このガイドでは、Windowsの実行ファイル(EXEファイル)をMac上で開く方法をご紹介します。無料のソフトウェアであるWINEをインストールするか、MacのBoot Camp機能を使い、Windows 8や10をインストールして、EXEファイルを開くことができます。

ステップ

[1]

方法 1 の 2:
WINEを使う

  1. 1
    WineBottlerのサイトに行く サイトのURLは、http://winebottler.kronenberg.org/ です。WineBottlerは、上級者向けのプログラムであるWINEに、使いやすいインターフェースを加えたプログラムです。
    • WINEでは実行できないプログラムもあります。お持ちのEXEファイルをWINEで実行できない場合は、代わりにBoot Campを使用する必要があるでしょう。
  2. 2
    「WineBottler 1.8-rc4 Development」ボタンをクリックする 画面の中ほどにある、緑の矢印が表示されたボタンです。
    • OS X Capitan以前のOSを使用している場合は、「WineBottler 1.6.1 Stable」をクリックしましょう。
  3. 3
    画面が表示されたら、 Download をクリックする クリックすると、広告ページが表示されます。
  4. 4
    5秒後に画面の右上に表示される SKIP AD(広告をスキップ)をクリックする
    • 「SKIP AD」ボタンが表示されるまでの間、ページ上に表示されているものを一切クリックしないようにしましょう。
    • 広告ブロックツールを使用している場合は、最初にこのページでの広告ブロックを無効にする必要があるでしょう。
  5. 5
    WineBottlerがダウンロードされるのを待つ  5秒以内にWineBottlerのダウンロードが開始されなければ、「WineBottlerCombo_1.8-rc4.dmg」のリンクをクリックして、強制的にダウンロードを開始できます。
  6. 6
    WineBottlerをインストールする WineBottlerのセットアップファイルをダブルクリックした後、「Wine」と「WineBottler」アイコンを青い「アプリケーション」フォルダへドラッグします。
  7. 7
    EXEファイルを2本指でクリックする クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  8. 8
    ドロップダウンメニューの上の方にある このアプリケーションで開く をクリックする
  9. 9
    ドロップダウンメニューの左側か右側に表示されるアプリケーションの一覧の中にある Wine をクリックする クリックすると、確認ウィンドウが表示されます。
  10. 10
    「Run directly in」のオプションに必ずチェックを入れる もしチェックされていない場合は、「Run directly in [ファイルのパス]」の左にあるラジオボタンをクリックします。
  11. 11

    Go をクリックする 確認ウィンドウの右下にある青いボタンです。指定したEXEファイルがWINEに対応している限り、読み込みが開始されます。

    • 指定したEXEファイルがWINEで実行されなかった場合は、次の方法に進みましょう。
    広告

方法 2 の 2:
Boot Campを使う

  1. 1
    Windowsインストールファイルを準備する macOSのBoot Campは、Windows 8、8.1、そして10に対応しています。[1]
    • WindowsのISOイメージファイルは、Microsoftのサイトからダウンロードできます。
  2. 2
    Macのユーティリティフォルダを開く 画面の右上にある虫眼鏡のアイコンをクリックして、「ユーティリティ」と入力するとフォルダが開きます。
  3. 3
    Boot Campアシスタントアイコンをダブルクリックする 灰色のハードディスクドライブのようなアイコンです。
  4. 4
    画面に表示される指示に従う Windowsのインストールファイルの選択、Windowsをインストールするディスクの選択、Macの再起動が必要になります。
    • WindowsをUSBメモリからインストールしている場合は、処理中にUSBメモリを接続するように案内されます。
  5. 5
    Macの再起動を待つ Boot Campの設定が終わると、Macを再起動するように案内されます。Macの再起動が完了すると、Windowsのインストーラー画面が表示されます。[2]
  6. 6
    必要に応じて、「BOOTCAMP」のパーティションを選択する USBメモリからWindowsをインストールする場合、インストールを続行するために、このオプションを選択する必要があります。
    • ISOファイルから直接、Windowsをインストールする場合は、Boot Campが自動的にドライブのパーティションを設定します。
  7. 7
    画面に表示されるWindowsインストールの指示に従う この処理は、使用するWindowsのバージョンによって異なりますが、Boot Campアシスタントの設定時と同じように、処理の最後にMacを再起動します。
  8. 8

    Option キーを押し続けてMacを再起動する 再起動すると、Startup Managerの画面が表示されます。

  9. 9
    Startup Managerが表示されたら、 Option キーを離す  Macの起動ディスクがすべて表示されます。
  10. 10
    「Boot Camp」アイコンをクリックして、 Return を押す キーを押すと、MacにWindowsのOSが読み込まれます。
  11. 11
    EXEファイルの場所を特定して、ファイルをダブルクリックする Windowsを使用している限り、EXEファイルをダブルクリックすると、ファイルは直ちに実行されます。
    広告

関連記事

How to

スマートTVにアプリを追加する

How to

MacBookに画像を保存する

How to

Macで画面を拡大する

How to

MacでSafariをアップデートする

How to

iCloudミュージックライブラリをオフにする

How to

MacBook Proをリセットする

How to

iPodに音楽を入れる

How to

Macターミナルからアプリケーションを起動する

How to

Macで右クリックする

How to

Macでコマンドラインを起動する

How to

Macでプログラムをアンインストールする

How to

iPhoneから音楽を削除する

How to

Macをセーフモードで起動する

How to

Macを強制終了する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は29,258回アクセスされました。
このページは 29,258 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告