Amazonは書籍、電子機器、家具、衣類などを幅広く扱っている、世界最大級のオンラインショッピングサイトです。また、Amazon Music、Fire TV、Kindle、Audible、Alexaなどの様々なサービスも広く利用されています。そんなAmazonのアカウントを作成する方法を学んでいきましょう。

方法 1 の 3:
モバイルアプリ経由で作成する

  1. 1
    Amazonモバイルアプリを起動する Amazonショッピング、プライムビデオ、Amazon Music、Amazon Photos、Audible、Amazon Alexaなど、目的別に様々なモバイルアプリがリリースされています。
  2. 2
    新しいアカウントを作成をタップする ページの一番下にあるグレーのボタンです。
    • Amazonショッピングアプリの場合:サインインと書かれた黄色いボタンの下にあるアカウントを作成をタップします。 その後、ページ上部のアカウントを作成をタップしましょう。
    • Audibleの場合:ページ上部の続行をタップしましょう。次に、ページ下部のAmazonアカウントを作成をタップします。
  3. 3
    氏名を入力する ページの一番上の入力欄に、フルネームを入力しましょう。
  4. 4
    有効なメールアドレスまたは携帯電話の番号を入力する 上から3番目の入力欄にメールアドレスを入力しましょう。このアドレスは、他のデバイスやアプリからAmazonにログインする際に使用します。メールを自分で確認できる、覚えやすいメールアドレスを使うようにしましょう。
  5. 5
    好きなパスワードを入力する フォームの4番目の入力欄に、ログイン時に使用するパスワードを入力します。パスワードは6文字以上でなければなりません。大文字、小文字、数字、特殊文字(&、@、!など )を組み合わせるとよいでしょう。覚えやすいパスワードにするか、パスワードをメモして安全な場所に保管するようにします。
    • パスワードをパソコンやスマートフォンに保存することは、セキュリティの面から見て危険なので、避けたほうがよいでしょう。
  6. 6
    Amazonアカウントを作成する続行メールの確認のいずれかをタップする ページ下部の大きなボタンをタップしましょう。アプリによって、アカウントを作成する続行メールの確認のいずれかが表示されます。次のページで、メールで送られてきたワンタイムパスワード(OTP)を入力するように指示があるでしょう。
  7. 7
    メールを確認する アカウントを登録したら、メールの確認に使用しているアプリを起動しましょう。
  8. 8
    Amazonからのメールを開く Amazon.co.jpから「新しいAmazonアカウントの認証」といったタイトルのメールが届いているはずです。このメールを開きましょう。
    • Amazonからメールが届いていない場合は、アプリに戻り、入力したメールアドレスを確認して、コードを再送をタップしましょう。
  9. 9
    ワンタイムパスワードをコピーまたはメモする メールの中央に太字で表示されている6桁のパスワードがワンタイムパスワードです。これをメモするかコピーしましょう。
  10. 10
    Amazonアプリに戻る スマートフォンやタブレットの中央下部にあるホームボタンを押します。その後、アカウント作成に使用していたAmazonアプリをタップして、アプリ画面に戻りましょう。
  11. 11
    ワンタイムパスワードを入力し、確認をタップする これでアカウントの確認が完了し、新しいアカウントでアプリにログインできます。
    • ワンタイムパスワードが無効であるというメッセージが表示された場合は、コードを再送をタップしましょう。新しいワンタイムパスワードがメールで届きます。
    広告

方法 2 の 3:
ウェブサイトから作成する

  1. 1
    ウェブブラウザから https://www.amazon.co.jp にアクセスする Amazonのホームページが開きます。ウェブブラウザはどんなものでも構いません。使っているPCやMacで使用可能なウェブブラウザでアクセスしましょう。
  2. 2
    アカウント&リストをクリックする 画面右上の左端に表示されている太字のタブです。このタブにマウスのカーソルを合わせると、アカウントメニューの一覧が現れます。このタブをクリックすると、ログイン画面が表示されるはずです。
    • すでに別のアカウントでログインしている場合は、アカウント&リストにマウスのカーソルを合わせ、メニュー下部にあるログアウトをクリックしましょう。
  3. 3
    Amazonアカウントを作成するをクリックする ログイン画面の下部にあるグレーのボタンです。このボタンをクリックすると、Amazonアカウントを作成するためのウェブフォームが開きます。
  4. 4
    氏名を入力する ページの一番上の入力欄に、フルネームを入力しましょう。
  5. 5
    有効なメールアドレスまたは携帯電話の番号を入力する 上から3番目の入力欄にメールアドレスを入力しましょう。このアドレスは、他のデバイスやアプリからAmazonにログインする際に使用します。メールを自分で確認できる、覚えやすいメールアドレスを使うようにしましょう。
  6. 6
    好きなパスワードを入力する フォームの4番目の入力欄に、ログイン時に使用するパスワードを入力します。パスワードは6文字以上でなければなりません。大文字、小文字、数字、特殊文字(&、@、!など )を組み合わせるとよいでしょう。覚えやすいパスワードにするか、パスワードをメモして安全な場所に保管するようにします。
    • パスワードをパソコンやスマートフォンに保存することは、セキュリティの面から見て危険なので、避けたほうがよいでしょう。
  7. 7
    パスワードを再入力する ページの一番下の入力欄に、最初に入力したとおりにパスワードを再入力しましょう。これでパスワードが確定します。
  8. 8
    Amazonアカウントを作成するをクリックする フォームの一番下にある黄色いボタンをクリックしましょう。入力したメールアドレスに、ワンタイムパスワード(OTP)が記載された確認メールが送信されます。
  9. 9
    メールを確認する アカウントを登録すると、ウェブサイト上にワンタイムパスワードの入力画面が表示されるはずです。入力したメールアカウントに届くメールを確認すれば、ワンタイムパスワードがわかります。Amazonの入力画面を開いたまま、別のタブやブラウザからメールを確認しましょう。スマートフォンや、Outlook、Apple Mailなど、別のアプリを使ってメールを確認しても構いません。
  10. 10
    ワンタイムパスワードをコピーまたはメモする ページの中央に太字で表示されている6桁の数字がワンタイムパスワードです。この数字をメモするかコピーしましょう。
    • Amazonからのメールが届いていない場合は、入力したメールアドレスを確認し、Amazonの入力画面の下部にあるコードを再送をクリックしましょう。
  11. 11
    Amazonの登録画面に戻る ワンタイムパスワードを確認したら、Amazonアカウントの作成に使用していたタブやウェブブラウザの画面に戻ります。
  12. 12
    ワンタイムパスワードを入力し、確認をクリックする 入力欄に6桁のワンタイムパスワードを入力し、確認をクリックします。ページの一番下にある黄色いボタンです。これでアカウントの確認が完了し、新しいアカウントでAmazonにログインできます。
    • ワンタイムパスワードが無効であるというメッセージが表示された場合は、コードを再送をクリックして、メールを確認しましょう。新しいワンタイムパスワードを入力したら、確認をクリックします。
    広告

方法 3 の 3:
アカウントの個人設定を行う

  1. 1
    支払い方法を登録する アカウントを作成したらすぐに、支払い方法の情報を登録しましょう。以下の手順で、新しい支払い方法を入力または追加できます。
    • https://www.amazon.co.jp からログインするか、Amazonショッピングアプリを起動します。
    • 左上(アプリの場合は右下)の3本の横線(☰)のアイコンをクリックまたはタップしましょう。
    • アカウントサービスをクリックまたはタップします。
    • お客様の支払い方法をクリックまたはタップしましょう。
    • スクロールダウンして、クレジットカードまたはデビットカードを追加をクリックしましょう。アプリの場合はお支払い方法を追加をタップします。
    • カードの名義人とカード番号を入力しましょう。
    • カードの有効期限はドロップダウンメニューで選択します。
    • カードを追加をクリックまたはタップしましょう。
  2. 2
    配送先住所を追加する 以下の手順に従って、アカウントに配送先を追加しましょう。
    • https://www.amazon.co.jp からログインするか、Amazonショッピングアプリを起動します。
    • 左上(アプリの場合は右下)の3本の横線(☰)のアイコンをクリックまたはタップしましょう。
    • アカウントサービスをクリックまたはタップします。
    • アドレス帳(アプリの場合はアドレス帳の管理)をクリックまたはタップしましょう。
    • 新しい住所を追加をクリックまたはタップします。
    • 氏名、郵便番号、都道府県、住所、電話番号、配送指示などを入力しましょう。
    • フォーム下部にある住所を追加という黄色いボタンを、クリックまたはタップします。
  3. 3
    プロフィールをカスタマイズする 以下の手順でプロフィールのカスタマイズを行います。個人情報を守りたい場合は、プロフィールで公開する情報を限定しましょう。例えば、下の名前と大まかな居住地のみを表示させるといった設定も可能です。
    • https://www.amazon.co.jp からログインするか、Amazonショッピングアプリを起動します。
    • 左上(アプリの場合は右下)の3本の横線(☰)のアイコンをクリックまたはタップしましょう。
    • アカウントサービスをクリックまたはタップします。
    • プロフィールをクリックするか、アプリでプロフィールの設定・変更をタップしましょう。
    • 人の形が描かれたアイコンをクリックまたはタップし、アップロードをクリックしましょう。アプリの場合は写真を追加をタップします。
    • パソコンでプロフィール画像を選択して開くをクリックするか、スマートフォンのギャラリーやカメラロールから、プロフィール画像をタップして選択しましょう。
    • ページ上部のグレーの背景をクリックまたはタップして、アップロードをクリックするか、写真を追加をタップします。
    • パソコンでバナー画像を選択して開くをクリックするか、スマートフォンのギャラリーやカメラロールのバナー画像をタップして選択しましょう。
    • 公開プロフィールを編集するをクリックまたはタップします。
    • フォーム内の質問に答えていきます。質問への回答はすべて任意です。公開したい情報のみを入力しましょう。
    • スクロールダウンして保存するをクリックまたはタップします。
    広告

ポイント

  • Amazonの利用頻度が高い人は、プライム会員になってみるのもよいでしょう。年会費はかかりますが、商品が注文から2日以内に無料で配送されるサービスや、多くの映画やテレビ番組を無料で視聴できるサービスを利用できます。
  • 商品の購入や評価をしていくと、あなた好みにパーソナライズされたおすすめ商品の情報が、Amazonの画面に表示されるようになります。パーソナライズされたホームページ内の「おすすめ商品」をクリックすると、あなたのためのおすすめ商品の情報を見ることができるでしょう。
  • 「タイムセール」や「在庫処分セール」なども忘れずにチェックしましょう。Amazonでは、毎日さまざまなセールが開催されています。運が良ければ、欲しいものをかなりお得な価格で手に入れられることもあるでしょう。
広告

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
Googleドキュメントを保存するGoogleドキュメントを保存する
Googleに問い合わせるGoogleに問い合わせる
深層Webにアクセスする深層Webにアクセスする
ブロックされたウェブサイトにアクセスするブロックされたウェブサイトにアクセスする
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
ページリダイレクトをブロックするページリダイレクトをブロックする
YouTubeの制限付きモードをオフにするYouTubeの制限付きモードをオフにする
トレントのダウンロード速度を上げるトレントのダウンロード速度を上げる
YouTube動画の年齢制限を回避するYouTube動画の年齢制限を回避する
画像のURLを取得する画像のURLを取得する
Google ChromeからログアウトするGoogle Chromeからログアウトする
広告

このwikiHow記事について

Travis Boylls
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Travis Boylls. テクノロジーに関する記事の執筆、ソフトウェアー関連のカスタマーサポート、そしてグラフィックデザインの実務経験を持つトラヴィス・ボイルスは、wikiHowにてテクノロジー記事の制作と編集者の業務を担当しています。パイクスピーク・コミュニティー・カレッジにてグラフィックデザインを学び、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxのシステムに精通しています。
このページは 197 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告