PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Apple IDを確認または復旧する方法について紹介します。

方法 1 の 2:
iPhoneまたはiPadを使う

  1. 1
    設定を開く 歯車が表示された灰色のアプリ(⚙️)で、通常はホーム画面にあります。
  2. 2
    (デバイス名)にサインインをタップする 設定メニューの1番上にあります。
    • すでにデバイスにサインインしていて、1番上に名前が表示されている場合は、名前をタップすると、名前の下にメールアドレスが表示されているページが開きます。そのメールアドレスがApple IDです。
    • 古いiOSバージョンを使っている場合は、iCloudをタップし、1番上の欄で、サインインしているかどうかを確認してみましょう。サインインしていれば、名前の下にメールアドレスが表示されています。そのメールアドレスがApple IDです。
  3. 3
    Apple IDをお持ちでないか忘れた場合をタップする パスワード入力欄の下にあります。
    • 古いiOSバージョンを使っている場合は、Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?をタップします。
  4. 4
    Apple IDを忘れた場合をタップする ポップアップメニューの真ん中にあります。
  5. 5
    Apple IDをお忘れですか?をタップする Apple IDの入力欄の下にあります。
  6. 6
    情報を入力する 氏名とメールアドレスを指定の欄に入力します。
  7. 7
    次へをタップする 画面右上にあります。
  8. 8
    電話番号を入力する 画面に表示される下2桁の数字で終わる、Apple IDに紐付けられた番号を入力します。
  9. 9
    次へをタップする 画面右上にあります。
  10. 10
    電話番号を使ってリセットをタップする 画面の下の方にあります。
    • 入力した電話番号宛に、テキストメッセージで認証コードが届きます。認証コードが自動入力されない場合は、画面に入力し、次へをタップします。
    • 入力した電話番号が使用できない場合は、画面の1番下にある信頼できる電話番号を使用できませんか?をタップし、画面に従いApple IDを復旧します。
  11. 11
    パスコードを入力する iphoneのロック解除に使用しているパスコードを入力します。
  12. 12
    新しいパスワードを入力する 指定の欄に新しいパスワードを入力し、下の欄にもう一度同じパスワードを入力します。
    • パスワードは8桁以上(数字、大文字、小文字を含む)で作成し、スペースは入れません。gggなど同じ文字を3つ連続で使用したり、Apple IDや1年以内に使用したことのあるパスワードは無効です。
  13. 13
    次へをタップする 画面右上にあります。
  14. 14
    変更をタップする 自動でiCloudにサインインしていない場合は、指定の欄に新しいパスワードを入力します。
    • Apple IDは「Apple ID」の欄に表示されます。
  15. 15
    サインインボタンをタップする 画面の右上にあります。
    • サインインプロセスとしてデータにアクセスする間、画面には「iCloudにサインイン中」というメッセージが断続的に表示されます。
  16. 16
    iPhoneのパスコードを入力する 初期設定時に作成したロック解除コードです。
  17. 17
    データを同期する カレンダーやリマインダー、連絡先、メモ、その他iPhoneに保存してあるデータをiCloudアカウントに同期したい場合「結合」をタップします。同期しない場合は「結合しない」をタップします。
    • Apple ID(メールアドレス)は画面の1番上にある名前の下に表示されます。
    広告

方法 2 の 2:
パソコンを使う

  1. 1
    Appleのメニューを開く 画面の左上にある黒いAppleアイコンをクリックします。
  2. 2
    システム環境設定をクリックする ドロップダウンメニューの上の方にあります。
  3. 3
    iCloudをクリックする ウィンドウの左側にある青い雲のアイコンです。
    • MacにApple IDでサインインしている場合、ウィンドウの左側、名前の下にあるメールアドレスがApple IDです。
    • サインインをしていない場合は、Apple IDとパスワードの入力ウィンドウが表示されます。
  4. 4
    Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?をタップする ウィンドウ内のパスワード欄の下にあります。
  5. 5
    Apple IDを忘れた場合をクリックする ウィンドウの下の方にあります。
  6. 6
    iforgot.apple.comをクリックする ウィンドウ内のリンクをクリックするか、ブラウザにiforgot.apple.comを入力します。
  7. 7
    情報を入力する Apple IDと紐付けされている氏名、メールアドレスの入力が必要です。過去のメールアドレスも入力できますが、これは必須ではありません。
    • フォームへの入力が終わったら「次へ」をクリックします。
    • Apple IDは現在使用しているメールアドレスである可能性が高いでしょう。
  8. 8
    生年月日を確認する Apple IDの復旧を進める前に、生年月日の入力が必要となります。
  9. 9
    Apple IDの復旧方法を選ぶ 復旧には2つの方法があり、ログイン情報をメールで受け取るか、セキュリティ質問に答えてブラウザに情報を表示するかのどちらかを選ぶことができます。
    • メールでの受信を選択した場合、現在使用しているメールアドレス、またアカウントに紐付けされた全てのアドレス宛にログイン情報が届きます。
    • セキュリティ質問を選択した場合は、ID作成時に事前に設定していたセキュリティ質問のうち、2つの質問への回答が求められます。
  10. 10
    パスワードをリセットする セキュリティ質問に回答した場合は、Apple IDが次のページに表示されます。ここでApple ID用の新しいパスワードの入力が求められます。メールでApple IDの復旧を行なった場合は、パスワードをリセットするためのリンクがメールで届きます。そのメールを受信したアドレスがApple IDです。
    広告

関連記事

XMLファイルを開くXMLファイルを開く
画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
winmail.datを開くwinmail.datを開く
JPGをPDFに変換する
AndroidでSMSを別の端末に移行するAndroidでSMSを別の端末に移行する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
キズの付いたCDを修復する
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
コマンドプロンプトでファイルをコピーするコマンドプロンプトでファイルをコピーする
VCFファイルを開くVCFファイルを開く
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 320 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告