PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、DVDプレーヤーをSamsungのテレビに接続する方法を紹介します。HDMIケーブル、コンポジットケーブル、コンポーネントケーブルおよびS端子ケーブルを使うと、DVDプレーヤーとテレビを接続することができます。DVDプレーヤーまたはBlu-rayプレーヤーを購入する前に、使用中のテレビがどの種類のケーブルに対応しているかを確認しておきましょう。ケーブルをつないだ後にテレビの入力切換画面で入力元を正しく選択すると、接続されたDVDプレーヤーの画面が表示されます。

ステップ

  1. 1
    DVDプレーヤーの背面にケーブルを接続します。使用するケーブルの種類は、DVDプレーヤーの生産年代によって異なる場合があります。DVDプレーヤー背面にある差し込み口に、ケーブルを正しく挿入しましょう。接続する際に使用できる4種類のケーブルについて、以下で説明します。
    • HDMIケーブル:1本の太いケーブルで、最新の高解像度(HD)テレビによく使われています。「HDMI」表記のある差し込み口に挿入しましょう。ケーブルの先端にあるHDMIコネクタは、DVDプレーヤーおよびテレビ背面の差し込み口に合った形をしています。
    • コンポーネントケーブル:これも高解像度映像に対応しており、色分けされた5つのコネクタがついています。コネクタが赤・緑・青のケーブルは映像用ケーブルで、別に分かれた赤と白のケーブルは音声用ケーブルになります。接続の際は、差し込み口と同じ色のケーブルをそれぞれ挿入するだけです。
    • コンポジットケーブル:旧タイプのケーブルで、AVケーブルまたはRCAケーブルとも呼ばれます。高解像度映像には対応しておらず、標準画質(SD)映像にのみ対応しています。形はコンポーネントケーブルに似ていますが、(赤白2色の音声用ケーブルと)一緒についている映像用ケーブルが、黄色1つだけという点で異なります。DVDプレーヤー背面の差し込み口に、それぞれの色に合うよう挿入しましょう。
    • S端子ケーブル:これも高解像度映像に対応していない旧タイプのケーブルですが、コンポジットケーブルを使ったときより綺麗な画質で映ります。4つのピンと小さいつまみがついており、差し込み口の穴にピンの位置を合わせてから挿入します。S端子ケーブルは音声を送ることができないため、赤白2色のコンポジットケーブルも必要です。
      • 最近の新しいテレビの多くはS端子ケーブルには対応していません。
  2. 2
    ケーブルをテレビの背面に接続します。使用するケーブルの種類によって差し込み口が異なるため、正しい場所に接続します。HDMIケーブルは「HDMI」表記のある差し込み口に、コンポーネントケーブルおよびコンポジットケーブルは色分けされた差し込み口にそれぞれ接続します。S端子ケーブルは差し込み口の穴にピンの位置を合わせて接続しましょう。
    • 最近のテレビでは、コンポーネントケーブルとコンポジットケーブルの差し込み口が同じになっているものもあります。この場合、黄色の映像用コンポジットケーブルは緑色の差し込み口に接続します。[1]
  3. 3
    DVDプレーヤーのコンセントを入れて電源をオンにします。テレビ周辺にDVDプレーヤーのコンセントをさす場所があるかを確認します。ない場合は延長コードを使いましょう。
  4. 4
    入力切換を行います。入力元はテレビ背面にそれぞれ表示されています。テレビのリモコンで入力切換ボタンを繰り返し押して、DVDプレーヤーに接続している入力元を選択しましょう。ほとんどのDVDプレーヤーおよびBlu-rayプレーヤーでは、入力切換を行った時点で起動画面が表示されます。
    広告

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
XMLファイルを開くXMLファイルを開く
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
ウェブサイトの公開日を調べるウェブサイトの公開日を調べる
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
JPGをPDFに変換する
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
winmail.datを開くwinmail.datを開く
キズの付いたCDを修復する
WindowsやMacでWebカメラの動作確認をするWindowsやMacでWebカメラの動作確認をする
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
広告

このwikiHow記事について

Travis Boylls
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Travis Boylls. テクノロジーに関する記事の執筆、ソフトウェアー関連のカスタマーサポート、そしてグラフィックデザインの実務経験を持つトラヴィス・ボイルスは、wikiHowにてテクノロジー記事の制作と編集者の業務を担当しています。パイクスピーク・コミュニティー・カレッジにてグラフィックデザインを学び、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxのシステムに精通しています。
このページは 570 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告