PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、DNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバーのエラーが原因で発生するパソコンのインターネット接続の問題を解決する方法を紹介します。DNSサーバーとは、ブラウザがWebサイトにアクセスできるようにWebサイトのIPアドレスを変換する仕組みを提供するサーバーです。しかし、IPアドレスが期限切れになったり、サーバーに問題が発生したりすると、DNSエラーが発生し、インターネットに接続しても特定のサイトやサイト群にアクセスできなくなってしまいます。ただし、このDNSエラーは、使用しているネットワークアダプターのトラブルシューティングやDNSキャッシュのフラッシュ、不要なネットワークアダプターの無効化、パソコンのデフォルトDNSサーバーの変更、さらにはルーターの初期化などを行うことで解決できる場合があります。その中でも、OpenDNSはかなり良いサービスです!個人的にDNSサーバーを設定して(例えば「64.94.1.1」をプライマリ、「4.2.2.4」をセカンダリDNSサーバーとして)使用することがあります。ごくまれにGoogleなどのブラウザでドメイン名を検索して、DNSサーバーとして設定する必要があることもあります。OpenDNSを使用する場合は、その方が一般的です。ネットワークのアダプターの設定を開き、インターネットをクリック、「ネットワークと共有センター」から「アダプターの設定の変更」を選択します。ネットワークアダプターを選択し(通常、他のアダプターとの識別は非常に簡単です)、「プロパティ」をクリックしたら、「インターネットプロトコルバージョン4」を選択して、もう一度「プロパティ」をクリックしましょう。そこにDNSサーバーの設定があります。理想としては、ルーターのDNSを変更する必要があるかもしれませんが、これは特定のパソコンに対してのみ有効です。また、自分でDNSサーバーを探したり、利用しているDNSサービスのベンチマークや診断を行ったりしたいときは、ギブソン・リサーチ(grc.com)のDNSユーティリティーをチェックしてみましょう。非常に参考になります!

パート 1 の 5:
トラブルシューティング

  1. 1
    別の機器でアクセスしてみる スマートフォンやタブレット、パソコンをネットワークに接続し、1台目の機器でアクセスできないWebページにアクセスできる場合は、ルーターには問題がなく、その機器に問題があると見て間違いありません。
    • 2台目の機器でもアクセスできないからといって、必ずしもルーターに問題があるとは限りません。

    ポイント:特定のWebサイトにアクセスできない場合は、モバイルデータ通信を使用してアクセスしてみましょう。それでもWebサイトにアクセスできない場合は、Webサイト側に問題があります。

  2. 2
    別のブラウザを試してみる これは、DNS接続をテストする最も簡単な方法の1つです。FirefoxやGoogle Chromeなどの別の無料ブラウザをダウンロードして、インターネットに接続してみましょう。エラーが解消されない場合は、DNSサーバーが応答しない原因としてブラウザのエラーを除外することができます。
    • エラーが解消された場合は、古いブラウザをアンインストールしてから再インストールすると、問題が解決する可能性があります。
  3. 3
    モデムとルーターの電源を入れ直す これでルーターのキャッシュが消去され、DNSエラーが解消される場合があります。手順は以下の通りです。
    • モデムとルーターの電源ケーブルを抜きます。
    • モデムとルーターの両方を少なくとも30秒間そのままにします。
    • モデムの電源を再度入れ、オンラインになるまで待ちます。
    • ルーターも電源を再度入れてモデムに接続し、オンラインになるまで待ちます。
  4. 4
    パソコンとルーターを有線LAN経由で接続する すでに有線LAN経由で接続している場合は、このステップをスキップしましょう。
    • LANケーブル経由でWebページにアクセスできる場合は、ルーターに問題があるかもしれません。その場合は、 おそらくルーターを初期化する必要があります。
    • LANケーブル経由でもWebページにアクセスできない場合は、DNS設定に問題があるかもしれません。
    広告

パート 2 の 5:
DNSキャッシュをフラッシュする

Windows

  1. 1
    スタートメニュー
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面左下のWindowsロゴをクリックするか、 Winキーを押します。
  2. 2
    スタートメニューの検索ボックスにコマンドプロンプトと入力する 「コマンドプロンプト」に該当するパソコン内のアプリが検索されます。
  3. 3
    「コマンドプロンプト」
    Windowscmd1.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    スタートメニュー検索の最上位に表示されており、クリックすると「コマンドプロンプト」が起動します。
  4. 4
    ipconfig /flushdnsと入力し、 Enterキーを押す このコマンドで保存されているDNSサーバーのアドレスが削除され、次にウェブサイトを開こうとすると新しいDNSサーバーのアドレスが生成されます。
  5. 5
    ブラウザを再起動する これでブラウザのキャッシュが更新されます。アクセスできなかったWebページにアクセスできれば問題は解決です。
    • それでも接続エラーが発生する場合は、次の方法に進みましょう。
    広告

Mac

  1. 1
    Spotlight
    Macspotlight.pngというタイトルの画像
    を起動する 
    画面右上にあります。
    • また、Spotlightは Command+Spaceを押して起動することも可能です。
  2. 2
    Spotlightの検索ボックスにターミナルと入力する 「ターミナル」に該当するパソコン内のアプリが検索されます。
  3. 3
    「ターミナル」
    Macterminal.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    Spotlight検索の最上位に表示されているはずです。
  4. 4
    「ターミナル」に以下のコマンドを入力し、 Returnキーを押す

    sudo killall -HUP mDNSResponder

    macOSのDNSプロセスが再起動します。

    • 最初に管理者パスワードを入力する必要があるかもしれません。
  5. 5
    ブラウザを再起動する これでブラウザのキャッシュも更新されます。アクセスできなかったWebページにアクセスできれば問題は解決です。
    広告

パート 3 の 5:
不要なネットワークアダプターを無効にする

  1. 1
    使用しているパソコンの「ネットワーク設定」を開く
  2. 2
    不要なネットワークアダプターを探す 使用していないネットワークアダプターはすべて削除してかまいません。これにはBluetooth接続やWi-Fi接続も含まれます。
    • DNSエラーの原因として最も多いのは、「Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter」があることです。[1]
  3. 3
    不要なネットワークアダプターを選択する ネットワークアダプターはクリックするだけで選択することができます。
    • Windows:画面上の各アイコンがネットワークアダプターを表しています。
    • Mac:ネットワークアダプターは画面左側に表示されています。
  4. 4
    ネットワークアダプターを削除する 以下の操作を行います。
    • Windows:画面上部のこのネットワークデバイスを無効にするをクリックします。
    • Mac:「ネットワーク」画面下部のマイナス記号()をクリックします。
  5. 5
    Webページにアクセスしてみる Webページにアクセスできれば問題は解決です。アクセスできない場合は、次の方法に進みましょう。
    広告

パート 4 の 5:
DNSサーバーを編集する

Windows

  1. 1
    使用しているネットワークアダプターをクリックする 「ネットワーク接続」画面に表示されており、クリックすると選択状態になります。
  2. 2
    この接続の設定を変更するをクリックする このボタンは画面の最上段にあり、クリックするとそのネットワークアダプターの設定が表示されます。
  3. 3
    「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックする 「Wi-Fiのプロパティ」ダイアログ中央のリスト内にあり、クリックすると選択状態になります。
    • このリストが表示されていない場合は、ダイアログ上部のネットワークタブをクリックしましょう。
    専門家情報
    Luigi Oppido

    Luigi Oppido

    パソコン・ITスペシャリスト
    ルイージ・オピドはカリフォルニア州サンタクルーズ市のパソコン修理専門店「Pleasure Point Computers」経営者です。25年以上にわたりパソコン修理全般、データ復元、ウイルス除去、アップグレードなどのサービスを請け負っています。また、カリフォルニア中部でKSCOにて放送中の番組、「Computer Man Show! 」の司会者も務めています。
    Luigi Oppido
    Luigi Oppido
    パソコン・ITスペシャリスト

    専門家のアドバイス:ルーターやモデムを再起動してもインターネットに接続できない場合は、「コントロールパネル」や「システム環境設定」で使用している機器のアダプターの設定を開き、IPV4設定をダブルクリックしましょう。その画面でTCP-IP設定をダブルクリックし、すべて自動に設定されていることを確認します。それでもインターネットに接続できない場合は、インターネットサービスプロバイダに問い合わせましょう。

  4. 4
    プロパティをクリックする このボタンはダイアログ下部にあります。
  5. 5
    「次のDNSサーバーのアドレスを使う」ラジオボタンをオンにする プロパティダイアログ下部にあります。
  6. 6
    優先DNSサーバーのアドレスを入力する ダイアログ下部の「優先DNSサーバー」欄に入力しましょう。信頼性の高いDNSサーバーには以下のようなものがあります。
    • OpenDNS208.67.222.222と入力します。
    • Google8.8.8.8と入力します。
  7. 7
    代替DNSサーバーのアドレスを入力する 「優先DNSサーバー」欄の下にある「代替DNSサーバー」欄に入力しましょう。「優先DNSサーバー」欄に入力した内容に応じて、ここに入力する内容は異なります。
    • OpenDNS208.67.220.220と入力します。
    • Google8.8.4.4と入力します。
  8. 8
    OKをクリックする DNSサーバーの設定が保存されます。
  9. 9
    閉じるをクリックする ダイアログの一番下にあります。
  10. 10
    パソコンを再起動する パソコンの起動が完了したら、ネットワークアダプターをテストしてみましょう。これでうまくいけば、パソコンのデフォルトDNSサーバーが問題だったということです。
    • パソコンがインターネットに接続できる場合は、DNSエラーについてインターネットサービスプロバイダに問い合わせてみてもよいでしょう。
    • それでもインターネットに接続できない場合は、次の方法に進みましょう。
    広告

Mac

  1. 1
    「アップルメニュー」
    Macapple1.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    画面左上にあります。
  2. 2
    システム環境設定...をクリックする 「アップルメニュー」のドロップダウンメニュー上部にあります。
  3. 3
    ネットワークをクリックする 「システム環境設定」画面にある地球の形をしたアイコンのことです。
  4. 4
    使用しているWi-Fiネットワークをクリックする 画面の左ペインにあります。
  5. 5
    詳細...をクリックする 画面のほぼ中央にあります。
  6. 6
    DNSタブをクリックする 画面上部にあります。
  7. 7
    をクリックする このボタンは「DNSサーバ」欄の下にあります。
  8. 8
    DNSサーバーのアドレスを入力する OpenDNSとGoogleはどちらも信頼性が高く、高速なDNSサーバーを備えています。
    • OpenDNS208.67.222.222または208.67.220.220
    • Google8.8.8.8または8.8.4.4
  9. 9
    ハードウェアタブをクリックする 画面上部のタブの右端にあります。
  10. 10
    「構成」ボックスをクリックし、手動をクリックする このボックスはハードウェア画面上部にあります。
  11. 11
    「MTU」ボックスをクリックし、カスタムをクリックする 「MTU」ボックスは「構成」ボックスの下にあります。
  12. 12
    テキストフィールドに1453と入力する 「MTU」ボックスの下にあります。
  13. 13
    OKをクリックする 画面の一番下にあります。
  14. 14
    適用をクリックする このボタンは画面の一番下にあり、クリックすると設定が保存され、使用しているWi-Fiネットワークに適用されます。
  15. 15
    パソコンを再起動する パソコンの起動が完了したら、ネットワークアダプターをテストしてみましょう。これでうまくいけば、パソコンのデフォルトDNSサーバーが問題だったということです。
    • パソコンがインターネットに接続できる場合は、DNSエラーについてインターネットサービスプロバイダに問い合わせてみてもよいでしょう。
    • それでもインターネットに接続できない場合は、次の方法に進みましょう。
    広告

パート 5 の 5:
ルーターを初期化する

  1. 1
    ルーターの「初期化(リセット)」ボタンを探す 通常、このボタンはルーターの背面にあります。
    • 通常、「初期化(リセット)」ボタンを押すには、針やクリップなどの細いものが必要です。
    • また、ルーターを初期化すると、ルーターに接続している機器がすべて切断されます。
  2. 2
    「初期化(リセット)」ボタンを長押しする ルーターの初期化が完了するまで、少なくとも30秒間は押し続けましょう。
  3. 3
    ネットワークに接続する ルーターの底面に記載されている工場出荷時のパスワードを使用して接続を行います。
  4. 4
    アクセスできなかったWebサイトにアクセスしてみる それでもインターネットに接続できない場合、または利用しようとしているWebサイトにアクセスできない場合は、DNSエラーが発生していることについてインターネットサービスプロバイダに問い合わせましょう。
    • ルーターを初期化してもDNSエラーが全く解消されない場合は、ルーターが2年以上前のものであれば、新しいルーターの購入を検討しましょう。
    広告

ポイント

  • ルーターを定期的に初期化することで、DNSエラーの発生を防ぐのに役立ちます。
広告

注意事項

  • DNSキャッシュをフラッシュして初めてWebサイトにアクセスしたときは、そのWebサイトの読み込みに少し時間がかかります。これは、そのWebサイトの新しいDNSアドレスの確立および検証が行われるためです。
広告

関連記事

Mac製品の電源を入れるMac製品の電源を入れる
EXEファイルをMacで開くEXEファイルをMacで開く
MacBookに画像を保存するMacBookに画像を保存する
MacBook ProをリセットするMacBook Proをリセットする
スマートTVにアプリを追加するスマートTVにアプリを追加する
MacBook Airをモニターに接続するMacBook Airをモニターに接続する
Macをテレビに接続するMacをテレビに接続する
iPodに音楽を入れるiPodに音楽を入れる
Macターミナルからアプリケーションを起動するMacターミナルからアプリケーションを起動する
ISOファイルを作成するISOファイルを作成する
MacでSafariをアップデートするMacでSafariをアップデートする
iMacのスタンドを取り外すiMacのスタンドを取り外す
Macでルート権限でアプリケーションを開くMacでルート権限でアプリケーションを開く
パソコンにワイヤレスヘッドホンを接続するパソコンにワイヤレスヘッドホンを接続する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は117,338回アクセスされました。
このページは 117,338 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告