このwikiHowでは、WindowsまたはMacでDATファイルを開く方法を紹介します。DATファイルは、そのファイルが作成されたプログラムを使って開くことができます。どのプログラムで作られたか不明な場合は、DATファイルを開く前にプログラムを特定する必要があります。コンピュータ言語のコーデックを保存するために使われているようなDATファイルは、一般のプログラムでは開けないことに注意しましょう。これらのファイルはコンピュータのシステムによって使用されており、編集されるべきものではありません。

方法 1 の 3:
Windowsで開く

  1. 1
    DATファイルを作成したプログラムを特定する 他の種類のファイルとは違い、DATファイルはほとんどのプログラムで作成することができます。そのためDATファイルを開くには、どのプログラムで作成したかを特定する必要があります。
  2. 2
    プログラムを開く DATファイルの作成に使用したプログラムのアイコンを、クリックまたはダブルクリックしましょう。
  3. 3
    ファイルをクリックする 「ファイル」は通常、プログラムのウィンドウの左上にあります。クリックするとメニューが表示されます。
  4. 4
    開く…をクリックする これはファイルメニュー内にあります。クリックすると、ファイルエクスプローラーウィンドウが開きます。
    • Microsoft Officeを使用している場合は、開くをクリックしてファイルエクスプローラーウィンドウが開いたら、ページ中央のPCをダブルクリックする必要があります。
  5. 5
    ファイルエクスプローラーにすべてのファイルを表示させる 「ファイル名」欄の右にあるファイル選択ボックスをクリックし、ドロップダウンメニューからすべてのファイルをクリックしましょう。これにより、ファイルエクスプローラーにDATファイルを含むすべてのファイルが表示されます。
  6. 6
    DATファイルを選択する DATファイルの保存場所へ移動し、該当ファイルをクリックして選択します。
  7. 7
    開くをクリックする 「開く」はウィンドウの右下にあります。クリックするとDATファイルがプログラムで開きます。
  8. 8
    ダイアログボックスが表示されたらファイルを開くことを承諾する 場合によっては、ファイルの内容がファイルの拡張子と適合しないという警告(または同様の警告)が現れます。その場合は、はいまたは開くをクリックしてDATファイルを開きましょう。
    • 例えば、Excelで作成されたDATファイルをExcelで開くと、ファイルが壊れる可能性があるという警告が現れることがあります。この場合も、はいをクリックしてファイルを開きましょう。
  9. 9
    必要に応じてファイルの拡張子を変更する DATファイルを開くのに毎回プログラムにドラッグしなくて済むようにするためには、ファイルの拡張子を変更しましょう。この時、DATファイルに対する正しい拡張子を知っておく必要があります。これは、似たようなファイル形式(例:AVIではなくMP4)であっても、拡張子を変更するとファイルが壊れることがあるためです。
    • DATファイルを右クリックし、名前の変更をクリックする
    • ファイル名のdatの部分を選択する
    • datの部分を正しい拡張子に置き換える
    広告

方法 2 の 3:
Macで開く

  1. 1
    DATファイルを作成したプログラムを特定する 他の種類のファイルとは違い、DATファイルはほとんどのプログラムで作成することができます。そのためDATファイルを開くには、どのプログラムで作成したかを特定する必要があります。
  2. 2
    プログラムを開く DATファイルの作成に使用したプログラムのアイコンを、クリックまたはダブルクリックしましょう。
  3. 3
    DATファイルをプログラムのウィンドウにドラッグする DATファイルをクリックし、プログラムのウィンドウにドラッグしましょう。
    • 通常MacではDATファイルを読み込めるものと認識しないため、指定したプログラムでファイル>開くの手順を踏んでもDATファイルを開くことができません。
  4. 4
    DATファイルをドロップする これにより、DATファイルがプログラムで開きます。
  5. 5
    ダイアログボックスが表示されたらファイルを開くことを承諾する 場合によっては、ファイルの内容がファイルの拡張子と適合しないという警告(または同様の警告)が現れます。その場合は、はいまたは開くをクリックしてDATファイルを開きましょう。
    • 例えば、Excelで作成されたDATファイルをExcelで開くと、ファイルが壊れる可能性があるという警告が現れることがあります。この場合も、はいをクリックしてファイルを開きましょう。
  6. 6
    必要に応じてファイルの拡張子を変更する DATファイルを開くのに毎回プログラムにドラッグしなくて済むようにするためには、ファイルの拡張子を変更しましょう。この時、DATファイルに対する正しい拡張子を知っておく必要があります。これは、似たようなファイル形式(例:AVIではなくMP4)であっても、拡張子を変更するとファイルが壊れることがあるためです。
    • DATファイルを選択する
    • ファイルをクリックし、ドロップダウンメニューから情報を見るをクリックする
    • 「名前と拡張子」の横にある三角ボタンをクリックする
    • 必要に応じて「拡張子を非表示」のチェックを外す
    • 現在のファイル名の拡張子datを適切な拡張子に置き換える
    • Returnを押し、ダイアログボックスが表示されたら、.拡張子を使用をクリックする(例:XLSX文書の場合、.xlsxを使用をクリックする)
    広告

方法 3 の 3:
正しいプログラムを特定する

  1. 1
    ファイルの性質を考える ファイルを開くためのプログラムは、ファイルの保存場所やファイルの名前を基に特定できることがあります。
    • 例えば、DATファイルが「Adobe」フォルダ内にある場合、Adobeのアプリを使ってDATファイルを開くことができるだろうと推測できます。
    • DATファイルが、コンピュータの他のシステムファイルを含むフォルダ内にある場合、そのDATファイルはそのままにしておくのが最善だと考えられます。そのファイルは、おそらくコンピュータにもともと搭載されているプログラムや機能に使用されているはずです。
  2. 2
    ファイルの作成者に聞く メールのメッセージとして、あるいはダウンロードサイトからDATファイルを受け取った場合、そのDATファイルの送信者、またはファイルをアップロードした人に連絡を試み、どのプログラムで作成したのか聞いてみましょう。
    • 利用者の多いフォーラムやファイル共有サイトで質問しようとする場合は、この方法はうまくいかないかもしれません。しかし、同僚や友人からならメールで答えてもらえるはずです。
  3. 3
    テキストエディタでDATファイルを開く コンピュータに搭載されているテキストエディタを使って、DATファイルの内容の一部(またはすべて)を表示できることがあります。
    • Windows — メモ帳を開き、メモ帳のウィンドウにDATファイルをドラッグアンドドロップする
    • Mac — 「アプリケーション」フォルダからテキストエディットを開き、テキストエディットのウィンドウにDATファイルをドラッグアンドドロップする
  4. 4
    DATファイルの情報を確認する DATファイルによっては、ファイルを開くのに使うプログラムを特定できるような情報を含んでいることがあります。
    • ファイルを開けるための特定のプログラムに関する情報が確認できない場合でも、DATファイルの内容を表す情報(例:ビデオまたはテキスト)が含まれているかもしれません。
  5. 5
    一般のプログラムでDATファイルを開いてみる VLCメディアプレイヤー、iTunes、プレビュー、Notepad++などのプログラムを使用すれば、たいていの種類のファイルはファイルの内容を変更せずに開くことができます。
    • 例えば、VLCメディアプレーヤーではたいていのビデオファイル拡張子を開くことができ、WindowsではNotpad++をダウンロードしてほとんどのテキストファイルを開けます。
  6. 6
    トライアンドエラーを繰り返す この時点でもDATファイルを作成したプログラムを特定できていなければ、コンピュータに入っている様々なプログラムを使ってファイルが開くかどうか試さなくてはなりません。プログラムを開き、DATファイルをプログラムのウィンドウにドラッグアンドドロップして開くかどうか確認しましょう。
    • 認識可能な書式でファイルが開いたら、正しいプログラムが見つかったということです。
    • DATファイルをプログラムで開くと理解不能な文字が乱雑に表示される場合、またはファイルが開かない場合は、選択したプログラムは正しいものではありません。
    広告

ポイント

  • システムフォルダ(例:PCの「Program Files」フォルダ内にあるすべてのフォルダ、またはMacの「~ライブラリ」フォルダ)にあるDATファイルは、ファイルを作成したプログラムによって自動的に使用されるため、開く必要はありません。
  • BBEditはMacに互換性のあるNotepad++に代わるプログラムで、テキストファイルからPHPファイルまでのあらゆるファイルを開くことができます。DATファイルの関連性を調べるのに便利です。

広告

注意事項

  • DATファイルを作成したプログラムが自分のコンピュータと互換性がない場合は、別のコンピュータを使ってファイルを開く必要があります。
広告

関連記事

How to

DWGファイルを開く

How to

大きいサイズのファイルを圧縮する

How to

JPEG画像の画質を上げる

How to

dllファイルを編集する

How to

PDFファイルを編集する

How to

Zipファイルの作成

How to

JPG画像をベクター画像に変換する

How to

Gmailで別のフォルダにメールを移動する

How to

GmailにGIF動画を挿入する

How to

SWFファイルを開く

How to

PDFファイルを分割する

How to

Gmailのメーリングリストをつくる

How to

CDAをMP3に変換する

How to

Gmailで連絡先を追加する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は18,763回アクセスされました。
カテゴリ: マルチメディア
このページは 18,763 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告