Apple WatchをiPhoneと同期する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:Apple Watchをペアリングするコンテンツを同期する出典

Apple Watchは、iPhoneからデータを取り出して、情報を表示します。Apple Watchの初期設定中、または、iPhoneのApple Watch appを通した、Apple IDによるサインインを行うことで、連絡先やカレンダー、メールなどiCloudの情報をApple Watchに同期できます。Apple Watchに互換性のあるアプリが、iPhoneからApple Watchに転送されます。転送されたアプリのデータは、iPhoneがApple Watchの近くにあれば、Apple Watchへ同期されます。

パート 1
Apple Watchをペアリングする

  1. 1
    iPhoneを更新します。Apple Watchの機能を最大限に使用するためには、最新バージョンのiOSを実行したほうがいいでしょう。iPhone 5以降のiPhoneで、iOS 8.2以降のiOSを実行している場合のみ、iPhoneにApple Watch appが表示されます。設定アプリの「全般」セクションをチェックするか、iPhoneをパソコンに接続して、iTunesを開き、iPhoneをアップデートすることができます。
  2. 2
    iPhoneでBluetoothを有効にしましょう。Apple Watchは、Bluetoothを使ってiPhoneに接続するため、iPhoneのBluetooth通信が有効になっている必要があります。iPhoneの画面下部を上方向にスワイプして、Bluetoothボタンをタップし、Bluetoothをオンにします。
    • iPhoneには、Wi-Fi、またはモバイル通信のいずれかによるインターネット接続も必要です。
  3. 3
    iPhoneでApple Watch appを開きましょう。iPhone 5以降のiPhoneで、iOS 8.2以降のiOSを実行している限り、ホーム画面にApple Watch appがあるはずです。アプリが見当たらない場合、お使いのiPhoneが利用条件を満たしていないということになります。
  4. 4
    Apple Watchの電源を入れます。Apple Watchの側面にあるデジタルクラウンのすぐ下のボタンを長押しして電源を入れましょう。Apple Watchに電源が入ると、セットアップ処理が読み込まれます。
    • タッチスクリーンまたはデジタルクラウンを使って、使用する言語を選択しましょう。
  5. 5
    Apple WatchとiPhoneの両方で「ペアリングを開始」をタップします。Apple Watchの画面にはアニメーションが表示され、iPhoneの画面ではカメラが開きます。
  6. 6
    iPhoneのカメラをApple Watchの画面のアニメーションに向けます。iPhoneの画面に表示された四角の中にApple Watchの画面が収まるようにしましょう。カメラが適切にApple Watchの画面を捉えると、Apple Watchが一瞬震えます。
    • カメラを使って2つのデバイスをペアリングできない場合は、「Apple Watch を手動でペアリング」をタップしましょう。リストの中からお使いのApple Watchを選択して、Apple Watchに表示されるコードをiPhoneに入力します。[1]
  7. 7
    iPhoneで「新しいApple Watchとして設定」をタップします。こうすることで、Apple Watchが新しいデバイスとして設定され、iPhoneからコンテンツを同期できるようになります。
    • 以前、Apple Watchを使用していた場合は、古いバックアップからデータを復元することができます。バックアップは、iCloudからダウンロードされます。
  8. 8
    Apple Watchを装着する腕を選択します。装着する腕を選択することで、Apple Watchのセンサーの動作を助けます。ほとんどの場合は、利き手でApple Watchを操作できるように、利き手ではない方の腕に装着します。
    • iPhoneで「左」または「右」をタップして、装着する腕を選択します。
  9. 9
    iPhoneで自分のApple IDを使ってサインインします。このステップは必須ではありませんが、サインインすると、Apple Watchだけを使って対応端末で支払いができるApple Payなど、さらに高度な機能を使用できるようになります。サインインする場合は、必ずiPhoneで使用しているApple IDを使いましょう。
  10. 10
    Apple Watch向けにパスコードを作成します。パスコードを作成しておくと、万が一Apple Watchが盗まれた時に、Apple Watchを保護することができます。Apple Watchを外す時、そして再び装着する時にパスコードの入力を求められます。パスコードの作成は必須ではありません。
    • iPhoneのロック解除と同時にApple Watchもロック解除するかどうかの設定も求められます。
  11. 11
    Apple Watch対応のアプリをインストールします。使用可能なすべてのアプリをインストールするか、あとで選択するように求められます。App StoreからApple Watchへアプリをダウンロードしたり、インストールすることはできません。代わりに、iPhoneからアプリを直接インストールします。アプリをインストールすると、アプリのデータもApple Watchに同期されます。
    • 一度にすべてのアプリをインストールしたくない場合は、同期するアプリを選択する方法の詳細を次のセクションで確認しましょう。
  12. 12
    Apple WatchがiPhoneと同期するまで待ちましょう。使用可能なすべてのアプリをインストールするかどうかを選択すると、Apple Watchの同期が始まります。あとでアプリを同期するよう選択した場合、同期はすぐに終了しますが、互換性のあるアプリをすべてインストールするよう選択した場合は、しばらく時間がかかるでしょう。同期が完了すると、Apple Watchに通知が表示されます。

パート 2
コンテンツを同期する

  1. 1
    Apple Watchで自分のApple IDを使ってサインインします。サインインすることで、連絡先やカレンダー、メールアカウント、お気に入りのiCloudフォトなど、iCloudに保存されている情報が同期されます。Apple Watchで同時にサインインできるApple IDは、1つのみです。初期設定中にサインインしなかった場合は、以下の方法でiPhoneのApple Watch appを使用してサインインできます。[2]
    • iPhoneでApple Watch appを開きます。
    • 画面の下部にある「マイウォッチ」タブをタップして、「一般」をタップします。
    • 「Apple ID」をタップし、自分のApple IDでサインインします。iPhoneからApple WatchへiCloudデータの同期が始まり、同期が完了するまでしばらくかかる場合があります。複数のApple IDを保有している場合、Apple Watchで特定のApple IDを使用するためには、まず、使用したいApple IDを使ってiPhoneでサインインする必要があります。
  2. 2
    iPhoneからアプリとデータを転送します。Apple IDを使ってiCloudの情報を同期するだけでなく、Apple Watchに互換性のあるアプリをiPhoneからApple Watchへ転送することもできます。初期設定中にすべてのアプリをインストールするよう求められますが、iPhoneのApple Watch appを使って、表示させるアプリをカスタマイズできます。設定方法は以下のとおりです。
    • Apple Watch appを開き、画面の下部にある「マイウォッチ」をタップします。
    • 下にスクロールして、Apple Watchに追加したい、またはApple Watchから削除したいアプリをタップします。リストに表示されるのは、iPhoneにインストールされている、Apple Watchに互換性のあるアプリのみです。
    • 「AppをApple Watchで表示」のオンオフを切り替えます。この操作により、Apple Watchに該当のアプリがインストールされるかどうかが決まります。変更がApple Watchに同期されるまでしばらくかかる可能性があります。アプリのデータは、引き続きiPhoneによって完全に管理されます。
  3. 3
    Apple Watchに音楽を同期して、iPhoneなしでも音楽を聴けるようにしましょう。通常、Apple Watchは、単純にiPhoneで再生している音楽を操作するために使用されます。しかし、プレイリストをApple Watchへ同期することで、Apple WatchにペアリングされたBluetoothのヘッドセットがあれば、iPhoneが手元になくても音楽を聴くことができます。プレイリストを同期するには、まずiPhoneでプレイリストを作成する必要があります。
    • iPhoneでミュージックアプリを開き、新しいプレイリストを作成します。Apple Watchに保存できる音楽は、2GBまでです(約200曲)。聴きたい曲をすべて、1つのプレイリストの中に入れる必要があります。[3]
    • Apple Watchを充電器に接続して、BluetoothでiPhoneに接続されていることを確認します。
    • Apple Watch appを開き、画面の下部にある「マイウォッチ」を選択します。
    • 「ミュージック」、そして「同期済みプレイリスト」をタップします。Apple Watchへ同期したいプレイリストを選択しましょう。同期にかかる時間は、転送する音楽の容量によって異なります。BluetoothのヘッドセットがApple Watchにペアリングされている場合のみ、同期済みのプレイリストを確認することができます。[4]

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: スマートフォン

他言語版:

English: Pair Your Apple Watch with an iPhone, Español: sincronizar tu Apple Watch con un iPhone, Italiano: Sincronizzare l'Apple Watch con un iPhone, Português: Sincronizar o iPhone com o Apple Watch, Deutsch: Deine Apple Watch mit einem iPhone verbinden, Français: jumeler son Apple Watch avec un iPhone, Русский: создать пару между Apple Watch и iPhone, Bahasa Indonesia: Menghubungkan Apple Watch dengan iPhone

このページは 4,820 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?