PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ノミは害虫であり、適切に駆除しないとあっという間に増殖します。市販のノミ駆除剤は少し高価ですが、DAWN(ドーン)の食器用洗剤を使えば安く簡単にノミを駆除できます。ペットをお風呂に入れ、食器用洗剤で洗ってあげましょう。お風呂が嫌いなペットには、食器用洗剤とスプレーボトルを使います。

パート 1
パート 1 の 2:
ペットをお風呂に入れる

  1. 1
    ペット用バスタブに約20度のぬるま湯を溜めます。この温度ならペットがショックを受ける心配がなく、快適に浸かることができるでしょう。水位がペットのお腹の高さになるように調整します。[1]
    • たとえば、ペットのお腹が地面から30㎝の場合は、ペット用バスタブにぬるま湯を30㎝溜めましょう。
    • フェレットのように体が小さいペットを洗う場合は、ペット用バスタブではなく大きいバケツにぬるま湯を溜めましょう。
  2. 2
    ペットをぬるま湯に浸けてすべての毛を濡らします。ペットの目や耳に湯が入ると炎症する可能性があるので注意しましょう。次の手順に進む前に、毛の奥まで濡れていることを確認します。[2]
    • ペットの毛の量が多いと奥まで染み込みにくいので、ぬるま湯をたっぷりかけてきちんと濡らしましょう。
  3. 3
    ペットの毛に食器用洗剤をつけてしっかり泡立てます。使用する洗剤の量はペットの大きさや寄生しているノミの数によって異なりますが、まずは小さじ2、3杯(10~15ml)ほど使い、必要に応じて追加しましょう。首から尻尾に向かって洗っていきます。[3]
    • ペットの目や耳に洗剤が入らないように注意しましょう。
    • ペットの体をやさしく洗いながら、ノミが隠れていそうな毛の根元までしっかりこすりましょう。ただし、ペットが鳴くようならこする力が強すぎます。
    • 毛の量が非常に多い場合は、洗剤が毛の奥深くまで届くようにペット用のブラシを使いましょう。

    ポイント:ペットを濡らすとノミは頭のほうへ逃げるので、最初に首を濡らして洗剤を泡立て、その後他の部分を洗うと良いでしょう。首につけた洗剤がバリアとなり、ノミがペットの顔や耳に侵入できなくなります。

  4. 4
    5分おいてから洗剤を落とします。食器用洗剤が染み込んでノミが死滅するように、5分待ちましょう。その後、手持ち式シャワーヘッドを使うかコップにぬるま湯を汲んで洗剤を落とします。体の上部から尻尾に向かってすすいでいきましょう。[4]
    • できるだけ多くのノミを取り除くために、ノミ取りコームで毛を梳きながらすすぎましょう。
    • 食器用洗剤をきちんと落とすためには、ぬるま湯をたっぷりかけてすすぐ必要があるかもしれません。
    • 目の周りを洗う際は、十分に注意しましょう。目に洗剤が入ったら水ですすぎ、タオルで乾かします。
  5. 5
    最後にペット用バスタブのぬるま湯を抜き、タオルでペットの体を拭きます。ペットの体に生きているノミが見つからなくなったら、ペット用バスタブのぬるま湯を抜きましょう。タオルでペットの体をやさしく拭き、きちんと乾かします。[5]
    • 低温に設定したドライヤーで乾かしてもかまいませんが、タオルで拭くほうがはるかに安全です。
    • 念のために、ペットの毛が乾いたらノミ取りコームで梳き、駆除できなかったノミがいないか確認しましょう。
    • お風呂に入れると猫は非常に緊張するので、終わったらすぐに逃げ出そうとするかもしれません。体を拭く際は、引っかかれないように注意しましょう。
  6. 6
    ノミがまだ寄生している場合は、この手順を繰り返します。ペットを洗った時に逃げたノミや死ななかったノミがまだペットに寄生しているかもしれません。ペットの毛を濡らすと、ノミはペットの顔や頭のほうへ逃げて隠れます。そのため、2回目にペットを洗う際は、頭に少量の洗剤をつける必要があるかもしれません。[6]
    • 寄生しているノミの数によっては、さらに1、2回洗う必要があるかもしれません。
    • ペットを洗った後数日以内にノミが増えた場合は、数日おきにこの方法を繰り返し、最終的にはノミ駆除剤を使いましょう。ノミ取り首輪をつけるか、フロントラインプラスのように体の一部分に適用する駆除剤を使用します。
    • ペットを洗った時に生き残ったノミや卵が家の中に拡散している可能性もあるので、床や布張り家具などに掃除機をかけて、こまめに(1日1回以上)掃除しましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
スプレーボトルを使う

  1. 1
    スプレーボトルに約20度のぬるま湯を入れます。この温度ならペットがショックを受けたり火傷をしたりする心配がありません。水温計がなければ、ペットにできるだけ負担をかけないように、室温程度のぬるま湯を使いましょう。[7]
    • この方法は、猫やウサギのようにお風呂が苦手なペットに最適です。
    • スプレーボトルがなければ、ノミ取りコームを使いましょう。ぬるま湯に食器用洗剤少量を加え、ノミ取りコームを浸してペットの毛を梳きます。ただし、この方法はスプレーボトルを使う方法ほど効果的ではありません。
  2. 2
    ペットを押さえ、スプレーボトルを使って毛を濡らします。ペットが動かないようにタオルで包むか、首をそっと押さえましょう。ペットには大きなストレスとなる可能性があるので、必ずやさしく押さえます。[8]
    • 次の手順に進む前に、毛の奥まで濡れていることを確認しましょう。
    • ペットの目や耳にぬるま湯が入ると炎症する可能性があるので注意しましょう。
  3. 3
    ペットの毛に食器用洗剤をつけて、しっかり泡立てます。初めに食器用洗剤を小さじ2、3杯(10~15ml)ほど使い、必要に応じて追加ましょう。首から尻尾に向かって洗っていきます。洗剤が皮膚に届くように、毛の奥までこすりましょう。[9]
    • 通常、ノミは動物の皮膚の近くに生息して卵を産みます。そのため、ノミを完全に駆除するには、食器用洗剤がペットの皮膚に届くようにすることが重要です。
    • 毛の量が非常に多い場合は、皮膚まで届くように洗剤をもう少し追加する必要があるかもしれません。
  4. 4
    5分待ってから、スプレーボトルを使って洗剤を落とします。体の上部から尻尾に向かってすすいでいきましょう。できるだけ多くのノミを取り除くために、ノミ取りコームで毛を梳きながらすすぎます。[10]
    • 洗剤をきちんと落とすためには、ぬるま湯をたっぷりスプレーしながらすすぐ必要があるかもしれません。
  5. 5
    タオルでペットを拭き、押さえていた手をそっと放しましょう。ペット、特に猫は、濡れたことで非常に緊張している可能性があり、手を放すと一目散に逃げ出すかもしれません。ペットを放す際は、引っかかれて怪我をしないように気をつけましょう。[11]
    • ペットがこのような態度をとっても心配する必要はありません。餌やおやつをあげるとすぐに機嫌を直すでしょう。
    広告

関連記事

ハムスターの目が開かない時の対処ハムスターの目が開かない時の対処
ハムスターに噛んではいけないことを教えるハムスターに噛んではいけないことを教える
脱走したハムスターを捕まえる脱走したハムスターを捕まえる
犬の軟便を治す犬の軟便を治す
ペットのセキセイインコに好かれているか知るペットのセキセイインコに好かれているか知る
カメを幸せにするカメを幸せにする
ハムスターの繁殖ハムスターの繁殖
カメの性別を見分けるカメの性別を見分ける
餌を食べないカメに対処する餌を食べないカメに対処する
金魚の性別を見分ける金魚の性別を見分ける
カーペットについたペットの嘔吐物を掃除するカーペットについたペットの嘔吐物を掃除する
動かなくなったハムスターに対処する動かなくなったハムスターに対処する
ウサギの妊娠を見分けるウサギの妊娠を見分ける
犬の傷を洗浄する犬の傷を洗浄する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,454回アクセスされました。
カテゴリ: ペット | |
このページは 3,454 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告