PDFは主に業務で使用します。そのため、PDF自体やメタデータの情報を非表示にしたり削除することが重要になる場合があります。Adobe Acrobatでは、PDF文書の選択項目を簡単に選択して削除することが可能であり、「墨消し」という機能も使用できます。墨消し処理された項目は、黒色などで塗りつぶされて表示されます。なお、文書の作成者名やキーワード、著作権情報を含むメタデータなどの非表示情報は、ある特定の方法で削除する必要があります。また、Adobe Acrobatを使用するには、有料の会員登録が必要です。Adobe Acrobat Standardは月額1,380円で、Adobe Acrobat Proは月額1,580円になります。[1]

方法 1 の 5:
個別の選択項目を削除する

  1. 1
    Adobe Acrobatを開く Adobe Acrobatは暗赤色のアイコンで、角に輪っかのついた三角形のようなアイコンが描かれています。このアイコンをクリックして、Adobe Acrobatを開きましょう。Adobe Acrobatは、Windowsの[スタート]メニュー、またはMacのFinderにある[アプリケーション]フォルダから開くことができます。
  2. 2
    ファイルを開く Adobe AcrobatでPDFを開くには、以下の手順を使用します。
    • 右上のメニューバーにある[ファイル]をクリックします。
    • 「ファイル」の下のドロップダウンメニューにある[開く]をクリックします。
    • PDFを選択して、[開く]をクリックします。
      • その他には、PDFファイルを右クリックしてから、[プログラムから開く]を選択して、[Adobe Acrobat]を選択するという方法もあります。
  3. 3
    削除したい対象をクリックする すると、削除する項目を選択する画面が表示されます。ここでは、テキストボックスや画像などの対象が選択可能です。[2]
  4. 4
    Deleteを押す 選択項目が削除されます。
    • テキストボックス内の特定の文字を削除するには、墨消し処理したい文字をクリックしてカーソルを表示します。削除したい文字をクリックしてドラッグし、Deleteまたは Backspaceを押します。
  5. 5
    ファイルをクリックする 画面上部のメニューバーにあります。
  6. 6
    保存をクリックする 文書から選択項目が完全に削除されます。ファイル名には、「_Redacted」という接尾辞が追加されます。
    • 元の文書を上書きしないようにするには、[名前を付けて保存]をクリックして、文書を別の保存先に保存するか、別のファイル名で保存します。
    広告

方法 2 の 5:
ページを削除する

  1. 1
    Adobe Acrobatを開く デスクトップに保存されていることもありますが、パソコン内を検索しなければならない場合もあります。最も簡単な方法は、検索バーを使用することです。検索バーは、Windowsの場合は左下に、Macの場合は右上にあります。
  2. 2
    ファイルを開く 以下の手順を使用して、Adobe AcrobatでPDFを開きます。
    • 右上のメニューバーにある[ファイル]をクリックします。
    • [ファイル]の下のドロップダウンメニューにある[開く]をクリックします。
    • PDFを選択して、[開く]をクリックします。
      • その他には、PDFファイルを右クリックしてから、[プログラムから開く]を選択して、[Adobe Acrobat]を選択するという方法もあります。
  3. 3
    [ページ]アイコンをクリックする 画面左側のツールバーの上にある、2枚の用紙を重ねたようなアイコンのことです。
  4. 4
    削除したいページをクリックする 左側の列に並んでいるページの中から削除したいページをクリックして選択します。ページを複数選択するには、Ctrlを押しながら、削除したいページをすべて選択します。
  5. 5
    ごみ箱アイコンをクリックする 画面左側にある[ページ]の一覧にあります。
  6. 6
    ポップアップウィンドウでOKをクリックする 選択したページの削除が確定し、完全に削除されます。
  7. 7
    ファイルをクリックする 画面上部のメニューバーにあります。
  8. 8
    保存をクリックする 文書から選択項目が完全に削除されます。なお、ファイル名には「_Redacted」という接尾辞が追加されます。
    • 元の文書を上書きしないようにするには、[名前を付けて保存]をクリックして、文書を別の保存先に保存するか、別のファイル名で保存します。
    広告

方法 3 の 5:
墨消し処理を行う

  1. 1
    Adobe Acrobatを開く デスクトップに保存されていることもありますが、パソコン内を検索しなければならない場合もあります。最も簡単な方法は、検索バーを使用することです。検索バーは、Windowsの場合は左下に、Macの場合は右上にあります。
  2. 2
    ファイルを開く 以下の手順を使用して、Adobe AcrobatでPDFを開きます。
    • 右上のメニューバーにある[ファイル]をクリックします。
    • [ファイル]の下のドロップダウンメニューにある[開く]をクリックします。
    • PDFを選択して、[開く]をクリックします。
      • その他には、PDFファイルを右クリックしてから、[プログラムから開く]を選択して、[Adobe Acrobat]を選択するという方法もあります。
  3. 3
    ツールをクリックする 画面上部のサブメニューバーにあります。
  4. 4
    墨消しをクリックする ピンク色の蛍光ペンのようなツールのことで、[ツール]メニューの[保護と標準化]の下にあります。[3]
  5. 5
    墨消し処理したい項目を選択する 画像を含む文書のすべてが対象になります。以下の手順を使用して、墨消し処理したい対象を選択します。
    • 文字または画像をダブルクリックして選択します。
    • 行や段落、文書全体をクリック、ドラッグして選択します。
    • 複数の対象を選択する場合は、Ctrlを押しながら次の対象を選択します。
    • 墨消し処理をページ間で行いたい場合は、対象を右クリックして[複数ページにマークを繰り返す]を選択します(各ページの同じ位置に表示されるヘッダーやフッターなど)。
  6. 6
    適用をクリックする 画面上部のサブツールバーにあります。
  7. 7
    OKをクリックする 選択項目の墨消し処理が確定します。
    • 文書から非表示情報を削除したい場合は、ダイアログボックスで[はい]をクリックします。
  8. 8
    ファイルをクリックする 画面上部のメニューバーにあります。
  9. 9
    保存をクリックする 文書から選択項目が完全に削除されます。なお、ファイル名には「_Redacted」という接尾辞が追加されます。
    • 元の文書を上書きしないようにするには、[名前を付けて保存]をクリックして、文書を別の保存先に保存するか、別のファイル名で保存します。
    広告

方法 4 の 5:
検索ツールで墨消し処理を行う

  1. 1
    Adobe Acrobatを開く デスクトップに保存されていることもありますが、パソコン内を検索しなければならない場合もあります。最も簡単な方法は、検索バーを使用することです。検索バーは、Windowsの場合は左下に、Macの場合は右上にあります。
  2. 2
    ファイルを開く 以下の手順を使用して、Adobe AcrobatでPDFを開きます。
    • 右上のメニューバーにある[ファイル]をクリックします。
    • [ファイル]の下のドロップダウンメニューにある[開く]をクリックします。
    • PDFを選択して、[開く]をクリックします。
      • その他には、PDFファイルを右クリックしてから、[プログラムから開く]を選択して、[Adobe Acrobat]を選択するという方法もあります。
  3. 3
    ツールをクリックする 画面上部のサブメニューバーにあります。
  4. 4
    墨消しをクリックする ピンク色の蛍光ペンのようなツールのことで、[ツール]メニューの[保護と標準化]の下にあります。[4]
  5. 5
    墨消しとしてマークをクリックする サブツールバーにあります。
  6. 6
    テキストを検索をクリックする メニューバーが開いて、墨消し処理する文字を検索できるようになります。
  7. 7
    [現在の文書]または[以下の場所にあるすべてのPDF文書]のいずれかを選択する 現在の文書のみを検索するには、[現在の文書]の左側にあるラジオボタンをクリックします。複数のPDFを検索するには、[以下の場所にあるすべてのPDF文書]をクリックし、墨消し処理したいPDF(複数)を含むフォルダを下のドロップダウンメニューから選択します。
  8. 8
    [1つの語または句]、[複数の語句]、または[パターン]のいずれかを選択する 検索対象の左側にあるラジオボタンをクリックして、以下のいずれかの手順を実行します。
    • [1つの語または句]:下の検索バーに単語または検索する語句を入力します。
    • [複数の語句]:[単語を選択]をクリックしてから、メニューの上にあるバーに墨消し処理したい単語または語句を入力します。[追加]をクリックして、上のバーに新しい単語または語句を追加入力します。削除したい単語と語句の追加がすべて終了したら、[OK]をクリックします。
    • [パターン]:ドロップダウンメニューからパターンを選択します。パターンでは、電話番号やクレジットカード番号、社会保障番号、日付、メールアドレスが削除できます。
  9. 9
    テキストを検索して削除をクリックする 文書を検索して、条件に一致する結果を見つけます。
  10. 10
    墨消し処理したい検索結果の左側にあるチェックボックスにチェックを入れる 条件に一致する結果は、左側のメニューにすべて表示されます。墨消し処理したい検索結果の左側にあるすべてのチェックボックスにチェックを入れます。
    • 一覧の上にあるすべてをチェックをクリックして、すべてにチェックを入れることもできます。
  11. 11
    チェックした結果を墨消し用に設定をクリックする チェックを入れた検索結果をすべて墨消し処理の対象に設定します。
  12. 12
    適用をクリックする 画面上部のサブツールバーにあります。
  13. 13
    OKをクリックする 選択項目の墨消し処理が確定します。
    • 文書から非表示情報を削除したい場合は、ダイアログボックスで[はい]をクリックします。
  14. 14
    ファイルをクリックする 画面上部のメニューバーにあります。
  15. 15
    保存をクリックする 文書から選択項目が完全に削除されます。なお、ファイル名には「_Redacted」という接尾辞が追加されます。
    • 元の文書を上書きしないようにするには、[名前を付けて保存]をクリックして、文書を別の保存先に保存するか、別のファイル名で保存します。
    広告

方法 5 の 5:
非表示情報を削除する

  1. 1
    Adobe Acrobatを開く デスクトップに保存されていることもありますが、パソコン内を検索しなければならない場合もあります。最も簡単な方法は、検索バーを使用することです。検索バーは、Windowsの場合は左下に、Macの場合は右上にあります。
  2. 2
    ファイルを開く 以下の手順を使用して、Adobe AcrobatでPDFを開きます。
    • 右上のメニューバーにある[ファイル]をクリックします。
    • [ファイル]の下のドロップダウンメニューにある[開く]をクリックします。
    • PDFを選択して、[開く]をクリックします。
      • その他には、PDFファイルを右クリックしてから、[プログラムから開く]を選択して、[Adobe Acrobat]を選択するという方法もあります。
  3. 3
    ツールをクリックする 画面上部のサブメニューバーにあります。
  4. 4
    墨消しをクリックする ピンク色の蛍光ペンのようなツールのことで、[ツール]メニューの[保護と標準化]の下にあります。[5]
  5. 5
    非表示情報を検索して削除をクリックする [非表示情報]という項目名の下のサブツールバーにあります。
  6. 6
    削除したいすべての項目にチェックを入れる 文書のメタデータやコメント、添付ファイルが表示されます。左のサイドバーメニューの中で、削除したい情報の左側にあるチェックボックスにチェックを入れます。
    • このダイアログボックスの各項目の左側にある[+]をクリックすると、削除項目を確認できるようになります。チェックが入っている項目は、この実行後に削除されます。
  7. 7
    削除をクリックする チェック項目一覧の上にあります。
  8. 8
    OKをクリックする [削除]をクリックした時に表示されるポップアップ画面にあります。
  9. 9
    ファイルをクリックする 画面上部のメニューバーにあります。
  10. 10
    保存をクリックする 文書から選択項目が完全に削除されます。なお、ファイル名には「_Redacted」という接尾辞が追加されます。
    • 元の文書を上書きしないようにするには、[名前を付けて保存]をクリックして、文書を別の保存先に保存するか、別のファイル名で保存します。
    広告

注意事項

  • 墨消し処理は情報を完全に削除するので、後で情報を確認できるようにしたい場合は、別のファイル名で文書を新規保存するようにしましょう。
広告

必要なもの

  • Adobe Acrobat Pro

関連記事

How to

Adobe Flash Playerのブロックを解除する

How to

画像をJPEGに変換する

How to

Dellパソコンでスクリーンショットを撮る

How to

Word文書をJPEGに変換する

How to

Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する

How to

RARファイルを開く

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

Microsoft Word文書に電子署名をする

How to

PDFに文字を書き込む

How to

Photoshopにフォントを追加する

How to

画像ファイル(JPEG)のサイズ変更

How to

WinZipを使わずにZIPファイルを開く

How to

Illustratorにフォントを追加する

How to

PDFに画像を挿入する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 869 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告