。

  2. 2
    個人的な目標を考える 個人的な目標とは、自分の人生をどう変化させたいかを示すものです。自分の在り方、今やっていることに満足していますか?自分をどのように変えたいですか?恋愛関係においてもっと積極的になる、趣味としてバンジョーを始める等何でも良いのです。今後数年間、自由な時間をどんな風に過ごしたいですか?自分をどの様に向上させたいですか?5年間で達成したい個人的な目標の例として、以下のようなものが挙げられます。[2]
    • 小説を書き始める
    • テレビを観る時間を減らす
    • 禁煙する
    • バンドを始める
    • 運動する時間を増やす
  3. 3
    経済的な目標を考える 経済的な安定を確保するためにこれからの5年間をどう使いますか?希望する分野の仕事に就くにはどんなステップを踏めば良いでしょうか。まだ就職する年齢に至らない若者であっても、仕事から何を得たいか今のうちから考えておけば、次に何をすべきかが見つけやすくなります。経済的な目標の例として以下のようなものがあります。[3]
    • 貯金を殖やす
    • 大学院で学位を取得する
    • 昇進を願い出る
    • 確定拠出年金(401k)に加入する
    • 新しい仕事を見つける
  4. 4
    余暇の目標を考える これからの数年間でやり遂げたい余暇についても、時間をとって考えてみましょう。どこに旅行に行きたいですか?5年以内に何を成し遂げたいですか?余暇の目標には次のようなものが含まれます。[4]
    • スカイダイビングに最低1回は挑戦する
    • ブラインドデート(まだ会ったことのない男女が第三者の仲介の下に行うデート)をする
    • 富士山に登る
    • 海外旅行をする
    • 音楽フェスティバルに参加する
  5. 5
    家族の目標を考える 結婚している人は家族に関する目標を考えてみましょう。家族と共に、または家族のために何を達成したいですか?結婚を意識している相手がいる人は、家族に関する計画を考えてみましょう。将来に向けて今始められることは何でしょうか。家族の目標には次のようなものがあります。[5]
    • 子供を作る
    • 子供の教育のために貯金する
    • 子供を学校に入学させる
    • 家を増設する
    • 大きめの家に引っ越す
    • 家族旅行に出かける

パート 2
目標リストを作成する

  1. 1
    できるだけ具体的に書く 例えば、「今よりも良い人になる」と5年計画リストに書いても、どうすればそれが達成できるか定義しにくいため、何をしたら良いのかが見えてきません。そうではなくて、現実的な方法で達成できる目標、あるいは達成に必要な手順を見つけやすい目標を具体的に書くようにします。できるだけ具体的にすることで、達成できる可能性が高まります。[6]
  2. 2
    各リストの中で最重要事項を明らかにする カテゴリー毎に、今の時点で最も重要だと思われる目標を特定します。数は少なめに抑えるのが良いでしょう。焦点を絞り、それらに付帯するサブ目標を具体的に考える必要があるからです。
    • 各リストの空白部分に、目標ごとにA、B、Cのいずれかを表記します。重要度が最も高く、一番達成したい、または達成する必要がある目標にはAを表記します。達成できたら良いけれど、どうしても達成したい、または達成する必要がある訳ではない目標にはCを表記します。それらの中間にある目標にはBを表記します。目標の優先順位を知るには、できる限り自分に正直であることです。

    ポイント: 目標リストを、達成までに要する時間の長さを基準に並べるという方法もあります。例えばリストの中に、「きちんとした生活をする」という目標と「イタリア語を話せるようになる」という目標とがあるとしたら、前者は、達成に向けて来週にでも大きな一歩を踏み出すことができる一方で、後者は、達成までかなりの時間を要する可能性があります。

  3. 3
    目標ごとに個別のリストを作る 5年計画の最重要事項を特定したら、別の紙を用意するか、パソコン上であれば新規のワード文書を開きます。目標が複雑な場合は特に、個別にじっくりと時間をかけて詳細を検討する必要があります。
    • 目標リストの中で、例えば「大学院で学位を取得する」という目標を重要事項として特定したとしたら、それに関する個別のリストを作りましょう。「きちんとした生活をする」のような単純な目標であっても、できるだけの関心を注いで対処することが重要です。
  4. 4
    重要な目標に付帯するサブ目標を定める 「きちんとした生活をする」あるいは「大学院で学位を取得する」という長期的な目標を達成するには何が必要ですか?そうした目標が現実味を帯びるために必要なものは何でしょうか?
    • 目標を現実化するために必要なものをはっきりさせるには、少し調べてみる必要があるかもしれません。
  5. 5
    年ごとの目標を書き出す サブ目標を設定したらそれらを年ごとに分けます。そうすることで、長期的な目標を達成しやすい一連の短期的目標に書き換えて、時系列に並べることができます。目標達成に近づくために今後1年以内になすべきこと、2年目になすべきこと、長期的目標の達成に向けて今日できることに分けてみましょう。[7]

    ポイント: 目標によっては時間を逆算して考えると取り組みやすいかもしれません。5年後の理想の自分を思い浮かべ、そうなるために必要なものを考えてみましょう。修士以上の学位を取得して良い仕事に就く、そしてどこかの自然豊かな場所に住居を構える自分を想像したなら、その自己像に到達する直前にはどうなっているべきか、その前年には何をしているべきか等を考えましょう。

  6. 6
    焦点を絞る リストをできる限り具体的に書いたら、それを細分化して管理しやすいようにしましょう。どこまで細分化するかは、リスト中の目標にどれくらいのサブ目標を加える必要があるか、そして、その5年計画がどれ程の指針を必要としているかによります。今後5年以内に学位を取得したいのなら、今年の末までに何を成し遂げたいですか?目標達成に近づくために今週末までに終わらせられることは何ですか?今、何ができますか?

パート 3
リストに取り組む

  1. 1
    現実的な期限を設ける 目標を成し遂げるための具体的な期間を設定しましょう。ボストンマラソンに参加したいのなら、早急に達成しようとするよりも1、2年くらいの期間を設ける必要があるかもしれません。
    • やる気を保つ方法を見つけましょう。今取り組もうとしているのは長期的な目標です。大きな目標を小さくて達成可能なレベルまで細分化する作業を続けましょう。小さな目標を設定してそれらを達成する計画を立てましょう。
  2. 2
    達成できた目標は線引きして消す 目標に近づいている事実を目で見て確認することの重要性を侮ってはいけません。見やすい場所に5年計画のリストを張り付け、達成できた目標を線で消していきましょう。そうすれば、達成したという事実を目で見て確認することができます。

    ポイント: 何かを成し遂げる度に少し時間をとってお祝いしましょう。人生の目標達成まで近づいてきているのですから、何か特別なものを自分にご褒美として与えましょう。外食する、お酒を飲む、スパに行く等、自分のための時間を作りましょう。

  3. 3
    新たな目標が浮上したら関心を払う 5年計画は変動する可能性があります。例えば、求人市場は劇的かつ急速に変化し得るものですが、キャリアを積めば積むほど、そうした中で何が必要とされているかが分かってくるでしょう。また、数年前は、5年後に弁護士として就職することは容易に思えたけれど、法科大学院に進んだ後に、本当に必要なことが以前よりも分かるようになったということもあるでしょう。
    • こうした新たな見解や目標を考慮に入れるために、目標リストは定期的に修正しましょう。新たな情報を取り込むためには5年計画を見直すことが必要です。これは、計画を達成できなかったという意味ではなく、より多くのことを学んでいる過程の最中にいて目標に近づいている印です。
  4. 4
    仕事の面接に備えて、将来の目標の重要部分を覚えておく 5年計画を立てることには意外なメリットもあります。仕事の面接の際、面接官から今後の目標について尋ねられることはよくあります。その時しっかりとした答えがあり、それについて具体的に説明できれば、明確な目標を持ちその達成に向けて精力的かつ計画的に頑張っている自分を大いにアピールすることができます。まさに今面接を受けているその仕事に就くことも自分の目標のひとつであると話に組み込めば、候補者としての好感度を上げることができるでしょう。

ポイント

  • 目標を貫徹するためのポイントは、毎日その目標を「現在形」に書き換えて潜在意識に叩き込むことです。
  • 目標達成のための手段を新たに思いついたら、それを計画の中に上手く組み込められるか検討するために、主となる目標とその手段を見直しましょう。必要であれば、目標と手段を書き直しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 学び・コミュニケーション

他言語版:

English: Write a Five Year Plan, Español: redactar un plan para 5 años, Italiano: Scrivere un Piano Quinquennale, Русский: написать пятилетний план, Deutsch: Schreibe einen Fünf Jahres Plan, Français: écrire un plan sur cinq ans, Bahasa Indonesia: Menulis Rencana Lima Tahunan, Nederlands: Een vijfjarenplan schrijven, العربية: إعداد خطة خمسية لحياتك, Tiếng Việt: Viết bản kế hoạch năm năm, 中文: 列一个五年计划, ไทย: บรรลุเป้าหมายภายในห้าปี

このページは 172 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?