PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Android端末で「Lucky Patcher(ラッキーパッチャー)」を使う方法を紹介します。「Lucky Patcher」では、アプリを改造してライセンス認証を解除したり、Google広告を非表示にしたり、カスタムパッチをインストールしたり、権限を変更したり、改造APKファイルを作成したりすることが可能です。ただし、「Lucky Patcher」を使ってAndroid端末のアプリを改造するには、その端末をroot化しなければなりません。[1]

方法 1
方法 1 の 5:
ライセンス認証を解除する

  1. 1
    Android端末をroot化する 「Lucky Patcher」でアプリを改造するには、Android端末をroot化しなければなりません。root化はAndroid端末によって異なり、その端末に被害が及ぶだけでなく、保証が無効になる可能性もあります。その端末の最新の取扱説明書に必ず従い、細心の注意を払って進めましょう。
  2. 2
    「Lucky Patcher」を起動する 黄色いスマイリーフェイスのアイコンが付いたアプリのことです。このアプリを起動すると、その端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。
    • 詳細については、こちら(英語のみ)を参照してください。
  3. 3
    アプリを選択する ライセンス認証を解除したいアプリのことで、タップすると各種オプションメニューが表示されます。
  4. 4
    Menu of Patches(パッチメニュー)をタップする アプリに当てられるパッチの一覧が表示されます。
  5. 5
    Remove License Verification(ライセンス認証を解除する)をタップする ライセンス認証を解除するための各種パッチメニューが表示されます。
  6. 6
    使いたいパッチをタップする 選択できる各種パッチの横にチェックボックスがあるので、そのチェックボックスをタップして、使いたいパッチを選択します。
  7. 7
    Apply(適用)をタップする アプリにパッチを当ててライセンス認証を解除する処理が開始されます。ただし、この処理には数分かかるかもしれません。
  8. 8
    Okをタップする パッチを当てることができた場合は処理の成功を示す画面に結果が表示されるので、「Ok」をタップして先に進みましょう。[2]
    広告

方法 2
方法 2 の 5:
Google広告を非表示にする

  1. 1
    Android端末をroot化する 「Lucky Patcher」でアプリを改造するには、Android端末をroot化しなければなりません。root化はAndroid端末によって異なり、その端末に被害が及ぶだけでなく、保証が無効になる可能性もあります。その端末の最新の取扱説明書に必ず従い、細心の注意を払って進めましょう。
  2. 2
    「Lucky Patcher」を起動する 黄色いスマイリーフェイスのアイコンが付いたアプリのことです。このアプリを起動すると、その端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。
    • 詳細については、こちら(英語のみ)を参照してください。
  3. 3
    アプリを選択する Google広告を非表示にしたいアプリのことです。
  4. 4
    Menu of Patches(パッチメニュー)をタップする アプリに当てられるパッチの一覧が表示されます。
  5. 5
    Remove Google ads(Google広告を非表示にする)をタップする 2つのオプションからなるメニューが表示されます。
  6. 6
    Patch to remove Google ads(Google広告を非表示にするパッチ)をタップする ポップアップメニューの最初のオプションのことです。
  7. 7
    Apply(適用)をタップする アプリにパッチを当ててGoogle広告を非表示にする処理が開始されます。ただし、この処理には数分かかるかもしれません。
  8. 8
    Okをタップする パッチを当てることができた場合は処理の成功を示す画面に結果が表示されるので、「Ok」をタップして先に進みましょう。[3]
    広告

方法 3
方法 3 の 5:
カスタムパッチを当てる

  1. 1
    Android端末をroot化する 「Lucky Patcher」でアプリを改造するには、Android端末をroot化しなければなりません。root化はAndroid端末によって異なり、その端末に被害が及ぶだけでなく、保証が無効になる可能性もあります。その端末の最新の取扱説明書に必ず従い、細心の注意を払って進めましょう。
  2. 2
    「Lucky Patcher」を起動する 黄色いスマイリーフェイスのアイコンが付いたアプリのことです。このアプリを起動すると、その端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。
    • 詳細については、こちら(英語のみ)を参照してください。
  3. 3
    アプリを選択する カスタムパッチを当てたいアプリのことです。
  4. 4
    Menu of Patches(パッチメニュー)をタップする アプリに当てられるパッチの一覧が表示されます。
  5. 5
    Custom patch(カスタムパッチ)をタップする カスタムパッチメニューが表示されるかもしれませんが、選択できるカスタムパッチが1つしかない場合は、そのカスタムパッチを当てるかどうかを尋ねられます。
    • 最新のカスタムパッチをダウンロードするには、右上の「⋮」をタップし、設定メニューの「Download custom patches(カスタムパッチをダウンロード)」をタップしましょう。[4]
  6. 6
    当てたいカスタムパッチをタップする そのパッチで何が行われるのかについて記載されたポップアップウィンドウが表示されます。
  7. 7
    Apply(適用)をタップする これで、カスタムパッチが当てられます。ただし、この処理には数分かかるかもしれません。
  8. 8
    Okをタップする パッチを当てることができた場合は処理の成功を示す画面に結果が表示されるので、「Ok」をタップして先に進みましょう。[5]
    広告

方法 4
方法 4 の 5:
アプリの権限を変更する

  1. 1
    Android端末をroot化する 「Lucky Patcher」でアプリを改造するには、Android端末をroot化しなければなりません。root化はAndroid端末によって異なり、その端末に被害が及ぶだけでなく、保証が無効になる可能性もあります。その端末の最新の取扱説明書に必ず従い、細心の注意を払って進めましょう。
  2. 2
    「Lucky Patcher」を起動する 黄色いスマイリーフェイスのアイコンが付いたアプリのことです。このアプリを起動すると、その端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。
    • 詳細については、こちら(英語のみ)を参照してください。
  3. 3
    アプリを選択する カスタムパッチを当てたいアプリをタップします。
  4. 4
    Menu of Patches(パッチメニュー)をタップする アプリに当てられるパッチの一覧が表示されます。
  5. 5
    Change permissions(権限を変更する)をタップする 権限の一覧が表示されます。
  6. 6
    個別の権限をタップする 権限文字が緑色の場合は有効に、赤色の場合は無効になります。
  7. 7
    Apply(適用)をタップする 権限が変更された状態でアプリが再起動します。
    広告

方法 5
方法 5 の 5:
改造APKファイルを作成する

  1. 1
    Android端末をroot化する 「Lucky Patcher」でアプリを改造するには、Android端末をroot化しなければなりません。root化はAndroid端末によって異なり、その端末に被害が及ぶだけでなく、保証が無効になる可能性もあります。その端末の最新の取扱説明書に必ず従い、細心の注意を払って進めましょう。
  2. 2
    「Lucky Patcher」を起動する 黄色いスマイリーフェイスのアイコンが付いたアプリのことです。このアプリを起動すると、その端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。
    • 詳細については、こちら(英語のみ)を参照してください。
  3. 3
    アプリをタップする 改造APKファイルを作成したいアプリのことです。
  4. 4
    Create Modified APK File(改造APKファイルを作成する)をタップする アプリをタップすると表示されるメニューにあります。
  5. 5
    APKファイルを改造するパッチをタップする 改造APKファイルを作成するためのパッチの一覧が表示されます。
  6. 6
    Rebuild The App(アプリを再ビルドする)をタップする 画面下部の青いボタンのことで、タップすると元のアプリとは別のパッチが当てられたアプリ用の改造APKファイルが作成されます。改造APKファイルは、/sdcard/LuckyPatcher/Modified/フォルダで確認可能です。
  7. 7
    Okをタップする これで、APKファイルが作成されたことが確認できました。また、「Go to file(ファイルに移動)」をタップして、改造APKファイルが格納されたフォルダを開くこともできます。[6]
    広告

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
ウェブサイトの公開日を調べるウェブサイトの公開日を調べる
キズの付いたCDを修復する
テレビでNetflixからログアウトするテレビでNetflixからログアウトする
winmail.datを開くwinmail.datを開く
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
海外でのブラックハートの絵文字の使用海外での🖤(ブラックハート)の絵文字の使用
YouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼るYouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼る
AndroidでSMSを別の端末に移行するAndroidでSMSを別の端末に移行する
XMLファイルを開くXMLファイルを開く
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
電話が盗聴されているか調べる電話が盗聴されているか調べる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は13,928回アクセスされました。
このページは 13,928 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告