そのメッセージはあなたの心に響きましたか?AndroidのGoogleメッセージでは、メッセージにハートのようなリアクションを追加して、そのメッセージが気に入ったことを示すことができます。この記事では、その方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 2:
Androidでメッセージが気に入ったことを示す方法

  1. 1
    Googleメッセージを開く 青地に白い吹き出しのアイコンのアプリです。
    • これは、Googleメッセージという無料アプリでのみ行えます。Samsungなどの一部のスマートフォンでは、デフォルトのメッセージアプリではありません。アプリを持っていない場合は、Google Playストアから無料でダウンロードすることができます。別のメッセージアプリを使用した後に初めて開くと、デフォルトのメッセージアプリとして設定するように求められます。
    • チャットの参加者全員がAndroidを使用していて、RCSを有効にしている必要があります。
  2. 2
    リアクションしたいメッセージを長押しする さまざまな顔のリアクションのメニューが表示されたら、指を放しましょう。
  3. 3
    目がハートの笑顔の絵文字をタップして選択する これで、そのメッセージが気に入ったことを示すことができますが、親指を上げた手、笑い転げる顔、恐怖で叫ぶ顔、物思いの顔、怒った顔、親指を下げた手などのリアクションから選択することもできます。
    • 選択した絵文字のリアクションは、メッセージの左下に表示されます。
    • リアクションを変更するには、メッセージをもう一度長押しし、メニューが表示されたら新しい絵文字をタップします。
    • リアクションを削除するには、メッセージをもう一度長押しし、メニューでハイライト表示された絵文字をタップします。[1]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
どのような制限があるのか?

  1. 1
    AppleとAndroidのように、スマートフォンのエコシステムによりスムーズなデータ転送ができなくなっています。iPhoneとAndroidの間でデータを送受信すると、AppleのTapbackのように情報が失われてしまうのです。これらは、元のユーザーが送信したものを含む個別のメッセージとして送信されます。
    • 例えば、iPhoneユーザーが風船の絵文字でメッセージにリアクションすると、Androidには「"風船"で送信」というメッセージが表示されます。
    • Googleメッセージアプリでこれらのリアクションを絵文字として表示するアップデートが行われ、iPhoneユーザーが風船の絵文字でメッセージにリアクションすると、風船の絵文字メッセージとして送信されるようになりました。 [2]

関連記事

Androidの緊急通報ボタンを消去するAndroidの緊急通報ボタンを消去する
Samsung Galaxyの端末画面をミラーリングするSamsung Galaxyの端末画面をミラーリングする
Androidで絵文字を取得するAndroidで絵文字を取得する
AdBlockを無効にするAdBlockを無効にする
AndroidでSmart Viewを使うAndroidでSmart Viewを使う
Androidでダウンロードマネージャーを開くAndroidでダウンロードマネージャーを開く
AndroidでRAMを確認するAndroidでRAMを確認する
Androidのマイク音量を上げるAndroidのマイク音量を上げる
Androidでダウンロードファイルを削除するAndroidでダウンロードファイルを削除する
Androidでアプリの自動起動を防ぐAndroidでアプリの自動起動を防ぐ
Androidで別のAndroidを遠隔操作するAndroidで別のAndroidを遠隔操作する
GoogleドライブからAndroid端末にフォルダをダウンロードするGoogleドライブからAndroid端末にフォルダをダウンロードする
Androidのタッチパネルの感度を高めるAndroidのタッチパネルの感度を高める
AndroidのDiscordでメッセージを削除するAndroidのDiscordでメッセージを削除する
広告

このwikiHow記事について

Darlene Antonelli, MA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Darlene Antonelli, MA. ダーリーン・アントネリはwikiHowにてテクノロジーライター兼編集者の業務を担当しています。テクノロジーに関する記事の執筆だけでなく、IT業界での実務経験や、大学での指導経験もあります。2012年にローワン大学にてライティングの修士号を取得。オンラインコミュニティーと人格をテーマとした卒業論文は、その分野において大変な注目を集めました。
このページは 19 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告