この記事では、Adobe Premiereで動画に文字を入れる方法を紹介します。先日、Adobe Premiereに新たな文字ツールが追加されて、好きな場面に文字を簡単に入れることができるようになりました。それ以前のバージョンの場合は、タイトルを使用すれば動画に文字を入れることが可能です。

方法 1 の 2:
文字ツールを使う

  1. 1
    プロジェクトを開く Adobe Premiereのプロジェクトを開くには、Windowsの「エクスプローラー」またはMacの「Finder」からプロジェクトファイルに移動して、ファイルをダブルクリックします。
    • また、Adobe Premiereを起動してから、[ファイル]→[開く]の順にクリックすると、ファイルを参照することも可能です。Adobe Premiereのプロジェクトファイルをクリックしてから、「開く」をクリックしましょう。Adobe Premiereの起動時に表示される「最近使用したファイル」からプロジェクトファイルをクリックして開いてもかまいません。Adobe Premiereは紫色の正方形をしたアイコンで、真ん中に「Pr」と書かれています。
  2. 2
    文字を入れたい位置まで再生ヘッドをドラッグする 再生ヘッドとは、タイムラインに表示されている縦の線のことです。また、タイムラインとは、動画ファイルや音声ファイル、画像ファイルをプロジェクトの表示順に表示するウィンドウのことを言います。再生ヘッドをドラッグすると、それが動画フレームとしてプレビューウィンドウに表示されます。
  3. 3
    文字ツールをクリックする 文字ツールとは、ツールバーにある大文字の「T」のようなアイコンのことです。
    • 使用しているAdobe Premiereが最新バージョンであることを確認します。以前のバージョンを使用している場合は、方法2を参照しましょう。
    • ツールバーが表示されない場合は、画面上部の[ウィンドウ]をクリックしてから、ドロップダウンメニューの[ツール]をクリックします。[1]
  4. 4
    プレビューウィンドウ内のテキストボックスをクリックまたはドラッグする プレビューウィンドウ内で、文字を入れたい位置をクリックします。1回クリックするごとに、文字列を1つずつ入れることができます。また、クリックしてからドラッグすると、枠内に文字を収めるテキストボックスを作成することができます。これにより、文字が新しいグラフィックレイヤーとして追加されます。テキストレイヤーは複数の作成が可能です。
  5. 5
    文字列を入力する 短いタイトルでも長い文章でもかまいません。
  6. 6
    [移動]ツールで文字を移動する ツールバーにある矢印のようなアイコンをクリックすると、好きな位置に文字を移動することができるようになります。
  7. 7
    [テキスト]メニューから文字のスタイルを変更する [テキスト]メニューは、[エフェクトコントロール]ウィンドウと[エッセンシャルグラフィックス]ウィンドウの両方から操作が行えます。どちらのウィンドウも表示されない場合は、画面上部の[ウィンドウ]メニューをクリックしてから、[エフェクトコントロール]または[エッセンシャルグラフィックス]を選択しましょう。[テキスト]メニューでは、以下のオプションが利用可能です。[2]
    • 一番上のドロップダウンメニューから文字のフォントを選択する。
    • 上から二番目のドロップダウンメニューから文字のスタイル(太字、斜体など)を選択する。[テキスト]メニューの下にあるボタンをクリックして、文字のスタイルを適用することも可能。
    • スクロールバーでフォントサイズを変更する。
    • [整列]ボタンをクリックして、文字を左揃え、中央揃え、または右揃えにする。
  8. 8
    [アピアランス]メニューから文字の色を変更する [アピアランス]メニューは、[エフェクトコントロール]ウィンドウと[エッセンシャルグラフィックス]ウィンドウの両方から操作が可能です。文字の色を変更するには、3つの方法があります。まず、各オプションの左側にあるチェックボックスをクリックすることで、色の種類を適用できます。また、各オプションの左側にあるカラーボックスをクリックして、カラーピッカーから色を選択することも可能です。その他にも、スポイトツールをクリックして、[プレビュー]ウィンドウの動画再生機能から色を選択することもできます。3つのカラーオプションは以下の通りです。
    • [塗り]ツールを使用して、文字の色を変更する。
    • [ストローク]ツールを使用して、文字にアウトラインをつける。[ストローク]の右側に数字を入力して、アウトラインの太さを変更することも可能。
    • [シャドウ]ツールを使用して、文字にドロップシャドウをつける。また、[シャドウ]の下にあるスクロールバーでドロップシャドウのサイズ、不透明度、角度を変更することも可能。
  9. 9
    [整列と変形]メニューから文字の位置を変更する [整列と変形]メニューには、文字の位置を変更するさまざまなツールがあります。この[整列と変形]メニューは、[エッセンシャルグラフィックス]ウィンドウと[エフェクトコントロール]ウィンドウの両方から操作が行えます。また、以下のオプションで文字の位置を変更することも可能です。
    • [位置]ツールを使用して、縦軸と横軸に沿って文字の位置を変更する。
    • [回転]ツールを使用して、文字を回転する。
    • 2つ以上のオブジェクトをクリックし、[整列]ボタンをクリックして、オブジェクトを相互に整列させる。
    • [不透明度]ツールを使用して、文字の透明度を変更する。
  10. 10
    文字にアニメーションをつける [エフェクトコントロール]ウィンドウで文字にアニメーションをつけることができます。まず、アニメーションを開始したい位置に再生ヘッドを移動します。次に、[エフェクトコントロール]ウィンドウの[変形]ツールの左側にあるストップウォッチをクリックします。最後に、アニメーションを終了したい位置に再生ヘッドを移動して、文字に変更を適用します。Adobe Premiereでは、2つのキーフレーム間の各フレームで変形が順に適用されていきます。また、複数の変形を1つのシーケンスで適用することも可能です。適用したいアニメーションがすべて完了したら、ストップウォッチをクリックしましょう。[3]
  11. 11
    マスタースタイルとして保存する 文字の見た目が気に入った場合は、マスタースタイルとして保存することが可能です。この機能により、同じスタイルを他の文字列に適用することが可能になります。以下の手順でマスターテキストスタイルを保存しましょう。[マスタースタイル]オプションは、[エッセンシャルグラフィックス]ウィンドウから操作が行えます。
    • [プレビュー]ウィンドウまたは[エッセンシャルグラフィックス]ウィンドウにある文字をクリックして選択する。
    • [マスタースタイル]の下にあるドロップダウンメニューから[マスターテキストスタイルを作成]を選択する。
    • 新規テキストスタイルの名前を入力する。
    • [OK]をクリックする。
  12. 12
    マスタースタイルを適用する マスタースタイルを保存した後に、以下の手順でマスタースタイルを他のテキストグラフィックに適用することが可能です。
    • 文字ツールで文字列を作成する。
    • テキストグラフィックをクリックして選択する。
    • 「マスタースタイル」の下にあるドロップダウンメニューでマスタースタイルを選択して適用する。
  13. 13
    文字の表示時間(デュレーション)を変更する Adobe Premiereで文字を入れると、タイムラインにグラフィックとして表示されます。文字の表示時間を変更するには、タイムラインでグラフィックファイルの右側をクリックして、左または右にドラッグします。
    広告

方法 2 の 2:
レガシータイトルを使う

  1. 1
    プロジェクトを開く Adobe Premiereのプロジェクトを開くには、Windowsの「エクスプローラー」またはMacの「Finder」からプロジェクトファイルに移動して、ファイルをダブルクリックします。また、Adobe Premiereを起動してから、[ファイル]→[開く]の順にクリックすることで、ファイルを参照することも可能です。Adobe Premiereのプロジェクトファイルをクリックしてから、「開く」をクリックしましょう。Adobe Premiereの起動時に表示される「最近使用したファイル」からプロジェクトファイルをクリックして開いてもかまいません。Adobe Premiereは紫色の正方形をしたアイコンで、真ん中に「Pr」と書かれています。
  2. 2
    新規タイトルを作成する タイトルは、動画クリップの上に表示されるオーバーレイとして機能します。以前のバージョンで文字を入れるには、タイトルを作成する必要がありますが、最新バージョンでもタイトルに対応しています。以下の手順で新規タイトルを作成しましょう。
    • 画面上部の右上にある[ファイル]をクリックする。
    • [ファイル]のドロップダウンメニューにある[新規]をクリックする。
    • [レガシータイトル]をクリックする(旧バージョンでは「タイトル」と表示されていることがある)。
  3. 3
    タイトルの名前を入力して、OKをクリックする [名前]の右側にタイトルの名前を入力して、[OK]をクリックします。タイトルの名前は、タイトルに表示されている文字と同じでなくてもかまいません。[OK]をクリックすると、タイトルエディタウィンドウが開きます。
  4. 4
    文字ツールをクリックする 文字ツールとは、大文字の「T」のようなアイコンのことで、[タイトルエディタ]ウィンドウの左側のツールバーにあります。
  5. 5
    プレビューウィンドウ内のテキストボックスをクリックまたはドラッグする [タイトルエディタ]のプレビューウィンドウには、現在のフレームが表示されており、再生ヘッドがタイムライン上を移動します。タイムラインとは、動画ファイルや音声ファイル、画像ファイルをプロジェクトの表示順に表示するウィンドウのことです。文字列をクリックして追加するか、枠内に文字を収めるテキストボックスをドラッグして作成しましょう。
  6. 6
    文字列を入力する 文字列は、単語のタイトルでも段落全体でもかまいません。
  7. 7
    選択ツールで文字を移動する 文字を移動する必要がある場合は、ツールバーにある矢印のようなアイコンをクリックしてから、タイトルエディタウィンドウで文字をクリックしてドラッグします。
  8. 8
    [フォントファミリー]のドロップダウンメニューからフォントを選択する [フォントファミリー]のドロップダウンメニューは、タイトルエディタウィンドウの右側にある[タイトルプロパティ]のサイドバーからでも、上部のテキストエディタからでも操作が行えます。
  9. 9
    [フォントスタイル]のドロップダウンメニューからフォントスタイルを選択する フォントスタイルには、太字や斜体など、特定のフォントに含まれているスタイルが収録されています。フォントスタイルのドロップダウンメニューは、タイトルエディタウィンドウの右側にある[タイトルプロパティ]のサイドバーと、上部のテキストエディタの両方にあります。
  10. 10
    [フォントサイズ]の右側にある数字をクリックしてドラッグする 文字のサイズを変更します。[タイトルプロパティ]のサイドバーメニュー、もしくはタイトルエディタウィンドウの上部にあるテキストエディタツールでフォントサイズを変更できます。
  11. 11
    [整列]ボタンをクリックして文字の位置を揃える 文字を左揃え、中央揃え、または右揃えにします。
  12. 12
    [タイトルプロパティ]で文字の色を選択する [タイトルプロパティ]→[塗り]→[色]の右側にあるカラーボックスをクリックして、文字の色を選択します。文字の色はカラーピッカーで選択しましょう。スポイトアイコンをクリックして、タイトルエディタのプレビューから色を選択することも可能です。
    • 「塗り」の下にあるドロップダウンメニューからグラデーションを選択するなど、[タイトルプロパティ]のドロップダウンメニューではさまざまな種類の色が選択できます。この機能により、カラーボックスが増えたことで、フェード色を複数選択できるようになっています。
    • 文字にアウトラインをつけるには、[ストローク(内側)]または[ストローク(外側)]の右側にある[追加]をクリックします。また、アウトラインの色を選択するには、[カラー]の右側にあるカラーボックスをクリックします。その他にも、[サイズ]の右側にある数字をクリックしてドラッグすることで、アウトラインのサイズを変更することも可能です。
  13. 13
    [タイトルスタイル]をクリックする スタイルを素早く選択するには、タイトルエディタウィンドウの下にあるタイトルスタイルのいずれかをクリックします。タイトルエディタウィンドウの下にある正方形は、それぞれテキストスタイルのサンプルになります。選択したいスタイルをクリックしましょう。
  14. 14
    [×]ボタンをクリックしてタイトルエディタを閉じる Windowsの場合は右上、Macの場合は左上にある[×]ボタンをクリックすると、タイトルエディタを閉じることができます。この時、タイトルはプロジェクトウィンドウにオブジェクトファイルとして保存されます。プロジェクトウィンドウが表示されない場合は、画面上部の[ウィンドウ]をクリックしてから、[プロジェクト]をクリックします。
    • タイトルを編集する必要がある場合は、プロジェクトウィンドウでタイトルをダブルクリックします。
  15. 15
    プロジェクトウィンドウからタイムラインにタイトルをドラッグする 文字を表示したいタイムラインの位置に再生ヘッドを合わせます。次に、プロジェクトウィンドウからタイムラインにタイトルをドラッグします。タイトルはタイムラインの動画クリップ上に必ず配置しましょう。これにより、動画に文字が表示されるようになります。[4]
  16. 16
    タイトルの端をドラッグして文字の表示時間(デュレーション)を変更する 文字の表示時間を変更するには、タイムラインにあるタイトルファイルの左側をクリックして、左右にドラッグします。
    広告

関連記事

How to

画像をJPEGに変換する

How to

Dellパソコンでスクリーンショットを撮る

How to

Adobe Flash Playerのブロックを解除する

How to

Word文書をJPEGに変換する

How to

Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する

How to

RARファイルを開く

How to

Illustratorにフォントを追加する

How to

画像ファイル(JPEG)のサイズ変更

How to

PDFに画像を挿入する

How to

Photoshopにフォントを追加する

How to

Microsoft Word文書に電子署名をする

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

PDFに文字を書き込む

How to

Adobe Illustratorでハイパーリンクを挿入する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 826 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告