PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

お気に入りの音楽に没頭している時やジムで運動をしている時にAirPodsを落とすと非常にいら立ちますが、幸いなことに、耳から滑り落ちるのを防ぐ方法がいくつかあります。それは、AirPodsが落ちにくい位置に装着したり、防水テープを使って固定したりする方法です。また、イヤーフックカバーなどのアクセサリーを使用して落下を防ぐこともできます。

方法 1 の 3:
AirPodsをひねる

  1. 1
    少し湿らせた布でAirPodsのスピーカー部分を拭きましょう。まず、清潔な布もしくはペーパータオルを水で軽く湿らせます。そしてAirPodsの先端部分、つまりスピーカー部分の油分や埃などを拭き取ります。AirPodsがきれいになるまで付着している汚れをこすって取り除きましょう。[1]
    • 油分や埃はAirPodsの耳への密着性に影響します。

    注意事項:AirPodsが水に濡れると損傷する可能性があるため、びしょびしょに塗れた布は使用しないようにしましょう。

  2. 2
    AirPodsの軸の部分を下に向けた状態で耳に押し入れましょう。スピーカーが外耳道に入るように優しく押し入れます。この際、軸の部分が額と垂直になるように下に向けましょう。[2]
    • AirPodsを外耳道の奥深くまで無理やり押し込まないようにしましょう。
  3. 3
    軸の部分が水平になるようにAirPodsを回転させましょう。AirPodsの軸の部分を持って上方向にひねり、スピーカー部分を外耳道に食い込ませます。軸が額と平行になるまでひねりましょう。そして、もう片方の耳にも同じようにAirPodsを装着します。[3]
    • AirPodsを外耳道に押し込むと、位置が固定されるため落下を防止することができます。
    広告

方法 2 の 3:
AirPodsにテープを貼る

  1. 1
    AirPodsに貼る防水テープを選びましょう。防水テープの粘着剤が付いている面はAirPodsに貼り付け、また非粘着面はAirPodsを耳の中で滑りにくくする効果があります。防水テープは近所のホームセンターや百貨店で購入するか、通販を利用しましょう。[4]
    • ガムテープやセロハンテープは使わないようにしましょう。AirPodsを固定する効果があまりなく、また粘着剤が残ってしまいます。
  2. 2
    穴あけパンチを使って防水テープから円を4つ切り取りましょう。まず防水テープを短く切り、一般的な穴あけパンチに挟みます。そしてハンドルを押し下げて小さな円を4つくり抜き、一旦脇に置いておきましょう。[5]
    • 湿らせた布で穴あけパンチを拭き、残った粘着剤をきれいに取り除きましょう。
  3. 3
    各AirPodsのスピーカーの上下にテープを貼りましょう。テープは、各AirPodsに2つずつ貼ります。1つはスピーカーの上、もう1つはスピーカーの下に貼りますが、これらはAirPodsと耳が触れる部分です。2つの円は各AirPodsで同じ位置になるように貼りましょう。[6]
    • テープは小さいので、AirPodsをケースに収納するのには問題ありません。

    ポイント: テープの位置を誤った場合は、AirPodsに粘着剤がこびりつかないようにすぐに剥がして貼り直しましょう。

  4. 4
    AirPodsの軸部分を下に向けて耳に押し入れましょう。スピーカーが外耳道を向くようにAirPodsを耳に押し入れます。この時、AirPodsの軸部分は下に向けて顎のラインと垂直になるようにしましょう。[7]
    • テープを貼ることでAirPodsが滑りにくくなり、落下するのを防ぎます。
    広告

方法 3 の 3:
アクセサリーを取り付ける

  1. 1
    AirPodsを安定させるために、AirPodsにイヤーフックカバーを付けましょう。AirPods用のイヤーフックカバーを取り付けてから耳に入れると密着性が高まります。取り付ける時にはカバーの開口部がAirPodsのスピーカー口に合っていることを確認しましょう。AirPodsの位置を固定し、落下しないようにするためには、AirPodsを外耳道に入れてからフックを耳にかけましょう。[8]
    • iPhoneアクセサリーの販売店やインターネット上でAirPods用のイヤーフックカバーを探してみましょう。
    • イヤーフックカバーは、ランニングやサイクリングなどの運動中にAirPodsが落下するのを防ぐのに優れています。
  2. 2
    シリコン製のイヤーピースを取り付けてより耳にしっかり密着するようにしましょう。AirPods用のシリコン製イヤーピースをスピーカー部分にかぶせます。この際、音楽がこもらないようにイヤーピースの開口部とスピーカーの位置を合わせて取り付けましょう。シリコンが外耳道に入るようにAirPodsを耳に押し入れると、しっかりと固定されて簡単には落ちにくくなります。[9]
    • シリコン製のイヤーピースは、iPhoneのアクセサリー販売店や通販で手に入れることができます。
    • シリコン製のイヤーピースで密着性を高めると、周囲の雑音が遮断され音楽の音量も大きくなります。
  3. 3
    AirPodsに低反発イヤーピースを付けて密着性を高めましょう。ふかふかとした低反発イヤーピースを、各AirPodsのスピーカー部分に付けます。そして軸部分が下を向くように耳に押し入れると、低反発素材とイヤーピースの厚みでAirPodsが落ちなくなります。[10]
    • イヤーピースはインターネットで探しましょう。
    • 低反発イヤーピースを使用すると、低音の音質も高まります。

    ポイント:AirPods用の低反発イヤーピースが手に入らない場合は、他のイヤホン用のものを使いましょう。

    広告

関連記事

着信拒否されているか確かめる着信拒否されているか確かめる
画面保護用ガラスフィルムの気泡を取り除く画面保護用ガラスフィルムの気泡を取り除く
非通知で電話をかける非通知で電話をかける
Spotifyのパスワードを変更するSpotifyのパスワードを変更する
ポップソケッツを取り外すポップソケッツを取り外す
内線番号にかける内線番号にかける
インスタグラムに問い合わせるインスタグラムに問い合わせる
SamsungのGalaxyで動画をトリミングするSamsungのGalaxyで動画をトリミングする
携帯電話を見つける携帯電話を見つける
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
スマートフォンのスピーカーを掃除するスマートフォンのスピーカーを掃除する
隠しカメラを見つける隠しカメラを見つける
スマートフォンをGPS追跡するスマートフォンをGPS追跡する
携帯電話の画面の傷を消す
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 携帯電話・小物
このページは 185 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告