この記事では、各ブラウザのCookieおよびJavaScriptを有効にする方法を解説します。Cookieとは、ウェブサイトを訪問した際に発行されてブラウザに保存される小さなデータのことで、サイトを訪問、利用すればするほど、サイトの表示は高速化かつカスタマイズされていきます。また、JavaScriptとは、ブラウザによるユーザーの嗜好に合わせたページ情報の読み込みおよび表示を可能にするコンピューター言語のことです。なお、たいていのブラウザでは、このJavaScriptが初期設定で有効になっていることに留意しましょう。

方法 1 の 8:
Android版「Google Chrome」

  1. 1
    「Google Chrome」を開く 赤、緑、黄、青の4色からなる球状のアイコンをタップします。
  2. 2
    をタップする 画面の右上隅にあります。タップすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をタップする ドロップダウンメニューの下部にあります。
  4. 4
    画面を下にスクロールして、サイトの設定をタップする ページの下部付近にあります。
  5. 5
    Cookieをタップする 画面の上部付近にあります。
  6. 6
    「Cookie」のスイッチ(灰色)
    Android7switchoff.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    青色または緑色に変わり、Cookieが有効になります。
    • 「Cookie」のスイッチが青色または緑色の場合は、Cookieがすでに有効になっています。
    • 各ウェブサイトによるCookieの利用を許可する場合は、ページの上部付近にある「サードパーティのCookieを許可」のチェックボックスにチェックを入れましょう。
  7. 7
    「戻る」ボタンをタップする 画面の左上隅にあります。
  8. 8
    JavaScriptをタップする 「サイトの設定」ページの中央付近にあります。
  9. 9
    「JavaScript」のスイッチ(灰色)
    Android7switchoff.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    スイッチが右にスライドして、青色または緑色に変わり、「Google Chrome」ブラウザのJavaScriptが有効になります。
    • 「JavaScript」のスイッチが青色または緑色の場合は、JavaScriptがすでに有効になっています。
    広告

方法 2 の 8:
PC版「Google Chrome」

  1. 1
    「Google Chrome」を開く 赤、緑、黄、青の4色からなる球状のアイコンをタップします。
  2. 2
    をクリックする ブラウザウィンドウの右上隅にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をクリックする ドロップダウンメニューの下部付近にあります。
  4. 4
    画面を下にスクロールして、詳細設定 をクリックする ページの一番下にあります。
  5. 5
    画面を下にスクロールして、コンテンツの設定をクリックする 「プライバシーとセキュリティ」セクションの下部付近にあります。
  6. 6
    Cookieをクリックする 「コンテンツの設定」メニューの上部付近にあります。
  7. 7
    「サイトにCookieデータの保存と読み取りを許可する」のスイッチ
    Android7switchoff.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    このスイッチをクリックすると、スイッチが灰色から青色に変わり、Cookieが有効になります。
    • このスイッチが青色の場合は、Cookieがすでに有効になっています。
  8. 8
    Android7arrowback.pngというタイトルの画像
    をクリックする ページの左上にあります。
  9. 9
    <> JavaScriptをクリックする ページの中央付近にあります。
  10. 10
    「JavaScript」をオンにする 「許可(推奨)」の右側にある灰色のスイッチをクリックすると、スイッチが青色に変わります。
    • このスイッチが青色の場合は、「Google Chrome」ブラウザのJavaScriptがすでに有効になっています。
    • また、このページの下部にある「ブロック」のウィンドウにサイトが何も表示されていないか確認しておくようにしましょう。
    広告

方法 3 の 8:
Android版「Firefox」

  1. 1
    「Firefox」を開く オレンジ色のきつねが青色の地球に巻き付いているようなアイコンをタップします。
    • 「Firefox」ではJavaScriptが常に有効になっているため、「Firefox」のスマートフォンアプリでは、JavaScriptの有効・無効を切り替えることはできません。ただし、Android版「Firefox」の場合、Cookieの有効・無効を切り替えることは可能です。
  2. 2
    をタップする 画面の右上隅にあります。タップすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をタップする ドロップダウンメニューの下部付近にあります。
  4. 4
    プライバシータブをタップする 画面の左側にあります。
  5. 5
    Cookieをタップする ページの上部付近にあります。
  6. 6
    有効オプションをタップする これで、「Firefox」ブラウザのCookieが有効になります。
    広告

方法 4 の 8:
PC版「Firefox」

  1. 1
    「Firefox」を開く オレンジ色のきつねが青色の地球に巻き付いているようなアイコンをクリックします。
    • 「Firefox」ではJavaScriptが常に有効になっていますが、Cookieの有効・無効を切り替えることは可能です
    • 「Firefox」でJavaScriptエラーが発生した場合は、「Firefox」を一度アンインストールしてから、再度インストールしましょう。
  2. 2
    をクリックする ウィンドウの右上にあります。クリックすると、ドロップダウンウィンドウが表示されます。
  3. 3
    オプション(Windows)または環境設定(Mac)をクリックする ドロップダウンウィンドウにあります。クリックすると、「設定」ページが開きます。
  4. 4
    プライバシータブをクリックする ページの左側(Windows)またはウィンドウの上部(Mac)にあります。
  5. 5
    「Firefoxに」のドロップダウンボックスをクリックする ページの中央にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    記憶させる履歴を詳細設定するをクリックする クリックすると、詳細オプションがページの下部に表示されます。
  7. 7
    「サイトから送られてきたCookieを保存する」のチェックボックスにチェックを入れる 「履歴」セクションの下にあります。
  8. 8
    「サードパーティCookieの保存」のドロップダウンボックスをクリックする 「サイトから送られてきたCookieを保存する」セクションの下にあります。
  9. 9
    常に許可をクリックする これで、「Firefox」ブラウザのCookieがすべて有効になります。
    広告

方法 5 の 8:
「Microsoft Edge」

  1. 1
    「Microsoft Edge」を開く 「e」の形をした紺青色のアイコンのことです。
  2. 2
    をクリックする 「Microsoft Edge」ウィンドウの右上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をクリックする ドロップダウンメニューの下部にあります。クリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
  4. 4
    画面を下にスクロールして、詳細設定を表示をクリックする 「設定」ウィンドウの下部にあります。
  5. 5
    画面を下にスクロールして、「Cookie」のドロップダウンボックスをクリックする 「設定」ウィンドウの下部付近にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    Cookieをブロックしないをクリックする ドロップダウンメニューの下部にあります。クリックすると、Cookieが有効になります。
  7. 7
    「Microsoft Edge」を終了する 設定が保存されます。
  8. 8
    「スタート」
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く(Windows 10 Pro以上) 
    「グループポリシーエディター」がWindowsパソコンにインストールされている必要があります。ただし、「Windows 10 Home」または「Windows 10 Starter」では、「Microsoft Edge」ブラウザのJavaScriptを有効・無効にすることができません。
  9. 9
    「スタート」にグループポリシーの編集と入力する 「グループポリシーの編集」プログラムをパソコンで検索します。
  10. 10
    グループポリシーの編集をクリックする 「スタート」ウィンドウの上部にあります。
  11. 11
    「Microsoft Edge」のフォルダに移動する 操作は以下の通りです。
    • ユーザーの構成をダブルクリックします。
    • 管理用テンプレートをダブルクリックします。
    • Windowsコンポーネントをダブルクリックします。
    • Microsoft Edgeをダブルクリックします。
  12. 12
    Javascriptなどのスクリプトを実行できるようにするをダブルクリックする JavaScriptのオプションを含むウィンドウが表示されます。
  13. 13
    有効のチェックボックスをクリックする これで、「Microsoft Edge」ブラウザのJavaScriptが有効になります。
    • 有効の左側にあるラジオボタンがオンになっている場合は、「Microsoft Edge」ブラウザのJavaScriptがすでに有効になっています。
  14. 14
    OKをクリックする ウィンドウの下部にあります。クリックすると、設定が保存されます。
    広告

方法 6 の 8:
「Internet Explorer」

  1. 1
    「Internet Explorer」を開く 青色の「e」に黄色の帯が巻かれているようなアイコンのことです。
  2. 2
    「設定」
    IE11settings.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    ウィンドウの右上隅にある歯車の形をしたアイコンのことです。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    インターネットオプションをクリックする ドロップダウンメニューの下部付近にあります。
  4. 4
    プライバシータブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  5. 5
    詳細設定をクリックする ウィンドウ上部の「設定」セクションにあります。
  6. 6
    ファーストパーティおよびサードパーティのCookieを有効にする 「ファーストパーティのCookie」および「サードパーティのCookie」という見出しの下にある承諾するのラジオボタンをクリックします。
  7. 7
    OKをクリックする クリックすると、Cookieが有効になり、「インターネットオプション」ウィンドウに戻ります。
  8. 8
    セキュリティタブをクリックする 「インターネットオプション」ウィンドウの上部付近にあります。
  9. 9
    インターネットの地球アイコンをクリックする 「インターネットオプション」ウィンドウの上部付近にあります。
  10. 10
    レベルのカスタマイズをクリックする 「インターネットオプション」ウィンドウの下部付近にある「このゾーンのセキュリティのレベル」セクションにあります。
  11. 11
    「スクリプト」セクションまで下にスクロールする 「セキュリティ設定」ウィンドウの下部付近にあります。
  12. 12
    「アクティブスクリプト」という見出しの下にある「有効にする」のチェックボックスにチェックを入れる これで、「Internet Explorer」ブラウザのJavaScriptが有効になります。
  13. 13
    OKをクリックする ウィンドウの下部にあります。
  14. 14
    適用をクリックしてから、OKをクリックする クリックすると、設定が保存されて、「Internet Explorer」ブラウザのCookieおよびJavaScriptが有効になります。
    広告

方法 7 の 8:
iPhone版「Safari」

  1. 1
    iPhoneの「設定」
    Iphonesettingsappicon.pngというタイトルの画像
    を開く 
    歯車の付いた灰色のアイコンで、通常はホーム画面にあります。
  2. 2
    画面を下にスクロールして、Safariをタップする 「設定」ページの1/3あたりにあります。
  3. 3
    画面を下にスクロールして、Cookieをブロックをタップする ページの中央付近にあります。
  4. 4
    常に許可をタップする これで、「Safari」アプリのCookieが有効になります。
  5. 5
    < Safariをタップする 画面の左上隅にあります。
  6. 6
    画面を下にスクロールして、詳細をタップする ページの下部にあります。
  7. 7
    広告

方法 8 の 8:
Mac版「Safari」

  1. 1
    「Safari」を開く コンパスの形をした青色のアイコンのことです。
  2. 2
    Safariをクリックする 画面の左上隅にあります。
  3. 3
    環境設定をクリックする 「Safari」のドロップダウンメニューの上部付近にあります。
  4. 4
    プライバシータブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
  5. 5
    「CookieとWebサイトのデータ」のドロップダウンボックスをクリックする ウィンドウの上部付近にあります。
  6. 6
    常に許可をクリックする これで、「Safari」ブラウザのCookieが有効になります。
  7. 7
    セキュリティタブをクリックする 「設定」ウィンドウの中央にあります。
  8. 8
    「JavaScriptを有効にする」のチェックボックスにチェックを入れる 「Webコンテンツ:」という見出しの右側にあります。チェックを入れると、「Safari」ブラウザのJavaScriptが有効になりますが、影響を受けるページが動作する前にブラウザを更新する必要があります。
    広告

ポイント

  • Cookieは、「ファーストパーティクッキー」または「サードパーティクッキー」のいずれかの場合があります。「ファーストパーティクッキー」とは、ウェブサイトを閲覧した際に発行されるCookieのことです。一方、「サードパーティクッキー」とは、閲覧しているウェブサイト上の広告から発行されるCookieのことです。この「サードパーティクッキー」は、複数のウェブサイトにわたってユーザーを追跡し、ユーザーの好みに合わせて広告を展開する際に使用されます。また、たいていのウェブブラウザでは、「サードパーティクッキー」が初期設定で有効になっています。
  • たいていのWebブラウザでは、CookieおよびJavaScriptが初期設定で有効になっています。そのため、自分または他の誰かが無効にした場合を除いて、実際には有効にする必要がありません。

広告

注意事項

  • Cookieはブラウジングにおける利便性が高く、どの広告を表示するかを決定する際にも使用されます。ただし、Cookieによって、プライバシーが侵害される可能性もあるので注意しましょう。
広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

閲覧履歴を確認する

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,578回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 1,578 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告