DNSサーバーが応答しない問題を解決する方法

3 パート:接続状況を検証するパソコンのトラブルシューティングルーターのトラブルシューティング

ウェブサイトを読み込んだり、ネットワークへ接続しようとして、DNSエラーに遭遇しましたか?ドメイン・ネーム・サーバー(DNS)は、ウェブサイトのアドレスを翻訳するサーバーです。DNSがあるおかげで、ブラウザはウェブサイトに接続することができます。しかし、設定エラーやサーバー側の問題などにより、サーバーに接続できなくなることがあります。インターネットに接続できなくなった場合は、以下の手順を確認して対処法を学びましょう。

パート 1
接続状況を検証する

  1. 1
    別の端末でネットワークに接続する 問題の解決に取り組む前に、まずはどこで問題が発生しているのかを把握しましょう。簡単なテストをいくつか行えば問題を絞り込むことができます。問題が起きた端末とは別の端末で、ルーターへ有線接続または無線接続してみましょう。
    • テストにはパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使用できます。インターネットにアクセスできるものであれば何でも構いません。
  2. 2
    テスト用の端末からウェブページへのアクセスを試みる テスト用端末でもDNSエラーが発生する場合は、ルーターまたはインターネットプロバイダーに問題があります。ウェブサイトに接続できたのであれば、問題は最初に使用していたパソコンにあります。
  3. 3
    モデムとルーターの電源を切って入れなおす モデムとルーターの電源ケーブルを抜きます。残留電荷を放電してメモリを消去するために、電源を切って最低30秒間そのままにしておきます。モデムの電源ケーブルを再び繋ぎ、完全に電源が入るまで待ちましょう。完全に電源が入った後で、ルーターに電源ケーブルを繋いで起動を待ちます。ルーターの再起動には1分程度かかる場合があります。
    • モデムとルーターの両方で電源の入切を行ったら、再度ウェブサイトへ接続してみましょう。問題が解決しない場合は、次のステップへ進みます。
  4. 4
    携帯端末の場合は、「設定」メニューから「モバイルデータ」を選択して設定をリセットしましょう。

パート 2
パソコンのトラブルシューティング

  1. 1
    異なるブラウザを試す DNS接続のテストを簡単に行うことができる方法の一つです。FirefoxやChromeといった無料のブラウザをダウンロードして、インターネットへの接続を試みましょう。問題がまだ発生していれば、おそらくブラウザではなく、パソコンの設定に何か問題があるということになるでしょう。
    • 別のブラウザで問題なく接続できる場合は、最初に使用していたブラウザに問題がないか探ってみましょう。多くの場合、問題の原因はプロキシ設定にあります。使用しているブラウザのプロキシ設定が自動取得になっていることを確認しましょう。
  2. 2
    使用していない接続は無効化する 時折、普段は使用しない余計な接続をWindowsがインストールすることがあります。良好な接続環境を確保するには、日常的に使用する接続のみを有効化しておくべきです。スタートメニューをクリックするか、 Win ボタンを押し、「ncpa.cpl」を検索して、「ネットワーク接続」のウィンドウを開きましょう。
    • 余計な接続を見つけましょう。すべての接続先が一覧表示されるはずです。DNSの問題の最も一般的な原因は、「Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter」の存在です。このアダプターがあった場合は、右クリックして「無効化」を選択しましょう。[1]
    • 再度、接続してみましょう。しばらく待って、ブラウザを再び開きます。ウェブサイトを開いてみましょう。DNSの読み込みにしばらくかかるかもしれませんが、ウェブページが表示されれば問題は解決済みです。表示されなかった場合は、次のステップへ進みましょう。
  3. 3
    DNSキャッシュをクリアする DNSのキャッシュが古くなり、手動でのキャッシュクリアを要する場合があります。キャッシュクリアはコマンドプロンプトから行うことができます。
    • Win+R を押して、cmd と入力し、コマンドプロンプトを開きましょう。
    • ipconfig /flushdns と入力します。処理が完了するのを待ち、パソコンを再起動しましょう。
    • 再度、接続をテストしましょう。問題が解決しない場合は、次のステップへ進みましょう。
  4. 4
    DNSサーバーを変更する 代替えのDNSサーバーを手動で入力し、接続を試みることができます。「ネットワーク接続」ウィンドウを再び開きます。有効な接続を右クリックして、「プロパティ」を選択しましょう。[2]
    • ネットワークタブで、「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」のエントリーまでスクロールします。 クリックして選択し、 プロパティ ボタンをクリックします。
    • 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」オプションをクリックします。
    • 「優先 DNS サーバー」に、208.67.222.222と入力します。
    • 「代替 DNS サーバー」に、208.67.220.220と入力します。
    • 上記のDNSサーバーは、オープンソースのDNSサーバーであるOpenDNSが管理しています。
  5. 5
    セーフモードで接続する パソコンをセーフモードで起動すると、Windowsで必要なファイルのみが読み込まれ、ウィルス対策ソフトなどの他のプログラムやサービスが接続の問題を引き起こしていないか見極めることができます。[3]
    • 最初にウィルス対策ソフトを無効化して、問題が解消されるか確認することもできます。問題が解消されるようであれば、ウィルス対策ソフトをアンインストールして、新しいものをインストールしましょう。
    • パソコンを再起動し、起動中に F8 キーを長押しします。
    • オプションのリストから、「セーフモードとネットワーク」を選択します。
    • 接続をテストしましょう。インターネットに接続できた場合、問題はパソコンで実行されているプログラムにあります。スタートアップ時に実行されるファイルを調べ、原因が見つかるまで順番にプログラムを無効化してみましょう。

パート 3
ルーターのトラブルシューティング

  1. 1
    パソコンを直接モデムへ繋ぐ ホームネットワークの構築にルーターを使用している場合は、パソコンをルーターから切断し、イーサネットケーブルをモデムのイーサネットポートへ直接繋ぎます。
    • ウェブページを読み込んでみましょう。DNSエラーがまだ起きている場合は、おそらくインターネットサービスプロバイダーに問題があります。プロバイダーに連絡し、DNSサーバーへの接続について問い合わせましょう。
    • ウェブページに接続できた場合、問題はルーターに起因しています。ルーターをモデムへ接続して、パソコンをネットワークへ再接続し、トラブルシューティングを続けましょう。
  2. 2
    代替えのDNSサーバーを入力する ルーターの設定を変更して、代替えのDNSサーバーへ手動での接続を試みることができます。 これにより、インターネットサービスプロバイダーのDNSサーバーに不具合がないか判断することができます。
    • ルーターの設定ページを開きましょう。設定ページは、ルーターによって異なりますが、基本的には、ルーターのIPアドレスをブラウザのアドレスバーに入力する必要があるでしょう。
    • インターネットのセクションを開きます。「ドメイン・ネーム・サーバー(DNS)アドレス」とある部分を見つけましょう。
    • 入力したDNSサーバーを手動で使用するよう設定します。
    • OpenDNSサーバーの情報(プライマリ - 208.67.222.222、セカンダリ - 208.67.220.220)、もしくは、Google DNSサーバーの情報(プライマリ - 8.8.8.8、セカンダリ - 8.8.4.4)を入力します。
    • 「適用」、または「変更を保存」をクリックします。変更が適用されるまでにはしばらくかかるでしょう。
    • 接続をテストします。パソコンでブラウザの新しいウィンドウを開き、ウェブサイトへ接続してみましょう。接続できた場合、インターネットサービスプロバイダーがDNSの問題を抱えている可能性が高いでしょう。
  3. 3
    ルーターをリセットする ルーターの設定が間違っている場合があります。簡単な修正方法は、単純にルーターをリセットしてデフォルトの設定に戻すことです。これにより、無線のネットワーク設定やポートフォワードの情報がリセットされます。
    • ルーターをリセットする場合は、ルーターの背面にあるリセットボタンをクリップや先のとがったもので長押しします。
    • ルーターを再設定しましょう。リセットしたあと、ワイヤレスネットワークを再設定する必要があります(ワイヤレスネットワークを利用していた場合)。管理者のパスワードやアカウントも同様にリセットされるでしょう。

記事の情報

カテゴリ: PC/Windowsシステム | パソコン・電子機器

他言語版:

English: Fix DNS Server Not Responding Problem, Deutsch: Fehlermeldung, Italiano: Correggere il Problema di un Server DNS che non Risponde, Português: Corrigir o Problema de Servidor DNS Não Respondendo, Español: reparar el servidor DNS problema no responde, Русский: исправить работу DNS сервера, не реагирующего на проблемы, Français: réparer un problème de serveur DNS qui ne répond pas, 中文: 修复DNS服务器无响应的问题, Nederlands: Een probleem met een DNS server oplossen, Bahasa Indonesia: Memperbaiki Masalah Server DNS Tidak Menanggapi, العربية: حل مشكلة عدم تجاوب خادم دي إن إس, हिन्दी: डीएनएस सर्वर (unresponsive DNS server) को फिक्स करें, Tiếng Việt: Khắc phục Tình trạng Máy chủ DNS Không Phản hồi, ไทย: แก้ปัญหาเซิร์ฟเวอร์ DNS ไม่ตอบสนอง

このページは 32,883 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?