PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

DLL(動的リンクライブラリ、Dynamic Link Library)ファイルとは、従来のWindowsプログラミングの要となるものです。DLLファイルは、付加的な機能やライブラリをプログラム本体に組み込まずに利用するために用いられます。たくさんの異なるプログラムでDLLファイルが共有されることもよくあります。DLLファイルは、バックグラウンドで動作しており、ほとんどのユーザーにとって、直接DLLファイルを直接扱う機会はめったにありません。しかし、稀にインストールしたプログラムを正常に動作させるため、DLLファイルの登録が必要な場合があります。コーディングに興味があれば、DLLファイルの構成について理解を深めることが良い勉強になるでしょう。

方法 1
方法 1 の 2:
DLLファイルを使う

  1. 1
    DLLファイルが何であるか理解する DLL(動的リンクライブラリ)は、既存の機能を呼び出すためにプログラムで使用されるWindowsのファイルです。DLLファイルを使用すると、実質的には、ある機能性をWindowsやその他のプログラムに組み込まずに利用することができます。
    • DLLファイルは、Windowsプログラミングになくてはならないもので、プログラムをさらに洗練された、効率的なものにします。
  2. 2
    平均的なユーザーは、DLLファイルを開いたり、扱ったりする必要がないということを理解する ほとんどのユーザーにとって、DLLファイルは直接操作しない場所に存在するものです。プログラムは、DLLファイルを自動的にインストールして呼び出します。DLLファイルを移動すると、システムに重大な問題を引き起こす場合があります。
    • コミュニティによって開発されたプログラムのインストール中に、DLLファイルを特定の場所へ配置するよう要求されることがあるかもしれません。DLLファイルに悪意のある細工が施されている場合もあるので、指示に従う前に、信頼できるプログラムであるか必ず確認しましょう。
    • DLLファイルの仕組みについて興味があれば、次のセクションを確認しましょう。
  3. 3
    新しいDLLファイルを登録する プログラムを使用するために、手動でDLLファイルをフォルダにコピーしなくてはならない場合、DLLファイルを使用する前にWindowsのレジストリへ登録する必要があるかもしれません。プログラムのドキュメントを参照して、レジストリの登録が必要かどうか確認しましょう(ほとどんどWindowsのプログラムの場合、めったに必要ありません)。[1]
    • コマンドプロンプトを開きます。コマンドプロンプトは、スタートメニューから、またはWindowsキーと「R」を押してcmdと入力して見つけます。新しいDLLファイルの保存場所を開きましょう。
    • Windows 7以降のWindowsを使用していれば、新しいDLLファイルがあるフォルダを開き、フォルダでShiftキーを押しながら右クリックして、「コマンドプロンプトをここで開く」を選択します。コマンドプロンプトで直接、現在のフォルダが開きます。
    • regsvr32 DLLの名前.dll と入力して、Enterを押します。これで、WindowsのレジストリにDLLファイルが追加されます。
    • WindowsのレジストリからDLLファイルを削除する場合は、regsvr32 -u DLLの名前.dll と入力します。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
DLLファイルを逆コンパイルする

  1. 1
    逆コンパイラをダウンロードしてインストールする 「逆コンパイラ」とは、ファイルやプログラムに使用されているコード(今回の場合はDLLファイルのコード)を見ることができるプログラムです。DLLファイルを動作させるコードを見るためには、逆コンパイラを使って、読むことができるコードに戻す必要があります。逆コンパイラなしでDLLファイルを開くと(例えば、メモ帳などでファイルを開くと)、ごちゃごちゃになった解読不能な文字列が表示されてしまいます。
    • dotPeekは、人気のある無料の逆コンパイラのひとつです。jetbrains.com/decompiler/ から入手できます。
  2. 2
    DLLファイルを逆コンパイラで開く dotPeekを使用するのであれば、「File(ファイル)」 → 「Open(開く)」をクリックして、逆コンパイルしたいDLLファイルの場所を開きましょう。システムに影響を与えることなく、DLLファイルの内容を調べることができます。[2]
  3. 3
    「Assembly Explorer(アセンブリエクスプローラー)」を使って、DLLファイルのノードを確認する DLLファイルは、「ノード」、またはDLLファイル全体を形成するために一緒に動作するコードのモジュールからできています。各ノードを拡張して、ノードに含まれている可能性があるサブノードを確認できます。
  4. 4
    ノードをダブルクリックして、ノードのコードを確認する 選択したノードのコードがdotPeekの右側のフレームに表示されます。コードをスクロールして、内容を確認することができます。dotPeekは、コードをC#で表示します。または、オリジナルのソースコードを確認するために追加のライブラリをダウンロードすることも可能です。
    • ノードを確認するのに追加のライブラリが必要な場合は、dotPeekが自動的にライブラリのダウンロードを開始します。
  5. 5
    さまざまな箇所のコードの意味を理解する 理解できないコードを見つけたら、「Quick Documentation(クイック・ドキュメンテーション)」機能を使って、コマンドが何をしているのか確認することができます。
    • コードビューのフレームで、ドキュメントの確認が必要なコードにカーソルを合わせます。
    • Ctrlキー + Qを押して、「Quick Documentation」ウィンドウを読み込みます。
    • ハイパーリンクをたどって、調査しているコードを色々な角度から調べてみましょう。
  6. 6
    コードをVisual Basicにエクスポートする ファイルの操作や編集、ビルドを自分で行いたい場合は、Visual Studioにファイルをエクスポートしましょう。もともと、コードが別の言語で書かれていても、C#のコードがエクスポートされます。
    • 「Assembly Explorer」でDLLファイルを右クリックします。
    • 「Export to Project(プロジェクトにエクスポート)」を選択します。
    • エクスポートオプションを選択しましょう。すぐに作業を開始したければ、エクスポートと同時にプロジェクトをVisual Studioで開くことができます。
  7. 7
    Visual Studioでコードを編集する プロジェクトがVisual Studioに読み込まれたら、DLLファイルの編集やビルドを自由に行い、独自のDLLファイルに変えることができます。
    広告

関連記事

ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
BIOSを初期化するBIOSを初期化する
Windows 8のプロダクトキーを確認するWindows 8のプロダクトキーを確認する
リカバリーディスクを使わずにWindows 7を再インストールするリカバリーディスクを使わずにWindows 7を再インストールする
Windows10でCDトレイを開くWindows10でCDトレイを開く
macOSをWindowsパソコンにインストールするmacOSをWindowsパソコンにインストールする
コマンドプロンプトで前のディレクトリに戻るコマンドプロンプトで前のディレクトリに戻る
Windowsのライセンス認証の通知を停止するWindowsのライセンス認証の通知を停止する
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
Windows10で管理者(Administrator)としてログインするWindows10で管理者(Administrator)としてログインする
コマンドプロンプトでファイルをコピーするコマンドプロンプトでファイルをコピーする
ウェブサイトのIPアドレスを確認するウェブサイトのIPアドレスを確認する
WindowsやMacでイメージファイル(IMG)を開くWindowsやMacでイメージファイル(IMG)を開く
Windowsで画面を拡大する
広告

このwikiHow記事について

Yaffet Meshesha
共著者 ::
コンピュータースペシャリスト
この記事の共著者 : Yaffet Meshesha. コンピュータースペシャリストのヤフェット・メシェシャは「Techy」の設立者です。コンピューターの修理と技術サポートを専門としており、経験は8年以上。同社ではコンピューターの受取、修理、配達までの総合サービスを提供しており、その業績はTime誌とコンピュータ専門サイトTechCrunchに取り上げられました。 この記事は94,030回アクセスされました。
このページは 94,030 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告