このwikiHowでは、特定のウェブサイトブラウザ、そしてモバイル端末で動作しているAdBlockを無効にする方法をご紹介します。

方法 1 の 3:
特定のウェブサイトでAdBlockを無効にする

  1. 1
    AdBlockがインストールされているブラウザを開く 定期的に訪問するウェブサイトに表示される広告が目障りでなければ、すべてのコンテンツへのアクセスを可能にするため、またはウェブサイトをサポートするために、そのウェブサイトに対するAdBlockを無効にしたいと考えることがあるかもしれません。この手続きは「ホワイトリストに追加する」と呼ばれます。
  2. 2
    ホワイトリストに追加したいウェブサイトにアクセスする まだウェブサイトにアクセスしていない場合には、ブラウザのアドレスバーにアドレスを入力してキーボードの Enterを押下します。
  3. 3
    AdBlockのアイコンをクリックする アイコンはブラウザの右上、アドレスバーの右横に表示されています。アイコンをクリックすると、AdBlockのオプションおよび設定の項目が表示されます。ここでプラグイン全体や現在表示しているウェブサイトに対しての設定を行うことができます。
    • Safariのデフォルト設定では、AdBlockのアイコンはブラウザのアドレスバーの左横に表示されます。
  4. 4
    「このドメイン上のページで稼働させない」をクリックする クリックすると、ブラウザに表示しているウェブサイトのすべてのページに対してAdBlockが無効になります。
    • AdBlock Plusでは「このサイトで有効」の項目をクリックします。項目名が「このサイトで無効」に変更されたら設定完了です。
  5. 5
    次に表示される画面で「除外」をクリックする 「AdBlockを以下に一致するページでは実行しない: website.name/*」 といったメッセージ画面が表示される場合があります。「website.name」は表示しているウェブサイトのドメイン名となります。この画面が表示されたら、スライダがバーの一番左にドラッグされていることを確認し、「除外」をクリックして続行します。
  6. 6
    「オプション」をクリックし、例外(広告ブロック対象外のウェブサイト)を管理する AdBlockのアイコンをクリックしてメニューを表示し、「オプション」をクリックして、AdBlockを無効にしたすべてのウェブサイトを閲覧および編集することができます。
    広告

方法 2 の 3:
ブラウザ全体のAdBlockを無効にする

  1. 1
    AdBlockを使用しているブラウザを開く AdBlockの機能を完全に停止するためには、使用しているすべてのブラウザでAdBlockを無効にする必要があります。幸いにも、どのブラウザでも似たような手順で達成できます。
  2. 2
    ブラウザの「アドオン」または「拡張機能」の項目を探す AdBlockはブラウザの標準機能の一部ではなく拡張機能です。よって、特定のメニューからオンとオフを切り替えます。このメニューは、主要なブラウザでは容易に見つけることができます。
    • Safari: 「Safari」(Mac)または「編集」(Windows)→「環境設定」→「拡張機能」
    • Chrome: メニューアイコン(画面右上の3本の横線)をクリック→「ツール」 →「拡張機能」
    • Opera: 「ツール」→「拡張機能」
    • Firefox: 「ツール」→「アドオン」
    • Microsoft Edge: 「設定など」(…)→「拡張機能」[1]
  3. 3
    拡張機能の一覧からAdBlockを探す 赤い背景の中央に白い手のひらが描かれたストップサインのアイコンです。見つけられなければ、ページの下部に表示されている「すべての拡張機能/アドオンを表示」をクリックします。
  4. 4
    AdBlockを一時停止する AdBlockを一時停止すれば、ブラウザに対する機能を完全に止めることができます。ただし、設定はブラウザごとに行う必要があり、各種ブラウザによってAdBlock一時停止のオプションの表示が異なります。[2]
    • Google Chrome: 「有効」のチェックボックスのチェックを外す。
    • Safari: 「"AdBlock"を有効にする」のチェックボックスのチェックを外す。
    • Firefox: AdBlockの横の「無効」をクリックする。
    • Opera: AdBlockを表示している画面内にある「無効」をクリックする。
    • Microsoft Edge: 「AdBlock」オプションを右クリックし、「無効」をクリックする。
  5. 5
    AdBlock完全に削除する AdBlockを永久に削除したければ、ひとつ前のステップのメニューで、「削除」またはごみ箱のマークをクリックします。これにより、ブラウザから完全に削除されます。AdBlockは無料であるため、再インストールしたければいつでもダウンロードできます。ただし、一般的に、拡張機能の削除は問題が生じて再インストールが(即座に)必要な場合にのみ行います。そうでない場合は、一時的に無効にするのが最も簡単な方法です。[3]
    広告

方法 3 の 3:
モバイル端末のAdBlockを無効にする

  1. 1
    スマートフォンの画面でAdBlockをタップして開く モバイル端末用のAdBlockは、通常はアプリケーションとして提供されているため、アプリストアからダウンロードする必要があります。AdBlockをダウンロードしていなければ、モバイル端末にはインストールされていないため、この方法を試す必要はありません。
    • モバイル端末の広告ブロック機能は最近開発されたもので、パソコンで可能となっている機能や操作の中にはモバイル端末では使用できないものもあります。
    • スマートフォンからアプリストアで「コンテンツブロッカー」または「広告ブロッカー」を検索し、インストールします。
  2. 2
    設定メニューを開く 「設定」アプリでモバイル版のAdBlockの有効/無効の切り替えができます。一覧の中からAdBlockを探して設定を行います。[4]
    • iPhoneでSafariに対応している広告ブロッカーをダウンロードできます。アプリストアからインストールし、「設定」→「Safari」→「コンテンツブロッカー」の順にタップして、広告ブロッカーの有効/無効を簡単に管理できます。[5]
  3. 3
    広告ブロッカーが機能していることを確認するために、インターネットプロバイダの設定をチェックする 残念ながら、AdBlockはパソコンで使用するよりもスマートフォンで使用する場合の方が少し複雑です。AdBlock(または他の広告ブロッカー)に広告をブロックする権限を与えるために、しばしば自分が使用しているブラウザに関する設定を行う必要があるでしょう。[6]
    広告

ポイント

  • ブラウザからAdBlockをアンインストールした後で再びインストールしたい場合は、開発者のウェブサイトから拡張機能を直接ダウンロードするか、またはブラウザの拡張機能の管理画面からダウンロードします。

広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

EMLファイルを開く

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

VCFファイルを開く

How to

Facebook Messengerでメッセージを削除する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

DLLファイルを開く

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する

How to

DVDプレーヤーを接続する

How to

コマンドプロンプトでファイルをコピーする

How to

2台のパソコンを接続する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は125,227回アクセスされました。
このページは 125,227 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告