Don't Starveで正気度を回復する方法

手強いサバイバルゲーム『Don’t Starve(ドント・スターブ)』では、すべての判断と行動に結果が伴い、ストレス度の高い状態はプレイヤーの生存率に間違いなく影響を与えます。正気度(Sanity)はDon’t Starveにおける重要なサバイバル値の1つであり、スクリーン右上に表示されている脳のアイコンで正気度の増減を確認することができます。モンスターの接近や夜の時間帯、腐った食べ物の摂取などが原因となり、プレイヤーの正気度は低下します。正気度が低下し過ぎると幻覚のモンスターが現れ始め、準備が出来ていない際の幻覚との闘いは命取りになりかねません。したがって、Don’t Starveでは常に高い正気度を保つことが重要です。

パート 1 の 6:
必要なものを揃える

  1. 1
    道具を作る 正気度の回復に必要な材料を集める上で、少なくとも斧(Axe)とつるはし(Pickaxe)が不可欠です。斧とつるはしが交差しているアイコンの道具(Tools)タブを使って、2つのアイテムを作ることができます。いたるところに散在する乾いた低木の小枝(Twig)と、尖った形をした火打ち石(Flint)を集めましょう。斧を作るには小枝と火打ち石が1つずつ、つるはしを作るには各材料が2つずつ必要です。
    • 道具タブを使うには、パソコンの場合は道具タブを右クリックするか、PS4の場合は右スティックで道具タブを選択し、方向キーの右ボタンを押さえます。斧を身につけた状態で木に近寄り、パソコンの場合は左クリックし、PS4の場合はXボタンを押さえると、木を切り倒すことができます。同様に、つるはしを身につけると岩石を破壊することが可能です。木を切り倒した後や岩石を破壊した後に出てくるアイテムを拾い集めましょう。
  2. 2
    必要な材料を集める 道具を作ったら、さらなる材料集めに出かけましょう!サイエンスマシン(Science Machine)を建てる上で不可欠な丸太(Log)を集めるため、木を切り倒しましょう。サイエンスマシンやその他の道具を作るため、石(Rock)集めも優先事項です。また、焚き火やたいまつを作るために、地面に生えている細長い草(Cut Grass)を集めておきましょう。
  3. 3
    道具を作る場所を定める あらゆる必需品を揃えるには、サイエンスマシンの他にアルケミーエンジン(Alchemy Engine)が必要となります。原子の形をしたアイコンの科学(Science)タブからどちらも作ることが可能ですが、アルケミーエンジンを建てるには、まずはサイエンスマシンの作成が必須です。
    • サイエンスマシンを作るには、金塊(Gold Nugget)が1つ、丸太が4本、石が4つ必要です。またアルケミーエンジンを建てるには、板(Board)が4枚、切り石(Cut Stone)が2つ、金塊が6つ必要です。板と切り石は、サイエンスマシンを使ってダイアモンドのアイコンの精製(Refine)タブで作ることができます。
    • ブタの王(Pig King)が存在する場合は、肉を金塊と交換することが可能です。他にも金塊を集める方法としては、岩石地帯で見つかることの多い、金色の筋が入った岩石の採掘、墓場地帯に散らばっている金塊の採集といった方法があります。
    広告

パート 2 の 6:
眠る

  1. 1
    食糧を蓄える 眠ることによって体力と正気度を回復できるものの、その分満腹度が低下するため、大量の食べ物を備えておきましょう。ベリーやニンジンを事前にいくつか保管しておくだけでも、飢え死にする恐れがなくなります。
    • 食べ物の大半は、焚き火で調理するとより効果的に空腹度を和らげることができます。食べ物を選択し、焚き火のそばに寄って、左クリックまたはXボタンを押して調理しましょう。
  2. 2
    安全な場所に行く しっかり休むことができるよう、リラックスして野宿できる場所を必ず確保しましょう。クモの巣やビーファロー(Beefalo)の群れ、カエルの池から離れた場所が理想的です。クモの巣やカエルの池の近くはクモやカエルといったモンスターを生み出す危険性があり、また繁殖期にお尻が赤くなったビーファローは攻撃的になりやすいためです。
    • 周囲が危険な状態である場合や満腹度が低すぎる場合は眠ることができないため、十分な食糧の蓄えがある場合、または眠ることの代償を支払う覚悟がある場合、正気度を素早く回復する必要がある場合にだけ、眠りにつきましょう。
  3. 3
    寝床を準備する 毛皮の寝袋(Fur Roll)やわらの寝袋(Straw Roll)、テント(Tent)を作り、ウィッカーボトム(Wickerbottom)を除くほとんどのキャラクターはこれらのアイテムを使って眠ることにより、正気度を回復することができます。また、ダウンロードコンテンツ『Reign of Giants』では、昼寝小屋(Siesta Lean-To)を建てることも可能です。サイエンスマシンさえあれば、ゲームを開始してすぐの段階でわらの寝袋を作ることができます。ただし、わらの寝袋は一度で使い切りのアイテムです。毛皮の寝袋やテントを作るには、サイエンスマシンの次に作成可能となるアルケミーエンジンが必要です。
    • テントは、6回使用して消耗させるか、ハンマーを使って破壊しない限り移動させることができない、半永久的に使えるアイテムです。そのため、テントを建てる場合は、そのスペースを主なキャンプ場として使用しましょう。テント用に広い間隔を取ることに加え、近くに焚き火を作るとなると、かなりの空間が必要になることをあらかじめ把握しておきましょう。
    • わらの寝袋は、サイエンスマシンを使って草(Cut Grass)6本とロープ(Rope)1本で作ることができ、最も簡単に調達できるアイテムです。
    • テントと毛皮の寝袋はどちらも作ることができ、毛皮の寝袋はどこへでも持ち運びが可能ですが、テントの作成はより経済的です。毛皮の寝袋はわらの寝袋を1つ必要とする上に、ゲーム開始後しばらくしてから地下の洞窟でしか手に入らないウサギの毛玉(Bunny Puff)を2つ必要とします。それに比べ、テントを作る上で必要な材料はクモの糸(Silk)6つ、小枝(Twig)4本、ロープ3本だけで、これらのアイテムはすべて地上の世界で手に入れることができます。
    広告

パート 3 の 6:
身なりを整える(花もあしらう)

  1. 1
    衣類(Dress)タブを見つける 文明の象徴である衣類をまとわずに過ごすほど、正気度は低下し続けます。文明人になった気分を味わうには、素敵な衣服を身につけるのが一番です。
    • スクリーン左側に表示される作成可能アイテム欄の一番下あたりに、緑色の帽子のアイコンがあります。このアイコンが、それぞれ異なる効果を持った衣服を作る際に必要な衣類タブです。
  2. 2
    花を摘む おかしな話ですが、特にゲーム開始時に高い正気度を保つ上で花を摘むことはとても効果的です。花を1つ摘むたびに正気度が5ポイント上がり、摘んだ花から花びらを12枚集めると、花冠(Garland)を作ることができます。花冠は、身につけると6日後に消耗するまで絶え間なく正気度を回復させてくれる衣類アイテムです。
    • 衣類のほとんどがサイエンスマシンやアルケミーエンジンを必要とするのに対し、花冠はゲーム開始当初から作ることができます。
  3. 3
    他の衣類を検討する 花冠以外にも、必要な材料さえあれば他の衣服を作ることもできます。ゲーム開始後すぐに材料を集めて作ることができる最も効果的なアイテムの1つが、シルクハット(Top Hat)です。シルクハットは、クモの巣(Silk)が6つあれば、サイエンスマシンを使って作ることができます。
    • 正気度を回復する力はない代わりに、他の機能を持つ衣類も中には存在します。例えば、麦わら帽子(Straw Hat)は他の帽子を作る際の材料として使用することができ、ビーファロー帽子(Beefalo Hat)をかぶると冬の厳しい寒さを和らげることができる他、繁殖期のビーファローに攻撃されることなく群れの近くを歩き回ることができます。また、ハチよけ帽子(Beekeeper Hat)を使うと、ハチに襲われる可能性がほぼありません。
    広告

パート 4 の 6:
とにかく食べる!

  1. 1
    何を食べるべきか考える モンスター肉(Monster Meat)を除き、食べることは空腹度、体力、正気度を回復する上で効果的な方法です。ゲームを開始して間もなくは、罠にかかったウサギや低木から摘んだベリー、地面に生えているニンジンを中心に食料を集めることになります。これらの食べ物はすべて焚き火で調理して空腹度を回復することができますが、食べ物を使って正気度を回復するにはより戦略的な方法が必要です。
    • 地面に生えているニンジンやベリーの木は、あらゆるところに散在しています。 左クリックまたはXボタンを押さえて、これらの食べ物を拾い集めましょう。
    • ウサギを捕まえるには、草(Cut Grass)6本と小枝(Twig)2本を使って罠(Trap)を準備します。罠は、輪になったロープがアイコンのサバイバル(Survival)タブを使って作ることができます。草原地帯に点在する小さなウサギの穴を見つけたら、その真上やすぐ近くに作った罠を設置し、ウサギが罠にかかるまで待ちましょう。獲物がかかった罠は、カタカタと揺れているように見えます。罠を拾い上げることにより、罠とかかったウサギが自動的に持ち物リストに入ります。罠は完全に消耗するまであと7回使用することができます。ウサギの肉を手に入れるには、「屠殺する(Murder)」必要があります。ウサギを選択し、パソコンの場合は右クリック、PS4の場合は方向キーの右ボタンを押して、屠殺することができます。
    • サイエンスマシンのサバイバルタブで、小枝3本とクモの糸4つを使うと鳥罠(Bird Trap)を作ることができます。鳥罠は普通の罠と同様に機能しますが、鳥を捕まえるために使用します。
    • 畑を作るには、少なくともサイエンスマシンが必要です。地面に埋まったニンジンがアイコンの食料(Food)タブを使用し、草8本、糞(Manure)4つ、丸太(Log)4本があれば畑を作ることができます。草原地帯に生息するビーファローは定期的に排便するため、その際にビーファローの糞を集めることができます。また、ベリー、ニンジン、畑でできた作物、洞窟バナナなど、肉以外の食べ物をブタ人間(Pigman)に与えることで、糞を手に入れることも可能です。ブタ人間は、地図上のあらゆる場所に個別に点在していることもあれば、道路の終点付近に存在することの多い村に集団で暮らしていることもあります。畑を作ったら、畑の上に立って持ち物の中にある種を選択すると植えることができます。自然にゆっくり作物がなるまで1日中待つか、糞を使って作物の成長を早めることもできます。作物がなったら畑の近くに寄り、作物を収穫しましょう。
  2. 2
    ジャーキー(Jerky)を作る ジャーキーや小さなジャーキー(Small Jerky)は長持ちし、3つのサバイバル値をかなり効果的に回復することができる食べ物です。ジャーキーを作るにはまず乾燥棚(Drying Rack)を建てる必要があります。乾燥棚は、サイエンスマシンを使ってロープ3本、小枝3本、木炭(Charcoal)2つで作ることが可能です。
    • 木炭は、木を燃やすと手に入れることができるアイテムです。木を燃やすには、たいまつ(Torch)を作って身につけ、木のそばに寄って右クリックをします。斧を使って燃え尽きた木を切り倒すと、木炭を1つ得ることができます。
    • 乾燥棚を建てた後、近くに寄って左クリックまたはXボタンを押すと、カエルの脚(Frog Legs)、バティリスクの羽(Batilisk Wings)、モンスター肉など、どんな種類の肉でも干すことができます。干した肉は数日後にジャーキーとなり、食べることができるようになります。
  3. 3
    調理鍋(Crock Pot)を使って調理する 調理鍋を使うと様々な種類の食べ物を作ることができ、サイエンスマシンを使って、木炭6つ、小枝6本、切り石(Cut Stone)3つで作ることができます。調理鍋を使用するには4つの食材を揃える必要があり、調理が完了するまで約1分間かかります。正しいレシピである限り、調理鍋で作る食べ物のほとんどは、正気度をたくさん回復する効果を持っています。
    • 小枝をかさ増し用材料として使うことで、貴重な食材を節約することができます。
    • モンスター肉またはドリアンを材料として使う場合は気を付けましょう。小枝を入れずにモンスター肉やドリアンを使いすぎると「モンスターラザニア」になってしまい、食べると体力と正気度が激減してしまいます。
    広告

パート 5 の 6:
仲間を作る

  1. 1
    ブタ人間(Pigman)を探す 地上の世界を探検していると、ひとつまたは複数の小屋があるエリアで大きなブタに出くわすことがあります。Don't Starveにおいて支配的かつ人間に近いと思われる生き物が、このブタ人間です。ブタ人間と友達になって近くに寄ると、正気度を回復することができます。
  2. 2
    ブタ人間に食べ物を与える 肉を与えると友達になることができ、一度友達になったブタ人間はプレイヤーの後をついてまわり、他のモンスターと戦ったり木を切ったりするのを手伝ってくれます。また、ブタ人間のそばにいるだけで持続的に正気度を回復することが可能となります。与える肉の種類によってブタ人間の反応は異なり、大きな肉であればあるほど長い間ブタ人間と友達になることができます。
    • ブタ人間が後についてくるよう、できるだけ定期的に手元にある肉を与えましょう。
    • モンスター肉を与える時は気を付けましょう!モンスター肉を4つ与えられたブタ人間はブタ獣人(Werepig)と化し、プレイヤーに対して攻撃的になるだけでなく、近くに寄るとプレイヤーの正気度が下がってしまいます。
  3. 3
    ブタ人間に近寄る ブタ人間の近くにいる限り正気度は回復しますが、最大効果を得るにはブタ人間の隣にぴったり近寄る必要があります。ブタ人間が友達である間は、近くにいる限り持続的に正気度を回復することができます。
  4. 4
    ウサギ人間(Bunnyman)に食べ物を与える ゲーム開始後しばらくしてから、地下洞窟の中でウサギ人間と呼ばれる巨大なウサギと出くわすことがあります。ブタ人間とは異なり、ウサギ人間は肉を持っているプレイヤーを攻撃しますが、地上の地面に生えているニンジンを与えると簡単に友達になることができます。ブタ人間と同様に、近くにいると正気度を回復することができます。
    広告

パート 6 の 6:
遺物を修復する

  1. 1
    遺跡を探検する 遺物(Relic)と呼ばれる石が積み重なった鮮やかな色の構造や物体をたまに見かけることがあります。遺物や壊れた遺物(Broken Relic)は、以前に存在したと思われる古代文明の名残りです。これらの物体は素晴らしい考古学的発見であるかも知れませんが、過酷な世界で生き延びることに必死なプレイヤーにとってはただ邪魔な物に過ぎないか、もしくは生き残りに役立つアイテムとなるかも知れません。
  2. 2
    石を拾う 地下の世界は再生可能な石であふれているので、遠慮することなく拾い集めることができます。石は貴重なアイテムであるため、できる限り拾い集めましょう。
  3. 3
    遺物を修復する 遺物を見つけると、破壊または修復の選択を迫られます。ハンマーを使って遺物を完全に破壊すると、珍しく貴重度の高いアイテムを手に入れることができるかも知れません。または石を使って修復すると、正気度が20ポイント回復します。ゲーム開始からしばらくした段階のプレイヤーにとって、その時の資源の必要性と正気度によっては、遺物の破壊は恩恵あるいは破滅の元になりえます。遺物は再生不可能なアイテムなので、慎重に判断しましょう。
    広告

ポイント

  • テントを使って眠ると体力も回復でき、テントの中にいる限りモンスターに襲われることはありません。
  • 眠りにつく前に、耐久性を失うアイテムや衣類はすべて取り外しましょう。そうすることで、眠っている間にアイテムを消耗する恐れがありません。
  • キャラクターによって正気度の回復方法は異なります。ウィルソン(Wilson)の場合は髭を剃ること、ウィロウ(Willow)の場合は火の近くに寄ることで正気度を回復することができます。また、ロボットのWX-78は歯車を食べると正気度を一時的に回復するだけでなく正気度の最大値も上げることができ、マックスウェル(Maxwell)はキャラクターが身につけている粋な服装のおかげで何もしなくても正気度が常に自動的に回復します。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ビデオゲーム
このページは 391 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告