CSV(Comma-Separated Value)ファイルから連絡先をインポートすれば、一度にたくさんのメールアドレスの連絡先をGoogleアカウントに追加することができます。連絡先のCSVファイルを一から作ることも、利用しているメールクライアントからエクスポートすることも可能です。空のGmailのCSVファイルをテンプレートとして利用し、入力フィールドや入力内容を確認してから、自分の連絡先を追加することができます。連絡先の追加が完了したら、Googleの連絡先にログインしてCSVファイルをインポートします。インポートした連絡先に間違いがないかを忘れずに確認しましょう。

方法 1 の 2:
CSVファイルのテンプレートを作成する

  1. 1
    GmailからCSVファイルをエクスポートする エクスポートしたCSVファイルは、入力フィールドがGmailに対応しているため、インポート用CSVファイルのテンプレートとして利用することができます。
    • 連絡先が入っていないとCSVファイルをエクスポートできない場合は、連絡先をひとつ作成して、ファイルをエクスポートできるようにしましょう。
    • 他のメールサービスからCSVファイルをインポートする場合は、パート2のインポート方法に進みましょう。
    • CSVを一から作りたい場合は、こちらのサイトで全てのヘッダー一覧を参照することができます。
  2. 2
    CSVファイルを表計算プログラムまたはテキストエディタで開く CSVファイルの1行目には、データ入力用の様々なカテゴリが表示されます(例:名、姓、メールアドレスなど)。表計算ソフトでは、これらのカテゴリが別々のセルに分けられます。一方でテキストエディタでは、これらのカテゴリはコンマで区切りられ、1行目に羅列されます。
    • 表計算ソフトで作業したい場合は、Microsoft ExcelやGoogleスプレッドシートを利用しましょう。また、テキストエディタで作業したい場合は、メモ帳やテキストエディットを利用しましょう。
  3. 3
    連絡先をCSVファイルに追加する 各セルに関連する情報や値を順に入力しましょう。値を入力する必要がない項目があれば、表計算プログラムで作業している場合は、その項目のセルを空白にすることができます。テキストファイルで作業している場合は、「,」のみを入力しましょう。
    • 例えば、テキストファイルのヘッダーが「名、性、電話番号、メールアドレス」である場合は、「太郎,,,taro@email.com」などのようになるかもしれません。
    • テキストファイルで作業する場合は、入力フィールドを削除しないように注意し、空白のフィールドに必ずコンマを入力するようにしましょう。Gmailはすべてのフィールドを確認するため、 欠落したフィールドがあるとインポート時に問題が発生します。
  4. 4
    [ファイル]メニューを開いて[保存]を選択する 作成したCSVファイルを保存し、Gmailアカウントにインポートできるようにしましょう。
    広告

方法 2 の 2:
ウェブブラウザでCSVファイルをインポートする

  1. 1
    ウェブブラウザで Google連絡先を開く
  2. 2
    Google/Gmailアカウントにログインする ユーザー名とパスワードを入力して[ログイン]をクリックします。Google連絡先のページが開きます。
  3. 3
    [インポート]ボタンをクリックする [インポート]ボタンは、左側のパネルにあります。これをクリックすると、[連絡先のインポート]のポップアップ画面が開きます。
    • 新しいバージョンのコンタクトのプレビューを使用している場合は、このボタンは[連絡先]と表示されます。新しいバージョンのプレビューは、現在連絡先のインポートに対応していないため、[連絡先]をクリックすると、古いバージョンの連絡先インターフェースに切り替わります。そこから、再度このステップを行う必要があります。
  4. 4
    [ファイルを選択]をクリックする
  5. 5
    アップロードするCSVファイルを選択する エクスポートまたは作成したファイルを探し、[開く]をクリックします。選択したファイルが[連絡先のインポート]のポップアップ画面に追加されます。
  6. 6
    [インポート]をクリックする インポートはすぐに完了し、連絡先のページに追加した連絡先が表示されます。[1]
    • 情報が間違ったフィールドに入っているなど、連絡先が正しくインポートされていないことを確認した場合は、CSVファイルでフィールドを削除したり、コンマを入力し忘れたりした可能性があります。たくさんの連絡先をインポートした場合は、一旦インポートした連絡先を全て削除し、CSVファイルを修正してから再度インポートする方が、連絡先をひとつひとつ修正するよりも簡単かもしれません。
    広告

ポイント

  • 現在のところ、モバイル端末からはCSVファイルをインポートすることはできません。
  • 他のメールサービスから連絡先をエクスポートする場合、CSV以外のファイル形式でもエクスポートできるかもしれません。それらのファイル形式は、連絡先情報が整えられてGmailアカウントにインポートできる状態になっています。

広告

注意事項

  • 自分でCSVファイルを作成する場合は、情報が適切なフィールドにインポートされているかを確認するとよいでしょう。例えば、名前とメールアドレスが正しいフィールドに表示されているか、連絡先と正しく関連付けられているかを確認しましょう。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

ファンクションキーを解除する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

HPでスクリーンショットを撮る

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

SWFファイルをダウンロードする

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,056回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 2,056 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告