この記事では、WindowsもしくはMacのパソコンで入力した英文字がすべて大文字になってしまうという問題の原因、「CapsLock」を解除する方法を解説します。CapsLockの解除は、CapsLockキーをもう一度押すだけで簡単なのですが、CapsLockキーが動かなくなってしまった場合は、キーを直さなければなりません。また、CapsLockを使うつもりがない場合は、CapsLockを完全に無効化することもできます。

方法 1 の 3:
CapsLockを解除する

  1. 1
    CapsLockキーをもう一度押す CapsLockキーをうっかり押すなどして、CapsLockが有効になってしまった場合は、キーをもう一度押すと、キー自体が正常に動作していればCapsLockを解除することができます。
    • CapsLockキーが ShiftキーとTab キーに隣接していると押しにくいことがあります。その場合は、CapsLockを完全に無効化してしまいましょう。CapsLockの無効化は、WindowsMacのどちらのパソコンでも行うことができます。
  2. 2
    動かなくなったキーを直す CapsLockキーをもう一度押しても解除できなかった場合は、キーが押下状態で引っかかっている可能性があります。その場合は、エアダスターをキーに吹きかけるか、消毒用アルコールに浸した綿棒でキーを丁寧に拭きましょう。
    • ただし、上記の手順を行うときは十分に注意しましょう。キーやその構成部品を破損してしまうと、パソコンの保証が受けられなくなってしまう可能性があります。
  3. 3
    広告

方法 2 の 3:
CapsLockキーを無効化する(Windows)

  1. 1
    「スタート」
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左下にあるWindowsのロゴをクリックします。
  2. 2
    メモ帳と入力する 「メモ帳」というプログラムの検索が行われます。この「メモ帳」は、CapsLockキーを無効化するために使います。
  3. 3
    メモ帳をクリックする 「スタート」ウィンドウの上部にあるメモ帳の形をした青いアイコンのことです。このアイコンをクリックすると、「メモ帳」ウィンドウが表示されます。
  4. 4
    CapsLockの解除コードを入力する これから作成するドキュメントは、見出し、空白行、ファイルパス、およびコードの4つで構成されています。[1]
    • Windows Registry Editor Version 5.00と入力してから、 Enterキーを2回押します。
    • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]と入力してから、 Enterキーを押します。
    • 「メモ帳」の最後の行に"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,02,00,00,00,00,00,3a,00,00,00,00,00と入力します。
  5. 5
    ファイルをクリックする 「メモ帳」ウィンドウの左上にあります。これをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    名前を付けて保存...をクリックする ドロップダウンメニューの下部付近にあるオプションのことです。このオプションをクリックすると、「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されます。
  7. 7
    ファイル名を入力する ウィンドウの下部付近にある「ファイル名」のテキストボックスにdisable_caps_lock.regと入力します。
  8. 8
    「ファイルの種類」のドロップダウンボックスをクリックする 「ファイル名」のテキストボックスの下にあります。このドロップダウンボックスをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  9. 9
    すべてのファイルをクリックする ドロップダウンメニューの中にあります。
  10. 10
    保存先を指定する ウィンドウの左側からアクセスしやすいフォルダ(デスクトップなど)をクリックして選択します。ここで選択したフォルダ名を覚えておきましょう。この後すぐに開くことになります。
  11. 11
    保存をクリックする ウィンドウの右下にあります。これをクリックすると、選択したフォルダにファイルが保存されます。
  12. 12
    ファイルをインストールする ファイルを保存したフォルダにアクセスしたら(「デスクトップ」フォルダを選択した場合は、開いているウィンドウを最小化します)、そのファイルをダブルクリックして開き、レジストリファイルの結合が完了したという通知が表示されるまではいをクリックしていきましょう。
  13. 13
    プロンプトが表示されたら、OKをクリックする レジストリの変更が完了したことを通知するプロンプトに表示されます。
  14. 14
    パソコンを再起動する スタート電源の順にクリックして、ポップアップメニューから再起動を選択します。パソコンの再起動が完了すると、CapsLockキーが機能しなくなっていることが分かるはずです。
    • 上記で作成したファイルは、パソコンの再起動が完了すれば削除してもかまいません。
    広告

方法 3 の 3:
CapsLockキーを無効化する(Mac)

  1. 1
    「アップル」メニュー
    Macapple1.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左上にあるAppleのロゴをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  2. 2
    システム環境設定...をクリックする ドロップダウンメニューの中にあります。これをクリックすると、「システム環境設定」ウィンドウが表示されます。
  3. 3
    キーボードをクリックする 「システム環境設定」ウィンドウにあるキーボードの形をしたアイコンのことです。このアイコンをクリックすると、「キーボード」ウィンドウが表示されます。
  4. 4
    キーボードタブをクリックする 「キーボード」ウィンドウの左上にあります。
  5. 5
    修飾キー...をクリックする 「キーボード」ウィンドウの右下にあります。これをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
  6. 6
    Caps Lockキーのドロップダウンボックスをクリックする ポップアップウィンドウの中央にあります。このドロップダウンボックスをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  7. 7
    アクションなしをクリックする ドロップダウンメニューの中にあります。
    • ファンクションキーではなくTouch Bar(タッチバー)が搭載されたMacを使っている場合は、EscキーがCapsLockキーに割り当てられます。
  8. 8
    OKをクリックする ポップアップウィンドウの一番下にある青いボタンのことです。このボタンをクリックすると変更が保存され、CapsLockキーを押しても何も起こらなくなります。
    • これでも、CapsLockが無効になっていなかった場合は、Macを再起動して変更を確定しましょう。Macを再起動するには、アップルメニュー再起動...の順にクリックして、プロンプトが表示されたら再起動をクリックします。
    広告

ポイント

  • WindowsでCapsLockキーを再度有効化したい場合は、「レジストリエディター」の「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」という項目からdisable_caps_lock.regというファイルを消去して、パソコンを再起動する必要があります。

広告

注意事項

  • CapsLockキーが押下状態で引っかかっており、CapsLockを無効化できない場合は、パソコンを修理サービスに出さなければなりません。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

HPでスクリーンショットを撮る

How to

ファンクションキーを解除する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのRAMを確認する

How to

パソコンにBluetoothが搭載されているかを確認する

How to

ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は11,190回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 11,190 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告