BRAT (英語の頭文字をとって、Banana:バナナ、Rice:米、Applesauce:りんごソース、Toast:トースト)食事法は昔から下痢やつわりに苦しむ人に利用されてきました。これらの食品は胃もたれ、胸やけ、吐き気などの症状に有効ですが、これらの食品だけを摂っていても、たんぱく質、カロリー、ビタミンなどを十分に摂取できないため、実際には病気や体調不良からの回復が遅れるということが最近の研究で明らかにされました。[1] まずはBRAT食事法からはじめて、必要な栄養を補うための胃腸にやさしい食品を足していくのが、回復のために最も望ましい方法です。

パート 1 の 2:
BRAT食を摂取する

  1. 1
    バナナを食べる 体は嘔吐や下痢によってカリウム失ってしまいます。バナナは消化によく、カリウムを豊富に含みます。また、バナナはアミスターゼに抵抗性のあるデンプンを多く含むため、摂取することで下痢が早期に治まります。[2]
    • 人によっては、熟したバナナの方がまだ熟していないものよりも消化しやすいようです。どの程度の熟れ具合が自分に合うのかを把握しましょう。
  2. 2
    白米を準備する 米は水分補給の効率を改善して、病気から早期に回復するのに役立ちます。[3] 米の調理方法はいくつかあります。
    • 炊飯器で米を炊きます。
    • カップ1杯の米にカップ1.5杯の水を加えて沸騰させます。煮立ったら蓋をして火を弱めます。そのまま水分が全て吸収されるまで、時間にしておよそ20分程待ちます。[4]
    • 十分に柔らかくなるまで米を煮込み、それから濾します。
  3. 3
    りんごソースを購入する、もしくは作る りんごは食物繊維をあまり含まず、便を硬くしやすくする食品です。[5] 生の果物は消化されにくいため、りんごソースは丸ごとのりんごや切ったりんごよりも望ましい形態です。[6] 以下がりんごソースの作り方です。[7]
    • りんごを6個用意します。それらの皮を剥いて、芯をくり抜き、4等分にしてから大きめの鍋に入れて、そこにカップ1杯の水と大さじ1杯(15ml)のレモン汁を加えます。
    • 鍋を火にかけて沸騰したら、火を弱めて30分間ぐつぐつと煮込みます。
    • りんごの塊は必要に応じてポテトマッシャー(じゃがいも潰し器)でつぶしましょう。
    • 小さじ1杯の砂糖を入れてかき混ぜます。胃を刺激する恐れがありますが、小さじ1/4のシナモンを加えてもよいでしょう。
    • りんごソースを購入する場合は、砂糖や甘味料が添加されていないものを選びましょう。
  4. 4
    トーストを作る トーストもりんご同様に消化によくて食物繊維の少ない、便を硬くしやすくする食品です。[8] 栄養を補うために、消化できるならば、ジャムをトーストに塗ってもよいでしょう。バターやピーナッツバターは脂肪を多く含み、胃に負担をかけるため、それらをトーストに塗るのは控えた方がよいかもしれません。[9]
    • 全粒粉パンは精白パンよりも通常は健康的な食品であるとされていますが、全粒粉製品は食物繊維を多く含むため、急性胃蠕動を引き起こす可能性があります。そのため、全粒粉パンが健康的な食品であることはここではさほど重要ではありません。
    広告

パート 2 の 2:
BRAT食事法を補う

  1. 1
    水分を十分に補給する 吐き気が収まらない場合には、固形物の摂取は控えて、代わりに、スポーツドリンクのような電解質を多く含む液体を摂取しましょう。[10] 吐き気が収まったら、(肉、魚、野菜などの)煮だし汁、水で薄めたフルーツジュース、カフェインを含まない炭酸飲料、はちみつを入れた紅茶などを摂取できます。食間にこれらの飲料を少しずつ飲みましょう。[11]
    • 吐き気があるときに氷のかけらを舐めると、脱水症状の防止に役立つと言う人もいます。
  2. 2
    塩味のクラッカー、パスタ、ふかしたじゃがいもや火を通したにんじんなどの簡単な炭水化物を食事に取り入れます。必ず消化できると分かっている場合以外は、パスタにソ-スをかけるのには注意を払いましょう。じゃがいもはかならず皮を剥いて使いましょう。[12]
  3. 3
    鶏肉を食べてたんぱく質を摂取する 味付けのされていない脂肪を取り除いた鶏肉は、体調回復のために重要な消化によい豊富なたんぱく源です。[13]
    • 簡単な卵料理や卵の白身も胃にやさしく優れたたんぱく源です。
  4. 4
    ヨーグルトをたくさん食べる ヨーグルトに存在するプロバイオティクス(善玉菌)には、下痢の症状の緩和と早期回復に効果があることが明らかにされています。[14]ラクトバチルス・ラムノサス、ラクトバチルス・ロイテリ、サッカロマイセス・ブラウディ、ラクトバチルス・アシドフィルス、ビフィドバクテリウム・ビフィダムなどは、特に回復に役立つ菌株です。[15]
    • 錠剤や粉末の形状でプロバイオティクスを入手することもできます。錠剤や粉末には、通常様々な種類の有効な菌株が含まれています。
  5. 5
    カップ1杯のココアや少量のダークチョコレートを摂取する ココアに含まれる成分は、腸に水の分泌を促すたんぱく質を標的にして無効化することが研究で明らかにされました。つまり、少量のチョコレートは便を硬くするのに役立ちます。[16] ココアに牛乳を入れるのであれば、荒れた胃を刺激しないように、ほんの少しだけにします。
  6. 6
    キャロブパウダーやオオバコの種を試す 小さじ1杯のキャロブパウダーをりんごソースに混ぜたものは胃の調子を整えるのに役立ちます。[17]オオバコの種を1日に9~30g摂取すると、便が硬くなり下痢の症状が緩和されます。[18]
  7. 7
    胃を刺激したり、脱水症状を促す食品を避ける 一刻も早く食事を通常通りに戻すことは重要ですが、まずはここまでで紹介された簡単な食品から始めて、徐々にその他の食品を取り入れていきましょう。避けるべき食品:
    • 高脂肪の食品や油っこい料理、特に揚げ物[19]
    • ヨーグルト以外の乳製品[20]
    • 生もしくは乾燥した果物および野菜、無調整のフルーツジュース[21]
    • カフェインとアルコール(利尿作用があり、脱水を促すため)[22]
    • デザートと菓子類(糖分を多く含む食品は消化されづらいため)[23]
    • 塩分の高い食品(塩分の摂りすぎと水分の不足は脱水症状を悪化させるため)
    広告

注意事項

  • 以下に該当する場合は、医師の診察を受けましょう。[24]
    • 下痢や吐き気が3日以上続く
    • 38.8度以上の発熱がある
    • 立ちくらみがする
    • 尿がほとんど、あるいは全く出ない
    • 頬がこけた、または涙が出ない


広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

食欲を増やす

How to

抜けにくいタンポンを取り出す

How to

一晩で体重を落とす

How to

消化を早める

How to

自分で抜糸する

How to

1週間で5kg痩せる

How to

10日で体重を減らす

How to

早く結膜炎を治す

How to

脳への血流を増やす

How to

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす
広告

このwikiHow記事について

Claudia Carberry, RD, MS
共著者
栄養学修士(テネシー大学ノックスビル校)
この記事の共著者 Claudia Carberry, RD, MS. クラウディア・カーベリーはアーカンソー大学の医療科学センターで働く管理栄養士です。腎臓移植を専門とし、患者の減量カウンセリングも行っています。アーカンソー栄養士協会の会員で、2010年にテネシー大学ノックスビル校にて栄養学の修士号を取得。 この記事は1,518回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康 | 調理法
このページは 1,518 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告