80年代は、特にファッションに関しては、間違いなく最も記憶に残る10年間でした。奇抜なレッグウォーマー、肩パッド入りのジャケット、ぴったりしたケミカルウォッシュのジーンズやネオンカラーの服を、誰が忘れることができるでしょうか?80年代ファッションが大好きで、フェームとフラッシュダンス、マドンナやジョージ・マイケル、ブラット・パックにブレックファスト・クラブの時代を再現したいなら、この記事を参考に始めてみましょう!

方法 1 の 3:
80年代レディースファッション

  1. 1
    肩パッド入りの服を探す 80年代に肩パッドの入っていないジャケット、ブラウス、ドレスを探すのは、ほとんど不可能なくらいでした。仮にあったとしても、おそらく自分の手で肩パッドを入れて、さらに重ねていたでしょう!肩パッドは角張った怒り肩のシルエットで、ビジネス向けの装いやイブニングドレスとして最適です。[1]
  2. 2
    オーバーサイズのトップスを探す オーバーサイズのトップスは、80年代には着ていない人はいないくらい人気がありました。ルーズな肩出しトレーナー、スパッツ(レギンス)の上に着るだぶだぶのTシャツ、また、派手なベルトでウエストを締めた色鮮やかなセーターなどを試してみましょう。オーバーサイズのトップスを探すのは簡単です。ただ大きめのサイズを選ぶか、メンズ売り場で探してみましょう![2]
    • 80年代風のベルトが見つからない場合は、自分で作ることもできます。
  3. 3
    スティラップパンツを履く スティラップパンツは、80年代ファッションの中でもかなり残念なトレンドでした。伸縮性のある生地で作られていて、足の裏に引っ掛ける「あぶみ」があり、パンツを下へ引っ張ると、脚の形が不恰好な三角形に見えます。けれども、80年代ファッションを極めたいのであれば、スティラップパンツは必須アイテムです!
  4. 4
    ミニスカートを履く ミニスカートは80年代ファッションの最先端になり、いまだに人気のアイテムです。80年代ファッションを本格的に着こなすには、ジーンズ、PVC(ポリ塩化ビニル)、コットン素材などのタイトスカートに、ルーズな肩出しTシャツ(裾はスカートの中へ)、さらにレッグウォーマーを合わせましょう。
  5. 5
    ジェリーサンダルできめる ジェリーサンダルは80年代ファッションの定番アイテムでした。素材はPVCでスタイルや色も幅広く、グリッターが加えられているものもあり、80年代の装いにぴったりです。安価で足元を明るくするジェリーサンダルの人気が、ここ数年復活してきているため、すぐに見つけることができるでしょう。[3]
    広告

方法 2 の 3:
80年代メンズファッション

  1. 1
    ケミカルウォッシュ・ジーンズを履く ケミカルウォッシュのジーンズは、男性にも女性にも大人気でした。漂白の跡、裂け目、穴あきなどのダメージ加工がされているジーンズは簡単に購入できますが、わずかな費用で自分で作ることもできます。スキニータイプやハイウエストのジーンズだと、かなり80年代風に近づくことができます!
  2. 2
    パラシュートパンツを試す タイトで光沢があり、長持ちする、パラシュートと同じ素材で作られたパンツです。色の種類も多く、たくさんのジッパーで装飾されているパラシュートパンツは、80年代の男性にとっては必須アイテムでした。残念ながら、最近の流行からは外れてしまったので、専門店やeBayなどのオンライン通販で自分だけのとっておきのパンツを探しましょう。[4]
  3. 3
    「Members Only」(メンバーズオンリー)のジャケットを手に入れる 「Members Only」のジャケットは、80年代「in-crowd」(排他的集団)だけが着用していた最先端を行くブランドのアイテムでした。コピー商品や偽物では受け入れられません。様々なスタイルがありましたが、最も人気があったのは、外側がポリコットン素材で、裏地はナイロン、袖と裾がリブ仕様になっているジャケットです。このブランドは今も健在ですが、真の80年代ファッション通なら、古着屋やオンライン通販で「Members Only」のビンテージを手に入れましょう。
  4. 4
    柄模様のセーターを着る カジュアルルックでは、派手な幾何学模様のダサいセーターを多くの人が好んで着ていました。かなり分厚く、角張ったセーターに、ハイウエストのデニムジーンズと真っ白なスニーカーを組み合わせるのが最高の着こなしです。
  5. 5
    プレッピースタイルに挑戦する 80年代ファッションの中でもより控えめなプレッピースタイルは、おしゃれで洗練された有名大学を目指す名門私立高校の学生に人気がありました。ケミカルウォッシュやネオンカラーの服は少なく、ポロシャツ、エレガントなパンツ、ローファーが多くなります。本格的な80年代ファッションを目指すなら、シャツの襟を立て、パステルカラーのセーターをさりげなく背中に羽織るのがポイントです。[5]
    広告

方法 3 の 3:
80年代風のヘアスタイル、メイク、アクセサリー

  1. 1
    ボリュームのあるヘアスタイル 80年代のヘアスタイルはとにかくボリュームが全てでした。より高く盛り、より幅広く、よりクレイジーにするほど良かったのです。美容室で80年代風のパーマをかけてもらいましょう。または、ヘアブローで逆毛を立て、ヘアスプレーをたっぷり使って、大きなボリュームを出しましょう!
  2. 2
    大ぶりのイヤリングをつける 大きいサイズのイヤリングは、80年代ファッションでは男性、女性の両方になくてはならないアイテムで、とにかく「大きいほど良い」というものでした。羽根、大ぶりの十字架、肩に届くくらいの巨大なフープイヤリングを探してみましょう。
  3. 3
    フィンガーレスグローブを着ける フィンガーレスグローグは80年代に大ヒットしました。奇抜なパンクロック風ファッションを着こなしたマドンナが火付け役と言っても良いでしょう。レースやレザーの2つが人気のある素材ですが、実際は何でも構いません。フィンガーレスグローブが見つからなければ、普通の手袋の指の部分を切れば、完璧な80年代グランジ風に見えるでしょう。
  4. 4
    レッグウォーマーを履いてみる ウール素材でネオンカラーのレッグウォーマーは、1980年代と映画フェームの代名詞とも言えるでしょう。レッグウォーマーとファンキーな80年代のフィットネスウェア、またはお気に入りのハイヒールとミニスカートを組み合わせてみましょう!
  5. 5
    色鮮やかなメイクをする 80年代のほとんどの女性は、メイクにおいては「ナチュラルさ」は好みませんでした。文字通り、濃いピンクのチーク、鮮やかなブルーやグリーンのアイシャドウを眉毛に届くまで描いていました。たっぷりとつけたブルーのマスカラとアイライナーを組み合わせれば、アイメイクは完璧です。フロスティーピンクのリップグロスか、青や赤の口紅をつければ、まるで80年代から飛び出してきたかのように見えるでしょう!
    広告

ポイント

  • 他にも、タイトなレザーパンツ、破れたスキニージーンズ、ダークなパンツ、カラフルなジーンズなどに人気がありました。
  • 80年代風のヘアスタイルにするなら、いつもとは反対側に髪を分け、ヘアアイロンでカールをして、かなりの量のヘアスプレーをかけます。次に逆毛を立てていきましょう!一番下か、下から二番目のレイヤーから始め、髪の根元から一番上のレイヤーまで逆毛を立てていきます。仕上げに再度ヘアスプレーをして完成です。
  • 肩が出るようにTシャツをカットし、ルーズなトップスにスパッツ(レギンス)を組み合わせれば、フラッシュダンスの主人公のようなスタイルになります。
  • オールインワンを着ましょう。様々な形とスタイルがあって誰にでも似合うはずです。
  • ウエストポーチをオールインワン、バギージーンズ、またはスポーティーな服などと合わせてみましょう。
  • サンバイザーはまさに80年代を代表する小物の1つです。
  • 80年代は奇抜で明るい色の服が多くありました。近所の古着屋へ出向いて、よく探してみましょう。ネオンカラー、黒のレース、または変わったタイプの服が見つけて、コンバースのスニーカーと合わせれば、80年代ファッションの完成です!
  • 派手なネオンカラーの「フィットネス」ウェアを着てみましょう。例えば、レッグウォーマー、スポーツブラ、だぶだぶのトップス、ショートパンツ、またはスパッツやシュシュ(スクランチー)などがあります。必ずネオンカラーを選びましょう。
  • サイドポニーテールをしましょう。シュシュをつけるのを忘れずに!

広告

注意事項

  • いつもとは違ったスタイルを面白半分で楽しむ程度にし、夢中になり過ぎないようにしましょう。
広告

必要なもの

  • ヘアスプレー
  • 逆毛を立てるクシ
  • 80年代風の服
  • コンバースのスニーカー
  • 派手なメイク
  • 口紅、リップグロス

関連記事

How to

翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける

How to

ブラジャーを外す

How to

Tバックショーツを履く

How to

バンダナを巻く

How to

香水を旅行用ボトルに詰め替える

How to

布がほつれないようにする

How to

画像から服を探す

How to

重曹とアルミ箔でシルバーを磨く

How to

時計のベルトのコマを外す

How to

Ray Banの偽物を見分ける

How to

テープを使って胸を大きく見せる

How to

絡まったネックレスをほどく

How to

男子を女装させる

How to

Gucciのベルトの偽物を見極める
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む40人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ファッション
このページは 338 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告