EMLファイルは、Microsoftによって開発されたOutlookおよびOutlook Express向けのファイルフォーマットです。電子メールがアーカイブされたもので、電子メールの元のHTMLフォーマットとヘッダーが保存されています。ほとんどのメールクライアントはEMLファイルをサポートしていますが、メールクライアントを使用していない場合や携帯端末を使用している場合は、別の方法でファイルを開くことができます。

ステップ

トラブルシューティング

  1. 1
    Outlook Expressがインストールされているのに、EMLファイルがOutlook Expressで開かない場合があります。これは、通常、EML拡張子が別のプログラムに関連付けられているためです。Outlook Expressに対するファイルの関連付けをリセットする必要があります。
    • Outlook Expressが開いている場合は、Outlook Expressを閉じます。[1]
    • Win+R を押します。
    • msimn /reg と入力して、 Enter を押します。これで、Outlook Expressに対するファイルの関連付けがリセットされます。EMLファイルをダブルクリックすると、自動的にOutlook Expressで開くようになっているはずです。
  2. 2
    拡張子を確認しましょう。Windows Live Mailで作成したバックアップには、破損したEML拡張子(*.eml ではなく *._eml)が付いていると一部のユーザーから報告されています。EMLファイルが開けない場合、拡張子に異常がないか確認しましょう。[2]
    • 拡張子が非表示になっている場合は、上のセクションの手順2を確認して、ファイル拡張子の表示を有効にしましょう。
    • 拡張子が *._eml になっているEMLファイルの名前を変更して、_ を削除します。
    広告

方法 1 の 4:
Windows

  1. 1
    メールクライアントでファイルを開きましょう。EMLファイルは、基本的にはファイル形式になっている電子メールです。ファイルを開く最も簡単な方法は、OutlookやOutlook Express、Windows Live Mail、Thunderbirdなどのメールクライアントを使用することです。そのようなメールクライアントの最新バージョンでは、ファイルをダブルクリックして開けるように、EMLファイルが自動的に登録されているはずです。
    • メールクライアントでEMLファイルを開くと、ファイルに含まれた添付ファイルのダウンロードができ、適切なフォーマットや画像を表示することができます。
    • メールクライアントを使用していない場合、また、お使いのメールクライアントでファイルが開けない場合は、次に進みましょう。
  2. 2
    拡張子を変更して、ファイルをブラウザで表示しましょう。EMLファイルはMHTML(MHT)とよく似ており、ファイルの拡張子を *.mht に変更すると、Internet Explorerで開くことが可能なフォーマットに変換できます。その他のウェブブラウザでもMHTファイルを開くことができますが、Internet Explorer はMHTのフォーマットを適切に表示できる唯一のブラウザです。この方法では、添付ファイルをダウンロードすることができません。
    • 拡張子が非表示になっている場合は、拡張子の表示を有効にしましょう。Windows 8では、エクスプローラーウィンドウの「表示」タブにある「ファイル名拡張子」ボックスにチェックを入れます。それ以前のバージョンのWindowsでは、コントロールパネルを開き、フォルダオプションを選択します。「表示」タブをクリックし、「登録されている拡張子は表示しない」ボックスのチェックを外しましょう。
    • EMLファイルを右クリックして、「名前の変更」を選択します。
    • .eml 拡張子を削除して、.mht に書き換えましょう。拡張子の変更により問題が起こる可能性があるという警告が表示されます。「はい」をクリックして、拡張子の変更を確定しましょう。
    • Internet Explorerでファイルを開きましょう。通常、MHTファイルを開くデフォルトプログラムは、Internet Explorerになっています。ファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を選択し、一覧からInternet Explorerを選択します。メールクライアントで表示される時とほぼ同じフォーマットで、MHTファイルがInternet Explorerに表示されます。
  3. 3
    FreeViewer EML File Viewerをダウンロードして、インストールします。FreeViewer EML File Viewerは、開発元のサイト http://www.freeviewer.org/eml/ から無料でダウンロードできます。
    • EMLファイルが保存されているフォルダを探します。
    • フォルダをダブルクリックしましょう。すべてのEMLファイルが整列して表示されます。ここで、EMLメッセージをクリックして、ファイルを表示しましょう。
    • 電子メールに添付されたファイルを表示することもできます。
  4. 4
    ファイルをプレーンテキストとして表示します。メールクライアントでファイルを開くことができず、ファイルを変換して、Internet Explorerで開くこともできない場合は、ファイルをプレーンテキストとして表示しましょう。意味不明な文字がたくさん表示されますが、メッセージの本文とリンクを確認することができます。画像や添付ファイルを確認することはできません。
    • EMLファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を選択します。
    • プログラムの一覧から「メモ帳」を選択します。
    • <html><body> タグを探しましょう。このタグがメールのメッセージの開始箇所を示します。いくつかのHTMLコードをより分ける必要があるかもしれませんが、このタグで囲まれた部分にメールのメッセージの本文があります。
    • <a href= タグを探してリンクを確認しましょう。URLをウェブブラウザにコピー&ペーストして、EMLファイルに含まれたリンクを開くことができます。
    広告

方法 2 の 4:
Mac

  1. 1
    Apple MailでEMLファイルを開きます。Apple MailはOS Xに付属しているメールクライアントで、EMLファイルを開き、適切に表示することができます。[3]
    • EMLファイルを右クリック(Ctrl-クリック)して、「このアプリケーションで開く」を選択します。
    • プログラムの一覧から「Mail」を選択しましょう。EMLファイルがApple Mailで開きます。Mailでメールアカウントの設定をしていなくても、EMLファイルを開くことができます。
  2. 2
    Microsoft EntourageまたはOutlook for Macを使用します。Office 2008や2011を使用していれば、Microsoftのメールクライアントをインストールして、EMLファイルを開くことができます。Office 2008はEntourageを含んでおり、Office 2011では、EntourageがOutlook for Macに置き換えられました。ただし、Officeソフトウェアのインストール時に、メールクライアントのインストールを選択していない可能性があります。
    • メールクライアントがインストールされていれば、EMLファイルを右クリック(Ctrl-クリック)して、「このアプリケーションで開く」を選択します。使用可能なプログラムの一覧からEntourageまたはOutlookを選択しましょう。
  3. 3
    StuffIt Expanderでファイルを解凍します。StuffIt Expanderは、OS X向けの無料の解凍ツールです。このツールを使って、EMLファイルから情報を取り出すことができます。[4]
    • StuffIt expanderを my.smithmicro.com/stuffit-expander-mac.html またはApp Storeからダウンロードして、インストールしましょう。
    • StuffItのウィンドウにEMLファイルをドラッグします。複数のEMLファイルをウィンドウに一緒にドラッグすると、同時に解凍することも可能です。
    • EMLファイル用に作成された新しいフォルダを開きます。メールメッセージの本文を含むテキスト文書、そして添付ファイルや画像が別々のファイルとして保存されています。
  4. 4
    EMLファイルをプレーンテキストとして表示します。メールクライアントを使用していない場合、また、StuffIt Expanderがインストールできない場合は、EMLファイルをテキストエディットで開くことができます。EMLファイルをテキストエディットで開くと、メッセージの本文を読み、リンクを確認することができます。画像や添付ファイルを表示することはできません。
    • EMLファイルを右クリック(Ctrl-クリック)して、「このアプリケーションで開く」を選択します。
    • アプリの一覧から「テキストエディット」を選択します。「その他」を選択して、アプリを探す必要があるかもしれません。
    • HTMLの <body> タグを探しましょう。<body> でメッセージの本文を見つけることができます。リンクは、<a href= タグを含んでいます。
    広告

方法 3 の 4:
iPad

  1. 1
    Klammerアプリをダウンロードし、インストールしましょう。Klammerアプリは、App Storeからダウンロードでき、価格は120円です。Klammerアプリを使うと、EMLファイルを開いて、内容を表示することができます。この方法は現在、EMLファイルを別のプラットフォームで変換せずに表示できる唯一の方法です。[5]
  2. 2
    Mailアプリ(または開きたいEMLファイルが含まれたアプリ)を開きます。Klammerを使うと、Dropboxなどのクラウドストレージサービス、またはファイルを扱うその他のプログラムで、メールメッセージに添付されたEMLファイルを開くことができます。
    • Mailを使用している場合、添付ファイルを一度タップして、iPadにダウンロードする必要があります。DropboxやGoogle Driveを使用している場合、ファイルをiPadにダウンロードしなくてはなりません。
    • 添付ファイルがダウンロードできなければ、メールを自分自身に転送して、再度ダウンロードしてみましょう。
  3. 3
    ダウンロードしたファイルをタップしましょう。ファイルを開くアプリの選択が求められます。
  4. 4
    「Klammerで開く」をタップします。EMLファイルがKlammerアプリに読み込まれ、適切なフォーマットでEMLファイルを確認することができます。
    広告

方法 4 の 4:
Android

  1. 1
    EML Reader FREEアプリをダウンロードします。Androidは、本来EMLフォーマットをサポートしていません。Android端末にアプリをインストールすることがEMLファイルを開く唯一の方法です。[6]
    • EML Reader FREEは、使用可能な評価の高いEMLリーダーアプリのひとつですが、他のアプリを選んでも構いません。Google Playストアで「eml リーダー」と検索しましょう。
  2. 2
    EMLファイルを開きます。EMLファイルを入手した方法によって、EMLファイルの開き方は異なります。
    • EMLファイルを添付ファイルとして受け取った場合、GmailやMailアプリでEMLファイルを含むメールを開き、添付されたEMLファイルをタップします。
    • EMLファイルをウェブサイトからダウンロードした場合、ファイルマネージャーアプリを使って、ダウンロードフォルダを開くか、EML Reader FREEアプリを開いて、ファイルの保存場所を開きます。
  3. 3
    アプリの一覧からEML Reader FREEを選択しましょう。EMLファイルを開こうとすると、アプリの選択を求められます。EML Reader Freeがアプリの一覧に表示されているはずです。「常時」をタップして、EMLファイルをEML Reader Freeと関連付けましょう。
  4. 4
    EMLファイルを読んでみましょう。EML Reader FREEは、EMLファイルをFrom/To(送信者/受信者)、Date(送信日)、Subject(件名)、Text、HTML、そしてAttachments(添付ファイル)などの異なる部分で分割します。
    • 「Text」セクションには、EMLファイルの本文が含まれます。
    • 「HTML」セクションには、メッセージが元のフォーマットで表示されます。
  5. 5
    添付ファイルを長押しして開きましょう。画面の下部に添付ファイルの一覧が表示されます。表示されている添付ファイルは、HTMLメッセージを生成するのに使用されたすべての画像、そしてメッセージに添付されていないファイルです。
    • 添付ファイルを長押しすると、新しいメニューが表示されます。「Open(開く)」をタップし、該当のファイル形式を開くことができるアプリを選択しましょう。「Save(保存)」を選択して、EMLファイルからファイルを抽出し、同じフォルダに配置することもできます。
    広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

VCFファイルを開く

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

DLLファイルを開く

How to

コマンドプロンプトでファイルをコピーする

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

DVDプレーヤーを接続する

How to

Facebook Messengerでメッセージを削除する

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する

How to

2台のパソコンを接続する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は149,002回アクセスされました。
このページは 149,002 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告